どこでもない、ここしかない

2

JUGEMテーマ:洋画

 

どこでもない、ここしかない

 

「どこでもない、ここしかない」

原題:No Where,Now Here

監督:リム・カーワイ

2018年 スロベニア=マケドニア=マレーシア

=日本映画 90分

キャスト:フェルディ・ルッビジ

     ヌーダン・ルッビジ

     ダン

     アンニャ・チルミッスイ

     アウグストゥス・クルースニック

 

スロベニアでゲストハウスを経営するフェルディ、

ヌーダン夫妻。事業を拡大していくにつれてフェルディ

の女遊びは激しくなり、遂にヌーダンは実家のある

マケドニアに戻ってしまうのだった。

 

観終わって感じたのは、ヨーロッパ映画の雰囲気でした。

(観始める前に感動したのは「梅田ブルク7」の

プレミアシートの座り心地の素晴らしさで、こんな

シートに座ったのは後にも先にも昨日が初めてです。)

ある人物の様子を美しい情景と共に淡々と描いていく。

そこにものすごく大きな事件や争いごとがあるわけでは

ないのです。ただ観ているとヒーリング音楽を聴いている

かのように心が穏やかになっていくのです。
今まで観た映画のメモをひっくり返して探したのですが、

同じ思いを持ったものはほとんどなく、敢えてあげるなら

「ダブリンの時計職人」(2010)「蜂蜜」(2010)

でしょうか。特に「蜂蜜」はストーリーに始まりも終わり

もなく、盛り上がることはないものの、BGM代わりに

使われる鳥のさえずり、虫の羽音、風、木の枝がこすれる

音などが幻想的な映像も加えて効果的に使われていました。
リム監督の作品は「FLY ME TO MINAMI 恋するミナミ」を

昨年鑑賞し、大のお気に入りになっています。今回は

バルカン半島を舞台にトルコ系移民であるフェルディの姿を

描いていますが、バルカン半島にはこんな国々が位置して

います。日本から遠く感じますよね。

 

どこでもない、ここしかない
 

そして主人公のフェルディは本当に女好き。この映画では

登場人物がそれぞれ本人が演じているそうで、フェルディと

フルダンも実の夫婦だし、結婚式のシーンは本物だそうです。

男性専用祝賀パーティー、女性専用祝賀パーティーと分かれ

ているのも宗教色を感じます。
フェルディの女好きについては監督曰く「トルコの男性は

自分が女性にモテると思っていて、ハーレムを築きたいと

考える人も多い」とのこと。日本から観光に来た若い女性、

友人の恋人..。次々に心を惹かれていく様が映ります。特技は

ビリヤードで、教えるふりをして自分をアピールするみたい。

でも教えるほど上手くないし、だれもスカッとショットを

決めていないと思う。(Wiiでしかやったことのない人の

極めていい加減な感想)
また口説き方もわかり切った文句なので、日本人から見ると

「絶対に目的があるだろう」とみえみえなのです。一方、

ヌーダンとは冒頭に水辺で少しずつ近づいて行ったように

「本命」にはこのように接するのかと変な憶測をしてしまい

ます。この時の景色はまことに美しく、中国の川沿いを

映しているかのように見えるのです。
毎晩帰宅の遅い、いや朝帰りのフェルディを問い詰める

ヌーダンは決して怒鳴りません。静かにどこまでも静かに

怒りを心にため込んでいくのです。そして突然家を出る。

ここで一人黙々と皿を洗うフェルディの姿が映り

(監督自身はこのシーンが一番好きだそうです)ここから

ヌーダン探しの旅へ出発することを決めたらしい。
あるべき人がある日いなくなることには、ものすごい喪失感を

持つのでしょうか。わかるような、当然だろうと思うような

両方の気持ちです。映画内でしばしば登場する「橋」は誰かと

接する「場所」で「エスカレーター」は必ず「すれ違うもの」。

これは映画鑑賞後、指摘されて気づきました。平面では

出会えるが、上下では永遠にすれ違う。そこにいることが

すなわちその人の「存在」を意味していて、それが「場所」を

作るのだと少しだけわかったような気持ちになっています。
映画のチラシが欲しかったけれど、列に並ぶ時間がなかったので

入手できなかったことが残念です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


2017年 マイベスト映画(洋画)

1

JUGEMテーマ:洋画

 

いつもなら年末にマイベスト映画をまとめるの

ですが、思わぬアクシデントもあり、今頃ようやく

書いてみました。考えてみると2017年は良作が

多く、劇場スルーとなった映画にも素晴らしい作品が

あったりして、とても恵まれた1年だったと思って

います。


ラ・ラ・ランド

 

1
 

もうこれしかないですよね。映像も歌もストーリー

も全部気に入っています。IMAXで観ることの

素晴らしさを体感しました。


チリの闘い

 

2
 

3部作を一挙に観ました。263分に重みを感じ、

チリという国について深く知るとともに、この映画を

世に出すためにどれほどの苦難の道を経たか

パンフレットで読むと、一生のうちでこんな映画に

出会うことはそれほどないだろうと実感します。


ベイビー・ドライバー

 

3
 

とにかく音楽がかっこいい。そしてベイビーの

ドライブテクニックを十分堪能できます。

リリー・ジェームズのウェイトレス姿が可愛い

かったですね〜。


スウィート17モンスター

 

4
 

こじらせ屋の少女の揺れ動く心が若者視点で

描かれていて、

「お前がつまらないのは、お前のせいだ」なるほど、

と納得。


マンチェスター・バイ・ザ・シー

 

5
 

主人公の深い心の傷が何なのか。時折爆発する

怒りの理由は。ケイシー・アフレックが大きく

表情を変えることなく感情を表す素晴らしい演技を

見せてくれました。


ぼくとアールと彼女のさよなら

 

6
 

苦手な難病物なのに、作り方によってこうも

楽しくできるのかと思ってしまう。劇場公開

スルーが残念です。


シング・ストリート 未来へのうた

 

7
 

最初から最後まで音楽に乗って高校生たちの

日常生活が描かれていきます。未来への希望を

感じます。


僕のワンダフルライフ

 

8
 

犬好きでなくても犬が大好きになる内容で、

涙が出そうになると、パッとシーンが変わる

のも好印象。


Fly Me To Minami 恋するミナミ

 

9
 

1つの恋が終わり1つの恋が始まるのを、ミナミの

街を舞台に様々な国の人々の交流を交えて描いて

います。エンドロールに流れる歌も耳障りがいいです。


ヒトラーの忘れもの

 

10
 

ナチスドイツを描いた作品はたくさんありますが、

ドイツ敗戦後のドイツ少年兵の姿を見たのは初めてで、

人間がいつでも加害者に変われる恐ろしさを改めて

知りました。

 

【そして個人的な好みでのホラー映画のお勧め作品】


ライト/オフ

 

11


怖い、怖いってば。ダメ電気を消しちゃだめよ!

アレが近づいてきちゃう。てな感じでこれを見ると

夜トイレに行くのが怖くなる映画です。

 

ゲット・アウト

 

12
 

始まりから漂う不穏な雰囲気が終盤にあのような

展開につながるとは絶対に想像できません。

 

という具合に、かなり偏りのあるマイベストですが、

他にも

「太陽のめざめ」

「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」

「SING/シング」

「ミーン・ドリームズ」

「ある戦争」

「アスファルト」

「ミモザの島に消えた母」

「セトウツミ」なども大好きな映画です。

今年もたくさん映画を見ようと思っています。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


2015年に見た映画ベスト10(劇場&DVD)

4

2015年に見た映画ベスト10(劇場&DVD)

 ,呂犬泙蠅里Δ


はじまりのうた

キーラ・ナイトレイのピュアな歌声とラストの幸福感は
ピカイチです。でもアダム・レビーンの歌が素晴らしいのも
一因ですね。この人かっこいいし。


◆―神は二度微笑む


女神は二度微笑む

ラストまで先が読めない極上のサスペンスでした。
絶対にネタバレ厳禁の映画ですね。


 国際市場で逢いましょう


国際市場で逢いましょう

ファン・ジョンミン演じるドクスが、激動の時代
ある信念を持って生き続けた映画であり、涙が出る
こと間違いなしです。



ぁ.ぅ潺董璽轡腑鵝Ε押璽燹.┘縫哀泙氾刑与学者の秘密

イミテーション・ゲーム

予告編とは全く異なる内容で、暗号解読だけでなく
かなり密度の濃いものでした。


ァ.┘譽侫.鵐函Ε愁鵐


エレファント・ソング

グザヴィエ・ドランの繊細な演技が、スリリングな
内容と美しい映像、オペラの歌声によくマッチして
いました。


Α,みおくりの作法


おみおくりの作法

エディ・マーサンの静かな演技が、これまたしっとり
としたBGMに合っていました。ラストはやや不条理感
を覚えましたが、全体としてはいい映画だったと思います。


А.潺奪轡腑鵝Дぅ鵐櫂轡屮/ローグ・ネーション


ミッション・インポシブル/ローグネーション

冒頭からこの絵ですからね。スリル満点だし、紅一点の
レベッカ・ファーガソンの筋肉質な美しさにうっとり
しました。


─。矯佑離椒が、大人になるまで


6才のボクが大人になるまで

かなり長めの映画なんですが、見終わるとしみじみと
共感を覚えます。


 ナイトクローラー


ナイトクローラー

ジェイク・ギレンホールのギョロリとした眼差しが、彼の
狂気に満ちた行為とぴったり合っています。見終わると気分
が悪くなるほどよくできた映画でした。


 ぼくらの家路


ぼくらの家路

この映画の監督が言うように、子どもたちは絶対に
壊れることのない、人生と将来への信念を持っている
と感じられる映画でした。弟役のマヌエルが可愛い。


この中で劇場鑑賞したのは「ぼくらの家路」、
「ナイトクローラー」、
「ミッション・インポシブル/ローグネーション」、
です。

その他に、「滝を見に行く」「百円の恋」「ザ・ゲスト」、
「トラッシュ!この街が輝く日まで」、
「シェフ〜三ツ星シーフードトラック始めました」、
「ワイルド・スピード SKY MISSION」、「旅立ちの時」、
「キングスマン」、「海街diary」などが心に残っています。
そしてそして番外編として、今年もっともビビっときた
ホラー映画は
「クラウン」


クラウン

さすがイーライ・ロス!といった感じでした。
来年も様々なジャンルの映画を見て行こうと思って
います。今一番楽しみにしているのは
「グリーン・インフェルノ」でしょうか。公開劇場が
限られているのでDVD待ちです。
また来年もよろしくお願いいたします。






  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


今年家で見た映画ベスト10

4
JUGEMテーマ:映画

「今年家で見た映画のベスト10」
年代、ジャンルは問わず、個人的に見た映画でまとめて
みました。

数字 マイ・ネーム・イズ・ハーン

マイ・ネーム・イズ・ハーン

2010年 インド映画 162分
アスペルガー症候群を患う主人公は、インド人で
イスラム教信者。それがゆえの差別、偏見、悲しみを
乗り越え、愛する人の元へたどり着く映画です。


数字 小さいおうち

小さいおうち

2014年 日本映画 136分
山田洋次監督の描く細やかな人間模様と静かな
反戦のメッセージが伝わります。黒木華さんの
プクプクした白い手が印象的でした。


数字 ジェレミー

ジェレミー

1973年 アメリカ映画 90分
ベタなラブストーリーですが、忘れていた懐かしい
恋心を思い出します。永久保存版だわ。


数字 ライフ・イズ・ビューティフル

ライフ・イズ・ビューティフル

1997年 イタリア映画 117分
ユダヤ人迫害を息子に知らせないためにひたすら
奔走する父親の姿をコミカルに描きながら、ラスト
は必ず泣ける映画です。


数字 メイジーの瞳

メイジーの瞳

2012年 アメリカ映画 99分
両親の離婚で父母の間を行き来せざるを得なくなる
メイジーの青い瞳が印象的でした。彼女の「おうち」
はどこなのでしょう。


数字 ロスト・ボディ

ロスト・ボディ

2012年 スペイン映画 111分
まさかのラストには唖然茫然。よくできたサスペンス
映画です。


数字 アンコール!!

アンコール

2012年 イギリス映画 94分
頑固じいさんが仲間たちと打ち解けていく姿が
ハートフルに描かれています。


数字 コーラス

コーラス

2004年 フランス映画 97分
生徒との別れのシーンは本当に感動的なものでした。
少年の歌声にも魅了されます。


数字 グッバイ・レーニン

グッバイ・レーニン

2003年 ドイツ映画 121分
ベルリンの壁の崩壊を知らずに昏睡状態にあった
母親が突然目覚める。バリバリの社会主義者の
母に対し息子のとった行動は...。悲喜こもごもと
いう内容でした。


数字 グランド・ブダペスト・ホテル

グランド・ブダペスト・ホテル

2014年 イギリス=ドイツ映画 100分
ウェス・アンダーソン監督独特の色調の映像で
おとぎ話のような美しさの中で起こるある事件。
3つの時代を行きかうストーリーは秀逸です。

個人的な趣味もあってか今年はヨーロッパやロシア映画
をたくさん見ました。全く理解不能な芸術性の高いもの
もありましたが、結構充実した1年だったと思います。
また来年もいやまだ今年も映画を見続けます。




  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


1

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

ブログ村

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

祝日カレンダー

Sakura Calendar

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:2799 最後に更新した日:2018/05/27

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM