ブラジルー消えゆく民主主義

4

JUGEMテーマ:洋画

 

ブラジル

出典:IMDb

 

「ブラジルー消えゆく民主主義」

原題:Democracia em Vertigem

         The Edge of Democracy

2019年 ブラジル映画 121分

監督:ペドロ・コスタ

 

2002年、労働者党のルーラ・ダ・シルヴァが

大統領に当選し、ブラジルは21年続いた軍事独裁政権

に終止符を打つ。彼とその後継者であった

ジウマ・ルセフ大統領の盛衰を、監督自身の家族の

歴史も踏まえて描いていく..。


<お勧め星>☆☆☆☆☆ これは絶対に見てほしい映画

です。ブラジルの民主主義が崩壊していくのを見ている

のに、違うものを見ているかのように思います。


民主主義が機能している時、資本家は怯えている


ブラジルについて持っている知識といえば、日系移民が

多いんだろうな、とか、サッカーワールドカップや

リオデジャネイロ五輪が開催されたな、程度で、以前に

観た「チリの闘い」同様に全く知らなかったことばかりが

映像として目の前に現れます。
2000年代以降「BRICs」と呼ばれ、インド、ロシア、

中国と共に著しい経済成長を遂げた来たこのブラジルの

国内で何が起きていたのか。本当に最初から最後まで一気に

見られます。そして弱った民主制がどこに向かうのか、

この目ではっきり見て取れるのです。
映画はペドロ・コスタ監督のナレーションやインタビューで

構成されており、その時々の社会や政治家の姿を映しつつ、

彼女の家族も映されます。コスタ自身、祖父がブラジル有数の

大会社の経営者でありつつ、彼女の両親は、軍事独裁政権への

反体制活動家で、投獄された体験の持ち主です。コスタの

考えも両親に近いけれど、どちらにも存在する「闇」を覆

い隠すことなく語っているのが特徴です。
2018年4月7日、元大統領ルーラ・ダ・シルヴァが逮捕

されます。この逮捕までの経緯の前に、ブランコ将軍から

始まった軍事独裁政権下で、貧困にあえぎ、逮捕、拷問、

虐殺におびえる民衆の姿が描かれます。そしてその中で

労働者の星として政界入りを表明したのがルーラです。
「階級も人種も性別も信教も関係なく、人という粘土で結びつこう」
当時のブラジル議会443名のうち労働者階級が2名という

数字を知らされると驚愕します。後に登場しますが、ブラジルの

司法制度は、検察官=裁判官という歪なもので、これが近代国家の

姿なのだろうかと思ってしまう。長らく続いた軍事独裁政権は

「司法」の存在など必要としなかったのでしょう。
ルーラが大統領に当選し、歓喜の雄たけびを上げ、街中を行進

する民衆の笑顔をよそに、ルーラ自身は、議会を動かすために

「ブラジル民主労働党」と手を組むわけです。これが労働党とは

思想が大きく異なる反共、極右政党だったとしても、多くの

政党が乱立するブラジル議会の中で持論を通すためには、

「ある程度の数」が必要だったわけです。これが「失敗」の

始まりだったとしてもそれ以外の方法を選ぶ時間はなかった

とも思われます。
そしてルーラは「ボルサ・ファミリア」という政策で極貧家庭を

救済し、アフリカ系住民の進学率を上げ、失業率を最小にすることに

成功します。さらに経済力も世界で7位という驚異的な伸び率を
示すのです。民衆にとって生活水準が上がることは、目の前の

喜びであるけれど、国家単位で見ると、その国の経済力の上昇

こそが重要で、そこに世界最大の海底油田が発見されるということが

起きます。

 

ブラジル
出典:IMDb

 

一方ルーラの後継者として指名されたジウマ・ルセフはブラジル初

の女性大統領であり(すごいね、アメリカだってできていないのに)

かつての軍事政権時代ゲリラとして戦った人物でもあったのです。
ここまでが成功して行く状況で、ここからその転落が始まります。
まずはエジプトで起こった「アラブの春」に触発された民衆のデモで、

彼らは「再び民主主義を!」と求めるのです。これは当時、圧政下

でもなかった国民が、自分たちの生活水準のさらなる向上を願って
大きな意味を唱えたわけではないのだと思っています。しかしそれを

利用する政敵が現れるのです。ただ、ルーラ、ジウマ路線が全く

クリーンであったというわけではありません。今までずっと続いていた

企業と政治家の繋がりを、違法な盗聴行為をしてまで告発するのが、

メディアを活用するモロ判事で、この告発を逃れるために、裏で

様々な人々が駆け引きを繰り広げるのです。この件で

「ブラジル民主労働党」から追放されたクナ議員は、労働党入りを

求め、それを拒否されたことから、後のジウマ大統領弾劾の時に、

根拠のない弾劾裁判を承認するんです。思想信条など関係ない、

自らの地位に恋々としがみつくというのはこのようなことを言うん

だろうな。
ジウマ大統領の最大の失敗(といえるのでしょうか)は、金利を下げ、

連立を組んでいた「ブラジル民主労働党」を政権から排除したことに

尽きると思います。富裕層、銀行を敵に回すことは、弱った民主制を
さらに弱体化させ、機能しなくさせてしまう威力を持っています。
終盤に議会前の広場で、ジウマ弾劾賛成派と反対派が赤と青に分かれて

勢ぞろいします。どう見ても弾劾反対の赤色の方が多いのに誰でも

気づくでしょう。「国民の分断」が何を招くか、それは「民主制の死」
しかありえないと感じます。
結局ジウマは弾劾され、ルーラは確固たる証拠もないまま逮捕され、

テメル(ジウマ時代の副大統領)が大統領に就任した後に就任したのは、

かつての軍政を称賛した軍人ボルソナーロです。彼の発言は
ミニトランプと言われるほど過激であり、

「無能な者には暴力で対抗する」

という人物なのです。これが民衆の望んだ未来だったのでしょうか。

国民のためでなく、政治家のため、外国企業のため、市場を維持し、

それは国家機関が都合よく操作できるということを本当に望んでいた

のでしょうか。「ボルサ・ファミリア」の功罪も考えてしまいます。
少しだけ頭をよぎったのは、東西ドイツ統一後、旧東ドイツ出身者が

「オスタルギー」という思いに浸っている老人が存在するという話

でした。あまり関係ないけれど。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 

 


ザ・トゥルー・コスト ファスト・ファッション 真の代償

4
JUGEMテーマ:洋画

真の代償

「ザ・トゥルー・コスト ファスト・ファッション
真の代償」
原題:The True Cost
監督:アンドリュー・モーガン
2015年 アメリカ映画 93分

ファッション業界では安価なファスト・ファッション
がもてはやされているが、そこには搾取される人々や
汚染される地球環境などの犠牲が払われていることを
多くの人々は知らない。

<お勧め星>☆☆☆☆☆ 全く知らないことばかりで、
この映画を見て知って本当によかったと思います。


ファッションの真のコストなど考えてみたこともなかった
です。安価で丈夫、冬は暖かく、夏は涼しい衣服が出れば
それを競うようにして買い、来シーズンには、少しデザイン
の異なるものを目にし、再び買うということを何年も続けて
来ました。
しかしそれはどういう経路で作られていたのか、この映画
を見て初めて知りました。

人件費や物の値段は上がっているのに、なぜか価格が下降
し続けるファスト・ファッション。それがいつの間にか
当たり前のようになっています。考えてみればかつては
仕立て屋があり、職人が作った服を着たり、何かの催し
のためにだけ、高価な服を買っていた気がします。では、
今衣服の製造地はどこになっているのでしょうか。中国から
ベトナム、バングラデシュ、カンボジアへと工場は移って
いるのです。それは仕事を必要な国へ移ったと言えば聞こえ
がいいですが、販売側の価格で生産できないとなると、すぐ
違う場所へ移しているだけのことであり、そこには劣悪な
環境かつ低賃金で長時間働く人々がいるわけです。


真の代償

映画の中で「フェア・トレード」という言葉が出てきます。
これも初めて聞いたのですが、言葉の通り、作る側と売る側が
公平な取引である、ということです。
しかしバングラデシュでは、日給2ドルで働き、工場の安全
管理は不徹底であり、建物のの倒壊や火事で多くの人々が
亡くなっています。映画内でそこを指摘した評論家に
「もっと危険な仕事、つまり炭鉱や石油採掘などの仕事が
ある。」
と言い返す経営側の人が映ります。彼らは現地の工場を管理
しているわけではなく、あくまでも現地の法律に基づいて
働かせているので、労働組合もなければ、安全管理もなされて
いなくても構わないわけです。

さらに、原材料に遡ると、遺伝子組み換え種子で綿を栽培し、
その種子を独占的に販売、また大規模な殺虫剤散布が行われ
ています。それによって土壌、河川は汚染され、住民が病に
冒されると、処方される薬も同じ会社が販売しているという。
インドのバンジャブ地方では、先天的に障がいを持って生まれた
子供が多く、貧困ゆえ治療さえされずに亡くなっています。
その上、製造された服は、その多くがすぐに廃棄され、アメリカ
国内のチャリティーでは、ほぼ買われず、ハイチなどの国へ
運ばれると、結局地元企業は消滅せざるを得なくなるわけです。


真の代償

そういうピープル・ツリーの中で唯一豊かになるのは、
ファスト・ファッションの経営者であり、また消費者も
家や車といった、本当に欲しいものは「高価」と感じ、
安価な衣服を買うことで物欲を満たしていくわけです。
人権とか環境を守ることの大事さはずっと訴えられてきたのに
ファッションに関しては、こういう状況にあることに気づく
事さえなかった自分が恥ずかしいです。
安価な衣服は、どこから来たのかじっくり考えてみる必要が
あると思いました。



  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


1

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3082 最後に更新した日:2019/12/10

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM