新聞記者

4

JUGEMテーマ:邦画

 

新聞記者

出典:youtube

 

「新聞記者」

監督:藤井道人

2019年 日本映画 113分

キャスト:本田 翼

     松坂桃李

     田中哲司

     シム・ウンギョン

     高橋和也

 

東都新聞記者、吉岡エリカのもとに医療系大学新設計画

の極秘情報が記載されたFAXが送信され、彼女は上司の

反対を押し切って取材を進めていく。一方内閣特別調査室

の官僚杉原は、政権に不都合な情報をコントロールする

仕事に追われていた。


<お勧め星>☆☆☆☆ しっかりこの目で見てよく考えよう。


自らを信じ、そして疑え


原案は東京新聞記者、望月衣塑子の同名ベストセラー小説です。

それを聞いただけで、この映画を観るのをやめる人がいると

思いますが、それはとてももったいない事なのです。どんな

考えを持っていてもぜひこの映画を観てほしいと思える

久しぶりの邦画の秀作です。
ただ一点、杉原の妻役の本田翼が、大変残念な演技をしており、

周りが芸達者な俳優の中でとても目立っています。

これはもったいなかったなあ。学芸会かと思ったわ。
そして肝心のストーリーは、ここ数年、世間をにぎわせた

いくつもの事件を同じような形で組み入れ、その取材を中止

せざるを得ない新聞記者の苦悩と、政権にとって不都合な情報を、

逆のものに変えていく内閣特別調査室の内部が描かれるのです。

一日中コンピューターの画面に張り付き、同じようなtweetを

連投していく。この姿には人間性のかけらはなく、与えられた

仕事をただこなしているロボットのようにも思えます。

 

新聞記者
出典:youtube

 

外務省から出向している官僚、杉原は「仕事」として上司の

指示に従うだけの日々を送っており、臨月の妻のそばにもろくに

いられないのです。公務員とはいえ組織の一部であるならば、

与えられた仕事を確実にこなすことが基本であり、そこに自分の

意志は無関係かもしれません。

そしてある時外務省時代に大そう世話になった当時の上司だった

神崎に再会します。実はこの神崎は外務省の不祥事の責任を一手に
引き受け、今は療養中らしい。この神崎役が高橋和也で、疲れた

中年男というイメージにピッタリなのです。神崎は娘の大学進学を

楽しみにし、杉原は第一子の誕生を楽しみにしている、誰もが

普通の幸せを求める一人の人間にすぎません。

 

新聞記者
出典:youtube

 

一方、日本人で記者だった父親と韓国人の母親を持ち、アメリカで

育ったエリカは、強い信念をもって仕事にのぞんでいます。しかし

しばしば新聞社の方針で中断させられ、また小さな記事にしか

できず歯がゆい思いを抱いているのです。
この映画には実在の人物が実名で登場しますが、それはテレビ内の

討論番組としてであり、何かの方向に観客を誘導しようとするもの

ではありません。

 

新聞記者

出典:youtube

 

さらに映画内の「悪」を演じるのが内閣特別調査室長役の田中哲司

のみなのです。彼が誰の指示で動き、その事案に誰がどのように

関わっているのか、一切説明がないのです。そこは観ている側が

想像するのです。あくびしている暇があったら想像しよう。
2時間ドラマのように、取材を進めていくうえで、脅迫状を受け取る

とか、階段から突き落とされるとか、電車のホームで後ろから押される

とか、そんなありきたりの恐怖は存在しません。

逆に言うと、極めて好都合な情報の存在とかヒーローが現れるわけでも

ないのです。
画面が暗転しエンドロールの歌が流れた時、何を感じたか、そして

これから何をすればいいのか、観ている側の自由だと思います。

だからこそより多くの人たちにこの映画を観てほしいと考えます。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 


WE ARE LITTLE ZOMBIES ウィアーリトルゾンビーズ

4

JUGEMテーマ:邦画

 

ウィアーリトルゾンビーズ

出典:IMDb

 

「WE ARE LITTLE ZOMBIES ウィアーリトルゾンビーズ」

監督:長久 允

2019年 日本映画 120分 PG12

キャスト:二宮慶多

     水野哲志

     奥村門士

     中島セナ

     佐々木蔵之介

     工藤夕貴

     池松壮亮

 

両親をバス事故で亡くしたヒカリは、火葬場で同じ

境遇のイシ、タケムラ、イクコと出会う。彼らは

それぞれの家を巡りながら、なぜかバンドを結成する

ことになるが、それが大人気となり...。


<お勧め星>☆☆☆☆ たくさんのことが散りばめられて

いて、それをもう一度確認したくなる映画です。


WE ARE LITTLE ZOMBIES!

 

 

<ネタバレしていないと思うけれど>

 

 


この映画の公開を知り、その前に長久監督の

「そして私たちはプールに金魚を、」(2017)を

鑑賞しました。「結局」という言葉が心に残り、

「前を向いて生きよう」などと軽々しく言うことの
虚しさを肌で感じた気がします。そしてその力の入って

いない(良い意味で)世界観がそのまま長編映画になった

ようにも思えるのです。
当然のことながら子供たちがゾンビになるわけでもなく、

ゾンビだらけの世界に子供たちだけが取り残されてしまう

わけでもありません。映画の後半にそのようなシーンが

出てきますが、それは意味合いが異なります。
それぞれ異なる理由で両親を亡くした、ヒカリ、イシ、

タケムラ、イクコの4人の姿を、彼らを取り巻く状況や、

大人たちの行動を描きながら、あくまでも4人の視点で

ストーリーが進みます。
考えるのは4人、行動するのも4人。そこに固い友情が

あるとか、互いに同情し合うとか、恋愛感情が生まれる

とか、そういったものは一切ありません。

あ、でもイクコ役の中島セナちゃんはすごく可愛いです。

あのキリっとした眼差しと低い声は魅力的。とにかく

「暑苦しい」シーンが一切ないのが個人的にはとても

気に入りました。
火葬場で知り合い、一緒に行動することになった4人が、

ひょんなことからバンドを組み、ごみ置き場で歌うのが

「WE ARE LITTLE ZOBIES」

この歌詞がなんと「何もない」の連続です。

1970年代、学生運動が下火になったころ日本に蔓延した

三無主義「無気力・無関心・無責任」は、当時の大人世代から

嘆きをもって批判されたものです。

(決してその大人世代ではありません)

そこには日本の経済状況や学生運動の衰退が絡み合っていた

わけですが、この歌の「何もない」はモノが溢れまくっている

現代において、「あるはずのものがない」ということを見事に

歌いあげています。youtubeで聞けるのでぜひとも聞いて

ほしいです。

子供は必ず未来に夢や希望を抱いているはずとか、子供らしさ

(大人から見たら)を持ち合わせているはずという固定観念から、

見事に外れているのがこの4人です。それってもしかしたら

今の子供たちの多くの本音かもしれません。
懐かしいコンピューターゲームのようにシーンは変わり、

そこをクリアすると次のシーンへと向かいますが、途中で登場

する脇役の俳優陣の豪華さには驚くばかりです。ヒカリの

叔母役が工藤夕貴さんとは気づきませんでした。
そしてラストシーンにかけては、どれが現実でどれが夢なのか

考えているうちに「小さな恋のメロディ」(1971)での

トロッコシーンを思い出して郷愁に浸ってしまいます。ネタバレに

なるから書けないけれど、あれはすごく印象に残ります。
とりあえず「WE ARE LITTLE ZOMBIES〜♪」が当分頭から

離れそうにありません。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


そして私たちはプールに金魚を、

4

JUGEMテーマ:邦画

 

 

そして私たちはプールに金魚を、

出典:IMDb

 

「そして私たちはプールに金魚を、」

監督:長久 允

2017年 日本 28分

キャスト:湯川ひな

     西本まりん

     松山莉奈

     菊池玲那

 

2012年、埼玉県狭山市で学校のプールに

女子中学生たちが400匹の金魚を放流する事件が

起きた。その実話をもとに、彼女たちの日常を描いて

いく。


やはり長編作品を見たくなる内容です。音楽もビビビ

と来るものがあります。


「結局」


2012年埼玉県狭山市で起きた、女子中学生が

プールに金魚を400匹放流した事件にインスパイア

されて作られた短編映画です。

 

そして私たちはプールに金魚を、

出典:IMDb

 

金魚を放流したうえ、半裸で泳いだ動機は

「一緒に泳げば楽しいと思った」
という本音なのか、とりあえずそういうことにして

おいたのか、どちらにもとれるものです。わたしは

絶対に後者だと思う。(なぜか確信!)
そしてこの映画は2017年サンダンス国際映画祭で

賞を獲得した超有名なものなのです。今週末公開される

同監督の

「WE ARE LITTLE ZOBIES」

は、長編映画デビュー作にして、サンダンス国際映画祭
審査員特別賞を受賞しています。その鑑賞に向けて

まずこれを見ておかないと!
なに、これめっちゃハマる。
28分の短時間の中に9つのストーリーが入っています。
1話目から女子中学生の胸の内が痛いほどビシビシ

伝わってきますよ。海ないのにカラオケで歌う「17歳」。

「だ〜れもいない海♪」...笑笑しかねえよ。

とはいえそれなりに商店街があって「俺ら東京さ行ぐだ」

と吉幾三が歌った、ど田舎というわけではないのです。

中途半端すぎて宙ぶらりんという感じ。

「ボーン・トゥ・ビー・ゾンビ」これはあまりに自虐的

すぎて逆にうける〜。
自分の高校時代、上り電車で帰る同級生は「町の子」、

下り電車で帰る同級生(自分も含め)は「田舎の子」だと

知った時の絶望感に近いです。
「今日はワルツでダッチコーヒーでも飲んで帰ろう」
「え?ダッチコーヒー?それは瓶に入って売っている

コーヒー牛乳と味がどう違うんですか?」
聞きたくても聞けなかった。ワルツに行くためには上り電車に

乗って、町まで出ないといけない。

同じ市に住んでいるのにこの差はなんだ!
28分間、全てに感情移入できて「前向きに生きよう」と

いう言葉の空々しさを強く感じてしまいました。
この監督いいなあ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


日日是好日

4

JUGEMテーマ:邦画

 

日々是好日

出典:IMDb

 

「日日是好日」

監督:大森立嗣

原作:森下典子

2018年 日本映画 100分

キャスト:黒木華

     樹木希林

     多部未華子

     鶴見辰吾

 

大学生の典子は従妹の美智子と「お辞儀がきれいな」

武田さんの家でお茶を習うことになる。見るもの

すべてが珍しい茶道の道具や作法に驚きつつ、典子は

その魅力を感じ始めるのだったが。


<お勧め星>☆☆☆☆半


居場所を見つける


監督は「まほろ駅前多田便利軒」(2011)

「さよなら渓谷」(2013)

「セトウツミ」(2016)などの大森立嗣。見た映画は

どれも好きなものばかりですが、特に「セトウツミ」の

ゆるい世界観は、主役の池松壮亮くんと菅田将暉くんの

演技も重なって、お腹がよじれるほど笑えつつ、少しだけ

しんみりできるというものでした。一方「さよなら渓谷」

では先の読めないストーリーとその中に漂う切なさ、悲しさ

を感じて、渓谷の景色が全てを知ってから全く異なる情景に

見えてしまった気がします。

 

日日是好日
出典:youtube

 

この映画はたいへん静かに始まります。本当にしたいことが

わからない大学生、典子は従妹の美智子と

「お辞儀がきれいで只者ではない」

武田先生に茶道を習うことになります。このきっかけが本当に
唐突で、すごく乗り気の美智子と全く乗り気ではない典子が

あっという間に武田先生の家に向かっているのです。このように

典子の胸の内はやや丁寧に描かれるもの私生活や美智子を

はじめとしてほかの人の胸の内はほとんど描かれません。

 

日日是好日

出典:youtube

 

それは見ている人が想像するのです。
まじめで気が利かなくて要領の悪い典子役は黒木華。竹を割った

ような性格でちゃきちゃき物事を決めていく美智子役は多部未華子。

そして一つ一つの動きに深いこだわりを感じる武田先生役は
亡き樹木希林さん。
ずいぶん前に茶道を習っていましたが、あれは裏千家だったの

かしら。武田先生は表千家の札を出していたから、全く作法が

異なるんでしょうね。どの動きも初めて見るものばかりでした。

そして同じように何の知識もない2人が、日を経るにしたがって、

少しづつ進歩していくのが、旧暦の季節と共に描かれます。

ここでおかしいのは、美智子は「どうして?」とすぐに尋ねる

ことです。それに対し、少し言葉に詰まってから

「意味はいいからそうするの」と答える武田先生。

1つ1つの物事が何を意味するかを考えていたら、無駄に時間が

過ぎてしまいます。例えば

「どうして英語では文の始めが大文字なの?」と聞かれたとしたら、

「そのまま覚えればいいの、決まりなの!」と言ってしまうと思う。

長く受け継がれてきた決まりごとは、その意味を知ることより、

それを自分の中に受け入れ、体で感じ取っていくことが大事なの

でしょう。これは英語の大文字とは違うな。
旧暦の季節とその季節ごとの茶菓子、庭に咲く花、空から舞う雪、

降り注ぐ雨、散っていく花びらなどは、それを目で見て耳で

聞いて肌で感じて知っていくことが本当に貴重なことだと思えて

きます。

 

日日是好日
出典:youtube

 

丸みのある所作、お湯の音はトロトロ、水の音はキラキラなど、

今まで考えもしなかった擬態語を使って表されると、それぞれが

初めて聞く音を奏でます。
そして典子の周囲も少しずつ変化し、彼女の茶道の腕前も上達

するかと言うとそうでもありません。すぐにわからないものは

長い時間をかけて、少しずつわかってくる。そしてそうやって

知ったことは二度と忘れない自分の一部になっていくのだと思う

のです。また教えることで教わることがいっぱいあるのです。
雨音が耳の奥に残り、それが大変心を揺さぶるものでした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


寝ても覚めても

4

JUGEMテーマ:邦画

 

寝ても覚めても

出典:IMDb

 

「寝ても覚めても」

監督:濱口竜介

原作:柴崎友香

2018年 日本=フランス映画 119分

キャスト:東出昌大

     唐田えりか

     瀬戸康史

     山下リオ

     伊藤沙莉

 

朝子は大好きだった恋人、麦が突然姿を消してから

2年余りたった時、東京で亮平という麦そっくりの

男性と知り合う。彼女は戸惑い、ずっと彼を避け続けるが、

愛を告白された後一緒に暮らし始めるのだった。


<お勧め星>☆☆☆☆ 映画全体のフワフワした雰囲気が

自分の心のある部分を刺激し、静かな共感を呼びました。


これ以上行かれへん


昨年鑑賞した邦画で同じような気持ちにさせられたのは

「南瓜とマヨネーズ」(2017)で、臼田あさ美さん

演じるダメ男を好きになる重い女(個人の感想です)に

なぜか頷くしかありませんでした。

 

寝ても覚めても
出典:IMDb

 

「寝ても覚めても」では、まず麦と朝子の唐突な出会いから

始まります。建造物がお好きと語る柴崎友香さんの原作にも

出てくるのでしょう。通天閣や大阪国際美術館が冒頭から目に

入ります。つかみどころのない麦という男性に恋した朝子も

どこか現実離れした雰囲気の女性で、一つ一つの表情がとても

個性的です。

「遅くなってもちゃんと帰ってくる」

という彼の言葉を信じていたものの、ある日突然麦は帰って
来なくなります。心から大好きで、そこにいるのが当然になって

いた人が、何も言わずに姿を消した時、残された人の気持ちは

どうなるのでしょうか。

映画内で中盤に、震災から5年後の東北が映ります。
そこには活気が戻ってきたかのように思えるけれど、かつて存在

していた全ての物が人が戻ってきたわけではないのです。あの日を

境に二度と会えなくなった人たちも数多く存在するのです。

 

寝ても覚めても
出典:IMDb

 

そして麦が姿を消して2年余り後、東京で朝子は亮平と出会います。

この2年余りをどのように過ごしたのか全く分かりません。

ただ一つ分かるのは彼女の心の中には麦が存在し続けたことなのです。
朝子の動揺ぶりが、その空白の期間の苦しい胸の内を物語ります。

同一人物が演じているから当然ですが、全く別の人間なのに全く

同じ顔をした男性が目の前に現れたら、せっかく進み始めた心の中の
時計の針が一気に逆回転を開始してしまいそうで怖くてたまりません。

性格も全く異なり、誠実で明るく、まじめな亮平に心を惹かれていく

朝子が、彼から遠ざかろうとする気持ちも本当によくわかります。
亮平のことを朝子はめっちゃ好きで、その気持ちが亮平をが頑張らせる

と彼は言います。それを聞くと、あまりに強いつながり方は、

ほんの少しの変化で一気に違う形になってしまうようにも思えるのです。

映画内の猫の存在も時に麦を時に朝子を映しているように感じられます。

 

寝ても覚めても
出典:IMDb

 

終盤はまさかの展開で、そこでそんなに必死で走るのか!と

思ってしまいますが、全てを変えてしまえる人間など存在しないし、

汚いと思う川も見る人や見る気分によってはきれいに見えるかも

しれません。
男女二人が全く同じ強さで惹かれ合う時期はわずかであり、一方が

離れそうになると、もう一方がすがるし、切れかけた心が弱く細く

繋がり続けるものも存在すると思うのです。
その時々で折り合いをつけていくのが人生なんだろうなと感じて

います。許すことも人生だし、憎むことも人生の一部になっていくの

ですね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


しゃぼん玉

3

JUGEMテーマ:邦画

 

しゃぼん玉

出典:IMDb

 

「しゃぼん玉」

監督:東伸児

原作:乃南アサ

2016年 日本映画 108分

キャスト:林遣都

     市原悦子

     藤井美菜

     相島一之

 

両親に捨てられ、ひったくりを繰り返していた翔人は、

遂にナイフで人を刺してバッグを奪ってしまう。そして

逃走中、山の中でバイク事故で倒れているスマを助けた

ことから、彼女の家に居候することになるのだった。


<お勧め星>☆☆☆☆ 無償の愛を与えることが人間性を

取り戻すきっかけになるのだと実感します。


「坊はええ子じゃ」

 

<ネタバレしているかも>


原作は乃南アサ「しゃぼん玉」。

2004年出版作品なのですが、未読。直木賞受賞作品

「凍える牙」は大変有名で、こちらはちゃんと読んでいます。

でもその後で読んだ「暗鬼」が実はとても好きなんです。
ただこの話の映像化は絶対に無理だと思っています。あれを

映像化したら誰が演じるのだろうか、それとR指定が必要

なんじゃないだろうか、などと余計な心配をしたけれど

大丈夫みたい。全く映像化される話は起きていませんね。
さてこの映画は市原悦子さんの遺作になってしまいました。

「あん」(2015)でも短い時間の出演ながら存在感は

大きかったです。しかし市原さんといえばテレビドラマ

「家政婦は見た」(1984年〜2008年)
「おばさんデカ 桜乙女の事件帖」(1994年〜2017年)

が私にとっては、とても印象に残っています。家政婦、石崎が

毎回可愛がっていた猫の「はるみちゃん」も何回か変わって

いるから、きっと虹の橋を渡ったんだろうなあ。おばさんデカは

いつも上司に「乙女」のことを「オカメ」と呼ばれて怒って

いたなあ。それが少しも怒って見えないのが市原さんの魅力。
さて、この映画のオープニングは、サスペンス映画並みに

ドキドキします。土砂降りの雨の中、地下通路を歩いて行く

女性に狙いを定め、何者かがバッグを奪おうとし、最後には

刃物で女性を刺して逃げ去ります。その時に浮かび上がる顔が

林遣都演じる翔人。

「闇金ウシジマくん」(2012)で最後に...。あれは怖かった。

チャラいイベントサークルの代表役が本当に似合っていて、

こういう奴って最近でも何人も捕まっているとニュースで知ると、

いつになっても悪い奴は存在するのだと思うし、まあ、あの

ラストでよかったなと思うのは残酷なんでしょうか。
翔人は、ナイフで脅してトラックに乗り込んだものの、あろう

ことかすごい山の中で車外に放り出されてしまうのです。そして

一晩明け、とぼとぼ道を歩いていると、日ごろの行いが悪いのに

なぜか天の助けかバイクが倒れています。

これはっ!ところが草むらから「お〜い」という声がするんですよ。

よく見れば老婆が血まみれで倒れているではありませんか。

ここで彼女を無視してバイクを盗むという選択もあったのに、

彼は、老女を背負って家まで送り届けるのです。この老女スマは、

本当に彼に感謝し、何も聞かず、彼に食事や風呂、寝場所を

提供します。

 

しゃぼん玉

出典:IMDb

 

よく「田舎の人は素朴で親切だ」と言う人がいますが、それは

半分当たっているけれど半分は大間違いだと思います。これに

ついては後で書くとして、翔人は、これまでの素行の悪さから、

スマの家の引き出しをさばくるし、金がないとわかると仏壇の

お供え物であるタバコをくすねます。これを見た時は、ただ

「無償の愛」を与えるだけでは、すぐに「更生」できる人間など

いないと実感します。しかし毎日、スマと過ごし、スマが
雨の日も働き、彼のために食事を用意する姿を見ると、彼の心に

少しずつ変化が出てくるのです。さらにシゲ爺という男に

「平家祭り」までの手伝いを言いつけられ、朝早くにたたき

起こされ、ものすごい山道を上って働くことを教えられます。

 

しゃぼん玉

出典:IMDb

 

これがね、反抗したり、のろのろしているとすぐにパンチが

飛ぶという「セッション」(2014)の鬼教師フレッチャー

並みのしごきに見えてしまう。
「まじかよ」
翔人は言い、キー付きの軽トラを見て、それに乗って逃げようと

思う気持ちが浮かんだ途端、またシゲ爺の大声が聞こえるんですね。

このタイミングは全て翔人の行動を読んでいるかのように思えます。
またシゲ爺の言葉が1つ1つ重いんです。
「逃げることばかりするな。自分から向かうんだ」

「逃げない癖をつけろ」
この辺りを見ていても、前にも書いたように原作者はもしかしたら

「都会は悪、田舎は善」

と思い込んでいるのではないかと感じ、田舎育ちの私からすると、

かなり反論したくなります。しかしそんな話ではないと気づきます。
翔人がスマの慈愛に満ちた態度に接し、「坊はええ子や」と何度も

言われ、シゲ爺に厳しく鍛えられている時、ミチという女性と会

う機会ができるのです。この限界集落のような場所に、最も

存在しそうにない若い美女。

 

しゃぼん玉

出典:IMDb

 

それに「彼氏はいない」と言う。これはトキメキますね。

「恋」の予感がプンプン漂いますね。ところがミチが時々

つくため息の意味を知り、そしてスマの息子の登場によって、

翔人は今までの自分の姿をそのまま映す鏡を見た気分になるのです。

育った環境は確かに最悪だったけれど、それが今まで自分のして

きたことの理由にはならないし、その行為1つ1つがものすごく
醜いものだったと気づくのです。
しかしミチにしても翔人にしても、新しい人生を歩み直そうとする

きっかけを作った場所、そうこの村が「桃源郷」のような存在で

あったと思えてきます。きっとそうなんです。

 

しゃぼん玉
出典:IMDb

 

壇ノ浦の合戦に敗れた平家残党の隠里椎葉は平家と源氏が唯一共存

する村。それもこのストーリーに大きく影響しているのだと気づくと、

市原悦子さんの遺作映画にふさわしいものだったと感じます。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


勝手にふるえてろ

3

JUGEMテーマ:邦画

 

勝手にふるえてろ

 

「勝手にふるえてろ」

監督:大九明子

原作:綿矢りさ

2017年 日本映画 117分

キャスト:松岡茉優

     渡辺大知

     石橋杏奈

     北村匠海

 

絶滅した動物をネットで調べるのが趣味のヨシカは、

中学時代から片思い中の「イチ」と同じ会社で働き、

どうやら彼女に気があるらしい「ニ」という脳内彼氏が

2人いる。彼女はイチと再会したいがために、同窓会を

計画することを思い立つが...。


<お勧め星>☆☆☆☆ おいおいこんなおかしな女子

なのに胸がキュンキュンしてしまうよ。

松岡茉優サイコーです。


赤い付箋


原作は綿矢りさの同名小説で未読です。
最初からどの映像も共感できないものばかりなのに、

なぜか胸がワサワサしてくるのはなぜだろう。特に

ヨシカが胸につけていた赤い付箋が「ニ」の濡れたワ

イシャツの上に落ち、じわじわと水分が広がっていく

シーンの大アップは、いろいろな思いが凝縮されている

ようです。
「こじらせ屋」の映画は

2016年「スウィート17モンスター」でも描かれて

いました。学校ではイケてない部類に入り、あれこれ

ひがみ続けると、あらゆることがつまらくなっていく

んだよ!だから自分が変われよ!なんて思ったものですが、

この映画のヨシカもまさしくそんな感じのまま、あろうことか

大人になってしまったのです。だからかなりややこしい。

 

勝手にふるえてろ
 

そもそも中学時代に同じクラスで少し言葉を交わした男子に

「天然王子」と名付け、自分の頭の中で妄想し、その世界観で

10年生きて、会社員になったわけです。この「イチ」こと

一宮役は「君の膵臓が食べたい」(2017)の北村匠海くん。

結構かっこいいんだよねー。
そしてもう一人、会社でヨシカに気があるらしい「ニ」(霧島)

をヨシカは頭の中で彼氏と決めて、あれこれ妄想するのです。

それは親友クルミと話す時にとどまらず、通勤で会う人、

バスの隣に座るおばさん、コンビニの店員、カフェのウェイトレス

などにあれこれ語り、また励ましを受けている。この突き抜けた

妄想ぶりと松岡茉優さんの振り幅の大きい演技で、先へ先へと

見たくなる内容です。

 

勝手にふるえてろ
 

ヨシカの趣味が絶滅してしまった動物について調べまくること。

もうオタクの極みだし、アンモナイトを注文してるし。というか

アンモナイトの化石って簡単に入手できるんですね。

 

勝手にふるえてろ
 

この映画では笑える個所が幾つもあり、「二」が隠れて設定

した合コンに参加したヨシカと、せっかくホテル街まで来た

のに、「二」はリバースしまくってしまう。その周りの

カップルの会話を聞き逃してはいけません。
しっかり耳に残しておきましょう。また念願の初デートを終え、

夜景の綺麗な場所に2人でたたずんだ時、ヨシカがその景色に

見とれている隙に、必死でリップクリームを塗る「ニ」。

この健気さは認めるけれど、やはり空気の読めない男かもしれ

ないなー。残念だなあー。
そんな笑いの連続の中で、ヨシカはインチキをして同窓会を

企画するのです。そして「イチ」と二人きりで話すチャンスが

やって来たし、彼も絶滅した動物のことが大好きだし、もう万々歳

じゃないの...いやそこで彼女はジェットコースターの急降下に

遭うわけです。
高校時代、学年一イケメン(わたしはそう思っている)だった

男子と同じクラスになって、その子が授業中わたしのことばかり

見つめていると思ったことだって、実はわたしの向こうの誰か

(あの時は窓際の席だったけどね。後ろは外の景色だったけどね)

を見ていたのだろうし、今となっては顔はおろか名前すらも

忘れているだろうな。わたしはフルネームを言えますよ。

風の便りでは、同窓会に奥さんと子供を連れてきて、女子っぽい

奥さん(つまりぶりっ子)とbaby diorの服を着せた赤ちゃんの

世話をかいがいしくしていたとかなんとか(もう妬みの極み)。

○○○君がイクメンなんて信じない!
とりあえず妄想女子ヨシカは、実はプライドが高く、それゆえに

周りの評価を人一倍気にし、自分が「恥」をかくことは絶対に

許せないのです。これは本当に面倒くさい女子だわ。結局どう

収まるかと想像ができないまま話は進み、登場するのが「赤い付箋」

ですよ。やはり「赤」は繋がりを意味するのかしらね。

赤い糸で結ばれた..なんて言うわけだし。
映画内で会社のOLたちのお昼寝タイムがあったけれど、わたしも

ある仕事に就いていた時、あのようなお昼寝タイムがあって、

お弁当を食べた後、あれこれ愚痴や噂話をしてから、「ぐー」。

そして携帯の画面がパッと明るくなり、アラーム機能が作動して

みんな起き上がる、ということを体験したので、あのシーンは

妙にリアルに感じられました。

オカリナを吹く「岡里奈」!!ここも笑える。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


斬、

4

JUGEMテーマ:邦画

 

斬、

 

「斬、」

監督:塚本晋也

2018年 日本映画 80分 PG12

キャスト:池松壮亮 

     蒼井優

     中村達也

     前田隆成

     塚本晋也

 

開国に揺れる江戸末期、農村に身を寄せている

浪人、杢之進は隣家の息子、市助に剣術を教えながら、

自ら江戸へ向かう時期を伺っていた。そんな時

浪人澤村が現れ、仲間として江戸行きを勧めるのだが...。


<お勧め星>☆☆☆☆ 80分があっという間に過ぎ、

瞬きするのも惜しいほどでした


二つ星のてんとう虫


圧倒されるのは、塚本監督自身が演じる澤村の殺陣と、

市助に剣術を教えている時の杢之進の動きです。市助を

演じた前田隆生さんは剣道初段であり、それなりに剣術の

腕前があると思うのに、杢之進の腕前とは格段の差が

あるかのように思えてしまう。

冒頭は刀鍛冶のシーン。

真っ赤な鉄を幾度も打って打って光り輝く刀へと変貌します。
そしてどこまでも広がるのどかな田園風景の中で、真剣な

眼差しで木刀を戦わせる杢之進と市助が映りますが、その

真剣さを打ち破るかのような、ゆうの「お昼ご飯だよ」の声。
ただただのどかで開国に揺れる江戸の嵐のような状況とは

無縁のように感じます。この時だけ明るい日差しが差し込み、

人々の顔に笑顔が浮かんでいたようにも思えるのです。
杢之進は浪人の身であり、江戸へ向かうことを決意しているの

ですが、そのゆうと恋仲(もちろん気持ちだけ)であることは

すぐにわかります。映画内で2回ほど二人が交じり合うことを

意味するシーンが映ります。その時の蒼井優さんの表情や

演技に、どうしようもないくらいの色気を感じてしまうのです。

お茶目に笑い、冗談を言い、そして怒り、憎しみをあらわにし、

悲嘆にくれ、絶望する。あらゆる場面において、彼女は

ぴったりの演技を見せ、池松君が「化け物女」と呼んでいた

のも頷けます。
平和だった村に突然現れた浮浪人の集団は、村の人々を不安に

陥れます。漠然とした不安は恐怖に変わるものの、

「目を合わさなければいい」

という杢之進の言葉に、村人は少し安堵し、また杢之進は
浮浪人たちの元へ向かい酒を酌み交わすのです。浮浪人が

悪いことをしていることを知らないはずもないけれど、何も

起きなければ刀を抜く必要もないのです。

いや刀を抜かないのか抜けないのかそれともその両方なのか。
この浮浪人のボス役の中村達也さんがすごくぴったりなんですよ。

もうね、この役にはこの人しかないというくらいに合っています。
ところが村にもう一人澤村という浪人が現れており、彼によって

状況が一変するのです。それは小さなさざ波(果し合い)だった

ものが大きなうねりとなり、その中に平凡な村人がどんどん

飲み込まれていくかのよう。
後半は血みどろシーンの連続で、あの明るかったゆうはもう

存在しません。明るかった村も存在しません。空も曇り空や夜の

ものが大半を占め、土砂降りも起きます。全てがあらがえない

時代の波を表しているかのようです。
無残な殺し合いの結末は人間の愚かさの集結となり、そこには

狂気と絶望しか存在しないような印象を受けました。これは

「野火」を見終わった時と同じ思いで、監督自身が「人を殺す

凶器がたった一本の刀に凝縮され、人間の本能に少しだけ近づく

ことができた」と書いているのに共感を覚えずにはいられません。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 


彼女がその名を知らない鳥たち

4

JUGEMテーマ:邦画

 

彼女がその名を知らない鳥たち

 

「彼女がその名を知らない鳥たち」

監督:白石和彌

原作:沼田まほかる

2017年 日本映画 123分 R15+

キャスト:蒼井 優

     阿部サダヲ

     松坂桃李

     村川絵梨

     竹野内豊

 

十和子は同居する陣治が薄汚く、不潔で下品なことで

毛嫌いしている。そして彼女は時計の交換の件で

デパートの店員、水島と知り合い、すぐに深い仲に

なるのだが...。


<お勧め星>☆☆☆☆ 男は顔じゃないのよ。女も

顔じゃないのよ。でもやっぱり見た目に惹かれるのよ。


あんまりなことをしたら恐ろしいことが

起きるで


食べ物の食べ方の汚い人は嫌い、という人が多く、

クチャクチャ音を立てたり、口に物をたくさん入れたまま

しゃべったり、あまりにがつがつ食べる姿には、やはり

嫌悪感を覚えます。その中でも「箸」の持ち方が

おかしい人はとりあえずアウトです。この映画で

阿部サダヲ演じる陣治は、すべてを兼ね揃え、とにかく

「下品」のオンパレードです。きっと実際の阿部さんは

スマートに食事をされるのでしょうが、いつもの

ハイテンションな口調は健在です。それがこの映画の

後半に大きな変貌を遂げるとは思うはずもありません。

食べ方ではないですよ。彼の胸の内です。

 

彼女がその名を知らない鳥たち

 

また、その陣治を、まるで汚物を見るかのような蔑んだ

眼差しを送るのは、蒼井優演じる十和子です。

 

彼女がその名を知らない鳥たち

 

十和子には姉がいるけれど、彼女はなぜか関東弁を話すのが

唯一気になったかな。彼女たちの出身はどこなんだろう。

そしてなぜ十和子と陣治は一緒に暮らしているんだろう。
様々な疑問は「黒崎」という人物の名前が出るごとに3人が

ビクリとなるところで、「何かがあった」と気づきます。

 

彼女がその名を知らない鳥たち

 

この黒崎役は竹野内豊。もちろんイケメン。声もいい。

甘い言葉で説得力のある話をするから十和子、すっかり

信じていたらしい。2人の過去は時間をバラバラに戻して、

どういう仲でどういうことがあったのかを描いていきます。

ここは、無駄な回想シーンはなく、絶妙なタイミングで

挿入されるので、それでああなったのかと納得できるのです。

 

彼女がその名を知らない鳥たち
 

そしてもう一人のイケメンは、十和子が冒頭にクレーム電話を

かけていたデパートの時計売り場の店員、水島です。この役は

松坂桃李。「エイプリルフールズ」(2015)ではセックス

依存症の天才外科医役を演じていましたが、もう最低の男でして、

あのお尻をぺんぺんしたくなります。でも綺麗なお尻よ。
水島はきっと何回もこういうことをしているんだろうな、という

感じで十和子と関係を持つのですが、キスするときに、

チュパチュパ音を立て、まことに嫌らしく舌を出します。

松坂君でなかったらおえ!となってしまいそう。(人間、顔では

ないけれど、やはりイケメンが演じてこそ、その嫌らしさが

伝わるというもの)
そしてもう一人黒崎の知人の老人がまたクズなんです。亡くなる

直前の中嶋しゅうさんが、これまた目つきだけで嫌らしさを

醸し出してくれます。
しかし実は十和子が、純粋過ぎるというか、逆に言うとオツムが

弱いというか、ただイケメンに弱いだけの女性なのかも

しれません。これはふつう大なり小なりそうなんだと思う。ごく

普通の女性が、結婚詐欺に遭ったり、銀行で横領事件を起こし

たりする事件が起きているのだから

「自分だけは騙されていない」

と信じ続ける女性はたくさんいるんだろうな。わたしも

岡田将生くんに甘い言葉を囁かれたら、ちょっと自信がありません。

(かけられないから大丈夫。)
終盤は原作を読んでいないので、まさにアッと驚く展開でした。
そして「自分を守り、生きていく」ということの難しさと、それを

いつかは一人でこなさなければならない現実の厳しさも感じた

ラストです。それは海よりも深い愛情でもって陣治が教えて

くれたんだと思います。

それにしても蒼井優の演技の振り幅の大きさには今回も感服しました。

彼女はすごい。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


カメラを止めるな!

3

JUGEMテーマ:邦画

 

カメラを止めるな!

 

「カメラを止めるな!」

監督:上田慎一郎

2017年 日本映画 96分

キャスト:濱津隆之

     真魚

     しゅはまはるみ

     長屋和彰

 

人里離れた森の奥の廃施設でゾンビ映画を撮影

していたクルーの前に本物のゾンビが現れる。

しかし監督はリアルを追求するため撮影を強行する

のだった..。


<お勧め星>☆☆☆☆ 思いがけない展開とラスト

には笑いと涙があふれ...いや、涙は出ませんがジーン

ときます。


護身術習おうかな


映画でネタバレしていけないものはたくさんある

けれど、わたし個人では

「シックス・センス」(1999)と

「エスター」(2009)

は「げ・ん・き・ん」と思っています。それは

何年経っても、まだ見ていない人の前で話しちゃ

いけない。それをペロリと話す人とは未来永劫絶交

したい気分になります。まさかその中にこの映画が

入るとは思いませんでした。
大体の雰囲気は様々な情報源から伝わってきており、

見ないようにしていても、ネットニュースの見出しに

デカデカと載ってわかってしまったこともあります。

でも核心部分やストーリーは一切見ないで鑑賞しました。
始めのうちは胃の中で直前に食べたばかりのたこ焼きが

逆流しそうな映像の連続で、その中にちょっと「ん?」

と思ってしまうものを感じます。とりあえずヒロイン役

の秋山ゆずきさんが魅力的です。
特にべっぴんさんというわけではないけれど、なんかいい。

ホットパンツ(死語かしら)から伸びる健康的な脚や、

下から延々とお尻を映し続ける映像にはどうしても目が

釘付けになります。
「よろしくでーす」
あとは映画監督日暮の娘真央役の真魚さんが個性あふれる

演技を見せてくれます。グイグイ相手に迫る雰囲気は自然

なものとしか思えません。この映画のヒットをきっかけに

大手芸能プロダクションに入ったそうで、人生どう転がるか

わからない、強く願うと道が開けるのだなとも思う。彼女が

わたしと出身地が同じなのもうれしい限りです。
他にも個性的な俳優さんが出演しており、彼らがほとんど

無名な人(わたしは誰も知りませんでした)ばかりなのも

すごいと思います。ここに有名な俳優さんが一人でも入って

いたら、すりこまれたイメージでその人を見てしまうだろうし、

映画のストーリーに没頭できない気がします。低予算ゆえに

逆に良い結果を生んだのかもしれません。
このような実のない感想ですが、とにかくこの映画は前情報

なしで観て、自分で確認するのが一番だと思う。そしてラスト

にジーンと感動すると、この映画の良さを実感し、そしてまた

観たくなるんじゃないかな。
わたしももう1回観たいと思っています。ツボにはまると

お腹の皮がよじれるほど笑えてくるのでご注意を。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 



カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3060 最後に更新した日:2019/10/21

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM