第7鉱区

4
JUGEMテーマ:韓国映画全般

第7鉱区

「第7鉱区」
原題:7鉱区
監督:キム・ジフン
2011年   韓国映画   101分  PG12
キャスト:ハ・ジウォン 
     アン・ソンギ
     オ・ジホ
     イ・ハンウィ
     パク・チョンミル

済州島沖の第7鉱区で油田開発作業を行っている隊員は、本部への
撤収命令を受ける。ヘジュンはここに石油があると主張し、撤収隊長
としてやってきた彼女の叔父ジョンマンも命令に背いて、作業を進める
ことを指示するのだった。

第7鉱区

韓国映画特有のドロドロ感とおふざけを交え、人間ドラマも加えたモンスター
ホラー映画になっていますが、どうもだるい。
1985年、済州島沖の第7鉱区、水深2500m付近で、何やらクリオネの
ような美しい生物が泳いでいます。潜水隊員がそれを見つけ、見とれていると
大量に襲ってきたそれによって...。
シーンは変わって2011年、同じ場所で「無鉄砲」と呼ばれるヘジュンは
隊長フアンに反発しながら、男勝りの仕事ぶりを見せています。まず、この
設定に無理がありすぎです。

第7鉱区

うら若き女子が、いくら体力があるとはいえ、大の男並みいえそれ以上の
力を発揮するとはにわかに信じられません。さらに隊員が、ヒョヌという
重機の操作一つもできないヤツやら、サングという血の気が多すぎるヤツ、
その子分のようなジュンユン、どう見てもトロいサングなどひどいメンツばかり
なのです。ついでに極めてイケメンのドンスは何とヘジュンの恋人だって!
そこへ本部から撤収命令を受けて、隊長としてヘジュンの叔父のジョンマン
がやってくるのです。この人なぜか、本部の命令に背いて、作業の再開を
決めます。まあそこには大きな秘密が隠されており、医療担当のムンヒョン
が謎の転落死を遂げてから、ストーリーはスリルに富んだものになる...はず。


第7鉱区

ところがどっこい、ならないんだなあ。まあ、出没した「何か」はとりあえず
よくできています。ピュルピュルと伸びる気色悪い舌も、なかなかに威力。

第7鉱区

ライフルで、斧で、はたまた火をつけて対抗しますが、結局後半は、無駄に長い
だけで、この「何か」が人を襲う理由は一切わからずじまい。ドンスとヘジュンが
「逃げろ」
「いやよ」
なんてほざいているうちに、気持ちはどんどん冷めて行きました。
船上でバイクの競争なんかなぜするのかと思ったら、そうか、こう使いたかったのね。
全く無意味です。
左から睨むのがお得意のヘジュンのワンパターン表情も飽き飽きでした。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆
グロ星    ☆
ゾクゾク星
エロエロ星
ダルダル星 ☆☆


  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

イルミネーション片付けは寒かったなあ。

1

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

ブログ村

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

祝日カレンダー

Sakura Calendar

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:2710 最後に更新した日:2017/12/18

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM