幸せをつかむ歌

5

JUGEMテーマ:洋画

 

幸せをつかむ歌

 

「幸せをつかむ歌」

原題:Rick and the Flash

監督:ジョナサン・デミ

2015年 アメリカ映画 101分

キャスト:メリル・ストリープ

     ケビン・クライン

     メイミー・ガマー

     オードラ・マクドナルド

 

ロック歌手を夢見て家庭を捨てたリンダのもとに、

元夫から離婚した娘ジュリーを元気づけてほしいと

連絡が入る。20年ぶりに彼女は家族のもとへ向かい、

娘のために奔走するが...。

 

<お勧め星>☆☆☆ ありきたりなストーリーをロックで

華やかにしています。

 

ゴールデングローブ賞の授賞式で、暗にトランプ批判をした

メリル・ストリープが、映画内では、共和党支持者で、

当時の民主党政権を批判するシーンは、かなり皮肉めいて

いて面白い。

 

〇見どころ

メリル・ストリープの実の娘メイミー・ガマーが映画内でも

娘ジュリー役を演じています。

 

幸せをつかむ歌

 

仲良く美容室でネイルやフットスパを受けるシーンが、あまりに

自然なのもうなづけます。でも全然似てないのね。一方、

リッキーことリンダを演じるメリル・ストリープやバンド仲間

グレッグを演じるリック・スプリングフィールドが見事なギターの

演奏や歌声を披露します。

 

幸せをつかむ歌

 

何作もヒット曲を出しているようですが、ごめんなさい。

全然知りません。

 

●惜しいところ

映画内で歌われるロックを一つも知らないので、歌声を聴いても

「いい歌ね」くらいにしか思えません。

 

幸せをつかむ歌

 

それとどんなに名演技をもってしても落ちぶれてモーテル

暮らしをしながら、レジ係をし、ロックの夢を追い続ける

女性には見えないメリル・ストリープの貫禄。そこは残念です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


ディーン、君がいた瞬間(とき)

5

JUGEMテーマ:洋画

 

ディーン、

 

「ディーン、君がいた瞬間(とき)」

原題:Life

監督:アントン・コービン

2015年 カナダ=ドイツ=オーストラリア映画 

112分 PG12

キャスト:デイン・デハーン

     ロバート・パディントン

     ジョエル・エドガートン

     ベン・キングズレー

     アレッサンドラ・マスロナルディ

 

写真家デニスは新人俳優ジェームズ・ディーンの

フォト・エッセイを作成し、雑誌社に売り込もうと

考えるが、ディーンは気まぐれで、撮影は一向に

はかどらない。

 

<お勧め星>☆☆☆ かなり淡々としたストーリーですが、

映像を十分堪能できます。

 

監督自身「この映画はメッセージが込められたというもの

ではなく、ニュアンスを楽しむ作品」と語っており、大スター

になる前のジェームズ・ディーンと写真家として認められる

前のデニス・ストックとの私生活を通しての交流が、単調に

描かれています。

 

ディーン、

 

〇見どころ

ジェームズ・ディーンを演じるために、デイン・デハーンが

耳たぶをつけ、11キロの増量の役作りや、数か月前からライカ

での撮影に取り組んでいたロバート・パディントンの努力の成果を

さらりと感じさせるだけなのがいいです。ライカを持つデニスの

姿は、もう自分の持ち物そのものとして扱っている感じ。

また1955年のLAやNY、さらにインディアナ州の風景が当時を

そのまま再現しているのも素晴らしいです。

 

ディーン、

 

映画製作会社ワーナー社の社長役はベン・キングズレーでさすがの貫禄。

 

ディーン、

 

彼の命令通りに仕事をこなせば有名な俳優になれる、と直々に

言われてもそれに反逆するディーンが、当時としては稀有な存在に

見えてしまう。半世紀以上たつと全然変わってしまうのね。

 

ディーン、

 

この反逆のヒーローの姿こそ、時代を先取りする姿だったのでしょう。

 

●惜しいところ

とにかく眠いんです。それとデイン・デハーンは「クロニクル」

(2012)の時からすごく好きな俳優なんだけど、ディーンに

似させようとしたものの、あまり似ていないことが残念です。

 

ディーン

 

だいぶ雰囲気が違うんだよな。壊れそうな繊細さを持って

いるのは同じだと思うけれど、どうしても比べてしまう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


神のゆらぎ

5

JUGEMテーマ:洋画

 

神のゆらぎ

 

「神のゆらぎ」

原題:Miraculum

監督:ダニエル・グルー

2013年 カナダ映画 109分

キャスト:グザビエ・ドラン

     マリリン・キャストンゲ

     ガブリエル・サブーラン

     ジャン=ニコラ・ベロー

     アンヌ・ドルパル

 

看護師のジュリーは恋人エティエンヌが白血病で

苦しむもののエホバの証人の信者であるがゆえ、

治療ができないでいる。一方カジノで大負けの

マーティンは妻とのキューバ旅行を控え、その話を

聞いたバーテンダーは、クロークの女性とキューバへの

不倫旅行を思い立つのだった。

 

<お勧め星>☆☆☆ 珍しく邦題がストーリーにマッチ

したもので、見終わるといろいろなことを考えます。

 

グザビエ・ドラン主演となっていますが、様々な人々の話が

絡み合い、唯一彼らと接点がないのがドラン演じるエティエンヌ

です。

話はエティエンヌが「新世界訳聖書」を話すところから始まり

ます。どう見ても具合が悪そうなエティエンヌは、「エホバの

証人」の信者であり、母や恋人ジュリーなどと共同生活を送って

いるのです。映画を見た後調べて知ったのですが、この宗教は

行動様式が厳しく決められており、それを破ると「排斥」されて、

彼らのコミュニティーから追放されてしまうとのこと。なので

婚約しているエティエンヌとジュリーも結婚するまでは別々に眠り

深い関係にはなりません。最も重要なのは白血病を患っている

エティエンヌが、輸血を拒否し続けることで、病状がどんどん悪化

していることです。日本でも1985年に、両親の輸血拒否の主張を

受け入れた病院が交通事故の少年に輸血をせず、その子供が亡く

なっています。この映画では信仰について、是非を問うものではなく、

宗教と生と死が巧みに組み合わさって、ストーリーを進めていきます。

つまり信仰を否定するのではなく、見る側が自由に受け止めればいい

のです。

 

神のゆらぎ

 

ジュリーは飛行機事故で唯一生存した身元不明の乗客に強い関心を

寄せます。それとは時間軸をずらして3つのストーリーが進むのです。

 

神のゆらぎ

 

ベネズエラから運び屋としてカナダに入国したシモンは、過去に

姪と何か問題を越したらしいが、なにより、お腹の中の麻薬が

排出できません。

 

神のゆらぎ

 

ギャンブル狂のマーティンはアル中の妻と不仲でありつつ、

キューバ旅行を控えている。

 

神のゆらぎ

 

その話を聞いたバーテンダーのレイモンは、クロークのルイーズと

不倫真っ最中で、キューバへ2人で行こうと思いつく。どちらにも

配偶者がいるのに、すっかり冷めきっていて、この2人の恋の炎は

燃え盛っているんです。彼らがどうつながるかというと、それは

1機の航空機であり、それが墜落したということがわかるのは終盤。

たった一人の生存者は名簿に載っていない...。果たしてそれは誰か。

映画の中でジュリーと同僚が、エブリンの夫のもとへ布教に行くと

「飛行機が落ちるのは全能の神がいないからだ」と言われます。

飛行機が落ちるのを神の思し召しと思うか否か、信仰を貫き、死後の

世界を信じるもののいれば、ひたすら貪欲に生きる人もいる。人は

それぞれ異なる考えを持っているけれど、生きるために苦しんでいる。

その救いを何に求めるか、それも人それぞれなのでしょう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


キャロル

5

JUGEMテーマ:洋画

 

キャロル

 

「キャロル」

原題:Carol

監督:トッド・ヘインズ

2015年 アメリカ=フランス=イギリス映画 

118分 PG12

キャスト:ケイト・ブランシェット

     ルーニー・マーラ

     サラ・ポールソン

     ジェイク・レイシー

     カイル・チャンドラー

 

1952年ニューヨーク。デパートのおもちゃ売り場の

売り子テレーズは、娘のクリスマスプレゼントを求めに

来たキャロルという女性に心を惹かれてしまう。

 

<お勧め星>☆☆☆ 素晴らしいという感想が沸くことは

なかったです。「リリーのすべて」(2015)の方が好き。

 

Rotten Tomatoesでは94%、さらにカンヌ映画祭では、

ルーニー・マーラが助演女優賞を獲得しており、世間では概ね

高評価なのに、なぜか私の心には響きませんでした。立春を

過ぎたのに再び真冬に逆戻りした気候のせいか、直前に

ホームセンターの店員の態度にイラついたせいか、いやそんな

ことでは「感動」という感情は消えないと思う。要するに見た人

全てが感動できる映画ではないということでしょう。

 

〇見どころ

ケイト・ブランシェットが妖艶で気高く、その口から発せられる

声は低く、とても謎めいた女性、キャロルを好演。もう安定の演技

です。

 

キャロル

 

特に離婚を決めた夫ハージに対する冷淡な態度と娘リンディに

接する時の愛に満ちた表情の対比が素晴らしいです。

 

キャロル

 

キャロル

 

それはテレーズに対する時も同じなのです。

またテレーズ・ベリベットを演じるルーニー・マーラの少年の

ような可愛いらしさは、中性的であり、キャロルに心を惹かれる

のも当然のように感じられます。

 

キャロル

 

シーンごとの音楽も静かで美しく、衣装や車、小道具も年代を

丁寧に表現しています。

 

●惜しいところ

キャロルは裕福な暮らしをし、夫も娘もいる。そしてテレーズは

恋人がいてヨーロッパ行きの計画も立てている。大きな不幸が

あったわけでもなく、たまたま(キャロルの場合は前もあったらしい)

自分の求める相手が女性だと気づいたという話で、感情移入

しづらかったのです。2人でいる姿も女主人とメイドの雰囲気でした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

5

JUGEMテーマ:洋画

 

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

 

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」

原題:Demolition

監督:ジャン=マルク・ヴァレ

2015年 アメリカ映画 101分 PG12

キャスト:ジェイク・ギレンホール

     ナオミ・ワッツ

     クリス・クーパー

     ジューダ・ルイス

 

妻を事故で亡くしたデイビスは、自分が全く悲しんで

いないことに気づく。彼は義父の言葉を聞き、破壊から

再生していこうと考えるのだったが...。

 

<お勧め星>☆☆☆ 期待したほどではなかったけれど、

ラストには少しパワーが沸く映画です。

 

監督は「ダラス・バイヤーズ・クラブ」(2013)

「わたしに会うまでの1600キロ」(2014)の

ジャン=マルク・ヴァレ。どちらの映画の主人公もまとも

ではなかったから、今回も多分そうなんだろうと想像しつつ

試写会にて鑑賞。邦題が長いのはなぜだろう。ちなみに原題の

「Demolition」は破壊、崩壊、爆破などの意味。それは納得。

 

〇見どころ

「複製された男」(2013)「ナイトクローラー」(2014)

で怪演を見せたジェイク・ギレンホールが、主人公デイビスを演じ、

どう考えても周りに迷惑をかけている精神状態の悪い男がぴったり。

 

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

 

彼の妻ジュリアが亡くなったことで心が壊れたのか、それとも

元々妻を愛していなかったのか、妻の父で会社の共同経営者

フィルに嫌われていたことが遠因なのか、そこは見る側が考える

しかありません。

 

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

 

フィルに言われた「人の心を修理するのは、すべてを破壊し、

元の場所に戻すことが必要」を鵜呑みにして、そのまま行動に

移してしまうのです。

 

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

 

ナオミ・ワッツ演じる自販機会社のカスタマーセンターの女性、

カレンもまた変な女で、デイビスのクレームの手紙に対し、深夜に

電話をかけてくるというありさま。変な人同士の組み合わせ。

ナオミ・ワッツのアバズレ感は「ヴィンセントが教えてくれたこと」

(2014)でも十分発揮されていました。

 

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

 

さらにその子供クリスもまた学校で問題行動ばかり起こし、

f言葉ばかり話すんです。でも結構可愛い。これらの映像の中に

時折亡き妻ジュリアが張り込むのは、それがそのまま彼の頭の

中を描いているのでしょう。

 

●惜しいところ

予告編で映画のハイライトシーンを見てしまっているので、

そのシーンが現れてもほとんど驚かないんですよね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


レイルウェイ 運命の旅路

5

JUGEMテーマ:洋画

 

レイルウェイ

 

「レイルウェイ 運命の旅路」

原題:The Railway Man

監督:ジョナサン・テプリツキー

2013年 オーストラリア=イギリス映画 116分

キャスト:コリン・ファース

     ニコール・キッドマン

     真田広之

     ステラン・スカルスガルド

 

元イギリス軍人のエリックは、鉄道好きで、たまたま

列車内で出会ったパティと恋に落ち、結婚する。しかし

結婚生活開始早々、エリックは戦争中の捕虜生活の後遺症で

悪夢に悩まされ、パティにも辛く当たるのだった。

 

<お勧め星>☆☆☆半 メッセージを発するための映画。

そのものずばりの秀作です。

 

1942年ミッドウェイ海戦に負けた日本軍が、インド洋の

海上ルートを絶たれたため、ビルマ戦線への物資輸送のため、

中国とインドをつなぐ鉄道建設を決定します。これが泰緬鉄道

計画と言われ、特にタイとビルマをつなぐ415キロ区間は、

連合国捕虜、タイ人、ミャンマー人、マレーシア人、

インドネシア人と日本軍が加わって建設を進めたのですが、

そこでは捕虜の虐待が行われており、また過酷な労働環境も

重なり、数多くの犠牲者を出しているのです。しかしそれを

戦後口にする人はほとんどおらず(実際わたしも映画で初めて

知りました)どちらにも肩入れしない内容の映画で、世界に

この事件を知らせてくれます。

 

レイルウェイ

 

〇見どころ

退役軍人エリックと美女パティの出会いのシーンが美しいです。

 

レイルウェイ

 

偶然を装い、エディンバラ駅で待ち伏せし、それを見破られつつも

結婚。しかし過去の幻影に怒り、苦しむエリックは、戦争中どんな

体験をしたのか、決して口にしなかった状況を少しずつ映像で

見せていきます。

 

レイルウェイ

 

たまたま日本軍の通訳だったナガセが、エリックの憎しみの対象と

なっており、彼が生存していると知り、現地に向かうとそこに

いたのは真田広之演じるナガセです。

 

レイルウェイ

 

実際の人物よりもかなり若く見えますが、堪能な英語と哀愁に

満ちた演技で、彼も苦しんできたことが伝わります。

 

●惜しいところ

終盤の展開が駆け足過ぎた気がします。それと日本軍が負けた時、

連合国軍の捕虜になるわけですが、

「我々は捕虜を虐待しない」と連合国軍兵士が言います。本当に

そうだっただろうか、と疑問を持つ一言でした。

 

憎しみはいつか終わらせなければならない。しかしそれには

大きな勇気が必要なのです。戦争においてdieとmurderは同時に

存在し、立場が異なると表現が変わる。それは人間の心を持って

いれば誰でもわかる簡単なことだと思うのです。そして一旦作った

憎しみの連鎖は、力では決して断ち切れないと知らなければいけ

ません。愚かで品格のない人物の発言に右往左往する世界は悲しい

の極みです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


ブラック・スネーク・モーン

2

JUGEMテーマ:洋画

 

ブラック・スネーク・モーン

 

「ブラック・スネーク・モーン」

原題:Black Snake Moan

監督:クレイグ・ブリュワー

2006年 アメリカ映画 115分

キャスト:サミュエル・L・ジャクソン

     クリスティーナ・リッチ

     ジャスティン・ティンバーレイク

     S・エパサ・マーカーソンアメリカ

 

南部に住む初老の農夫ラザラスは、実弟に妻を奪われ、

孤独な日々を送っていた。ある日彼は、家の前の道に

倒れているレイという女性を発見するが、彼女はセックス

依存症であり、彼はそれを知って鎖でつないで家に監禁

するが...。

 

ブラック・スネーク・モーン

 

<お勧め星>☆☆☆ ジャケットのようなシーンが出て

きますが、結構まじめな映画です。

 

登場人物はジャスティン・ティンバーレイク演じるロニーと

クリスティーナ・リッチ演じる1組のカップル。そして妻が

実弟の元に去り、自暴自棄になっている

サミュエル・L・ジャクソン演じるラザラス、彼の友人で

神父のRLなどです。

ロニーは入隊を控えているものの心の病があるらしいし、

レイは実母の再婚相手から性的虐待を受けたことで、セックス

依存症でありつつ、互いにそれを理解して、新生活に向かおう

としているのが分かるのは終盤です。

 

ブラック・スネーク・モーン

 

〇見どころ

町中の男と関係があるといわれ、実際下着姿に近い扮装で、

酒やドラッグをあおるレイ役をクリスティーナ・リッチが熱演

しています。レイを救うために鎖につなぐことを選択し、

それに抵抗する彼女との攻防もなかなかのもの。

 

ブラック・スネーク・モーン

 

ブラック・スネーク・モーン

 

またラザラスが歌うブルースは心に深く染み入ります。信仰心

の厚いラザラスは、レイを救うことが、自らの救済になると

考えたのでしょうか。まるで実の娘を慈しむように扱うのです。

 

●惜しいところ

ロニーの友人で、レイをボコって捨てたジェスやレイを遊ぶ

道具と考えているチンピラ、テロンの存在など描かれるのに、

それついては後日談はなし。ジェスはいいとしてもテロンは

かなり危ない相手だと思うんだけど。

 

ラスト付近はとんとん拍子に話が進み、希望のあるものになって

いますが、深く考えると「?」という点が残りました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


5時から7時の恋人カンケイ

3

JUGEMテーマ:洋画

 

5時から7時の恋人カンケイ

 

「5時から7時の恋人カンケイ」

原題:5 to 7

監督:ビクター・レビン

2014年 アメリカ映画97分

キャスト:アントン・イェルチン

     ベレニス・マーロウ

     オリビア・サールビー

     ランベール・ウィルソン

 

小説家志望のブライアンはニューヨーク市内の

喫煙所でアリエルという美しい女性と知り合う。

彼女は既婚者で子供もいるが、5時から7時の

空いた時間だけの割り切った関係を持つことを

提案するのだった。

 

<お勧め星>☆☆☆ なんとなくフランス映画っぽい

おしゃれな世界観を感じました。

 

5時から7時の関係ってフランスでは「不倫の関係」を

表すというのですが、にわかに信じがたいです。でも

結婚という形にこだわらないカップルがたくさん存在する、

かなり進んだ考えの国だから、ありそうな気もするけれど。

 

〇見どころ

亡きアントン・イェルチン演じるブライアンと

「007スカイフォール」(2012)でボンドガールを

演じたベレニス・マーロウ演じるアリエルとの不思議な

関係が不快感を一切感じることなく、テンポよく描かれます。

 

5時から7時の恋人カンケイ

 

映画鑑賞にはポップコーン!

 

5時から7時の恋人カンケイ

 

ワインのテイスティングではフランス人であるアリエルは、

お手の物。逆にビールはブライアンの圧勝!

 

5時から7時の恋人カンケイ

 

アメリカ人とフランス人の違いを文化の面から切り込んで

いくのも面白いです。

またブライアンの両親役でフランク・ランジェラと

グレン・クローズ登場。2人の会話のキャッチボールは

さすがの一言に尽きます。

 

●惜しいところ

妻の不倫を公認するアリエルの夫が、妻の本気さに感情を

爆発させるのはちょっと納得できません。

 

5時から7時の恋人カンケイ

 

日本では昨年「ゲス不倫」に始まり、次々と有名人の不倫が

報道されましたが、この映画のラストのまとめ方が、あまりに

つまらない。ジェットコースターを途中で止めた感じです。

あそこは冒険があっても良かったんじゃないかな。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


運命の門

3

JUGEMテーマ:洋画

 

運命の門

 

「運命の門」

原題:Le tenps des aveux

監督:レジス・バルニエ

2014年 フランス=ベルギー=カンボジア映画 

95分

キャスト:ラファエル・ペルソナ

     プオン・コンフィーク

     サネット・ソーン

     オリヴィエ・グレメ

 

1970年代のカンボジア。アンコールワットの修復に

携わっていたフランス人ビゾは、台頭してきた革命勢力

クメール・ルージュに拘束される。彼はCIAのスパイと

され、自白を強要されるが...。

 

<お勧め星>☆☆☆半 残酷なシーンはなくとも、大虐殺

が行われていたカンボジアの当時の姿を垣間見ることが

できます。

 

〇見どころ

実在のフランス人遺跡学者ビゾ役は「黒いスーツを着た男」

(2012)「彼は秘密の女友だち」(2014)

などでイケメンぶりを発揮しているラファエル・ペルソナ。

 

運命の門

 

彼がクメール・ルージュに拘束され、悲惨な状況で監禁、

自白の強要を受けるうちに、風貌が変わっていくのをとても

上手く演じています。

 

運命の門

 

また終盤、フランスに向けて陸路で出国する際のスリリングな

シーンの連続は、サスペンス映画のようでした。

 

運命の門

 

「自国の戦争」だから「革命」だから「服従」が必要といった

張本人ドッチは、革命政権崩壊後、タイへ逃亡し、キリスト教に

改宗して人々に奉仕を行っていたと聞くと、どんな人間も

「虐殺者」なり得るという恐怖を感じます。

 

●惜しいところ

原作本を読めばわかるのでしょうか。処刑人と呼ばれたドッチが

なぜビゾを即処刑せず、さらに逃亡を図っても命を奪わなかった

理由がわかりませんでした。事実に基づいているからこそ、白黒

はっきりしないこともあるのかもしれません。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所

4

JUGEMテーマ:洋画

 

イフ・アイ・ステイ

 

「イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所」

原題:If I Stay

監督:R・J・カトラー

2014年 アメリカ映画 107分 PG12

キャスト:クロエ・グレース・モレッツ

     ミレイユ・イーノス

     ジョシュア・レナード

     ステイシー・キーチ

 

チェロ奏者を目指じ、ジュリアード音楽院の

選考結果を待っているミアは、一家の乗った車が

事故に遭ってしまう。意識不明に陥った彼女は、

これまでのことが脳裏に次々と蘇るのだった。

 

<お勧め星>☆☆☆ クロエちゃん好きなら、

彼女の成長ぶりに必ずや驚きます。

 

ミアは、元パンクロッカーの父デニーとそのファン

だったキャサリンの娘なのですが、キャサリン役は、

ドラマ「キリング」の女刑事リンデンこと

ミレイユ・イーノスじゃあありませんか!もうここで

心をわしづかみにされます。

 

イフ・アイ・ステイ

 

〇見どころ

めっきり大人っぽくなったクロエちゃんが、チェロを弾く

シーンは、もちろん吹き替えだけれど、とても素敵な

映像になっています。たった3か月練習しただけとは思え

ません。

 

イフ・アイ・ステイ

 

事故で意識不明になり、幽体離脱のような状態で、自分を

見るミアは、周りで起きることが全てわかるわけで、ただ

一人生き残ったことへの絶望感が強く伝わります。さらに

周りが自分をどう思っていたかも客観的に見られます。

 

● 惜しいところ 

ミアとアダムの恋愛がメインの回想シーンは、くすぐったい

ような甘ったるい内容です。

 

イフ・アイ・ステイ

 

ロックバンドのボーカルをしているアダムが全然かっこ

よくないのも難点。これならミアの父デニーの方がずっと

イケてると思うわ。

 

原作は事故シーンがかなりリアルであり、ミアが受験する

ジュリアード音楽院の件は、さっりと描かれていて、恋愛

がメインだとのこと。じゃあ別に読まなくてもいいな。

ミアの祖父役のステイシー・キーチのセリフや演技には

涙腺崩壊すること間違いなしです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 



カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

ブログ村

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

Amazon

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

お天気

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:2587 最後に更新した日:2017/04/26

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM