置き去り

4

JUGEMテーマ:Horror

 

置き去り

出典:IMDb

 

「置き去り」

原題:Maroon

監督:プルキット

2016年 インド映画 94分

キャスト:デヴィヤニ・シーミ

     マナフ・カウル

     サウラブ・サチデヴァ

 

大学教授のサラブは、妻ロシニが仕事から戻らないことを

心配していた。一晩待って彼は警察に通報するが、不眠症の

彼の前には様々な光景が現れ..。


<お勧め星>☆☆半 謎が謎として残っていったい何が現実か

一向にわかりません。


サラブの拭き掃除


全てがサラブの家の中の出来事で、特にバスルームのシーンが

頻繁に出てきます。

 

置き去り

出典:IMDb

 

極度の不眠症のサラブが薬を飲む

→家の中のみで何か行動する

→不気味な音や出来事が起こる

→ドアベルが鳴る

→誰かが家に入ってくる

→話していると電話が鳴り、誰かと話す、

の繰り返しです。誰かがいる時にはサラブはちゃんと電話に出る

けれど、どうやら他にも何本も電話がかかっているらしい。それは
留守電メッセージの多さや、「電話に出なかった」と指摘する人の

声からわかります。
大学教授のサラブは教師である妻ロシニと二人暮らしなのですが、

そのロシニが帰宅しません。友人に電話し、それでも所在が

わからないため、彼は遂に警察に電話するのです。この警察は

いくつものインド映画で見たポンコツではありません。

ネギ警部補というちゃんとした?人物が訪れ、ロシニの行方を

捜すことを約束するのです。しかしどうもサラブの記憶が途切れて

いるのが気になるのです。
「なんで電話に出なかった?」

ネギ警部補に指摘されて電話を見ると留守電メッセージがたんまり

たまっています。見ている側はサラブの視点でしかわからないので、

それが現実だと信じています。したがってこの辺りから、こいつ
ちょっとおかしいと気づくのです。さらにアシシというロシニの

浮気相手の存在を知ると、さてはサラブが怒りにまかせて妻を殺害し、

その罪をアシシにかぶせようとしたのでは、とも思い始めます。
ところがサラブの家の中は、完璧にホラー映画状態で、バスタブの

排水溝からたっぷりの髪の毛が出て来たり、突然バスタブの中に水が

逆流し、それが真っ黒だったり、血のように真っ赤だったりり
と散々なんですよ。また、居間のチェストの下には、なんと女性の

指が落ちています。やっぱり...。サラブはとりあえずトイレに

流しちゃおう!と行動するけれど、流れないんです。何度やっても
指だけポンと残ります。おまけにこの指は、自分で移動して、それも

血を垂らしながら動いて、廊下までやって来ます。アダムスファミリー

のハンドは可愛かったけれど、これはどうかと思うわねえ。
サラブはとにかく汚れた床を必死で拭きまくるんです。拭いて綺麗に

してもすぐに黒や赤の色で汚れてしまうので、彼は妻の行方を

心配しつつ、掃除の心配もしないといけません。

 

置き去り

出典:IMDb


一方でサクシという可愛い女子大生が、サラブの家を訪れます。こんな

中年のおっちゃんでもJDにモテるのね。「先生の書く詩が大好き」

だと言う。サラブちょっといい気分。しかしサクシもトイレで倒れて

鼻血を出すは、変な男子に付け回されるは、なんかサラブといい

雰囲気になったのに、おじゃんになったりと散々です。

この家の中に来る人に多くのおまけがつきすぎているんです。それは

支援センターから派遣された精神科医クマールも同じことで、

果たして彼の話が本当なのかどうか、そもそも全ての存在のどれが

現実なのか、もう見極められません。
それにしてもアシシは2回もサラブの家に侵入し、彼をぼこぼこに

していくのだけれど、彼はサラブがロシニに何かをしたと信じ切って

いるらしい。サラブとロシニの夫婦仲が、彼の不眠症が原因で
最悪だったことを考えると、やっぱりそうなのかしら。
ラストにようやく外の光を浴びたサラブがニコリとするんです。

その理由もまったくわかりません。間の悪いドアベル、電話のベルの

音にイライラすること間違いなしの映画です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


マドレ

4

JUGEMテーマ:Horror

 

マドレ

出典:IMDb

 

「マドレ」

原題:Madre

監督:アーロン・バーンズ

2016年 チリ映画 95分

キャスト:ダニエラ・ラミレス

     アイダ

     クリストバル・タピア・モント

 

身重のディアナは重度の自閉症を患うマルティンの世話で

日々疲弊している。出張で家を空けることが多い夫トマスは

あてにならず、雇った家政婦も数日でやめてしまう。そんな

ある日スーパーでパニックを起こしたマルティンをルスと

いう清掃係の女性がなだめてくれたことで、ディアナは彼女を

家政婦として雇うことにするが..。


<お勧め星>☆☆半 気軽に見始めるとまさかの展開にギョッと

なります。でもラストがいまいち


母は強しというけれど


オープニングから重度の自閉症児であるマルティンの世話に

手を焼く身重のディアナが次々に映ります。

起床、食事、通学、入浴、就寝にいたるまで、すべてに

おいてほとんど介助が必要で、それを一人でこなしている

のです。自分が休憩を取る時はどうやらマルティンを拘束し、

ドアに鍵をかけているらしい。それでも彼が発する大声に

反応して体を動かさないといけないのです。その疲労と
今お腹にいる子供が同じ症状を持っていないかという不安で、

ディアナは少しも幸せそうな顔をしていません。

 

マドレ

出典:IMDb

 

いつでも電話で話せる、という夫トマスだって手を貸して

くれるわけでもないのです。雇ったメイドも数日ですぐに辞めて

しまう。
そんな時スーパーで暴れ始めたマルティンをそこの清掃係だった

ルスがなだめてくれたことで、ディアナは夫の許可を得て彼女を

住み込みの家政婦として雇うことにするのです。ルスの子供も

同じ病だったけれど、ちゃんと克服して今は普通に暮らせている

と言う。その話通り、マルティンはあっという間に症状がおさまり、

普通に食事をするし、なんと言葉を発することもできるように

なります。ディアナ自身もゆっくり体を休められるし、空いた時間

でカタリナとお茶もできちゃう。気になるのはルスが「フィリピン語」

でマルティンに何かを言い、彼もその言葉で答えることですね。

これも勉強すればいいのですよ。

フィリピン人は公用語である英語が堪能なため、世界中で様々な

職業に就いており、OFW(オーバーシーズ・フィリピーノ・ワーカーズ)

と呼ばれています。ただ「貧困層の出稼ぎ」の時代は終わったとは

いえ、家政婦として働く女性への雇い主の不信感は強くあるし、

逆に雇い主からの虐待、搾取もあるという問題は残されたままなの

です。映画内でカタリナがディアナに話したように窃盗を働く

家政婦の話はわたしも聞いたことがあり、認知症であった裕福な

老人が知らないうちに貴金属類を持ち出され、換金されてしまった

とのことでした。老人に身寄りがなかったため、結局大学の後輩たちが

家政婦を追及しその罪が露呈しましたが、彼女に返済能力はなく、

また老人の所持品リストがなかったために、何を持ち出されたのか

全部はわからなかったとのことです。信頼できるかどうかは誰が

決めているんだろう。
それはさておき、カタリナお勧めの翻訳アプリ(5ドルの課金)を

使ってルスとマルティンの会話を聞いたらあ〜らびっくり!

「チリ人はバカばかり」

「お前のママはお前を愛していない」

「お腹の子供だけを愛している」

などとディアナの悪口を息子に吹き込んでいるのです。カッチーン!!

 

マドレ

出典:IMDb

 

トマスに言いつけてやる。でもトマスは、翻訳アプリには誤訳が

多いからたった5ドルのものなど、信用するなというんです。確かに

かつての面影がなく、すっかり年齢相応の子供になったマルティンの

姿を見ればうれしいし、日々の生活もとても楽になっています。

この辺りの揺れ動くディアナの心がとてもうまく表情に出ている

のと、一切表情がないルスが対照的です。
しかし7か月に入るというのに「つわり」がひどくて嘔吐を繰り返す

ディアナは、体調が悪いし、耳の中がムズムズするし、そんな時に

ルスがトマスの浮気をほのめかす話をするものだから、遂にプッツンと
糸が切れてしまいます。

 

マドレ

出典:IMDb

 

マルティンの描く絵がやけにオカルトめいているのも全部ルスの

せいだ。彼女がマルティンを洗脳しているのだ。ルスが勝手に

連れて来た彼女の息子ダビッドの言葉も彼女を追い詰めるのです。

そしてすっきりさっぱりルスをクビにすると、あのマルティンが、

結局最初の姿に戻ってしまいます。ディアナの見ているのは

現実なのかそれとも心身の疲労から来る幻影なのかどちらだろうと

考えているうちに、映画はすんごい方向に向かうのです。これは

想像していませんでした。

「ローズマリーの赤ちゃん」(1968)に似たような点もなきに

しもあらずですが、そもそもの動機が最後まで不明で、そこの説明が

あればすっきりしたのにと思います。

「パラノーマル・アクティビティ」的なものととらえたらいいのかしら。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


テリファイド

5

JUGEMテーマ:Horror

 

デリファイド

出典:IMDb

 

「テリファイド」

原題:Aterrados

監督:デミアン・ラグナ

2017年 アルゼンチン映画 87分

キャスト:マキシ・ギオーネ

     エルビラ・オネット

     ノルベルト・アマデホ・ゴンサロ

     ジョーシ・ルイス

 

ブエノスアイレスの住宅街で、排水溝から声が

聞こえたり、住人が突然姿を消したり、死んだはずの

子供が墓から出てくるなどの現象が起こる。

警官フネスは、専門家とともにその謎を解き明かそうと
彼らの家に入り込むが...。


<お勧め星>☆☆ アイデアにはドキリとするけれど、

もったいつけすぎて緊張が解けちゃう。


闇と光


「未体験ゾーンの映画たち 2019」上映作品です。

いかにも未体験ゾーンという感じがします。しかしすでに

ハリウッドでギレルモ・デル・トロ監督によってリメイク

されることがきまっているそうで、それを見ただけで

ワクワクしながら鑑賞しました。

 

デリファイド
出典:IMDb

 

冒頭から30分くらいはおどろおどろしいBGMと暗闇と

光を使ってとても怖い映像が見られます。台所の排水溝から

声がする、壁をどんどん叩く音が聞こえる、あ、妻が風呂場で

一人で宙づりになって左右の壁に思いきりぶつかり合っている

じゃありませんか。このシーンは容赦のない映像で、

スパニッシュホラーを彷彿とさせます。
そしてこの家の隣人ウォルターも奇怪な出来事を体験しており、

彼の場合は、ベッドが勝手に移動するんです。そしてベッドの

下をそーっとのぞくと、なんと血まみれの足が見えるし、

それがちょっと目を離したすきにぱたぱたと走り去っていきます。

もう、ここまで見たら、夜おトイレに行けなくなること

間違いなしと思っていると、さらに畳みかけるように怖い映像が

出てきます。
近所でサッカーをしていた子供が、ちょーっと水を飲もうと

水道に口を近づけると「出てけ」と声がするんですね。ハッと

思って立ち去ろうとするとそこへトラックが突っ込みます。

この少年の葬儀の後、べたべた足跡や手形をつけて彼が戻って

きたらしい。

 

デリファイド

出典:IMDb

 

ぼりぼり土を掘ったから指は傷んでいるし、もともと死体なので

腐敗臭がする。でもたまーに動くんですね。ここが怖さマックス!
ところが冒頭のバスルームで妻を見つけたジュアンが、妻殺しで

逮捕され、そこへ超常現象研究家らしき人々が訪れてから、

ダレるんです。「死霊館」シリーズのウォーレン夫妻だったら、

もっと迅速に手がかりをつかめるだろうに..。

 

デリファイド

出典:IMDb

 

あ、それとは違うことが原因なのかしら。
とにかくチームで調査をするはずが、それぞれがバラバラの

家に入り、繋がりのない行動をするし、彼らの説明が、

ものすごくもったいぶっていて、TV番組で核心部分をCMの

後の持ってきて、そこまでも何度でも繰り返し映すような

もどかしさを覚えます。
「恐怖はうつりやすい」←どこかで聞いたセリフ
「恐怖は自分の問題」←これもどこかで聞いたセリフ
心臓病を抱えているし、耳も不自由な刑事フネスは、ウルトラ

怖がりなので、とっととここから逃げ出したいのに、なぜか

引き留められてしまうのです。これにはまあ理由がないわけ

ではないのですが。
終盤にジャケットのような映像がちょくちょく出てくるけれど、

こんなはっきり映っていないので安心して見られます。
1つ1つのアイデアや映像は、とても恐怖心を呼ぶので、

リメイクに期待しようと思っていたら、ほかの人の感想にも

そう書いてあったので少し笑えました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


レザーフェイスー悪魔のいけにえ

5

JUGEMテーマ:Horror

 

レザーフェイス

 

「レザーフェイスー悪魔のいけにえ」

原題:Leatherface

監督:ジュリアン・モーリー

   アレクサンドロ・バスティロ

2017年 アメリカ映画 89分 R18+

キャスト:スティーブン・ドーフ

     リリ・テイラー

     フィン・ジョーンズ

     ネイサン・クーパー

     ロリナ・カンブローバ

 

ソーヤ農場で保安官ハートマンの娘が死体で

発見される。彼は農場の末息子ジェドを保護し、

矯正施設に収容するが、10年後収容所内の暴動

に乗じて3人の収容者がナースと収容者1人を

人質に脱走してしまう。


<お勧め星>☆☆ レザーフェイスの前日潭という

設定の割には無理やりこじつけた感じが残ります。


誰がジェドか?


トビー・フーパー最期のプロデュースース作品と

いうことで期待を抱いて見始めました。この

シリーズは1974年「悪魔のいけにえ」がもう

私にとっては最高に素晴らしいと思っており、何が

すごいかというと効果音のみで恐怖を抱かせるのと

マリリン・バーンズの絶叫ぶり、そして理由のない

惨劇への不条理さが、イカれた陽気な一家のもと

描かれていたことです。

1986年「悪魔のいけにえ2」では1で殺された

若者の叔父役でデニス・ホッパーが登場し、

レザーフェイスとの死闘を繰り広げ、これまた

見ごたえのある内容になっています。しかしその後の

「悪魔のいけにえ レザーフェイスの逆襲」(1990)
「悪魔のいけにえ レジェンド・オブ・レザーフェイス」

(1994)は見たはずなのですが、まったく印象に

残っていません。2013年劇場にて

「飛び出す悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲」
を鑑賞したものの3D映画にした割には何も飛び出さず、

隣の席の人は爆睡するというありさまで、

「飛び出したものはあったのか?」

と3Dメガネを回収箱に放り込む手に力が入ってしまいました。
一方、マイケル・ベイ製作のリメイク版

「テキサス・チェーンソー」(2003)

「テキサス・チェーンソー ビギニング」(2006)は、

かなりまじめに作ってあり、グロ描写も多く、確かに怖かった。
しかし暗いんです。やはりオリジナルのテキサスで

ソーセージを作っていた能天気なイカれた一家の

不条理ホラーの方がインパクトが大きいですね。アホ兄ちゃん

たちの個性が不可欠なのだと実感します。
で、このレザーフェイスが4男坊だったはずなのに、

しょっぱなから彼の誕生日会のメンツを見ると、兄が2人

しかいません。梅毒を患い、しかも先天性の皮膚病であると

いう設定もなかったことになっています。

誕生日プレゼントは「チェーンソー」。まあこれは予告編でも

流れたし、ジャケットにも書かれていましたね。そして

「悪魔のいけにえ」ではほぼ死んだようになっていた

じいちゃんが、しっかりハンマーを振り下ろせるほどまだ

元気満々です。ぷっ。オリジナル映画では、何度持たせても

ハンマーが落っこちちゃって笑えましたね。あのシーンは

怖いはずなのに笑えるんですよ。

 

レザーフェイス
 

さて、とても早くストーリーは進み、娘を惨殺された

ハートマン保安官の無念、怨念、執念のこもった渾身の?捜査

と青少年更生施設に収容され10年経ったジェド(ここも確か

「ババ」という名前だったことを思い出して「?」)の姿...

あれ?名前を変えているし10年経過しているから、

「ジェドはどこや?」

 

レザーフェイス
 

そしてその施設から血みどろの惨劇を経て脱走する4人の

収容者+ナース、エリザベスたちが繰り広げる騒動が描かれて

いきます。そもそも脱走を図ったのはアイザックとクラリスで、

バドはパシリだし、ジャクソンとエリザベスは人質なんです。

この後起きる出来事はあまりに中身てんこ盛りで、

お腹いっぱい、もうちょっとやめてもらっても構いませんよ。

と思ってしまうほど。映像的にはよくあるものばかりなので、

スプラッター映画が苦手でなければ大丈夫です。
ジェドはアイザック、バド、ジャクソンのうちの1人らしい

けれど、それがかなり後半にならないとわからないんですよ。

ずっと気になっていてもその片鱗も見せません。

(あ、言っちゃった)
突然ぷつんとキレた男こそ彼です。でもそのキレ方もあまりに

唐突だし、そもそも背が190cm以上ある巨体じゃなかったっけ?

あれやこれや悶々しながら、こじつけたようなラストシーンには

かなりがっかりします。やはりイカれた兄ちゃんの登場が

少なすぎたせいもあるのでしょうね。

 

レザーフェイス

 

おまけですが、巨大な牛の死体の中に隠れたエリザベスたちを

見た時、不謹慎ながら?レオ様が念願のアカデミー賞主演男優賞を

獲得した「レヴェナント 蘇りし者」を思い出してしまいした。

レオ様、ごめんなさい。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


バイバイマン

4

JUGEMテーマ:Horror

 

バイバイマン

 

「バイバイマン」

原題:The Bye Bye Man

監督:ステイシー・タイトル

2016年 アメリカ映画96分

キャスト:ダグラス・スミス

     ルシアン・ラヴィスカウント

     ダグ・ジョーンズ

     マイケル・トルッコ

     フェイ・ダナウェイ

 

大学生のエリオットは恋人サーシャ、親友ジョンと

一軒の古い屋敷に引っ越してくる。しかしその家は

なんとなく不気味であり、エリオットがナイト

テーブルの引き出しの中に書き殴られた

「言うな、考えるな」
の下に、ある名前を見つけたことから、彼らの恐怖が

始まるのだった。


<お勧め星>☆☆ 全然怖くない。


謎だらけの映画


ジェームズ・ワン監督がベタ誉めというふれこみの

映画だからさぞかし怖いのだろうと思い、ずっと

見たかった作品です。ジェームズ・ワンといえば
「ソウ」(2004) まさか歩き出すとはね...。
「インシディアス」(2010)不可解な音には要注意
「死霊館」(2013)オルゴールも人形も大嫌い
とにかく音と闇と光を巧妙に使い、見ている側の

ゾクゾク感を高めていきます。「ソウ」は少し違う

系統かな。あれは「なぜ」の方が重要だったな。
ところでこの映画を見終わって思わず漏れた言葉が

「あれ?」
映画の元ネタは、ロバート・デーモン・シュネックと

いう作家の「The President's Vampire」の中の短編で

あり、実話というより都市伝説に近い話のようです。

日本でも夏になると稲川淳二さんが話しますよね。

わたしはあれを全然信じていないのですが、怖いから

見ない、聞かないという矛盾した行動をとっています。

だって一人でトイレに行けなくなるかもしれないもん。
始まりはかなり衝撃的なのです。1969年

ウィスコンシン州でラリーという男が

「あの名前、誰かに言った?」と尋ね、友人や隣人を

バンバン射殺していくというもの。どうやら「あの名前」が
キーポイントだとわかります。早っ。

 

バイバイマン
 

そして時は流れ、大学生のエリオットは恋人サーシャ、

親友ジョンと人里離れた場所にある一軒の屋敷に引っ越して

きます。どう見てもこの屋敷は何かがある臭がプンプンする。

都会で家を借りるお金がなくてとか事業に失敗してという

理由で一家で引っ越してくるならわかるけれど、なぜに

こんな大きな屋敷をルームシェアするんだろうなあ。

まあ、ここはスルーします。
引っ越したその晩から、寝室の中の小さなドアが勝手に

開いたり、出入り口のドアが勝手に閉まったり、外で何か

ひっかく音が聞こえてくるけれど、それは予兆にすぎません。

メインは、突然落ちてくる古いコインとナイトテーブルの

引き出しに書かれた「言うな、考えるな」のものすごい数の

文字です。そしてそれが書かれたものをめくると

「バイバイマン」という名前が書きなぐってあるのです。
その名前を聞いてから3人とオカルト女子キム、図書館員

ワトキンスさんが幻覚や幻聴に悩まされ始めます。その

現れ方はひとそれぞれで、いやそれぞれというより、

バラバラすぎる。ウジが這っていたり、咳が止まらなくなったり、

スマホに変な動画が映ったり、意識が飛んだり、目から血を

流す人を見たり..。あまりにバラバラなのであきれ返って

しまう。

 

バイバイマン

 

唯一のつながりは「バイバイマン」の名前だけという感じです。

それと実際に登場する「バイバイマン」らしき人物が怖くない。
残念です。

列車、番犬、コインの3つがどうつながるのかせめてそこだけ

でも説明してほしかったと思います。それと「バイバイマン」

の存在する意味も知りたかった。
Rotten Tomatoesの評論家レビューの1つに

「考えるな、言うな、見るな、バイバイ」とあったのが一番

ウケました。

 

バイバイマン
 

それから1969年に殺人を犯し自殺したラリーの妻役で

フェイ・ダナウェイが出演。低くて凄みのある声は健在です。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


THE BITE 変身する女

3

JUGEMテーマ:Horror

 

the bite

 

「THE BITE 変身する女」

原題:Bite

監督:チャド・アーチボルド

2015年 カナダ映画 88分

キャスト:エルマ・ベゴヴィッチ

     アネック・ウォズニアック

     デニース・ユン

     ジョーダン・グレイ

 

翌週に結婚を控えたケイシーは、親友クリステイン、

ジルと共にコスタリカへバカンスにやって来る。

しかしケイシーは現地の秘境の川の中で何かに

噛まれてしまい、帰国後次第に体調が悪化するの

だった。


<お勧め星>☆☆ ヒロインの姿と人間関係の

ドロドロ感が一体化していて、インパクトの大きい

映画です。


まさかのイクラ


ホラー映画の設定で、「独身最後の旅行を仲間と満喫」

というものは、必ずその地で何かに捕まるか、何か

病原体を持ち帰るか、だいたい良いことがあったためし

がなく、これもその一つです。
オープニングからアホ感満載のP.O.V映像が流され、

すぐにでも羽目を外しそうなケイシー、クリステイン、

ジルが映ります。ここで気づくのは「美女」って誰のこと?

ヒロインのケイシーもけっして美女ではないし、スタイル

もいまいち。水着姿を見ても、う〜ん。

 

the bite
 

但しその後の演技は結構まともなので、ただきれいなだけの

大根役者よりかはずっといいと思う。日本映画のホラーで

「ヒーハー」言い、顔だけ怖がっているかのような表情を

する女優?さんよりもずっといいです。
さて、イケメンだけどものすごいマザコン男のジャレッドと

結婚を控えたケイシーはなぜか浮かない顔なのです。子供を

欲しがるジャレッドとそうではないケイシー、さらには

ウルトラ意地悪なジャレッドママの存在もあるらしい。それを

本気で心配するクリステインはとてもいい子なんです。これこそ

親友じゃないかしら。しかしやけに結婚を止めるように勧める

ジルの姿を見ると、この女、もしかして...という疑念が

沸き起こりますが、自分の悩みで頭がいっぱいのケイシーは

まったく気づきません。

 

the bite
 

そして現地の男に教わった秘境にある川の中で、ケイシーは

「ちょっと噛まれた」→Biteの題名がバンと出ます。
その後の展開は薄々わかっているけれど、少しずつ変身して

いくケイシーの姿には驚くばかりです。毎回映るシーンは

同じ角度で映るケイシーの住むアパートと廊下そして

ケイシーとジャレッドママの部屋だけなので、製作側の渾身の

力はこの変身シーンにかかっていると実感。一応通院する

ものの、発疹から始まったケイシーの変貌は、どろりとした

粘液を吐き出し、ぬるぬるケイシーとなり、なんとダダダ〜と
イクラのようなものを排出するのです。

 

the bite

 

そうそうその前に妊娠検査薬で陽性だったのは、誰の子供を

妊娠していたのかしら。ジャレッドとは「結婚までは我慢」

とジャレッドママに言われていたし、現地のあのチャラ男

かしら。それとも...。
一方ジャレッドママの底意地の悪さと、そのママに頭が

上がらないジャレッドにはイラつくこと間違いなしです。

その上、ジルのうわべだけの友情がバレた時には、人間関係も

ドロドロなら、ケイシーもドロドロになっています。ここ

すごいですよ。いや、でも直視に耐えかねるほどでもないので

大丈夫です。と思います。首をコキコキと鳴らすときは、もう

ケイシーではないんですね。そしてやけに耳の聞こえが良くなり、
自分の意に反する相手には、奇声を上げることで、なんと

リバースさせることもできるらしい。
ここまでのシーンで、絶対にイクラが嫌いになると思っていたけど、

そもそもイクラは嫌いだったからよかった。
ラストの繋がり方も無理やり感はなく、変身していくヒロインの

演技にただただ感心するばかりです。「美」を捨てよく頑張った!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


ハンティング・パーク

4

JUGEMテーマ:Horror

 

ハンティングパーク

 

「ハンティング・パーク」

原題:Carnage Park

監督:ミッキー・ギーティング

2016年 アメリカ映画 80分

キャスト:アシュリー・ベル

     パット・ヒーリー

     ジェームス・エイバート

     グラハム・スキッパー

 

銀行強盗犯に誘拐されたヴィヴィアンが乗った車が

何者かに狙撃される。強盗犯は殺害され、彼女は命が

助かったかに思われたが、そこに現れたのはガスマスク

姿の人物で...。


<お勧め星>☆☆半 一番の見せ場が暗くて全然見えない!


ヒロインがホラー顔


「未体験ゾーンの映画 2017」の1本で

「ダークレイン」(お勧め)

「FOUND ファウンド」(普通)と見た後での鑑賞です。
冒頭に1978年にアメリカ、カリフォルニア州で実際に

起きた実に奇妙な事件の映画化で...と流れるので、これが

実話ベースなのかと興味津々。そしてホラー映画の定番、

何者からか逃げてくる血まみれの男が遠くからだんだん

近づいてきて、そして狙撃されるのです。狙撃犯が近づいて

さらにとどめを刺すと、その犯人の顔が映り、なぜか

ガスマスク姿。

 

ハンティングパーク

 

ガスマスク姿=「血のバレンタイン」(1981)の殺人鬼を

絶対に思い出します。2009年にリメイクされた

「ブラッディ・バレンタイン」はリメイクでもオリジナルと

また違った楽しさがあって、どちらも超おススメほどでも

ないもののおススメ作品です。なんといってもスピード感が

あるのと、程よくエログロが織り交ぜてあるのです。少しは

お色気があった方がホラーも楽しいというもの。先がわかって

いるのに、そんなところでイチャコチャベタベタしていたら、

ほらもうそこに...というお決まりの流れも、描き方ひとつで

楽しくなると思います。
で、この映画はどうかというと、かなりタランティーノ監督の

「グラインドハウス」(2007)のパクリ感が否めず、いや

多分影響を受けているんだろうなあ。懐かしい色調の画面と

懐かしい音楽をバックに、登場人物のいまいちあか抜けない、

少々間抜けな銀行強盗犯2人が映り、一人は瀕死の重傷を

負っているのに、なぜか笑えてしまうという不思議なシーン

から、トランク内に拉致されていたヴィヴィアンが助手席に

座らされ、追手のパトカーを振り切るために脇道へと向かう

姿が映ります。「サソリのジョー」なんて紹介される強盗

なのに、あっという間に撃ち殺されちゃうの。

この紹介必要かな?

 

ハンティングパーク

 

それと強盗に入るまでのシーンが回想で挟み込まれるけど、

これも必要かな?何が怖いって、連れまわされて、ジョーが

撃たれて、自分も狙われて、ヒーヒーキャーキャー叫びながら、

マスカラが滲みまくったヴィヴィアンの顔です。

怖い、これはまさにホラーです。

あらすじを読むと、あちこちトラップだらけの広い私有地で、

どんどん人が殺害されていくと思ってしまうのですが、
ところがどっこい、たまにトラップにかかった遺体や人物が

映る程度で、それほど危険とは思えないのです。そうそう

保安官が登場するけれど、彼もビッグ・バッド・ジョーと

わざわざ紹介されるものの大して活躍することもないのです。

この際、的を絞って殺人鬼VSヒロインの攻防戦にした方が

絶対に面白かったと思う。

 

ハンティングパーク
 

終盤こそ見せ場があるのかと思うと、暗い、とにかく暗い。

それも内容ではなく画面が暗いのです。地下にある廃坑らしく

迷路のようになっている場所で、ヒロインの悲鳴と効果音と

古いレコード音楽とたまにピカっと光って映る人の姿のみでは、

画面に目をくっつけて見ていてもほぼ何もわからない。

これ、劇場で観た人には見えたんだろうか。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


クリープ2

4

JUGEMテーマ:Horror

 

クリープ2

 

「クリープ2」

原題:Creep2

監督:パトリック・プライス

2017年 アメリカ映画 78分

キャスト:カラン・ソニ

     マーク・デュプラス

     デジリー・アッカヴァン

 

「出会いの窓」サイトを運営するサラは、仕事が軌道に

乗らず悩んでいた。そんな時、日給1000ドルという

広告主を見つけ、彼の仕事を手伝うことになるのだったが...。


<お勧め星>☆☆半 1作目のあのきもーい雰囲気がなく

なっているんです。


アーロン?


前作はNetflixの無料お試し1回目に鑑賞しました。その時の

感想を探してみると、主人公でマーク・デュプラス演じる

アーロンというのは、前作の登場人物であり、

マーク・デュプラス自身はジョセフと名乗っていました。

それはそれは気持ちの悪い人物でして、とにかく見ていて

不愉快になるような行動が連続して映ります。そしてどう

考えても、この男は危ない奴とアーロンが気づく頃には、

本当に危険が迫っており、何とか逃げられたと思ったのですが...。
今作に登場するオオカミのマスクや斧、男の写真入りのハート

のペンダント(両方とも男)は前作のどこで登場したか調べると、

アーロンをいかにしていたぶり続けていったのか思い出すと

いうもの。

 

クリープ2
 

さて、今回はなんとサラという「出会いの窓」というサイトを

運営する女性が登場します。そのサイトに応募してきた孤独な

男性の要望に応え、その相手との様子を動画撮影してネットに

アップするも全然人気が出ないのです。まあ、見ればわかる

けれど、全くおもしろくない。そして日給1000ドルという

広告主を発見します。前回と同じ報酬ですね。危険な香りが

最初からプンプン漂います。向かったアーロンの家では、早速

アーロンによる驚かす行為が連続して行われるのですが、この

サラはまったく動じないんです。すごいですね。どうしたら

暗闇から「わっ」と言われても平気でいられる人間になれる

のでしょうか。

 

クリープ2

 

逆に自分の顔にセロファンテープを貼って今回のアーロンを驚

かす始末です。この顔は怖いですよ。
そうそうこのシリーズの長所はテンポが良いことで、限られた

場所にもかかわらずシーンがポンポン変わっていくのです。

シャワーカーテンを開けるのも、はいお風呂へ行った、カーテン

に手をかけた、はい開けた、というようにもたつきがありません。

 

クリープ2
 

そうだ!序盤になんとマーク・デュプラスがすっぽんぽんに

なります。結構長い時間映っているけれど、なんのボカシも

なくて、そうなるとこちらも慣れてしまって、フーンと

思ってしまうから不思議。
その後サラ役のデジリー・アッカヴァンもすっぽんぽんに

なったはずが、そこは上半身チラリのみというのは少し不公平

じゃないかしら。まああのシーンに深い意味はないからいい

のかな。

 

クリープ2
 

オオカミマスクを被っても「可愛い」と言うサラは、アーロンが

何をやっても驚かず、怖がらず、アーロン、結構がっかりする

ようです。その上、自称39人殺したアーロンは、「中年の危機」

に見舞われ、この先の目標を見失い、陰気度マックスとなって

いきます。目標って「殺人」なのにね。そういえば前作で

「彼は危険よ」と電話をかけてきたジョセフの姉はどうしたん

だろう。(ジョセフつまり今回のアーロン)
とにかく気味の悪さ、不愉快さが消え、おかしな男女のおかしな

行動の連続を見せられている雰囲気になった終盤、ようやく話が

進みます。森の暗闇の中でのどんでん返しに次ぐどんでん返し。

スコップじゃなくてやっぱり斧でないと用が足りませんね。
1作目の不快な恐怖が消え、孤独な中年男の悲哀を描いたような

内容でした。なんと「クリープ3」も製作されているそうで、

じゃあラストはあの人のカメラ映像だったのかしら、
と納得しています。いや納得していません。不死身か!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


FOUND ファウンド

3

JUGEMテーマ:Horror

 

ファウンド

 

「FOUND ファウンド」

原題:Found

監督:スコット・シャーマー

2012年 アメリカ映画 103分

キャスト:ギャビン・ブラウン

     イーサン・フィルベック

     フィリス・ムンロー

     ルーイ・ローレス

 

いじめられっ子のマーティは兄スティーヴが

自室のクローゼットのバッグの中に人間の生首を

隠し持っているのを知っている。秘かにそれを

眺めていたが、ある時それが兄にバレてしまう...。


<お勧め星>☆☆ 製作した監督がおかしいのか、

作品がおかしくできあがったのか、世界の方が

おかしいのか。とても気分が悪くなる映画です。


ホラーオタクの名を汚す

 

 

多分ネタバレ

 

 


自称ホラー映画オタクとしてはまずこの映画は嫌い。

ホラー映画にもいろいろあって、ゾンビ映画なら

メッセージ性の強いものを製作した

ジョージ・A・ロメロ監督はもう神様のような存在です。
またコメディゾンビ映画では「ゾンビーノ」(2006)

「ゾンビランド」(2009)、ラブストーリーゾンビ

映画なら「コリン LOVE OF DEAD」(2008)

「ウォーム・ボディーズ」(2013)などぞろぞろ

名前が出てきますね。
一方スプラッター映画となると「悪魔のいけにえ」

「13日の金曜日」「サスペリア」「SAW」「ホステル」

「スクリーム」「ピラニア」などこれまた結構な数をあげる

ことができます。どちらもそれなりの魅力があり、やはり

「作り物」という前提があるので「痛い」「きゃっ」と

声が出るものの平気なのです。

他には悪魔物「ローズマリーの赤ちゃん」「エクソシスト」

そして「死霊館」シリーズもあげられますが、これについては

夜一人で見るのは少しいや全然自信がありません。ただ

この怖さも好きな部類ではあるのです。
ところがホラー映画でも「ムカデ人間2」は嫌いな映画の

1つ。汚い。とにかく汚い。もう1つは「デッドガール」

(2008)で、これは人間として、つまり生きている

人間として許せない部分が多いと感じてしまいました。
そして今回遂に嫌い映画が3つになったわけです。
低予算映画でスマッシュヒットというのはよく聞きますが、

この映画も予算8000ドルとのこと。俳優も知った人は

いないし、舞台も主人公マーティの自宅、公園、車の中など

わずかなものしかなく、セットも特にお金をかけていない

感じです。
映画内でビデオで流れるスプラッター映画の製作や大量の

血しぶきにお金をかけたのかしら。ゴアシーンもその

映画in映画でほとんど使われ、実際のシーンでは、悲鳴や

音でそれを想像させているのです。

 

ファウンド
 

映画の始まりから大変不気味かつBGMは耳障りで不協和音の

ように流れます。とりあえずマーティ一家は父と母と兄との

4人暮らしで、父は家庭では君主的な存在かつ差別主義者、

母は自分の仕事にしか関心がなく世間体第一の人間、兄は

定職はなくバイトで小遣い稼ぎをしている社会的には下層の

(父が思っている)人間、そしてマーティは成績もよく行儀も

良いけれど、いじめられっ子で趣味はホラー漫画を描くことで

友人はデヴィッドただ1人。ああ、なんて悲惨な家庭なんだろう。
この両親にしてこの子供ありでは簡単に片づけすぎだ。彼らは

特に貧しいわけでもなく、またおそらくは1990年代なの

ですが、白人であることから人種的な差別を受けているわけ

でもないのです。
兄がクローゼットのバッグの中に生首を隠し持っていることは、

父が車庫のエロ本を隠していることや母が昔の恋人の手紙を

大事にしまい込んでいることとはレベルが異なるとマーティは

気づかないのだろうか。様々な疑問を抱きながら映像を見て

いると、マーティが唯一に友人デヴィッドと共に兄が持って

いた「ヘッドレス」といビデオを見始めます。この内容が

もう下劣の極みなのです。ホラー好きなマーティはなぜに

映像から目を背けるのだろうか。大体生首は平気でチープな

映像が怖いとは思えない。そこには映画内の犯人が兄の顔に

見えて、兄が「おかしい」と確信したからなのではない

でしょうか。自分が空想で描いていたホラー漫画を燃やし

ながらマーティは涙を流します。この涙の意味を彼になった

つもりで考えてしまいました。ここも理解不能。

 

ファウンド
 

兄は自分の置かれている境遇の悪さを人種差別にすり替え、

さらに暴力で物事を解決するという考えをマーティに教え

込みます。これは明らかに間違っていると断言できるけれど、

映画内の牧師が言うように対話ですべてが解決するとは、

これまたにわかに信じられないのです。ただ力に対抗して力を

行使するとそれ以上の力を招くことは確実で、せめてその

ことだけは信じていてほしいと思ってしまう。
ラスト付近はもう阿鼻叫喚のシーンのはずが、両親の怒る声と

悲鳴、呻く声などを聞くマーティを映してそれらを想像させます。

ああ、おぞましい。何が解放されるのか、大体みんなから

嫌われてしまい、友人もいない一家のこの様子を誰が一番

最初に気づくのか、その方が問題だと思う。
キャッチコピーには「イット・フォローズ」(2014)を超えた、

とあるけれど、いーや、全然超えてなどいないし、そもそも話の

レベルが違いすぎると感じてしまいました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


セル

4

JUGEMテーマ:Horror

 

セル

 

「セル」

原題:Cell

監督:トッド・ウィリアムズ

原作:スティーヴン・キング

2016年 アメリカ映画 98分 PG12

キャスト:ジョン・キューザック

     サミュエル・L・ジャクソン

     イザベル・ファーマン

 

 

ボストンの空港で携帯電話を使用していた人々が

突然怪電波を聞き、正気を失い暴れ始める。

辛うじて難を逃れたクレイは、別居中の妻と息子の

元へ向かおうとするが...。


<お勧め星>☆☆半 中盤まではワクワク見られるの

ですが、後半失速します。


携帯人になった


スティーヴン・キング原作の映画はたくさん見ていて、

個人の好みで分けると
●絶対お勧め 「キャリー」(1976)

「シャイニング」(1980)

「スタンド・バイ・ミー」(1986)

「ショーシャンクの空に」(1994)

「IT/’イット’それが見えたら終わり」(2017)
●お勧め 「クリスティーン」(1983)

「デッド・ゾーン」(1983)

「ペット・セメタリー」(1989)

「ミザリー」(1990)

「IT」(1990)
●ちょっとがっかり 「1408号室」(2007)

これは劇場鑑賞したんだけど貸し切り状態でそちらが

怖かった。

「ミスト」(2007)
この中で「キャリー」は2013年に

クロエ・グレース・モレッツ主演でリプートされましたが、

なんせオリジナルが素晴らしい出来なのです。

主演のシシー・スペイセクのか弱い、貧弱な体つきの

少女がこの役にぴったりでした。

さて、この映画はかなりハードルを下げて見たので

それほどつまらないとは思わなかったのですが、

見終わっても何もわからないのです。見事にわからない。

空港で携帯電話で通話する人々。これは今どこでも

見られますね。この中にジョン・キューザック演じる

クレイもいるわけです。ちょっと間延びした顔立ちですが、

「フローズン・グラウンド」(2013)のような

猟奇殺人者を演じさせたらすごく怖いんです。で、この

クレイの携帯だけ「ああバッテリーが亡くなっちゃたよ。

せっかく息子と久しぶりに話せたのに」
てなわけで、携帯を切り公衆電話で話し始めるのですが、

そうすると周りの人々が突然泡を吹いて痙攣し暴れ始める

んです。

 

セル
 

もう訳わかりません。飛びかかる者、殴りつける者、噛み

つく者、銃だってぶっぱなしちゃう。なんせアメリカです

からね。クレイは地下鉄まで逃げて、そこで

サミュエル・L・ジャクソン演じるトムと地下を移動する

んです。ゾンビのような変貌を遂げた人々は、どんどん

襲ってきます。でも一旦倒すと生き返らないのでゾンビでは

ないですね。

 

セル

 

セル

 

奴らは電波を通じて「感染」した人たちで、奴らが「電波」

を発して他人に感染させていく、ということが分かる前に、

ものすごいシーンの連続です。これはちょっとホロコーストを

思い出させるんじゃないかな。見ていて気分が悪い。
それから逃げているうちにまともな人間が「仲間」として

加わるのですが、それが一人また一人と死んでいくんです。

あれ〜、誰が生き残るんだろう。
この辺りからノロノロし始めて、ドア1つ開けるのにも、

とにかくノロイ。後半は怒涛の勢いでシーンを繰り出して

ほしいのに、前半の勢いがシュっとすぼまる感じです。

その上摩訶不思議なラストでございます。何がどういう

きっかけで起き、それがどうなっていくのか、いやどうなったのか

ちょっと誰か説明してください。

広げた風呂敷はしっかりたたんで返しましょう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ



カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3006 最後に更新した日:2019/06/24

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM