ハロウィン 2019年版

6

JUGEMテーマ:Horror

 

ハロウィン

出典:IMDb

 

「ハロウィン」

原題:Halloween

監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン

2019年 アメリカ映画 105分 R15+

キャスト:ジェイミー・リー・カーチス

     ジュディ・グリア

     アンディ・マティチャック

     ニック・キャッスル

 

40年前、実の姉たちを惨殺した殺人鬼

マイケル・マイヤーズが刑務所移送中に脱走する。

彼は次々に殺人を犯していくが、一方40年前の

事件の当事者であったローリーは、マイケルとの

対決を考えているのだった。


<お勧め星>☆☆☆半 1978年版を思い出させる

シーンが見られ、音楽も同じような雰囲気でした。

恐怖健在です。


「殺しの快楽」


1978年ジョン・カーペンター監督が製作した

「ハロウィン」は、オルゴールのような音楽と青白い

映像が印象的で、その暗さの先に何があるのか、そして

光り輝く包丁が幾人もの人々の命を奪っていきました。

マイケル・マイヤーズがとても可愛い顔立ちの少年だった

のでそのギャップに口あんぐりです。ハドンフィールドと

いう地名は、クリスタルレイク同様に決して忘れないぞ、

と思っていたのに、今回の映画を見るまですっかり忘れて

いました。また78年版は、BFがシーツをかぶって

ふざけていると思って胸をあらわにして抱きつく女子が、

無残な切られ方をするというエロ、グロをうまく組み合わせた

シーンもあり、ラストはこれまた続編ありきのものでした。

その後第8作まで作られています。

(全部見たかどうか覚えていません)
「13日の金曜日」のジェイソン、

「エルム街の悪夢」のフレディ、

そして「ハロウィン」のマイケルはホラー映画の超有名人で

あると言っても過言ではありません。ただジェイソンのように

宇宙へ行ってしまったり、「フレディVSジェイソン」のように

対決したりと、本来の筋から大きく外れた作品は作られていない

と思います。もうホッケーマスク被って宇宙へ行くって笑うしか

ないじゃない。
そして2007年、ロブ・ゾンビ監督によりリメイクされた

「ハロウィン」はマイケルの悲惨な少年時代を描き、残酷の

極みといったような殺害方法で人々に手をかけていきます。

その上を行くのが同監督による「ハロウィン2」(2009)で、

血の量が半端ないって。もう血が噴き出せばいいってもんじゃない

と感じたほどです。
さて今回はオリジナルの直接の続編であり、ジョン・カーペンター

の意志が強く反映され、マイケル・マイヤーズの過去はほとんど

明かされずにストーリーは進みます。そしてネット番組の記者2人が
彼を取材に行くことから始まるのです。医療刑務所で彼と対峙する

シーンは、他の収容者の動揺が次々に映りそれが不協和音のように

なって、これから始まる恐怖の連続を十分予感させるものになって

いました。

「事件の再検証」とか「ブギーマンの存在」とか理由を言っていた

けれど、要するにネットでの再生回数を稼ぎたかったんだろうな。
彼らは40年前にマイケルから辛うじて生き延びた

ローリー・ストロードの家にも向かうのです。この家がすごく

厳重な警戒態勢なのに、終盤割と簡単に出入りできちゃうのが

ちょっと不思議だけれどそこはどうでもいいこと。あの絶叫

クイーンっぽかったローリーも40年経ってすっかりおばあちゃま

になりました。そしてか弱さとは真逆の姿に変貌しています。

 

ハロウィン
出典:IMDb

 

ローリーはマイケルへの警戒心が強すぎて、娘とも疎遠となり、

辛うじて孫娘アリソンとだけ交流があるらしいのです。

 

ハロウィン
出典:IMDb

 

この映画はマイケルの過去や家族関係よりもローリーの方に

スポットが当てられていて、今までになかった内容だと感じます。

そんな時マイケルがさらに強固な刑務所に移送されるという。

それはちょっと危険です。どうしてあんな厳重な医療刑務所から

移送しようと考えたんだろう。はい、もちろんマイケルは野に

放たれてしまいます。普通の囚人用の護送車では無理に決まって

いるわ!

 

ハロウィン
出典:IMDb

 

マイケルは高知能かつバカ力の持ち主なので、次々に人々を

襲います。きらりと光る包丁だけが凶器じゃありません。金槌、

洗濯ロープ、暖炉の火かき棒、もちろん素手もフル活用です。

彼の狙いはローリーなので、ローリーはありとあらゆる銃を

そろえているわけですよ。(あんまり活用しなかったな)

またマイケルの担当医だったルーミス医師の後釜サルティン医師の

執着心も絡んできます。

 

ハロウィン
出典:IMDb

 

そういえば映画内で、ホーキンス保安官補が

「わしがルーミス医師を止めた張本人なんだ」と言っていたのは、

オリジナルのラストと異なる話で、そこは続編と言えど少し

変えてあったのだと気づきます。
まだまだ続ける気満々の包丁きらりでした。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


クワイエット・ボーイ

4

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

クワイエット・ボーイ

出典:IMDb

 

「クワイエット・ボーイ」

原題:In Fondo al Bosco/Deep in the Wood

監督:ステファノ・ロドヴィッチ

2015年 イタリア映画 92分

キャスト:アレッサンドロ・コラーピ

     テオ・アキーレ・カプリオ

     カミッラ・フィリッピ

 

12月5日、イタリア北部の町のクランプス祭の晩、

5歳のトンミが姿を消す。そして5年後身元不明の

少年が見つかり、DNA鑑定でトンミと判明するが、

彼の性格は以前と全く異なっていた。


<お勧め星>☆☆☆ 絶対にアレ系と思うはず。


クランプスは怖すぎる


クランプスは、ヨーロッパ中部の伝説の生物であり主に

ドイツ東南部のバイエルン州とオーストリア中部・東部と

ハンガリーとルーマニア北部のトランシルヴァニア地方と

スロヴェニアにおいて、クリスマス・シーズンの間に

聖ニコラウスに同行する行事でもある。(Wikipediaより)

つまり宗教的な行事であるわけです。日本で言うと、秋田の

なまはげのように恐ろしい扮装をした大人たちが子供たちを

脅かすというお祭りのようなものかなあ。なまはげは、

幼児に強い恐怖体験を記憶させ、その後望ましくない行為を

した場合、その恐怖体験が再現され、抑止力となるとか

なんとか。しかしあんなものが自分の家にどかどか入ってきて

「悪い子はいねえが〜」などと顔をくっつけた来たら、当分の

間夜泣きをする気がしてしまう。

 

クワイエット・ボーイ
出典:IMDb

 

しかしクランプスの扮装はその100倍くらい怖いのです。

「クランプス 魔物の儀式」(2015)はアメリカで製作

された映画なのに、子供に対して容赦なく襲い掛かります。

しかし登場するクランプス一味がありとあらゆる姿をして

いるので、それが動いて襲ってくる姿を見ただけで楽しい

ような怖いような感じでした。
「クワイエット・ボーイ」はクランプス祭の晩、怖がって

家に帰りたがる息子トンミを父親が振り払うシーンから

始まります。トンミがとても可愛い子供なのに、父マヌエルは

大酒飲みだし、母リンダは絶賛不倫中。相手はなんと町の

警察署長ときた。さらにこのリンダを溺愛する父、つまり

トンミから見たら祖父がいるのです。

 

クワイエット・ボーイ

出典:IMDb

 

この中でトンミが姿を消したので、マヌエルが容疑者として

拘束されてしまいます。結局トンミの遺体は見つからず彼は

釈放されますが、その後リンダは自殺未遂するし、リンダの

父からは「お前が目を離したせいだ」とずっとねちねちと

イビられ続けているわけです。

 

クワイエット・ボーイ
出典:IMDb

 

そして5年後、1人の身元不明の少年が見つかり、DNA鑑定

からトンミと判明します。この子がまた美少年なんですよ。

マヌエルは手放しで喜ぶのに、なぜかリンダと祖父、それに

町に1軒しかないバーの店員たちの表情がおかしいですね。

またトンミ自身もかなり無口で、突然攻撃的な行動を取ったり

するのです。
バーの店員のうち、知的障がいのあるディミトリは

「トンミじゃない、悪魔だ」とまで言います。

あれ?もしかして...。無理やり祖父が教会に連れ込むと

トンミは吐いてしまいます。これ決定的じゃないですか〜。
トンミにだけ吠える犬テックスを刺殺したり、リンダのシ

リアルにガラス片を混ぜたり(どれも証拠なし)、これはもう

絶対にアレ系ですね!ね!

 

クワイエット・ボーイ
出典:IMDb

 

ところが5年前のその日のことが少しずつ説明されていくと、

話は全く異なる方向に向かうのです。
結局マヌエルは「よそ者」だったということでしょうか。

予想外の展開でちょっと驚きました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


ちいさな独裁者

3

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

ちいさな独裁者

出典:IMDb

 

「ちいさな独裁者」

原題:Der Hauptmann

監督:ロベルト・シュヴェンケ

2017年 ドイツ映画 119分

キャスト:マックス・フーバッヒャー

     フレデリック・ラウ

     ミラン・ペシェル

 

1945年4月敗戦寸前のドイツで、銃弾をよけながら

ヘロルトは部隊を脱走する。そして偶然見つけた軍車両の

中の将校の軍服を身につけ、大尉として振舞いながら

出会った兵士たちを従えていく。しかしやがて彼の行動は

エスカレートしていき...。


<お勧め星>☆☆☆半 ドイツにおけるドイツ人による

ドイツ人への残虐行為を初めて知ります。1着の軍服の

威力には恐怖すらも覚えます。


一兵卒による行為


第二次世界大戦を語る時必ず触れられるのは、ヒトラー

指揮下のドイツ軍の大量虐殺行為です。これについては、

ドイツのみならず、占領下となっていた周辺国でのドイツ軍の

暴挙は数多く映画化されています。最近見た「家へ帰ろう」

(2017)はポーランドからアルゼンチンへ亡命した老人の

話で、非道な行為に出たのはポーランド人達でもあったことに

驚かされました。(それはポーランドがドイツに併合されていた

からによる)

一方同じように占領下にあったフランスではレジスタンス活動が

行われ、「白バラの祈り ゾフィー・ショル 最期の日々」

(2005)に描かれていたように、非暴力抵抗活動さえゲシュタポ

の取り締まり対象となり、一方的な裁判によって、あの時代に

ギロチン処刑となったことは、戦時の異常さを物語っています。
そして今回の「ちいさな独裁者」は、敗戦寸前のドイツが舞台です。

ある部隊から命からがら脱走していく兵士は、体が小さくやせこけ、

目だけがギョロギョロしています。当時のドイツ軍は、国民突撃隊
と称して14歳から50歳までの男子を動員していたものの、

彼らの士気は高くなく、武器不足、食糧不足による脱走兵、

略奪兵が数多く存在していました。それに対しドイツ軍は「銃殺」

という方法で対処していたのです。

この20歳のヘロルトが偶然見つけたドイツ軍の車の後部座席には、

なんと将校の制服一式が入っています。ボロボロの衣服を脱ぎ棄て

それを身にまとうと、すっかりヘロルト大尉ができがってしまうの

です。

 

ちいさな独裁者

出典:IMDb

 

今までの上等兵から一気に大尉に変わった途端、出会う兵士の

態度が全く違うんですね。多分彼らも「隊とはぐれた」と言う

もののヘロルト同様に「脱走」してきたのかもしれません。
このヘロルトはなぜか嘘がとてもうまいのです。序盤はその姿が

やや滑稽に見えるのですが、ヘロルト親衛隊と称してメンバーが

増えるにつれ、彼の行為は異常さを増していきます。

 

ちいさな独裁者
出典:IMDb

 

たった一着の軍服が人間をここまで変えるのかと驚きつつ、

ヘロルト自身の幼稚さが、この後の暴走を止めることが

できなかったと思えてなりません。

脱走兵等囚人を収容した施設で、ヘロルトに取り入る所長の

浅ましさと、それに抵抗する司法当局官もやはり下劣極まりない。
ヘロルトの口の上手さと権力によって囚人は即決銃殺となって

いきます。

 

ちいさな独裁者

出典:IMDb

 

この数はなんと90名超だったそうです。この辺りの映像になると、

もはや気分が悪く、同じドイツ人でありながら、何の大義もなく
このような行為が平気でできたという事実は驚くしかありません。

さらに終盤、彼の嘘がバレ、ドイツ軍に捕まった時の裁判では、

断罪する裁判官に「軍人らしい態度」「戦争時ではよくあること」と
弁護する軍人らしき人物がいたことには開いた口が塞がりません。

「戦争」はこういう行為を許すものなんだと実感します。
結局彼は再び前線に送られ、イギリス軍の捕虜になった後に、この

行為が明るみとなり、1946年に処刑されています。しかし

このような人物が他にも存在したのではないか?という思いを抱いて
しまうような内容でした。
エンドロール映像は、現代になってもいつ何時へロルトのような

人物が現れるかもしれないという恐怖を感じさせるものです。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


ザ・シークレットマン

4

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

ザ・シークレットマン

出典:IMDb

 

「ザ・シークレットマン」

原題:Mark Felt:The Man Who Brought Down

         The White House

監督:ピーター・ランデズマン

2017年 アメリカ映画 103分

キャスト:リーアム・ニーソン

     ダイアン・レイン

     アンジェロ・ラノ

 

1972年、ニクソン大統領が再選を目指していた時期に、

民主党本部に盗聴器を仕掛けようとした男たちが逮捕される。

彼らの経歴からFBI副長官フェルトは政権幹部の関与を疑うが、

捜査は早々に打ち切りが決まってしまうのだった。


<お勧め星>☆☆☆半 骨太で見ごたえのある内容でしたが、

終盤少し端折った感じがしています。


自己犠牲の精神


リーアム・ニーソンを見たら「96時間」(2008)の娘を

溺愛するものすごく強いパパとしか思えないのですが、今映画

ではほとんど無表情で笑顔すら浮かべない仕事人間を演じています。
時代はベトナム戦争反対デモが全米で起き、いわゆるヒッピーたちが

自然回帰を目指しコミューンをあちこちに形成していたのです。

映画内ではそのコミューンにフェルトの娘ジョーンがいるシーンが
あります。

 

ザ・シークレットマン
出典:IMDb

 

そして共和党のニクソン大統領は再選を目指し、目の上のタンコブ

的存在のFBI長官フーヴァーの退任を望んでいたのです。なんせFBIは

政治家の隠しておきたい嗜好や不倫、家族環境まですべて知り尽くして

おり、それをいつ活用されるかわからないので、絶対に政権の傘下に

置きたいと思ったのです。

しかしFBIは独立機関であり、約50年にわたって長官を務めた

フーヴァーによってその力は絶大なものでもありました。
フーヴァーについては、レオ様主演の「J・エドガー」(2011)

でリアルに描かれていました。
そのフーヴァーが急死すると、あっという間に「公的機密資料」を

廃棄、焼却するFBI職員の姿が映ります。さらに次期長官と思われた

フェルトは副長官のままで、司法省からグレイが長官代理として赴任
するのです。

 

ザ・シークレットマン

出典:IMDb

 

これには次期長官になると信じて、今まで私生活を犠牲にして

きたフェルトの妻オードリーは落胆極まりないし、そもそも

FBI職員は生え抜きが出世していくと信じていたので、職員内

にも動揺が走ります。

 

ザ・シークレットマン

出典:IMDb

 

この時のフェルトの表情が全然変わらないんですよ。

リーアム・ニーソンの演技がすごい。
そして起きたウォーターゲート事件を当然のことながら

グレイ長官代理は早々に捜査終了する指示を出します。なぜに

こんな大きな事件を小さな目的で行ったと済ませるのか、普通

疑問に思うけれどまあ、そんなことは今となっては幾つもあって、

「慣れ」はこわいと思うほどです。
そして反旗を翻すのが、FBIに仕えて30年のフェルトです。

民主党本部に盗聴器を仕掛けようとした犯人のうち4人が元CIAで

あり、現政権と近い人々であれば、本丸は誰か言わずもがな。

しかしそれに触れることは自分の地位を捨てることに等しい

どころか罪に問われるかもしれません。それでもフェルトは

「アメリカの正義」であると言い切り。猪突猛進するのです。

 

ザ・シークレットマン

出典:IMDb

 

これは明らかに周りを巻き込んでの強引すぎる手法ですが、

そこまで彼を行動させた原動力は何でしょうか。そこは彼の

自己犠牲の精神という精神論で終わらせたくないですね。
ニクソン大統領が「第二次世界大戦におけるドイツは正しかった」

と発言していると言うセリフを聞くと、フェルトの「正義」と

いうものの存在があぶり出されてきます。しかしそれは彼個人の

もので、彼の家族や同僚にとって同じものであったかどうかは

何とも言えない感じです。
この映画よりかなり前に観た「ペンタゴン・ペーパーズ」(2017)

はウォーターゲート事件の前のワシントン・ポスト紙記者の姿で

あり、それも含めて権力に屈せず、事実を真実として報道する
ことの重要さを確認できるものです。

真実を曲げるのはあまりにも簡単なことなのかもしれません。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 


オマールの壁

4

JUGEMテーマ:洋画

 

オマールの壁

出典:IMDb

 

「オマールの壁」

原題:Omar

監督:ハニ・アブ・アサド

2013年 パレスチナ映画 98分

キャスト:アダム・バクリ

     ワリード・ズエイター

     リーム・リューバニ

 

パン職人のオマールは分離壁をよじ登り、幼なじみの

タレク、アムシャドに会いに行く。彼はタレクの

妹ナディアと恋仲で手紙の交換をするのが楽しみである。

しかし3人でイスラエル検問所を狙撃したことで、

オマール一人が秘密警察に捕まってしまうのだった。


<お勧め星>☆☆☆☆ ずっと見たい映画だったんですが、

見終わると心が暗くなるばかりでした。


猿の捕まえ方


オープニングは、壁をよじ上る一人の男性オマールの姿です。

若くて力がある彼は、スルスルとロープを上り反対側に

下り立とうとした瞬間、イスラエル警察の銃撃を受けます。

 

オマールの壁

出典:IMDb

 

しかし、彼も慣れたもので抜け道を通り抜け目的の家にたどり

着きます。終盤に彼がこの壁を一人でなかなか上れない姿が

映るんですよね。その理由を考えると本当に辛い。

そもそもこの壁は何だ。
この壁は、イスラエルがヨルダン川西岸地区との境界線付近に

建てた分離壁であり、これによって自爆テロが大幅に減ったと

いいます。イスラエルの目的は「自国民の命」であり、パレスチナ人

の人権、自由は考慮されていないのです。したがって同じ

パレスチナ人で幼なじみでありながら、オマールはこの壁を危険を

冒してよじ登らなければタレクやアムシャドに会うことができません。

オマールが壁を上るのにはもっと大きな理由があって、それは

タレクの妹ナディアに会うためなのです。コーヒーカップの下に

こっそり忍ばせた手紙を交換するシーンは、まるで中学生の恋の

ようです。

 

オマールの壁
出典:IMDb

 

しかし彼らが何かを準備し、そしてある晩突然、イスラエルの

検問所員を狙撃した理由は何だったのでしょうか。そこには宗教的な

意図が一切感じられないのです。ただ、イスラエルの秘密警察の
監視下で、不自由な暮らしを強いられ、暴力を振るわれる不条理への

怒りしか伝わってきません。

 

オマールの壁
出典:IMDb

 

ただその銃撃が原因で、オマールは秘密警察に拘束され、拷問

された上、収監されてしまいます。
「誰が撃ったのか」
自白=有罪の証拠、と考えるオマールは黙秘を続けますが、

捜査官ラミの狡猾な手法で、協力者になることで解放されるのです。

協力者にならなければ裁判となり、懲役90年ってどういうことだよ。
パレスチナ地区には司法組織が存在しないのだろうか。

それよりも恐ろしいのは秘密警察の情報収集能力で、

イスラエル諜報特務庁(通称モサド)は世界最強のスパイ組織で

あることはあまりに有名です。したがってオマールの弱点を巧みに

ついてくるのです。オマールの場合はナディアとの結婚が最優先

課題で、そのためには刑務所から出ないといけません。一方一旦

逮捕されたオマールが、無事に解放されると彼は、「協力者」に

なったのではないか?と疑いの目を向けられるのです。
「抵抗と解放には犠牲が伴う」
と主張するタレクはいつのまにか過激派組織「イスラエル旅団」の

一員になっているし、アムジャドはナディアに接近しているように

思えます。オマールとナディアが相思相愛であっても家族の了解が
なければ結婚できない宗教的な戒律があるわけです。友情、恋愛、

そして秘密警察の脅迫の中で揺れ動くオマールは、序盤ののんびりと

パンを作っていた時とは人相も変わっています。精悍となり、

様々な傷が体や顔に刻まれているのです。

 

オマールの壁
出典:IMDb

 

映画の始めの方で、タレク、アムシャド、オマールが集まって

雑談していた時、アムシャドが「猿の捕まえ方」という例え話を

します。それがなんとラストに思い出すシーンがあるとは考えも

しませんでした。
みんなが嘘を信じていた。同胞どころか親友、恋人すらも信じる

ことができないパレスチナ人の苦悩が伝わります。
気づけなかった。「早産じゃなかったんですよ」

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 


ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲

5

JUGEMテーマ:コメディ映画全般

 

ジョニーイングリッシュ

出典:IMDb

 

「ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲」

原題:Johnny English Strikes Again

監督:デヴィッド・カー

2018年 イギリス映画 88分

キャスト:ローワン・アトキンソン

     オルガ・キュリレンコ

     エマ・トンプソン

     ベン・ミラー

 

サイバー攻撃によってMI7のエージェント情報が

全て漏洩してしまったイギリス。首相は引退した

エージェントに犯人の捜査に当たらせることを考え、

田舎で教師をしていた元エージェント、

ジョニー・イングリッシュにも声がかかるのだった。


<お勧め星>☆☆☆☆ このシリーズの笑いは、下品

ではなく、限界ギリギリをついていて、とても楽しめます。


アナログ攻撃を侮るな


「ジョニー・イングリッシュ」シリーズの3作目で、

1作目、2003年「ジョニー・イングリッシュ」、

2作目、2011年「ジョニー・イングリッシュ

気休めの報酬」に続いて主役は、ローワン・アトキンソンが
演じています。ローワン・アトキンソンといえば、

Mr.ビーンでも有名です。ただ個人的にはMr.ビーンが

あそこまでおバカだと呆れて笑えなくなる、という

シーンの連続で、それと比べると、ジョニー・イングリッシュ
は「007」などのスパイアクションのパロディで笑わせつつ、

ちゃんとしたサスペンス要素も盛り込まれているので

(別にハラハラしないけれど)気に入っています。
この映画はアメリカではいまいち人気がなかったらしく、

アメリカの笑いとイギリスの笑いの違いも感じさせる作品でも

あります。ブラッドリー・クーパー主演の「ハング・オーバー」

シリーズと見比べるとそれがとてもよくわかります。
今回もスケールは大きく、なんとG12開催を控えたイギリスが

サイバー攻撃を受け、MI7エージェントの情報が全て漏洩して

しまったことから始まります。捜査をしようにも現役

エージェントは使えないので、引退した者のうち生きていて

入院中でない者を選抜するとジョニー・イングリッシュを

含めたったの4人しかいません。それもジョニー以外は

かなりのご高齢です。そして当然のことながら、ちょっとした
アクシデントでジョニーが任務を遂行することになり、相棒は

かつて一緒に仕事をしたボフ。

 

ジョニーイングリッシュ

出典:IMDb

 

ボフは結婚していて妻が海軍に勤務していると言うと、

ジョニーは「秘書か?」「事務職なのか?」というような

質問をして「原子力潜水艦の艦長だよ」という返事にかなり

驚いた表情を見せるのも、時代遅れの象徴でおかしかった。

こういう笑いはいいよね。
そして全てが過去の人間なので、スパイで必要とした物資も

過去のものを指定するのです。そういえば指輪に毒が入って

いるというシーンが終盤にあったけれど、あれも懐かしい

小道具ですね。
今や銃を携行するにも幾つもの説明や承認が必要だし、まず

ネットが使えないといけません。ジョニー・イングリッシュ、

スマホが何かわからない年代です。

「はじめてのスマホ」を渡してあげたい。

 

ジョニーイングリッシュ
出典:IMDb

 

移動手段である車も、今はエコなものばかりで、ジョニーは、

かつてのスパイが使った華やかな真っ赤なアストンマーティンを

敢えて選んで乗り込むのです。やれ燃費が、やれ安全性が、

やれナビなどの装備が..そんなの関係ありません。素晴らしい

エンジン音を響かせ、疾走していきますが、ガソリンを垂れ流して

走るような車です。なんせガス欠になりやすい。

それも山のてっぺんで。カーチェイスを繰り広げたオフィーリアの

車はBMWi3。音もなく走り去っていきます。
 

 

ジョニーイングリッシュ
出典:BMWホームページ

 

連絡手段はFAX、公衆電話なので、山ほどある用紙を読まないと

いけないし、小銭がないと通話が続けられません。昔のスパイって

大変だったんだなあ。

 

ジョニーイングリッシュ
出典:IMDb

 

ほぼ犯人が特定できたものの、その犯人と思しき人物の自宅に

侵入する訓練でVRを体験するはずが、そのゴーグルをつけたまま

外に出てしまい、大騒動を起こします。この辺りは、ちょっと

倫理的にどうかなと思う人もいるかもしれません。

ギリギリラインを責めているのを感じます。つまりデジタル化

された時代で、それを使いこなせないと、それは便利さから遠のき、

危険を招くという警鐘でもあると思うのです。(いや考えすぎか)

アメリカで同じ行動を取っていたら確実に発砲されていますねえ。

 

ジョニーイングリッシュ

出典:IMDb

 

ジョニーが目をつけた謎の女オフィーリア役は、ボンドガールも

務めたオルガ・キュリレンコ。その美貌と大胆なドレス姿に

目を奪われるし、彼女がどうしてもジョニーを倒せないのも笑えて

たまりません。
全編に渡って、アナログ人間が大活躍する内容であり、ラスト付近の

展開も、そうだ!そう言っていたなあ、の連続で、爽快なものでした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 

 


エヴォリューション

4

JUGEMテーマ:Horror

 

エヴォリューション

出典:IMDb

 

「エヴォリューション」

原題:Evolution

監督:ルシール・アザリロヴィック

2015年 フランス=スペイン=ベルギー映画 

81分

キャスト:マックス・ブラパン

     ロクサーヌ・デュラン

     ジュリー=マリー・パルマンティエ

 

少年と女性しか住んでいない島で、ニコラはある日

海中に沈む死体を見つける。しかし彼の話を誰も

信じない。さらにある晩、出かける母親の後をつけた

ニコラは、そこで奇怪な光景を見てしまうのだった。


<お勧め星>☆☆半 独特の雰囲気が不気味であり陰鬱

であるけれど、どこまでも美しい海も印象的です。


ヒトデ


冒頭のシーンを何度も見返しました。海を潜水していた

ニコラは、突然何かを見つけ家に駆け戻るのです。そして

母親に「少年の死体を見つけた」と言います。ところが

その映像がどこにも見当たらないのです。
あんなに丁寧に海中を映し、そこで海水に揺れ動く

イソギンチャクや海藻を映しているのに、さらに、最後に

真っ赤なヒトデを見せ、その赤色が目から離れなくなる

ほど鮮やかな色であると印象付けているのに、「少年の死体」

は見当たりません。しかし逆に考えると、ニコラはそれを

見下ろしていたのに対し、「少年の死体」はニコラを

見上げていたのではないのか。そう考えると海に浮かぶ

ニコラの姿の意味も理解できるのです。ここに登場する

「ヒトデ」はこの映画のキーポイントかもしれません。
ニコラの住む島は、女性と少年しかおらず、毎日ニコラは

母親が作るとても気色の悪い料理を食べています。濃い緑色の

ミミズのようなパスタに何かがどろどろ絡んでいるもの。

見ただけで美味しくなさそう。
そして就寝前には真っ青な薬を飲まされるのです。
島に住む女性たちは皆同じようなベージュのシミーズっぽい

ワンピースを着ているし、髪形もほとんど同じ。彼女たちが

連れているのは少年一人だけであり、兄弟姉妹がいるわけ

でもないし、その少年が美しい子供ばかりです。

ここで考えますよね。

1、成人しているのは女性だけなのはなぜか。

2、誰もが一人息子で年頃も同じなのはなぜか。

 

エヴォリューション
出典:IMDb

 

母親たちと少年が岩場で遊んでいて、ニコラはやはり潜水して

いき、手を深く切るのですが、そこに助けに来る母親はめっちゃ

泳ぎが上手いのです。また手の治療をするのは女性ナースで、

これがとても痛そうな「釣り針で縫う」という処置を麻酔なしで

施します。

ニコラ、でも平気。
何となく漂い続ける不安定な状況は、ニコラが鼻血を出し、

病院で治療を受ける時にはさらに高まります。

 

エヴォリューション

出典:IMDb

 

病院自体がいつの時代のものかわからないほどの年代物で、医者も

ナースも女性のみなのです。
しばしば映るニコラの長いまつげと黒い瞳は、天井の明かりを

見つめ、それは手術室の明かりに変わり、彼への処置

(これが何を意味するのか)が終わると、再び長いまつげの瞳が

開くのです。
ニコラは多分賢いし、好奇心が強い子供なのでしょう。病院での

治療後帰宅した彼は、夜に外出する母親の後をつけるのです。

これがあちこちの家から女性が順番に加わっていくから不気味。

誘ったヴィクトールは途中で戻ってしまうけれど、ニコラは最後

までついていき、驚くような光景を目にするのです。

驚くというより、暗くてよく見えないので目を凝らして何度も見返す

映像その2です。
その後のニコラは、また例の病院に連れて行かれ入院となるのです。

ここで遂にいろいろなものが目の前に差し出されてきますが、

どの映像も「まさか」「ありえない」「考えつきもしない」

いくつもの驚きの感想を持てると思います。病院の中のジメジメと

した空間は、ピチャピチャと滴り落ちる水の音や天井のカビ、

水たまりを踏んでいくような足音、壁に止まっているトカゲなどで

描かれ、対照的にナースたちの白衣や手術室の明るい電灯が

映ります。

あの美しかった海やその中で海水の流れにたおやかに動いていた

海藻とは真逆のものに感じられます。
ナマコの体のあちこちに触覚がついているような生き物が、

ニコラの腹に這ってきたのは、彼の夢だったのでしょうか。

すごく気持ち悪かった。ナマコなんて食べたことないけれど、

これからも絶対に食べたくないと思ってしまいます。

 

エヴォリューション
出典:IMDb

 

病院内でニコラと唯一心を通わせるナースの名前が「ステラ」

(英語ではstar)で、それがつまり「星」を意味していると

したら、ニコラは題名通り「進化」を遂げていくということ

でしょうか。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 


サーティーン/13 誘拐事件ファイル シーズン1

5

JUGEMテーマ:海外ドラマ

 

サーティーン

出典:IMDb

 

「サーティーン/13 誘拐事件ファイル」シーズン1

原題:Thirteen

監督:ヴァネッサ・キャスウィル

   チャイナ・ムー=ヤング

2015年 イギリス 

キャスト:ジョディ・カマー

     ナターシャ・リトル

     スチュアート・グレアム

     ヴァリーン・ケイン

 

1人の女性がある家から逃げ出してくる。彼女は

13年前に誘拐されたアイビーと名乗るが、娘の

帰りを待ち望んだはずの家族は戸惑いを隠せない。

さらに彼女の供述が二転三転するうえ、別の少女が
犯人らしき人物に誘拐されてしまうのだった。


<お勧め星>☆☆☆半 ストーリがしっかりしており、

流れる音楽も魅力的です。ラストまで見ごたえが

あります。


家族を作る


Amazonプライムにてシーズン1が無料配信だったので、

5話を連続して見ました。連続して見たくなるほど

ハラハラするドラマです。日本のテレビドラマで

サスペンスタッチのものは、「ダルい」と感じる
ことがしばしばで、どうして暗い方へ逃げるのかとか

ついていったらダメという人と接触したり、事件の捜査に

関しても、監察医やら葬儀屋、旅館の女将、現場に来る

はずもない偉い立場の警察幹部などが登場して、

「これぞドラマ!」と思ってしまいます。
それらと比べると欧米のテレビドラマは、警察物では、

捜査方法や事件の描写がかなりリアルであり、散りばめられた

謎を、少しずつ解き明かしていく様は見事なものが

あります。デンマークがオリジナルであるアメリカの

テレビドラマ「キリング」は、しょっぱなからぐいぐい

引き込まれ、シーズン1で事件が解決すると信じて全話

見終わった時、シーズン2にまたがった内容と知って唖然茫然。

でも見ずにはいられず、3日かけて1,2シーズンを

見終わりました。女刑事リンデンがそれほど美人でないのに

引き換え、部下で相棒のホールダーがイケメンだけど、かつて

不良でドラッグ中毒だったなどの設定も良かった。さらに

二人に恋愛模様がこれっぽちも起こる気配がないのも気に

入りました。

捜査に恋愛は不要!
で、この「サーティーン」は13年間監禁されたきたアイビーが、

突然逃亡し、警察に保護を求めたことから事件が始まります。

アイビー自身は誘拐されたとき13歳で、心は当時のままなのに、
家族、友人、日常生活は全て13年という年月を経て変わって

しまっているのです。それを認識できないアイビーとまるで

はれ物に触るように扱う家族の姿と、彼女を突き放すかのように

事情聴取するエリオットとリサという警官が映ります。

 

サーティーン

出典:IMDb

 

エリオットとリサはチームを組んで捜査をしていくんですが、

彼らがどうやら私生活でも深く繋がっていると早々に知ると、

やれやれだぜ、と思ってしまう。
ここは不要だよなあ。
まあそれを無視できるほど内容に気持ちが入り込んでいくので

大丈夫です。

 

サーティーン
出典:IMDb

 

アイビーの家族の方も、父は愛人と暮らしているし、母は

アイビーの通っていた中学の校長とちょっと怪しい。それと

妹エマは結婚を控えたグレッグを同居させています。13年の

間に彼女の周りは大きく変わっているのです。

 

サーティーン

出典:IMDb

 

また、ずっと心のより所にしていたらしい初恋の相手ティムは

なんと別の人と結婚しています。(当たり前だよね)

でも言い出せないティムってちょっとどうなんだろう。ただ

ティムがアイビーのために13年分の音楽をipodに入れ、操作方法も

説明して、聞かせてあげるシーンは、流れる歌の歌詞が彼らと

被ってしまうようなもので、ここは大好きです。
しかし犯人がわかり、その男が10歳の少女を新たに誘拐した

ことがわかると、アイビー自身に疑いの目が向けられるんですね。

さらにほかの事実も出てくると、アイビーの供述の信ぴょう性が

薄れていきます。
そもそも「なぜ逃げださなかったのか」
ラスト10分くらいまで、この事件がどうなるのかハラハラ

ドキドキの連続です。アイビーの胸の内をじっくり考えなおすと

納得のいく内容でした。でもやっぱり警官同士の恋愛はいらんな。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 


ガザの美容室

4

JUGEMテーマ:洋画

 

ガザの美容室

出典:IMDb

 

「ガザの美容室」

原題:Degrade

監督:タルザン・ナザール

   アララブ・ナザール

2015年 パレスチナ=カタール=フランス映画 

85分

キャスト:ヒアム・アッパス

     ヴィクトリア・パリツカ

     マイサ・アブドゥ・エルハディ

 

ガザにある一軒の美容室に数名の女性客が順番を

待っている。ごく日常の会話をかわす女性たちだったが、

店の外で銃撃や爆撃が始まり、店から出られなくなって

しまう。


<お勧め星>☆☆☆半 パレスチナ地区内での抗争に

飽き飽きした女性たちの姿を鮮明に描いています。


外の男たちと中の女たち


1994年オスロ合意により、パレスチナ暫定自治協定が

結ばれ、パレスチナ解放機構(PLO)の主流派「ファタハ」

主導でパレスチナ自治が始まったものの、2006年選挙で、

イスラム組織「ハマス」が勝利を収めると、2007年には、

ガザでハマスがファタハを排除し始めます。その時から

イスラエルによる封鎖が始まったのです。

(ニュースウィーク日本版より)
新聞でパレスチナへのイスラエル軍の空爆の理由が

「ハマスによるイスラエル人への危害」

と書かれているのを目にするのは、このハマスが軍事面で

強力であり、それに対抗するためにさらに大きな武力を

用いているわけです。これに今はアメリカが大きな関心を

持ち始めてしまい、混迷の一途をたどっています。
「ガザ」地区というと「もう一人の息子」(2012)では、

イスラエルで暮らす青年が、実は湾岸戦争中の出生時に、

今は高い壁で隔てられているパレスチナ地区の子供と取り

違えられていたことを知らされ、宗教、紛争、壁のせいで、

多くの苦悩を抱え込んでしまうという姿が描かれていました。

その時のイスラエルが、近代的な街並みであったのに比べ、

壁を隔てたパレスチナ地区は、破壊された建物や整備されて

いない道路、そしてその中でかなり貧しく暮らす人々が映って

いたと思います。
しかしこの映画では、そんな街並みは全く映らず、1軒の

美容室の内部がほぼ舞台です。実はガザ地区も富裕層がおり、

彼らは高級な店で買い物をし、豊かな暮らしをしているらしい。

この美容室に来ている女性たちも、貧困にあえぐという姿とは

少し違う感じがします。ガザ=仕事なし、紛争ばかり、貧しい

暮らしと決めつけるのではなく、その中でも人々は日々の

暮らしを送っているのです。

 

ガザの美容室
出典:IMDb

 

美容室にいる女性たちは、全く個性的な人々ばかりで、女主人は

ロシア人、手伝いの美容師は、マフィアのダメ男と別れられず

にいて、電話ばかりしています。ちょっと言わせてもらうと、

本当に仕事がノロい。物資が十分でないことを考慮しても、

手がさっさと動きません。「これが私のやり方よ」

はい、わかりました。

 

ガザの美容室
出典:youtube

 

ドラッグをしゃぶるおしゃべり女は、夫が戦争で負傷しているし、

隣には人一倍信仰心が厚いヒジャブ姿の女がいます。しかし

この女の夫は浪費癖があり、さらに強権的らしい。

 

ガザの美容室

出典:youtube

 

鏡の前できれいにメイクしてもらう結婚式を控えた女性は、

後ろで待つ姑と実母の正反対の指示に泣きべそをかいているし、

突然入ってきた身重の客は産気づいてしまう。さらに離婚話

を進めている派手な中年女性は、始終イラつき、たばこを吸い、

文句ばかり言っています。なんで下着姿かと思ったら、脱毛

処理しているんですね。

なんだ、この喧騒は。
いやこの喧騒には流血や破壊はない。それがあるのは、今まさに

外で起きている、イスラム系警察とマフィアとの戦いなのです。

銃撃、ロケット砲の音が鳴り響き、美容室は揺れ、停電して

しまいます。
それでも彼女たちにとってはこれが日常であり、ひとたび

争いごとが起きたら、女は家の中に入って静かにしている(いや

のぞき見しているか)ことに慣れきっているのです。
ドラッグの飴をなめている女性が「女は有能よ」と言いながら、

ファタハもハマスも敵であり、この客たちにそれぞれ国の重要

ポストを決めていくシーンは、なかなか興味深いです。

同じパレスチナ人同士の争いにとことん嫌気がさしていることが

伺えるのです。

イスラエルの病院に行こうと思っても、強力なコネがなければ

不可能で、ハマスの検問、ファタハの検問をくぐれたとしても

行き着く先はイスラエルの刑務所という話には絶望を感じて

しまいました。
実際にはイスラエル軍の大規模な空爆で多くの命が奪われ、

建物が破壊されているけれど、そこに住む人々にとって、最も

厄介な問題はパレスチナ人同士の争いだということに尽きると

思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 

 


ビリーブ 未来への大逆転

4

JUGEMテーマ:洋画

 

ビリーブ

出典:IMDb

 

「ビリーブ 未来への大逆転」

原題:On the Basis of Sex

監督:ミミ・レダー

2018年 アメリカ映画 120分

キャスト:フェリシティ・ジョーンズ

     アーミー・ハマー

     ジャスティン・セロー

     キャシー・ベイツ

 

1956年、ハーバード大学法科大学院に入学した

ルースは、夫マーティン、娘ジェーンと暮らし、勉学に

励む日々を送る。そして極めて優秀な成績で卒業した

ものの法律事務所での職は得られず、大学講師として

働き始めるが、マーティンが持ち帰ったある案件に目を

留めるのだった。


<お勧め星>☆☆☆☆半 自然と胸が熱くなります。

これこそ今もなお求められているものだと実感するのです。


We did it


1993年アメリカ合衆国最高裁判事となった

ルース・ベイダー・ギンズバーグの伝記映画で、ルース役は

「博士と彼女のセオリー」(2014)でホーキンズ博士の

妻役を演じたフェリシティ・ジョーンズ。
そして夫マーティン役は、

「ソーシャル・ネットワーク」(2010)で双子役を演じた

というより

「君の名前で僕を呼んで」(2017)で強烈な印象を残した

私の大好きなアーミー・ハマーです。あの映画でのオリヴァー役

はとてもいい男だったなあ。そして映画自体も胸がキュンキュン

するものだったなあ。

 

ビリーブ
出典:IMDb

 

1956年、ぞろぞろ歩くスーツ姿の男性に混じって1人の

女性が映ります。これはハーバード大学法科大学院の入学式

風景であり、女子学生を受け入れて6年目、そしてその年は

たった9人のみ入学という状況が説明されるのです。それを

説明する学部長の嫌みったらしい事。親が高名な弁護士で

その親の事務所を手伝うための入学は褒められ、看護師や

教師は自分のしたいことではないと発言した女子学生には

「ばかばかしい」と一蹴します。
500人超の入学者の中で女子学生が9人と聞くと、私の姉が

入学した高校のことを思い出します。田舎の中学から女子で

たった一人進学した地元の進学校では、入学者500人のうち、

女子学生は10人余りで、確か1クラスにまとめられていたはず。

姉の中学の同級生の女子は、ほとんど商業科や家政科のある

高校に通った時代です。そんなに昔ではないけれど、考えてみると

半世紀近く前になるか。
その後入学試験方法が変わり、男女比はほぼ半々になっていると

思うけれど、先生の頭の固さはどうだろうな。

 

ビリーブ
出典:IMDb

 

さて成績がたいへん優秀なルースには、同窓の夫マーティン、

娘ジェーンがおり、マーティンと二人三脚で生活と学業を

続けていたのです。夫が病気に倒れると、夫の代わりに

講義に出席し、二人分のタイプを打ちます。そのとき

「裁定は時代の空気に左右される」

と言ったある判事の言葉を心に留めるのです。
映像から見る限り、ルースの生育家庭や当時の家庭環境は

かなり進歩的であり、さらに勤勉さも加わって彼女が多くの

知識を入手できたと思っています。当時の女性の姿ー夫が外で

働き、生活を支え、妻は子供を産み、育て、夫のために料理や

洗濯など家事を行うーとは真反対であったとも言えます。

パーティーに出席しても議論をするのは男性のみで、女性は

ファッションやグルメや子育ての話をしている。(だと思う)

男性に対し意見を言うなんて生意気以外の何物でもないとまでは

言わないけれど、高校時代に「反論するなんて生意気だ」と

男子に言われたことを根に持つ私は、今も本当の思いを口に

するのは憚られてしまいます。

「キミの漢文は20点だったけれど、わたしは95点だったよ。

参ったか!」と心の中で今でも思っている。

(あまりに幼稚すぎるか)
ルースは性差別を是正したいと願っているけれど、ヒステリックに

その考えを押し付けて行くわけではありません。却下されると割と

簡単に引き下がります。
さらにマーティンが持ち帰ったある案件に目をつけ、他の裁判で

敗訴したケニオン弁護士のもとに向かうと「まだ時期は早いんだよ」

と言われてしまいます。このケニオン弁護士役はキャシー・ベイツ。

 

ビリーブ
出典:IMDb

 

シルエットだけでわかってしまうからすごいな。
しかし1970年だに入り、娘ジェーンが同じような道を歩もうと

し始めると、彼女に「ママは行動が伴っていない」と言われる

のです。ニューヨークで母娘2人をからかった作業員たちに

しっかり反論し、一人でタクシーを止めに行くジェーンはすごく

かっこいいですよ。ルースができなかったことが今行動できる

時代になりつつあることを体感します。
女性、母親、ユダヤ系ということで法律事務所で働けなかった

自分が、その姿にも後押しされ、米国自由人権協会の協力も得て、

ある案件を活用して、逆の方向から性差別を主張していく様は、

法廷での女性弁護士への偏見もあって、かなりもどかしいですが、

どのように反論していくか、本当に見てほしい姿です。
そして時代が逆行しているような錯覚にとらわれる今まさに

この時代にこそ見るべき映画だと思うのです。終盤のルースの弁論は

非の打ち所がないほど素晴らしく聞いていると自然と涙がこぼれて

きました。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ



カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3043 最後に更新した日:2019/09/19

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM