サマー・オブ・84

3

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

サマー・オブ・84

出典:IMDb

 

「サマー・オブ・84」

原題:Summer of 84

監督:フランソワ・シマール

   アヌーク・ウィッセル

   ヨアン=カール・ウィッセル

2017年 アメリカ=カナダ映画 106分

R15+

キャスト:グラハム・パーチャー

     ジュダ・ルイス

     ティエラ・スコピー

     リッチ・ソマー

 

1984年、オレゴン州イプスウィッチ。新聞配達の

アルバイトをしているデイビーは、近隣の町で起きて

いる連続殺人事件に関心を持つ。彼は隣に住む警官

マッキーを疑い、ファラディ、ウッディ、イーツと共

に捜査を開始するが...。


<お勧め星>☆☆☆半 少年時代の思い出はほろ苦い

どころのものじゃないという感じ。


殺人鬼も誰かの隣人

 

 

<ネタバレしているかも>


オレゴン州イプスウィッチで遊び友達である
デイビー 
UFOや宇宙人を信じるオタク
ファラディ  眼鏡をかけた勉強ができるタイプ
ウッディ  とにかくデブ
イーツ  兄の影響が大きく大人ぶった不良

 

サマー・オブ・84
出典:IMDb

 

この4人は、夜な夜な鬼ごっこをしているのです。

鬼ごっこが終わると隠れ家的なツリーハウスに集まって

エロ本を真剣に見て、下ネタを話しては盛り上がると

いうアンバランスな年頃みたい。
4人の個性を見れば、すぐに

「スタンド・バイ・ミー」(1986)

を思い出すはずです。死体探しに出かけたひと夏の

少年たちの冒険は、その後二度と集まることのない

唯一の体験になってしまったという甘酸っぱい内容

でした。いつまでも子供のままではいられないという

痛烈なメッセージを感じたものです。
さて、彼らの住む新興住宅地の近辺では、相次いで少年が

失踪し、さらに「ケープメイの殺人鬼」と名乗る人物が

13人の少年と2人の大人を殺害したという告白をして

いる少しだけ物騒に感じる今日この頃です。

 

サマー・オブ・84

出典:IMDb

 

新聞記者の父を持つデイビーは、この事件に大そう興味を

ひかれ、たまたま新聞代を集金に行った隣人で警官のマッキー

の家の中の怪しさに、「彼が犯人」と確信を持ってしまいます。

 

サマー・オブ・84
出典:IMDb

 

とはいっても証拠は何一つないので、例の4人でマッキーを

監視することを始めます。それをしつつ、反対側の隣に住む、

デイビーの元シッター、ニッキーをのぞき見することも

忘れません。全く青春してるぜい!

 

サマー・オブ・84
出典:IMDb

 

マッキーの家の地下室には鍵がかかった部屋があった。

マッキーはイーツの兄さんが働くホームセンターで毎週大量の

土を買っている。

さらに鬼ごっこ中にデイビーがマッキーの家で見かけた少年は
「行方不明」ということで牛乳パックに顔写真が載っていた子

と似ている。

少しずつ分かってくる事実も、彼が「連続殺人鬼」であるという

証拠になるものは1つもないのです。やはりこれは少年の妄想
にすぎないのでしょうか。時代が時代なのでスマホではなく

トランシーバーを各自が持って連絡を取り合うのですが、その

トランシーバーを置きっぱなしにして行動するからひやひやする

ことがしばしばあります。
またマッキーの餌食になったと思っていたサミーの家で誰かがいた!

これはネコの餌やりを頼まれたニッキーでした。このフェイントも

ドキリとします。そしてようやく確証に近いものを見つけて

デイビーの父に報告すると、なんと逆に彼らの行動が不法だと

叱られ、マッキーの家に謝りに行くことになります。

やっぱり妄想なのかなあ。(何度でもそう思う)
ところが事態は急展開し、さらにそれがすぐに逆の方に展開します。

ラスト10分は「ハロウィン」(1978)を思い出す金属音の

ようなBGMの中、スラッシャー映画のように変わります。まさか

まさかですよ。
「スタンド・バイ・ミー」では4人はその後自然と疎遠になっていき、

冒頭に映った新聞記事の内容に繋がるのですが、この映画は違う

意味で疎遠になっていくのだろうと想像してしまいました。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 

 


スノー・ロワイヤル

3

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

スノー・ロワイヤル

出典:IMDb

 

「スノー・ロワイヤル」

原題:Cold Pursuit

監督:ハンス・ペテル・モラット

2019年 イギリス映画 119分

キャスト:リーアム・ニーソン

     ローラ・ダーン

     トム・ベイトマン

     エミー・ロッサム

 

除雪作業員としてまじめに働き、模範市民賞を

受賞したネルズは、息子カイルの死を知り絶望する。

しかし彼が麻薬組織によって殺害されたことを

知ると、その組織のメンバーに復讐を誓うのだった。


<お勧め星>☆☆☆半 そこ笑うところじゃない!

けれど笑いがこらえられません。


仕事には忠実に


この映画は2014年公開のノルウェー映画

「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」のリメイク

作品です。場所が異なるだけでストーリーはほぼ同じと

いうことなので、オリジナルもぜひ見てみたいものです。
リーアム・ニーソンが登場すると、もう100万回言った

ような気がしますが、「96時間」の強いパパを思い出し

ます。今回は娘ではなく息子を溺愛するパパであり、

それはその息子を失ったことで溺愛ぶりが発揮されると

いう違った展開になっています。

 

スノー・ロワイヤル
出典:IMDb

 

キーホーはアメリカ西部にある州で、ロッキー山脈中心を

貫いている全米一平均標高が高い州となっています。そこで

除雪作業員をしているネルズ・コックスマンは、この道一筋

うん十年、遂に模範市民賞まで受賞するのです。ローラ・ダーン

演じる妻グレースと笑顔で過ごすのは序盤のわずかな時間のみ。

大事な息子カイルがヘロインの過剰摂取で死亡してしまうと、

2人の関係に亀裂が入るのです。
この映画では3組の父息子が登場し、それらがいずれも息子を

溺愛しているものの、その愛し方が全く異なるのが興味深いです。
.優襯困肇イル 休日は一緒に狩猟に出かける仲良し親子

だけれど、実は父は息子のことを何一つ知りません。
∨稾組織のボス、トレバー(バイキング)とライアン 健康オタク

かつ強さを求める父とクラッシック音楽を好み、争いごとを

嫌う理知的な少年ライアンは何一つ考えが合いません。
先住民で麻薬売買を生業とするホワイトブルとベビー・ホーク

麻薬取引を息子に初めて任せた途端、アウト!

「カジノにしておけばよかった」(「インディアン・カジノ」は

山岳民族にとっての唯一の産業)
とにかくネルズがめっちゃ強くて、カイルが間違って殺されたことを

知ると、激おこぷんぷん丸!!次々に関係者を殺していきます。

笑ってはいけないのに、殺されるたびに笑えてしまう。

 

スノー・ロワイヤル

出典:IMDb

 

そういえばカイルの遺体のストレッチャーを上昇させるのが

足踏みペダルで、それが大そう遅く、なかなか手が届く位置まで

来なかった時から、笑っちゃいけないシーンで笑えてしまいます。

 

スノー・ロワイヤル

出典:IMDb

 

同じシーンは中盤にベビー・ホークが殺害され、居留地の屋敷で

棺を上げる時にも見られました。遅い、遅すぎる。
除雪作業員なので雪の中は勝手知ったるなんとかです。死体の処理

だって完ぺきすぎるほどです。ポイ。
人が死ぬたびに名前が出てくるのもおもしろいですね。終盤には

一気にぞろぞろ名前が出てきますよ。
先住民族と共存する地域ならではの、差別に対するデリケートな

扱いが、またコメディタッチで描かれています。これも笑っては

いけないのに笑ってしまうのです。「リザベーション」はホテルの

フロントなら必ず使う言葉ですよね。でもお気をつけて。

 

スノー・ロワイヤル
出典:IMDb

 

トレバーは本当に残忍で暴力至上主義だけれど、元妻アヤの方が

一枚上手というもの気に入りました。
「まったく噛み合わない」というほどボケてはいないと思いましたが、

1人の男の復讐劇が麻薬組織の抗争へと発展してしまうのは本当に

予想外です。世の中どう転ぶかわからない。そして笑ってはいけない
のに笑いをこらえられないという不思議な映画になっています。

 

スノー・ロワイヤル

出典:IMDb

 

トレバーの息子ライアンは可愛い子で、きっと数年後にはイケメン

俳優になるような予感がしています。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


ウトヤ島、7月22日

3

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

ウトヤ島、7月22日

出典:IMDb

 

「ウトヤ島、7月22日」

原題:Utoya 22.juli

監督:エリック・ポッペ

2018年 ノルウェー映画 90分

キャスト:アンドレア・バーンツェン

     エリ・リアノン・ミューラー・オズボーン

     ジェニ・スペネピク

 

2011年7月22日、ノルウェー、オスロで政府庁舎

爆破事件が起きる。続いて労働党青年部キャンプが

行われているウトロ島で何者かによる銃撃事件が発生し、

それは72分間にわたって繰り広げらるのだった。


<お勧め星>☆☆☆半 終始キャンプに参加した若者の

視点で描かれ、緊迫した状況が伝わってきます。


テロリストの「敵」の概念


この映画の前にNetflixで「7月22日」(2018)を

見ており、そちららでは、同じ事件を扱いつつも、その犯人、

市長選を控えた人々、キャンプ参加者が個々に映り、そして

事件発生、その後の裁判風景まで描かれました。事件その

ものよりも、犯人の動機や主張と弁護人の苦悩、また生き

残った若者の身体的肉体的な苦痛までも盛り込んでおり、

深く考えさせられる内容です。
「一人の暴力行為など目的の足しにならない」と犯人が信奉

していた極右勢力の指導者は切り捨てますが、ネットを通じて

その思想を知り、自らを英雄に仕立て上げてしまう人々は、

そんな言葉に耳を傾けるはずもないのです。
そして今作では、犯人や事件の背景は冒頭に字幕で説明されます。

 

ウトヤ島、7月22日

出典:IMDb

 

したがって見る側は、こののんびりとした労働党青年部キャンプで

「いつ」それが起き「いつ」それが終わるのかをひたすら見続ける
わけです。
ウトヤ島が寒いのか暑いのか、位置的に多分暑くはないけれど、

オスロから40km 離れた場所にある、と言われてもピンとこない

のはあまりに日本から遠い場所にあるからだろうな。なぜ寒いのか

暑いのかと迷ったかというと、映画内で水着で海を泳いだらしい

カヤの妹エミリエたちがいたり、その一方で「水温10度だから

15分も水に浸かっていられない」と語る青年がいることです。

 

ウトヤ島、7月22日

出典:IMDb

 

それはさておき、オスロで爆破事件が起きた約2時間後、何かの

音が響き、悲鳴が聞こえ始めるのです。カヤの視点で事件発生当時

から72分間ワンカットで映されており、銃声らしきものと悲鳴、

逃げ惑う若者たちの足音だけが耳に入ってくるのと、カヤの息遣いや

母親との通話、泣き声が流れ続けます。カヤの目に入らないものは

映らないので、銃声が「どこ」から響いているのか、

「だれ(だれたち)」がそれを起こしているのか、一切分からない
という恐怖が伝わってきます。さらに逃げて来た若者たちの

あやふやな情報にも踊らされてしまうのです。警察官がたくさんの

人数で発砲している。何かの訓練かも。

「訓練」という考えは早々に消え去ります。

 

ウトヤ島、7月22日
出典:IMDb

 

カヤはとにかく妹エミリエの行方を捜すわけです。自分より

しっかりしていないし、奔放だし、経験不足の妹はどうしている

のか。無事だろうか。その間に銃撃された少女を助けようと

したり、逃げずに兄の迎えを待つ少年を森に逃がしたりと、将来

こんな人間がリーダーとなったらきっと素晴らしいと思えるような

姿も見せます。
岩場に向かったカヤに「もう入れない」と隠れ場所に入れない

人たちを誰が責めることができるでしょうか。鳴り止まない銃声に

絶望を感じないものがいないはずもありません。この救助活動の

遅れの原因は「7月22日」で詳しく描かれています。
犯人の動機を知ると、テロリストの「敵」の概念が、かつてのもの

とは異なり、不安定な経済や犯罪への恐怖から「移民排斥」と

繋がっていることは本当に悲しい事です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 


(r)adius ラディウス

4

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

ラディウス

出典:IMDb

 

「(r)adius ラディウス」

原題:Radius

監督:キャロライン・ラブレシュ

   スティーヴ・レナード

2017年 カナダ映画 93分

キャスト:ディエゴ・クラテンホフ

     シャーロット・サリヴァン

 

自動車事故を起こしたリアムは全ての記憶を失って

おり、さらに助けを求めた人々が次々と死んでしまう。

彼は何とか自宅にたどり着きそこに閉じこもるが、

突然やってきた一人の女性だけは近づいても何も
起こらない。彼女は彼同様に記憶を失っており、事故

当時同じ車に乗っていたと語るのだったが..。


<お勧め星>☆☆☆ まさかの方向転換だけれど、

それなりに楽しめます。


失った記憶こそ重要


冒頭の雷雨が吹き荒れる中、大破した自動車を見て茫然と

立ち尽くす男の姿は、サスペンス映画やSF映画の始まりに

ぴったりです。この事故はなぜ起きたのか?

 

ラディウス
出典:IMDb

 

さらにジャケットに大々的に書いてあるので、誰かが

近づいてこないかな〜と思ってしまいます。夜が明けて

1台の車に助けを求めた男に、その車が近づくものの、

なぜか道を外れて行くのです。
車内を除くと運転手の女性が瞳を白くして死んでいます。

ギョギョギョ!!

いや、魚ではなく、空から鳥が落ちてきます。さらに彼が

入ったダイナーでも、客や店員が、みんな瞳を白くして

死んでいるのです。
「これは何かのウィルスが蔓延しているんだ」

彼はハンカチで口を押えつつ、ポケットにあった免許証から

自宅を割り出し、そこへ向かいます。彼はなんと記憶が全く

なくて、名前すらも免許証で知るという有様です。ところが

この失った記憶が、結構フラッシュバックしながら断片的に

戻るんですよ。それはかなり早いです。戻り方がキーポイント

なのか、どうでもいいものから戻り、肝心なところは最後に

ようやく戻るという感じ。

これは秘密度で判断しているのかしら。つまり秘密度を1から

5に分けるとすると、名前や住所は秘密度1(いや個人情報は

重要です)、車に乗る前にいた場所は秘密度2、そして絶対に

口チャック要項は秘密度5という感じです。

 

ラディウス
出典:IMDb

 

また、彼なりに考えて、どうやら自分の半径50フィート

(15m)以内に近づく生物は全て死んでしまうと理解します。

死に方はまるで魂が抜けるように、瞳が白くなり、フラ〜と

倒れこんでそれっきりというもので、特に恐ろしくは感じません。

いや、こんな人がいたら怖いか。

 

ラディウス
出典:IMDb

 

そんなリアムのもとに一人の女性がやって来ます。必死で

逃げるリアムに近づいても彼女だけはなんともないし、さらに

同じように記憶を失っているものの、例の車に同乗していたと

語ります。なんせ名前がわからないので「ジェーン・ドゥの解剖」

(2016)同様に「ジェーン」と名乗り、二人で先ず事故現場に

向かうのです。するとその事故現場の奥の森にはぽっかり大きな

穴が開いています。
そうか、そうか。何かが飛来してその電磁波か何かでリアムに

こんな恐ろしい能力がそなわったのか。しかしもう一つ重要な

ポイントがあるのです。それは二人が一緒にいると誰も死なない

ということ。
なので二人で車で移動していても対向車線の車は全く影響を

受けないし、誰かに会っても平気です。ただ戻る記憶の中で

「なぜ二人が一緒にいたのか」

がなかなか出てこないんですよね。

 

ラディウス

出典:IMDb

 

一方で世間ではリアムがバイオテロ実行犯と疑われ始めます。

ジェーンだけならなんともないから、リアムなんて置いて、彼女を

捜している夫らしい人物の元に戻ればいいのに、ジェーンは夫に

ついて一切記憶が戻りません。
よく考えると結構都合の良いストーリー展開で、肝心の記憶と

ジェーンの夫への記憶だけが抜け落ちているというのは少し納得が

いかないところ。まあ、その後急に話が変わってしまうので、

そこからが本筋ということでしょうか。

これは絶対に想像できないと思います。
見終わって思うのは、なぜあの記憶が最後になって戻ったのかは、

リアム自身への制裁だったのか、もしくはジェーンの願望をかなえる

ものだったのか、その両方だったのだろうかということのみです。

ところで宇宙から何が飛来したんだろうね。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 


クワイエット・ボーイ

4

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

クワイエット・ボーイ

出典:IMDb

 

「クワイエット・ボーイ」

原題:In Fondo al Bosco/Deep in the Wood

監督:ステファノ・ロドヴィッチ

2015年 イタリア映画 92分

キャスト:アレッサンドロ・コラーピ

     テオ・アキーレ・カプリオ

     カミッラ・フィリッピ

 

12月5日、イタリア北部の町のクランプス祭の晩、

5歳のトンミが姿を消す。そして5年後身元不明の

少年が見つかり、DNA鑑定でトンミと判明するが、

彼の性格は以前と全く異なっていた。


<お勧め星>☆☆☆ 絶対にアレ系と思うはず。


クランプスは怖すぎる


クランプスは、ヨーロッパ中部の伝説の生物であり主に

ドイツ東南部のバイエルン州とオーストリア中部・東部と

ハンガリーとルーマニア北部のトランシルヴァニア地方と

スロヴェニアにおいて、クリスマス・シーズンの間に

聖ニコラウスに同行する行事でもある。(Wikipediaより)

つまり宗教的な行事であるわけです。日本で言うと、秋田の

なまはげのように恐ろしい扮装をした大人たちが子供たちを

脅かすというお祭りのようなものかなあ。なまはげは、

幼児に強い恐怖体験を記憶させ、その後望ましくない行為を

した場合、その恐怖体験が再現され、抑止力となるとか

なんとか。しかしあんなものが自分の家にどかどか入ってきて

「悪い子はいねえが〜」などと顔をくっつけた来たら、当分の

間夜泣きをする気がしてしまう。

 

クワイエット・ボーイ
出典:IMDb

 

しかしクランプスの扮装はその100倍くらい怖いのです。

「クランプス 魔物の儀式」(2015)はアメリカで製作

された映画なのに、子供に対して容赦なく襲い掛かります。

しかし登場するクランプス一味がありとあらゆる姿をして

いるので、それが動いて襲ってくる姿を見ただけで楽しい

ような怖いような感じでした。
「クワイエット・ボーイ」はクランプス祭の晩、怖がって

家に帰りたがる息子トンミを父親が振り払うシーンから

始まります。トンミがとても可愛い子供なのに、父マヌエルは

大酒飲みだし、母リンダは絶賛不倫中。相手はなんと町の

警察署長ときた。さらにこのリンダを溺愛する父、つまり

トンミから見たら祖父がいるのです。

 

クワイエット・ボーイ

出典:IMDb

 

この中でトンミが姿を消したので、マヌエルが容疑者として

拘束されてしまいます。結局トンミの遺体は見つからず彼は

釈放されますが、その後リンダは自殺未遂するし、リンダの

父からは「お前が目を離したせいだ」とずっとねちねちと

イビられ続けているわけです。

 

クワイエット・ボーイ
出典:IMDb

 

そして5年後、1人の身元不明の少年が見つかり、DNA鑑定

からトンミと判明します。この子がまた美少年なんですよ。

マヌエルは手放しで喜ぶのに、なぜかリンダと祖父、それに

町に1軒しかないバーの店員たちの表情がおかしいですね。

またトンミ自身もかなり無口で、突然攻撃的な行動を取ったり

するのです。
バーの店員のうち、知的障がいのあるディミトリは

「トンミじゃない、悪魔だ」とまで言います。

あれ?もしかして...。無理やり祖父が教会に連れ込むと

トンミは吐いてしまいます。これ決定的じゃないですか〜。
トンミにだけ吠える犬テックスを刺殺したり、リンダのシ

リアルにガラス片を混ぜたり(どれも証拠なし)、これはもう

絶対にアレ系ですね!ね!

 

クワイエット・ボーイ
出典:IMDb

 

ところが5年前のその日のことが少しずつ説明されていくと、

話は全く異なる方向に向かうのです。
結局マヌエルは「よそ者」だったということでしょうか。

予想外の展開でちょっと驚きました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


ザ・シークレットマン

4

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

ザ・シークレットマン

出典:IMDb

 

「ザ・シークレットマン」

原題:Mark Felt:The Man Who Brought Down

         The White House

監督:ピーター・ランデズマン

2017年 アメリカ映画 103分

キャスト:リーアム・ニーソン

     ダイアン・レイン

     アンジェロ・ラノ

 

1972年、ニクソン大統領が再選を目指していた時期に、

民主党本部に盗聴器を仕掛けようとした男たちが逮捕される。

彼らの経歴からFBI副長官フェルトは政権幹部の関与を疑うが、

捜査は早々に打ち切りが決まってしまうのだった。


<お勧め星>☆☆☆半 骨太で見ごたえのある内容でしたが、

終盤少し端折った感じがしています。


自己犠牲の精神


リーアム・ニーソンを見たら「96時間」(2008)の娘を

溺愛するものすごく強いパパとしか思えないのですが、今映画

ではほとんど無表情で笑顔すら浮かべない仕事人間を演じています。
時代はベトナム戦争反対デモが全米で起き、いわゆるヒッピーたちが

自然回帰を目指しコミューンをあちこちに形成していたのです。

映画内ではそのコミューンにフェルトの娘ジョーンがいるシーンが
あります。

 

ザ・シークレットマン
出典:IMDb

 

そして共和党のニクソン大統領は再選を目指し、目の上のタンコブ

的存在のFBI長官フーヴァーの退任を望んでいたのです。なんせFBIは

政治家の隠しておきたい嗜好や不倫、家族環境まですべて知り尽くして

おり、それをいつ活用されるかわからないので、絶対に政権の傘下に

置きたいと思ったのです。

しかしFBIは独立機関であり、約50年にわたって長官を務めた

フーヴァーによってその力は絶大なものでもありました。
フーヴァーについては、レオ様主演の「J・エドガー」(2011)

でリアルに描かれていました。
そのフーヴァーが急死すると、あっという間に「公的機密資料」を

廃棄、焼却するFBI職員の姿が映ります。さらに次期長官と思われた

フェルトは副長官のままで、司法省からグレイが長官代理として赴任
するのです。

 

ザ・シークレットマン

出典:IMDb

 

これには次期長官になると信じて、今まで私生活を犠牲にして

きたフェルトの妻オードリーは落胆極まりないし、そもそも

FBI職員は生え抜きが出世していくと信じていたので、職員内

にも動揺が走ります。

 

ザ・シークレットマン

出典:IMDb

 

この時のフェルトの表情が全然変わらないんですよ。

リーアム・ニーソンの演技がすごい。
そして起きたウォーターゲート事件を当然のことながら

グレイ長官代理は早々に捜査終了する指示を出します。なぜに

こんな大きな事件を小さな目的で行ったと済ませるのか、普通

疑問に思うけれどまあ、そんなことは今となっては幾つもあって、

「慣れ」はこわいと思うほどです。
そして反旗を翻すのが、FBIに仕えて30年のフェルトです。

民主党本部に盗聴器を仕掛けようとした犯人のうち4人が元CIAで

あり、現政権と近い人々であれば、本丸は誰か言わずもがな。

しかしそれに触れることは自分の地位を捨てることに等しい

どころか罪に問われるかもしれません。それでもフェルトは

「アメリカの正義」であると言い切り。猪突猛進するのです。

 

ザ・シークレットマン

出典:IMDb

 

これは明らかに周りを巻き込んでの強引すぎる手法ですが、

そこまで彼を行動させた原動力は何でしょうか。そこは彼の

自己犠牲の精神という精神論で終わらせたくないですね。
ニクソン大統領が「第二次世界大戦におけるドイツは正しかった」

と発言していると言うセリフを聞くと、フェルトの「正義」と

いうものの存在があぶり出されてきます。しかしそれは彼個人の

もので、彼の家族や同僚にとって同じものであったかどうかは

何とも言えない感じです。
この映画よりかなり前に観た「ペンタゴン・ペーパーズ」(2017)

はウォーターゲート事件の前のワシントン・ポスト紙記者の姿で

あり、それも含めて権力に屈せず、事実を真実として報道する
ことの重要さを確認できるものです。

真実を曲げるのはあまりにも簡単なことなのかもしれません。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 


誰もがそれを知っている

4

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

誰もがそれを知っている

出典:IMDb

 

「誰もがそれを知っている」

原題:Todos lo saben/Everybody Knows

監督:アスガー・ファルディ

2018年 イタリア=フランス=スペイン映画 

133分

キャスト:ペネロペ・クルス

     ハビエル・バルデム

     リカルド・ダリン

     バルバラ・レニー

 

妹の結婚式に出席するため、アルゼンチンからスペインに

帰省したラウラと子供たちは、家族や幼馴染のパコとの

再会を喜び合う。しかし式の後のパーティーの最中に

ラウラの娘イレーネが誘拐されてしまい、それをきっかけに

様々な人々の秘密が暴かれていくのだった。


<お勧め星>☆☆☆半 人間関係が複雑でさらにそれぞれの

心中を映像から察するしかなく、やや不完全燃焼の印象です。


平凡な日常は砂山

 

 

 

<ネタバレしていないと思うけれど注意してね>


アスガー・ファルディ監督の作品はいくつも見ており、結構

大好きなものばかりです。
「彼女が消えた浜辺」(2009)
カスピ海のリゾート地の海岸で姿を消した1人の女性を

巡って、仲の良かった夫婦、友人同士が互いを責め立てて

いく。冒頭に車の窓を全開にして大騒ぎをしていた男女が

どう変わっていくか、どこまでも美しい浜辺の青空と共に

描かれていました。
「別離」(2011)
娘の教育のため、外国に移住したい妻と実父の介護のため

国に残りたい夫との離婚話から始まり、貧しい介助人に

起きた悲劇を重ね合わせて、宗教戒律の厳しさ、男中心の

社会、貧富の差を強く印象付けています。
「ある過去の行方」(2013)
離婚手続きをするためテヘランから妻のいるフランスに

来た夫が、妻にはすでに再婚相手がおり、さらにその

再婚相手には、実は植物状態の正妻がいて..というかなり

ややこしい人間関係と肝心なことが最後まではっきり

わからなかったと覚えています。

で、どうなんだという感じでした。
「セールスマン」(2016)
舞台劇を演じる夫妻の妻が、ある時暴行され、その事件を

きっかけに夫婦の関係が少しずつひび割れていく様を、

舞台上の演劇を同時に映しながら描いています。まさに

水面に放った石の波形がどんどん広がっていく姿そのもの

という感じでした。
いずれの作品も明確なラストが提示されず、見る側が

推測するものになっています。

個人的には「彼女が消えた浜辺」が一番好きで、はしゃいで

いた浜辺の人々の声が悲鳴に変わった瞬間からの映画の展開の

仕方が、登場人物の心の奥底を抉り出していくような気分に

襲われます。それでいて景色はどこをとっても美しいのです。
「誰もがそれを知っている」もまさしく同じような展開です。

 

誰もがそれを知っている

出典:IMDb

 

アルゼンチンから妹の結婚式に出席するためにスペインに

戻ったラウラの娘イレーネが結婚式のパーティーの最中に

誘拐されてしまう事件から始まります。

 

誰もがそれを知っている

出典:IMDb

 

とにかく登場人物が多く、その関係を知るのに一苦労です。

ラウラ役のペネロペ・クルスやパコ役のハビエル・バルデム、

またラウラの夫アレハンドロ役のリカルド・ダリンはすぐに

覚えられるけれど、同じような年恰好の男性、女性がどれも

同じに見えてしまう。
そして身代金を要求するメールまで届いたのに

「なぜに警察に届けないのか」

とずっと疑問に思い続けました。しかしスペインの小さな町では、

誰が何をしたか、話したかなどは一晩で伝わってしまう。
したがってまずは体面を繕いたかったのだと判断しました。
ラウラにはアルゼンチンに残った夫アレハンドロがいるものの、

この町には元恋人パコがいて、イレーネが誘拐された時、

ひたすら彼に頼るのです。パコもラウラのために妻ベアが

止めるのも無視してイレーネ捜しに奔走します。ラウラの

依存心とパコの責任感の強さには少しあきれ返るほどだった

けれど、それについてはある隠された事実

(実は誰もが知っていた)が背後にあるとわかると納得です。
「あの日に戻りたい、もう一度」を結婚式でみんなで歌って

いました。そんな思いは誰もが持っているけれど、それが

叶わないことも誰もが知っているはずなんですよね。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


さらば愛しきアウトロー

4

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

さらば愛しきアウトロー

出典:IMDb

 

「さらば愛しきアウトロー」

原題:The Old Man & The Gun

監督:デヴィッド・ロウリー

2018年 アメリカ映画 94分

キャスト:ロバート・レッドフォード

     ケイシー・アフレック

     シシー・スペイセク

     ダニー・グローヴン

 

1980年代のアメリカで銀行強盗と16回の

脱獄を繰り返しているタッカーを刑事ハントが

ひたすら追い続ける。そしてタッカーは遂に銀行の

金ではなく金塊を狙う計画を立てるのだった。


<お勧め星>☆☆☆ ひたすらのどかな強盗の話で

年齢を重ねたレッドフォードの人生と重なります。


銃を地面に置く


山口百恵が引退発表をし最後のステージで最終曲を

歌い終わった時、マイクを持ったまま舞台を後に

しました。その後松田聖子が婚約を発表した時の

ステージは、マイクを持ったまま舞台のそでに下がる

という対照的な行動をとったことは今でも覚えています。

ああ、でも聖子ちゃんは何回結婚したんだっけ。

そもそもその前にも数多くの噂が流れていたなあ。

女性が結婚すれば、仕事をやめ家庭に入るのが普通

だった時代に、今から考えると聖子ちゃんは時代の先を

行く女性だったのかもしれません。
そんな話と全然関係ないけれど、この映画は

レッドフォードが俳優として最後の作品だと公言して

いるものです。

 

さらば愛しきアウトロー
出典:IMDb

 

70歳にして銀行強盗を重ねるタッカーとその仲間は、

あくまでも人を傷つけずに紳士的な態度で金を奪うことが

モットーなのです。
「キミは美人だね」
「キミは仕事熱心だ」
などと銃を見せて金を奪った相手を褒めるセリフを残して

現場を去るので、被害者本人は、タッカーのそれほど悪い

印象を持たないどころか、逆に「紳士的」とまで褒めて

しまいます。かなりキザだけど、かつてイケメン俳優で

一世を風靡したレッドフォードだから許せちゃう。

彼が出演した映画で一番好きなのは「追憶」(1973)で

人気者でハンサムのレッドフォードと口から唾を飛ばす

勢いで理想に燃える活動家のバーブラ・ストライザンドの

組み合わせが両極端だと思ったことを覚えています。

バーブラが歌う「The Way We Were」は今聞いても涙が

自然と流れてきます。

 

さらば愛しきアウトロー
出典:IMDb

 

さて一方のタッカーたちを追う刑事ハント役は、

ケイシー・アフレック。最初ケイシーと気づきませんでした。

典型的な童顔だったのに、それがいつの間にか渋さを

感じさせる中年になっているんです。

 

さらば愛しきアウトロー
出典:IMDb

 

またタッカーといい雰囲気になるジュエル役の

シシー・スペイセクが最高にキュートな女性です。

「キャリー」(1976)での線の細さがそのまま残り、

皴の一つ一つに優しい年輪が刻まれているような雰囲気
なのです。
ストーリーは実話がベースなので特に目新しいものはなく、

ひたすらのんびりとした銀行強盗シーン、カーチェイスが

続き、時々クスリと笑えるようなセリフや映像が映ります。

タッカーにとって記憶の中からすっかり消え去っていた事実が、

まさか...。おーっとここは言っちゃいけない。
「スクリーン」「ロードショー」という映画雑誌の表紙を飾り、

付録のポスターにもなっていたレッドフォードは、最後まで

紳士としてふるまって銀幕を去るのでしょうか。かっこいいな。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 


バーニング 劇場版

4

JUGEMテーマ:韓国映画全般

 

バーニング

出典:IMDb

 

 

「バーニング 劇場版」

原題:Burning

監督:イ・チャンドン

原作:村上春樹

2018年 韓国映画 148分 PG12

キャスト:スティーヴン・ユアン

     チョン・ジョンソン

     キム・スーギョンイク

 

デパートの抽選会場でジョンスは幼馴染のヘミと

再会する。アフリカへ旅行する彼女の頼みで、

飼い猫にえさを与えることを引き受けるが、帰国

した彼女は、ベンという裕福な男性と一緒であった。
しかしある日を境にヘミに連絡が一切つかなくなり...。


<お勧め星>☆☆☆半 謎めいたストーリーと数々の

映像にどんな意味があるのか、深く考えてしまう映画

です。


猫の名前はボイル


原作は村上春樹の「納屋を焼く」という30ページ

ほどの短編小説です。もちろん未読ですが、どうもこの

原作が謎だらけらしい。妻帯者である小説家の「僕」が

語り手で、パーティーで知り合った「彼女」と懇意に

なるものの、ある時アフリカ旅行した「彼女」は「彼」

と恋仲になって帰国する。しかし「僕」の語りに嫉妬の

色は特にない..。(GQ JAPANより抜粋)
このストーリーがベースとなって、人物像に様々な改変が

あります。
監督は「オアシス」(2002)

「シークレット・サンシャイン」(2007)の

イ・チャンドン。「オアシス」はまさに純愛物語なのに、

そのカップルが、知能が低く前科持ちの男と重度の脳性麻痺
の女性ということで、周囲から全く認められないという

不条理な姿を見せられました。でも純粋すぎる愛の形をぜひ

とも見てほしいです。

そして「シークレット・サンシャイン」はこれでもかという

ほど不幸に見舞われた女性に無償の愛を注ぐ男性の姿を描き、

結構涙がこぼれたものです。

 

バーニング
出典:IMDb

 

「バーニング」では原作と異なる人物像として、「僕」である

ジョンスは、暴力沙汰で裁判中の父親を持つアルバイト青年で、

真面目かつ一途であるけれど、感情を表に出さない地味な人間です。
彼と再会するヘミは、実はカード借金まみれで家族と疎遠だとか、

虚言癖があるとかは、失踪した後にほかの人の口から聞かされます。

そして3人目の男ベンは、ポルシェ911カレラSを乗り回し、
高級マンションに住む謎の人間なのです。彼の楽しみは2か月に

1回ビニールハウスを燃やすこと。それも役に立たないとベンが

判断した古くて汚いものに火をつけると言うのです。
ヘミがアフリカに行っている間、ジョンスはネコのえさやりを

頼まれるのに、その間にネコは一度も姿を現しません。声すらも

聞こえないのです。ところが後半、ひょっこり姿を見せ、名前を

呼ぶと近寄ってきます。「え?」あの狭い部屋で見つからなかった

のに、この広い部屋では声が聞こえ、呼ぶと近づくんだ。

そのネコの存在も意味深です。
さらにベンは大金持ちらしいけれど何をしているのでしょう。

これについては一切の説明がありません。ベンのマンションが

街中にあるのに引き換え、ヘミのアパートはやや町はずれの

小さなもので、さらにジョンスの実家は、北朝鮮の対南スピーカー

が聞こえる場所です。寒々しい農村が唯一美しいと感じるのは、

3人がジョンスの家の庭でそろって夕日を見る時で

「今日が一番いい日」と語るヘミの言葉通りなのです。

 

バーニング
出典:IMDb

 

バーニング

出典:IMDb

 

ビニールハウスを燃やすという話は真実だったのか、ヘミの

行方はどうなっているのか、序盤にジョンスの実家にかかって

いた無言電話は誰からだったのかなど「謎」に対しての明確な

答えはありません。しかし謎は謎のままで受け入れられる

ようなそんな雰囲気の映画です。

 

バーニング

出典:IMDb

 

吐く息が真っ白に見える場所で、燃え盛る炎にはいろいろな意味の

エネルギーを感じます。そして全裸で雪の中を歩くのは
ものすごく寒いと体感できるものでした。

靴も捨てたんかい!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 


レベル16 服従の少女たち

3

JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

 

レベル16

出典:IMDb

 

「レベル16 服従の少女たち」

原題:Level 16

監督:ダニシュカ・エスターハジー

2018年 カナダ映画 102分

キャスト:ケイティ・ダグラス

     セリーナ・マーティン

     サラ・カニング

 

孤児であったヴィヴィアンは「服従」「清潔」を

美徳として重んじられる寄宿学校で育つ。そして

養子に出される最終段階のレベル16になった時、

同じクラスのソフィーから恐ろしい事実を聞かされる

のだった。


<お勧め星>☆☆☆ ストーリーはよくあるものですが、

いくつかの映画のシーンを思い出す内容になっています。


女性の美徳


従順、清潔、忍耐、謙遜、純潔、温厚、節度を

「女性の美徳」として掲げ、規則正しい生活を送る

ヴィヴィアンたちは、毎日背が高くてとーっても怖い先生

からその規則を唱和させられているのです。

 

レベル16
出典:IMDb

 

冒頭にレベル10の時にヴィヴィアンが時間通りに顔を

洗えないことで「不潔」扱いされて、守衛に連れ去れます。

この後何があったのか、全く説明がないけれど、まあ何かの

罰を受けたんだろうな。

 

レベル16
出典:IMDb

 

そして晴れて最終学年「レベル16」になった時、かつて

彼女を見捨てたソフィーと同じ部屋になるのです。

ヴィヴィアン、目から火花を散らして彼女を威嚇します。

なんせソフィーのせいで「不潔」扱いされて進級が遅れたん

だから!わたしは優秀でとてもいい里親のもとに行けるはず

なんだから!こんな思いでしょうか。
しかし「学習」という習慣や「食事のマナー」は全くないのです。

床にトレーを置いてむしゃむしゃむしゃむしゃ食べるだけです。
彼女たちには「好奇心」「怒り」「感傷」「粗野」は

「不潔な行為」と教え込まされているので、自ら考えることは

なく、ただ規則さえ守るという日々を送っています。これこそ

人間をコントロールできる手法なんでしょうね。

 

レベル16

出典:IMDb

 

時々医者からワクチンを打たれます。これは何のワクチン?
ここまで「清潔」にこだわると「私を離さないで」(2010)

と似ている内容かと思ったけれど、彼らには男女間の恋愛、

いや友情を交わす時間が設けられていました。しかしこの

寄宿学校はどうでしょう。まさに日光すらあたらない監獄の

ような環境なのです。

映画の中盤くらいで「目的」が理解できますが、それが結構

あり得そうなものだから怖いです。
「闇の子供たち」(2008)を見た時には、貧困ゆえの選択が、

命の価値に格差を与えていると実感し、見終わってから

ひたすら心が重くなりました。「ひとつの命」は同じ重さで

あるはずなのにそれが今全く実感できなくなっているのがとても

悲しいです。このヴィヴィアンたちも家族に売られてきた

身の上なのです。
ヴィヴィアンたちは毎晩、ビタミン剤をしっかり飲みますが、

それがたまたま「青色」というだけで彼女たちはうれしそうな

表情を浮かべます。ん?色は教わっていたんでしょうか。そして

最も驚いたのは実は「字が読めないんです」。

「動く絵」=「映画」それもかなり古いものを見ることだけが

楽しみで、セリフすら覚えてしまっています。
後半次第に明らかになっていくこの学校の真相は、想定内のもの

でしたが、それでもどのように展開していくか、とか「友情」に

気づけるかとかいろいろな思いで見てしまいます。さらに守衛たちが
ロシア語?を話していることから、実はとても大きな国際組織が

背後にいることに気づいてしまうのです。これもあり得そうで怖い。
人間の欲望は際限がなく、それを叶えることで金儲けをたくらむ

人々はいくらでもいるのだと思うと絶望に近い思いを抱いて

しまいました。でも映画の最後は良かったです。
あんなバカ力が出るのかとか、筋肉トレーニングしてないのに

足が速いとか、ソフィーの近眼はどうなったなどいろいろツッコみ

どころはありますが、スリルは味わえます。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 



カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3082 最後に更新した日:2019/12/10

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM