マリッジ・ストーリー

3

JUGEMテーマ:洋画

 

マリッジ・ストーリー

出典:IMDb

 

「マリッジ・ストーリー」

原題:Marriage Story

監督:ノア・バームバック

2019年 アメリカ映画 136分

キャスト:スカーレット・ヨハンソン

     アダム・ドライバー

     ローラ・ダーン

     アラン・アルダ

     レイ・リオッタ

 

ニューヨークに住む舞台監督のチャーリーとその

看板女優で妻のニコールは離婚調停中である。

しかし話し合いは一向に進んまず、息子ヘンリーと

ロスアンゼルスの実家に戻ったニコールそこで
敏腕弁護士を雇い調停を有利に進めようとするの

だった。


<お勧め星>☆☆☆☆ 主役2人の演技、特に終盤の

口論のシーンは鳥肌が立つほどの凄まじさがあります。


幸せなのに、なぜ離婚したいんだ?

 

 

<ネタばれしているかも>


映画の始まりはお互いの長所を言うシーンです。

夫チャーリーは妻ニコールの数々の長所を言い、

ニコールもチャーリーの長所をつらつらと言います。

しかしこれは当人が口で言っているのではなく、
その当時の映像が流れるものの、文字として書き起こした

ものなのです。そして調停員の勧めでお互いにそれを口に

出して言うとなると、チャーリーは「できる」、しかし

ニコールは「できない」と席を立ってしまいます。この

シーンだけで、この離婚がニコールの希望であることが

分かってくるのです。
調停員は夫妻の離婚を最も良い地点に着地させることを

目指しているかのように思えますが、実際はいかにして

結婚生活を復活させるかが目的のようで、それが念頭に

ある調停では両人ともが納得する結果が出るとはとても

思えません。

 

マリッジ・ストーリー
出典:IMDb

 

ニコールは女優として売り出し中の時に夫チャーリーと出会い、

結婚し、彼を仕事面でも家庭面でも支えるため、夫の監督する

舞台の看板女優へと転身しました。当初はニコールの名前で

人気があった舞台が、次第に夫の才能が認められていくと、

ニコールは自分が夫の「添え物」ではないかと思い始めたの

です。自分の夢を捨てて入った道で自分の居場所がない。

さらに仕事だけでなく家庭でも夫が自分を操っていると考える

わけです。

 

マリッジ・ストーリー
出典:IMDb

 

そして息子ヘンリーを連れ、ニコールは実家のある

ロスアンゼルスに戻ります。このポスターが二人の

頭の中の違いを克明に描いているのです。

ニューヨーク頭のチャーリーとロサンゼルス頭の
ニコール。そしてヘンリーは母親と同じでロスアンゼルスが

とても気に入っている。確かに西海岸の温暖な気候に

暮らす人々は、だいたいTシャツに短パンやGパン姿で、

L.L.Beanのサンダルを履いて能天気に暮らし、少し

肌寒いとダウンを羽織るという感じだし、東海岸、

ニューヨークに暮らす人々は、あふれるほど多くの人の

中で、常に緊張し、そしてこぎれいな身なりで過ごして

いるイメージがあります。(あくまでもイメージです)
チャーリーはブロードウェイの舞台上映も決まり、

ニューヨークでの仕事は極めて順調なのです。したがって

もしも離婚話が起きなければ、さらに家庭を顧みないし

(彼なりに努力はしている)、ヘンリーの世話もニコール

主体になっていたでしょう。

しかし2人は憎みあっていたわけではなく、チャーリーの

1度の不倫があったとしても、それで二度と会いたくない、

顔も見たくない、目の前から消えてほしい、同じ空気を

吸いたくないとは絶対に思っていなかったはず。

 

マリッジ・ストーリー

出典:IMDb

 

マリッジ・ストーリー

出典:IMDb

 

しかしここに離婚専門弁護士や調査員が入り込むと、夫妻の

思い描いていた離婚の姿とはどんどんかけ離れていくのです。

芸能人の離婚裁判で、互いの欠点が事細かに報道されることが

ありますが、それは1つのことを有利に進めるために、

いくつかの事象を利用しているに過ぎないと気づきます。

「酒をたくさん飲んでふらつくことがあった」

「酒をたくさん飲むのは時々だ」

という風に1つ1つを反訴していく手法で互いの利益になる

ような結果を生み出そうとするのが離婚弁護士の手法です。
ここで二人は「話し合い」で決めようと考えるんですね。元々は

そのはずだったんです。けれどここに来るまでの精神的な苦痛や

疲労がすべて爆発したとき、あのほとんど物がないチャーリーの

ロサンゼルスの仮住まいで、燃え盛るような言い合いが始まるの

です。静から次第に動に変わり、そして煌々と燃え始めると

それは燃え尽きるまで続きます。

ここの2人の素晴らしい演技を見てほしいです。
恋は人を盲目にするが、結婚は視力を戻してくれるーリヒテンベルグ
かつて愛したことを思い出すことができたとしても引き返すことは

ないのですね。当たり前だ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


2人のローマ教皇

4

JUGEMテーマ:洋画

 

2人のローマ教皇

出典:IMDb

 

「2人のローマ教皇」

原題:The Two Popes

監督:フェルナンド・メイレイス

2019年 イギリス=イタリア=アメリカ

=アルゼンチン映画 125分

キャスト:ジョナサン・プライス

     アンソニー・ホプキンス

     フアン・ミヌヒン

 

アルゼンチンのベルゴリオ枢機卿は

教皇ベネディクト16世に辞職願を送りつつ、

そのままバチカンに向かう。しかし辞職願は受け

入れられず、さらに教皇からある決断を告げられる

のだった。


<お勧め星>☆☆☆☆ 荘厳さと軽やかなユーモアと

重苦しい過去がうまく組み合わさった映画で、まさに

一気見できます。


誰も責任を負わないなら皆の責任


監督は「シティー・オブ・ゴッド」(2002)

「ナイロビの蜂」(2005)

「ブラインドネス」(2008)

「360」(2011)のフェルナンド・メイレレスです。

「360」ではこの映画同様にアンソニー・ホプキンスが

出演していました。リオ五輪開会式の総監督をしたことでも

有名ですが、どんな演出だったか全然覚えていません。
そしてローマ教皇は、2019年11月、38年ぶりに

日本を訪問し、被爆地でのスピーチや天皇陛下との面会など

ニュースで大きく取り上げられました。さらにその教皇が

12月31日、信者と交流した際に、自分の手を強く

引っ張った女性の手をたたいたことで、年始早々に謝罪を

しています。その動画はあっという間に拡散し、信仰心の

ない私の目にも入ったわけですが、あれはどちらが
悪いかは一目瞭然ですね。
さてそんな状況(?)の中「2人のローマ教皇」を鑑賞

しました。
2005年、ヨハネ・パウロ二世が亡くなり、世界中の

枢機卿が集結し、コンクラーベ(教皇選挙)がバチカンで

行われます。このコンクラーベは、すべて密室で行われ、

その手法は超極秘事項だと思っていたら、今回リアルに再現

されていて驚いてしまいました。実はシスティーナ礼拝堂に

枢機卿が閉じ込められ、新教皇が決定するまで、そこから

出ることを禁じれらていたシステムは2005年から廃止され、

宿舎から投票に赴くようになったのです。ですから選出の

過程を匿名で暴露する枢機卿もいるらしい。

 

2人のローマ教皇
出典:IMDb

 

教皇が選挙によって決定すると、煙突から白い煙があがり、

未決定だと黒い煙があがるという映像を見たことがあります。

この手法に関しては、まだまだ推測の域を出ていないようで、

やはり謎は存在するのです。
そして2005年のコンクラーベでは、保守派、教会の番犬と

呼ばれるラッツィンガーが新教皇ベネディクト16世となります。

アンソニー・ホプキンスがいかにも「保守」という考えの持ち主
である雰囲気を漂わせる一方で、改革派であるアルゼンチンの

ベルゴリオ枢機卿の気さくな姿が映ります。

そして彼は7年後、辞職願をバチカンに送るのです。この理由は

1つだけではないのですが、まず教皇庁の内部告発文書による

資金洗浄や児童虐待への教皇の対応への不満も大きかったと

いえます。「改革」は「教会への批判」ではなく「前進」である

のにそれを怠った教皇庁は「後退を望んだと同じ」ということです。
聖職者による児童虐待については

「スポットライト 世紀のスクープ」(2015)

でも扱われていました。また

「ダウト〜あるカトリック教会で」(2008)

は教会内で疑惑追及するシスター視線で描かれています。
その児童虐待をした神父に対し、配置転換ではなく、教会裁判に

かけることこそ被害者救済の唯一の方法であり、それを

しなかった教皇への不満が高まっていたのです。
ここまで書くと映画がかなりシリアスのように思われますが、

冒頭のバチカン行きの航空券の手配の電話や、あくまでも

辞職願を受け取らないベネディクト16世の姿に思わず吹き

出してしまいます。

 

2人のローマ教皇
出典:IMDb

 

終盤にピザとファンタで2人が昼食をとるとき、冷めない

うちに食べたいベルゴリオと長い祈りを捧げるベネディクト16世

の姿が対照的で、これもまた笑えてしまうのです。さらに

ピアノが上手でCDまで出しているベネディクト16世が

「レコーディングはビートルズがした場所と同じだ」

と言ったとき、すかさずビートルズ情報をベルゴリオが共有

しようとするのに、教皇は1つも知らないというのもおかしい。

 

2人のローマ教皇

出典:IMDb

 

自然体でいると嫌われる人と自然体でいることで慕われる人の

違いでもあります。この超対照的な2人がいかに心を通わせて

いくか、そこにはベルゴリオが母国の暗黒の時代に体験した
出来事が大きく横たわっているのです。

 

2人のローマ教皇

出典:IMDb

 

1970年代に存在したアルゼンチンの軍事政権下では3万人

もの市民が消えたという事実に、彼がどう向きあってきたか。

当時の行為は軍への加担と思われても仕方ないものではなかったか。
しかし誰か一人の責任にすりかえるよりも、みんなの責任と

して未来を変えていくことのほうがずっと重要なのではないかと

思うのです。
「無関心のグローバル化」つまり「他人の苦しみに鈍感」なこと

こそ忌み嫌うべき行為なのだと実感します。

とこのような重い感想を残すだけではなく、2人の教皇のお茶目な

面や美しい衣装、礼拝堂の豪華さが十分楽しめる素晴らしい映画

でした。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 


象は静かに座っている

3

JUGEMテーマ:洋画

 

象は静かに座っている

出典:IMDb

 

「象は静かに座っている」

原題:An Elephant Sitting Still

監督:フー・ボー

2018年 中国映画 238分

キャスト:ボン・ユーチャン

     チャン・ユー

     ワン・ユーウェン

     リー・ツォンシー

 

中国、河北省の田舎町。ヤクザ者のチェンは、友人の

妻のベッドで朝を迎える。同じ町に住む老人ジンは、

娘夫婦から老人ホーム入所を強く勧められ、そのア

パートに住むブーは朝から父に怒鳴られている。また

ブーの同級生リンは、酔いつぶれて寝ている母親と口論

しながら家を出るのだった。


<お勧め星>☆☆☆☆ 静かな流れの中で、暗闇から脱出

しようともがく人々の姿が描かれています。


人はどこにでも行ける

 

 

<ネタバレしているかも>


この映画のクランクアップから7か月後29歳の若さで

自ら命を絶ったフー・ボー監督の最初の長編作品であり、

同時に遺作となってしまいました。
舞台は、中国北部河北省の炭鉱業が廃れた田舎町。

どんよりとした厚い雲に覆われた空は重苦しく、寒々しく、

そこに暮らす人々の胸の内を描き出すかのように思えます。

そしてそんな町に暮らす4人のある1日をそれぞれ4人の

視点で描いていくのです。ワンシーンでピントが合っている

のが一人だけ、という独特のカメラワークは、それに慣れる

まで少し時間がかかりましたが、その人物の気持ちだけを

集中して考えることができます。目の前に誰がいるのか、

何が起きているのか、それらは、音と声とその一人の表情で

うかがい知ることができるのです。

 

象は静かに座っている
出典:IMDb

 

チェン

一目でヤクザ者とわかりチェンは、女性の部屋で朝を迎えます。

白っぽい部屋の窓を開け、タバコに火をつけると冷たい空気が

サーっと中に入り込み、逆にタバコの煙が出て行くのが見える

のです。そこにはぬくもりは一切感じられません。

 

象は静かに座っている
出典:IMDb

 

ジン

孫娘の教育のため引っ越しを考えている娘夫婦から、老人ホーム

入所を強く勧められているジン。

「老人ホームでは犬と暮らせない」と愛犬と散歩に出かけます。

狭く暗いアパートに部屋で唯一温かみを感じるのは、ジンに

なついている孫娘の言葉のみです。

 

象は静かに座っている
出典:IMDb

 

ブー

父の怒鳴り声を受けながら、登校準備をするブーに、父は

とめどなく文句を言い続けます。母は

「朝から小言は言わないで」

と極めて無関心な言葉を放つのです。この間、ブーには一切

表情がなく、親子の団欒のかけらも見当たりません。


リン

トイレの水漏れに呆れるリンの頭のそばには、だらしなく

干された洗濯物が並び、散らかり放題の部屋のソファで母は

酔いつぶれて眠っています。リンが不機嫌な顔でいきなり水を

かけて起こすと
「ケーキを買ってきたじゃないか」「忙しくて掃除などできない」

母の口から出てくるのは、自分の話ばかりで、リンへの優しい

言葉は1つも出てきません。ブーの父同様に常に何かに不満を抱き、
何かに怒っているのです。


これらの重苦しい空気から始まる一日が、どこかで明るいものに

変わるのではないかと考えていても一向に変わらず、逆に自らの

立場が危うくなる出来事ばかりが続くのです。その危険な状況から
抜け出そうともがいていると、次の危険が訪れ、遂には暴力が

加わっていきます。それが偶然だったり、意図的だったりでは

あるものの、抑圧され続けた人々の思い余っての抵抗のようにも

考えられるのです。
チェンは思いを寄せている女性から「ものすごく酷いフラれ方」

をします。
ジンは愛犬が大型犬に襲われてしまいます。

(ここは映像がなくてよかった。)
ブーは友人をかばおうとして、同級生ともみあいになり、相手が

階段から落ちて大けがを負ってしまいます。この相手はチェンの弟。
リンは副主任と関係を持っていることが、ネットで拡散されて

しまいます。
これらの出来事にいくつもの出来事が重なり、逃げ出す先として

彼らが選んだのが「静かに座っている象」がいるとされる満洲里に

向かうことです。満洲里は中国の北のはずれロシアとモンゴルに

接する国境の町で、まさに大陸のど真ん中という感じ。

Google Mapで街の写真も見られ、きらびやかな宮殿が建ち

並んでいるのはまるでロシアのようです。そこで象を見てその先

どうするのか。いやそもそも象を本当に見に行きたいと思って

向かっているのか。

 

象は静かに座っている
出典:IMDb

 

ラストシーンも含めすべてがゆったりとした映像で、静かで

ありながら、力強さを感じるものでした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法

4

JUGEMテーマ:洋画

 

フロリダプロジェクト

出典:IMDb

 

「フロリダ・プロジェクト」

原題:The Florida Project

監督:ショーン・ベイカー

2017年 アメリカ映画 115分

キャスト:ウィレム・デフォー

     ブルックリン・プリンス

     ブリア・ヴィネイト

     ヴァレリア・コット

 

シングルマザーのヘイリーとムーニーが暮らす古い

モーテルには、階下に同じようなシングルマザー

アシュリーと暮らすスクーティがおり、彼らは子供

同士で悪戯をしては毎日楽しく過ごしている。しかし
無職のヘイリーが不法行為に手を染めたことで

児童家庭局に目をつけられてしまうのだった。


<お勧め星>☆☆☆☆半 子役のキラキラした表情が

いつまでも心に残る映画です。そしてヘビーな内容との

アンバランスにも驚かされます。


倒れても育っているから好き


「フロリダ・プロジェクト」というのは60年代より

始まったウォルト・ディズニーによるフロリダでの

テーマパーク開発計画ですが、今作ではその夢と魔法の国、

ディズニーワールドを囲む場所に位置する古い安モーテルに

暮らす人々の姿を描いています。
フロリダと言われると、まずディズニーワールド、リゾート地、

リタイアした人たちが優雅に暮らす場所と想像してしまいます。

しかし一方ではこの映画に登場するような社会の底辺に暮らす

人々が多く居住しているのです。
オープニングに新しくモーテルにやってきた人の車に唾を飛ばす

ムーニー、スクーティ、ディッキーの姿は、まさに悪ガキその

ものだし、言葉も汚く、

「ちょっと親の顔を見てみたい!」

と言いたくなるほどです。親の顔を見たら、まあこの親にして

この子だなと実感するんだけれど、それにはそれなりの事情が

あるのです。
彼らが暮らす古いモーテルは紫やピンクという派手で下品な

外観です。何を間違ったか新婚旅行のホテルに選んだ夫婦が

戸惑うのもよくわかります。そしてこのモーテルは一応「宿泊」

目的であるものの多くの住民が「居住」として使用していることも

わかるのです。洗濯物が干してある手すり、玄関先に置いてある

自転車、部屋の中に生活必需品が全てそろえてある。
このモーテルの家賃が結構高いのに、なぜろくに収入のない人たちが

宿泊するのかというと、そこにはアパートや家を借りる際に

必要な審査やまとまった資金が不要であるという理由があって、

とりあえず家賃さえ払えばいいので、仕事を見つけやすいこの場所に

住み着いたということになります。

これは現在も実際に存在するそうで、そこを支援する人々もおり、

映画内でも食料品を配る車も映っていました。

 

フロリダプロジェクト
出典:IMDb

 

ピンク色の「モーテル マジックキャッスル」のオーナー、ボビー役

はウィレム・デフォー。家賃を滞納しても、子供が悪態をついても

「次は許さないぞ」と言いつつ、彼らの様子を見守り、子供が
危険に遭わないようにそれなりに目を配っています。
誰でもわかることですが、ここに住んでしまった人々はおそらくは

このまま貧困から抜け出せないし、その子供ムーニーたちも多分

貧しいまま成長していくのだと思います。

 

フロリダプロジェクト

出典:IMDb

 

フロリダプロジェクト

出典:IMDb

 

しかし子供の目の高さで映し出される空の青さや、物があふれた

店の内部、小銭をせびって1つ買ったアイスクリームの大きさ、

ワニが出そうな草が高く生い茂った湿地などは、どれ1つを

とっても未来への希望を感じるものにしか見えません。

 

フロリダプロジェクト

出典:IMDb

 

いつまでも自由に伸び伸びと暮らせるかのような錯覚に陥るのです。
一方大人目線で見ると、ムーニーの母親ヘイリーは仕事がなく、

自堕落な生活を送っていて、彼女自身がそういう家庭環境で育った

ことを物語っています。ダイナーでフルタイム働くスクーティの母
アシュリーですら、昇進どころかこのモーテル暮らしから抜け出せ

ません。貧しい者はその貧しさから抜け出す術がどこにも見当たら

ないのです。
そしてヘイリーは偽ブランド香水を売り歩いて日銭を稼いでいるの

ですが、そこにムーニーも連れて行っています。それはある意味

虐待に見えます。しかしムーニーにとっては「遊び」の続きにしか

思えていないのです。
ヘイリーには悲哀を感じ、ムーニーにはその逆の思いを抱くのは

彼女がまだ6歳という幼い年齢だからでしょう。
ムーニー、スクーティ、ジャンシーでやらかした悪戯をきっかけに、

スクーティはアシュリー共々ヘイリーたちとの接触を断ちます。

誰もが貧しいけれど、自分たちの今の暮らしを邪魔させたくない

気持ちの方が優先されるわけです。第三者から見ると、ここにいる

ことは決して子供たちにとって良い事ではないのですが、それを

生み出した原因を深く考えてほしい。またこのような社会的弱者を

見捨てるような社会にしてしまった責任も考えてほしい。
ムーニーがラスト付近で始めて大泣きするんです。そしてジャンシーに

連れられて向かった先にあるのが「シンデレラ城」。あそこまで

手を握り合って走って行った時間こそが夢に向かって行った時間であり、
その先に見える「シンデレラ城」は夢と魔法がたくさん詰まった場所で

あるというのはある意味皮肉でした。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 


ガンジスに還る

3

JUGEMテーマ:洋画

 

ガンジスに還る

出典:IMDb

 

「ガンジスに還る」

原題:Multi Bhawan/Hotel Salvation

監督:シュバシシュ・プティヤニ

2016年 インド映画 99分

キャスト:アデイル・フセイン

     ギータンジャリ・クルカルニー

     パロミ・ゴーシュ

 

高齢のダヤは自らの死期を夢で悟り、息子ラジーヴを

伴い、バラナシへ向かう。「解脱の家」に滞在することに

した二人のうち、ダヤは他の仲間とゆったりと過ごすが、

仕事に追われるラジーヴは焦りが募るばかりで...。


<お勧め星>☆☆☆☆ 題名通りゆったりとした気分で

見られる映画です。


いつでも心に従え


主役のダヤの息子ラジーヴ役は

「マダム・イン・ニューヨーク」(2012)でヒロインの

夫役を演じたアデル・フセイン。

「汚れたミルク/あるセールスマンの告発」(2014)では

主役の上司役、
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」(2012)

ではパイの父親役を演じていました。といってもほとんど

覚えておらず、この映画を見て「どこかで見たインド人俳優だな」

程度の印象です。
今は亡き母親が名前を呼ぶ幼い頃の自分の姿の夢を見て、死期を

悟ったダヤは、周囲の制止も聞かずバラナシを目指します。

 

ガンジスに還る

出典:IMDb

 

バラナシはヒンドゥー教及び仏教の聖地で、ヒンドゥー教に

おいては、輪廻転生のたびに受ける苦しみを解き放つ場所、つまり

「解脱の地」と呼ばれています。

 

ガンジスに還る

出典:IMDb


色鮮やかなボートや建物が並ぶ川岸はあふれるばかりの人々で

ごった返し、そこで沐浴する者、瞑想する者、祈りを

ささげる祭りを楽しむ者、といった生を感じさせる姿の中で、

火葬場で焼かれる解脱を遂げた人の煙が立ち込めているのです。

まさに生と死の境界点であるかのようです。

 

ガンジスに還る
出典:IMDb

 

最大15日しか滞在できない「解脱の家」でなんと18年滞在

する女性と出会ったり、そこでも仕事の電話に追われるラジーヴ

の姿や、夜になると「お化け」を恐れる彼の姿がてても滑稽に

描かれています。
そしてある晩発熱し、「いよいよか」とダヤとラジーヴは考えると、

今まで互いに話せなかったことがスルスル話せるんですね。

教師だったダヤのせいで自分の子供時代は不遇だった、また

ダヤはダヤでラジーヴの好きだった作文(詩)を自由に書かせて

あげられなかった...。お迎えが近いと心を解き放って素直に

なれるのでしょうね。
しかし翌朝ダヤはちゃんと息をしているし、「空飛ぶ円盤」と

いうテレビ映画を見て笑っています。この時のラジーヴの気持ちは

「覚悟」が木っ端みじんになった反動とついでに18年滞在の

ヴィムラと仲良くしている父親に嫉妬してイライラMaxだったと

思います。いつかは起こる「死」というものを実感したものの、

それが「いつ来るか」を待つ時間が長ければ長いほど、寄り添う

気持ちが希釈されていくかもしれませんね。
かつて勤務していた老人施設では、入所者はそこか提携した病院で

最期を迎えるのが常でしたが、施設で最期を迎えようとしている時、

連絡した家族が誰も来ないことがあって、その理由を尋ねたら
「ああ、あの人何回も家族を呼ばれてるからねえ」と先輩に

言われたことがありました。結局そのまま亡くなったので看取った

のは看護師と介護士のみという状況。最期は家で過ごしたいと

思っていたのではないかと今でも思い出すことがあります。重い

認知症で家で過ごすことは難しかったし、もしも家族であった

ならば、やはり同じような行動を取ったかもしれないとも考えて

しまいます。

 

ガンジスに還る
出典:IMDb

 

ただこの映画内ではダヤにとって「死」というものが少しずつ

身近に感じられるようになり、「死」を迎えることが少しも

怖くないし、かえって穏やかな気持ちになっていくのがわかる

のです。

さらにラジーヴの娘スニタをダヤはとても可愛がっており、

スクーターに乗ることを教えたり、実は決まっている結婚に乗り気

でないことも知っています。その事実をダヤの口からラジーヴに

伝えるのですよ。

結婚の中止など「恥」だと怒るラジーヴとテレビ電話で話す妻ラタと

スニタの電波の状況が悪くて、うまく伝わらないところもまたおかしい。
「そろそろ死にたくなった」

という父に

「生まれ変わったら何になりたい?」

と息子が尋ねると父は人間ではなく「ライオン」「カンガルー」と

ふざけながら答えます。しかし最後の最後に

「象のように逝きたい」

とラジーヴを家に帰して一人きりになるのです。見ている側も心の

区切りがつくあたりです。ガンジスに還るーその邦題がピッタリの

映画でした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 


オマールの壁

4

JUGEMテーマ:洋画

 

オマールの壁

出典:IMDb

 

「オマールの壁」

原題:Omar

監督:ハニ・アブ・アサド

2013年 パレスチナ映画 98分

キャスト:アダム・バクリ

     ワリード・ズエイター

     リーム・リューバニ

 

パン職人のオマールは分離壁をよじ登り、幼なじみの

タレク、アムシャドに会いに行く。彼はタレクの

妹ナディアと恋仲で手紙の交換をするのが楽しみである。

しかし3人でイスラエル検問所を狙撃したことで、

オマール一人が秘密警察に捕まってしまうのだった。


<お勧め星>☆☆☆☆ ずっと見たい映画だったんですが、

見終わると心が暗くなるばかりでした。


猿の捕まえ方


オープニングは、壁をよじ上る一人の男性オマールの姿です。

若くて力がある彼は、スルスルとロープを上り反対側に

下り立とうとした瞬間、イスラエル警察の銃撃を受けます。

 

オマールの壁

出典:IMDb

 

しかし、彼も慣れたもので抜け道を通り抜け目的の家にたどり

着きます。終盤に彼がこの壁を一人でなかなか上れない姿が

映るんですよね。その理由を考えると本当に辛い。

そもそもこの壁は何だ。
この壁は、イスラエルがヨルダン川西岸地区との境界線付近に

建てた分離壁であり、これによって自爆テロが大幅に減ったと

いいます。イスラエルの目的は「自国民の命」であり、パレスチナ人

の人権、自由は考慮されていないのです。したがって同じ

パレスチナ人で幼なじみでありながら、オマールはこの壁を危険を

冒してよじ登らなければタレクやアムシャドに会うことができません。

オマールが壁を上るのにはもっと大きな理由があって、それは

タレクの妹ナディアに会うためなのです。コーヒーカップの下に

こっそり忍ばせた手紙を交換するシーンは、まるで中学生の恋の

ようです。

 

オマールの壁
出典:IMDb

 

しかし彼らが何かを準備し、そしてある晩突然、イスラエルの

検問所員を狙撃した理由は何だったのでしょうか。そこには宗教的な

意図が一切感じられないのです。ただ、イスラエルの秘密警察の
監視下で、不自由な暮らしを強いられ、暴力を振るわれる不条理への

怒りしか伝わってきません。

 

オマールの壁
出典:IMDb

 

ただその銃撃が原因で、オマールは秘密警察に拘束され、拷問

された上、収監されてしまいます。
「誰が撃ったのか」
自白=有罪の証拠、と考えるオマールは黙秘を続けますが、

捜査官ラミの狡猾な手法で、協力者になることで解放されるのです。

協力者にならなければ裁判となり、懲役90年ってどういうことだよ。
パレスチナ地区には司法組織が存在しないのだろうか。

それよりも恐ろしいのは秘密警察の情報収集能力で、

イスラエル諜報特務庁(通称モサド)は世界最強のスパイ組織で

あることはあまりに有名です。したがってオマールの弱点を巧みに

ついてくるのです。オマールの場合はナディアとの結婚が最優先

課題で、そのためには刑務所から出ないといけません。一方一旦

逮捕されたオマールが、無事に解放されると彼は、「協力者」に

なったのではないか?と疑いの目を向けられるのです。
「抵抗と解放には犠牲が伴う」
と主張するタレクはいつのまにか過激派組織「イスラエル旅団」の

一員になっているし、アムジャドはナディアに接近しているように

思えます。オマールとナディアが相思相愛であっても家族の了解が
なければ結婚できない宗教的な戒律があるわけです。友情、恋愛、

そして秘密警察の脅迫の中で揺れ動くオマールは、序盤ののんびりと

パンを作っていた時とは人相も変わっています。精悍となり、

様々な傷が体や顔に刻まれているのです。

 

オマールの壁
出典:IMDb

 

映画の始めの方で、タレク、アムシャド、オマールが集まって

雑談していた時、アムシャドが「猿の捕まえ方」という例え話を

します。それがなんとラストに思い出すシーンがあるとは考えも

しませんでした。
みんなが嘘を信じていた。同胞どころか親友、恋人すらも信じる

ことができないパレスチナ人の苦悩が伝わります。
気づけなかった。「早産じゃなかったんですよ」

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 


ビリーブ 未来への大逆転

4

JUGEMテーマ:洋画

 

ビリーブ

出典:IMDb

 

「ビリーブ 未来への大逆転」

原題:On the Basis of Sex

監督:ミミ・レダー

2018年 アメリカ映画 120分

キャスト:フェリシティ・ジョーンズ

     アーミー・ハマー

     ジャスティン・セロー

     キャシー・ベイツ

 

1956年、ハーバード大学法科大学院に入学した

ルースは、夫マーティン、娘ジェーンと暮らし、勉学に

励む日々を送る。そして極めて優秀な成績で卒業した

ものの法律事務所での職は得られず、大学講師として

働き始めるが、マーティンが持ち帰ったある案件に目を

留めるのだった。


<お勧め星>☆☆☆☆半 自然と胸が熱くなります。

これこそ今もなお求められているものだと実感するのです。


We did it


1993年アメリカ合衆国最高裁判事となった

ルース・ベイダー・ギンズバーグの伝記映画で、ルース役は

「博士と彼女のセオリー」(2014)でホーキンズ博士の

妻役を演じたフェリシティ・ジョーンズ。
そして夫マーティン役は、

「ソーシャル・ネットワーク」(2010)で双子役を演じた

というより

「君の名前で僕を呼んで」(2017)で強烈な印象を残した

私の大好きなアーミー・ハマーです。あの映画でのオリヴァー役

はとてもいい男だったなあ。そして映画自体も胸がキュンキュン

するものだったなあ。

 

ビリーブ
出典:IMDb

 

1956年、ぞろぞろ歩くスーツ姿の男性に混じって1人の

女性が映ります。これはハーバード大学法科大学院の入学式

風景であり、女子学生を受け入れて6年目、そしてその年は

たった9人のみ入学という状況が説明されるのです。それを

説明する学部長の嫌みったらしい事。親が高名な弁護士で

その親の事務所を手伝うための入学は褒められ、看護師や

教師は自分のしたいことではないと発言した女子学生には

「ばかばかしい」と一蹴します。
500人超の入学者の中で女子学生が9人と聞くと、私の姉が

入学した高校のことを思い出します。田舎の中学から女子で

たった一人進学した地元の進学校では、入学者500人のうち、

女子学生は10人余りで、確か1クラスにまとめられていたはず。

姉の中学の同級生の女子は、ほとんど商業科や家政科のある

高校に通った時代です。そんなに昔ではないけれど、考えてみると

半世紀近く前になるか。
その後入学試験方法が変わり、男女比はほぼ半々になっていると

思うけれど、先生の頭の固さはどうだろうな。

 

ビリーブ
出典:IMDb

 

さて成績がたいへん優秀なルースには、同窓の夫マーティン、

娘ジェーンがおり、マーティンと二人三脚で生活と学業を

続けていたのです。夫が病気に倒れると、夫の代わりに

講義に出席し、二人分のタイプを打ちます。そのとき

「裁定は時代の空気に左右される」

と言ったある判事の言葉を心に留めるのです。
映像から見る限り、ルースの生育家庭や当時の家庭環境は

かなり進歩的であり、さらに勤勉さも加わって彼女が多くの

知識を入手できたと思っています。当時の女性の姿ー夫が外で

働き、生活を支え、妻は子供を産み、育て、夫のために料理や

洗濯など家事を行うーとは真反対であったとも言えます。

パーティーに出席しても議論をするのは男性のみで、女性は

ファッションやグルメや子育ての話をしている。(だと思う)

男性に対し意見を言うなんて生意気以外の何物でもないとまでは

言わないけれど、高校時代に「反論するなんて生意気だ」と

男子に言われたことを根に持つ私は、今も本当の思いを口に

するのは憚られてしまいます。

「キミの漢文は20点だったけれど、わたしは95点だったよ。

参ったか!」と心の中で今でも思っている。

(あまりに幼稚すぎるか)
ルースは性差別を是正したいと願っているけれど、ヒステリックに

その考えを押し付けて行くわけではありません。却下されると割と

簡単に引き下がります。
さらにマーティンが持ち帰ったある案件に目をつけ、他の裁判で

敗訴したケニオン弁護士のもとに向かうと「まだ時期は早いんだよ」

と言われてしまいます。このケニオン弁護士役はキャシー・ベイツ。

 

ビリーブ
出典:IMDb

 

シルエットだけでわかってしまうからすごいな。
しかし1970年だに入り、娘ジェーンが同じような道を歩もうと

し始めると、彼女に「ママは行動が伴っていない」と言われる

のです。ニューヨークで母娘2人をからかった作業員たちに

しっかり反論し、一人でタクシーを止めに行くジェーンはすごく

かっこいいですよ。ルースができなかったことが今行動できる

時代になりつつあることを体感します。
女性、母親、ユダヤ系ということで法律事務所で働けなかった

自分が、その姿にも後押しされ、米国自由人権協会の協力も得て、

ある案件を活用して、逆の方向から性差別を主張していく様は、

法廷での女性弁護士への偏見もあって、かなりもどかしいですが、

どのように反論していくか、本当に見てほしい姿です。
そして時代が逆行しているような錯覚にとらわれる今まさに

この時代にこそ見るべき映画だと思うのです。終盤のルースの弁論は

非の打ち所がないほど素晴らしく聞いていると自然と涙がこぼれて

きました。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


家へ帰ろう

3

JUGEMテーマ:洋画

 

家へ帰ろう

出典:IMDb

 

「家へ帰ろう」

原題:El ultimo traje/The Last Suit

監督:パブロ・ソラーズ

2017年 アルゼンチン=スペイン映画 93分

キャスト:ミゲル・アンヘル・ソラ

     オルガ・ポラズ

     アンヘラ・モリーナ

     ユリア・ベアホルト

 

ブエノスアイレス在住のアブラハムは老人ホーム入所前日、

娘や孫たちに囲まれ、記念撮影をする。そして家政婦が

1着のスーツを見せ「これはどうします?」と尋ねてから、

彼はそのスーツと共にある場所に向かうことを決意するの

だった。


<お勧め星>☆☆☆☆ 気難しそうな老人の胸の奥にしまって

あった思いを知った時、思わず涙がこぼれます。


封印した記憶とスーツ


学生時代のゼミの教授の専攻が「ポーランド現代史」だった

けれど、エアヘッドだったので、ポーランドという国について

ほとんど興味を持たず、また知る努力もせず、ただ見た目が

かっこいいというだけでゲバラを中心にキューバ革命について

卒論を書きました。今考えると全て参考文献から丸写しして

いたような気がします。ああ、恥ずかしい。
そのポーランドは、現在ナチス占領時代の損害賠償540億ドル

をドイツに請求することを検討し始めている

(2018 9/1付 朝日新聞より)

と知り、そしてこの映画を見て、ポーランド人に対し、先の
大戦中ドイツ軍が何を行ったのでしょうか。

それはあまりにも非情な行為の数々なのです。ユダヤ人に対する

ホロコーストは幾つもの映画で目にしますが、ポーランドに

対するドイツ軍、ソビエト連邦軍の行為は

「カティンの森」(2007)で初めて知ったくらいです。西から

ドイツ軍、東からソビエト軍が侵攻し、国を分断されたポーランド

において、ヒトラー率いるドイツ軍は、彼の著書「我が闘争」
で計画されたように大ドイツとして東ドイツが構成されるとし、

ポーランド文化そのものを破壊していきました。「カティンの森」

ではポーランド軍将校はソ連軍、兵士はドイツ軍の捕虜になったと

描かれていましたが、一般人は、ユダヤ人同様の扱いを受けていた

のです。

「家へ帰ろう」の主人公アブラハムが時折夢に見る過去の忌まわしい

記憶や彼が語る言葉から、彼がワルシャワでの生活をほとんど口に

しなかった理由がおのずとわかってきます。
序盤は老人ホームに入る前日の、そこそこ和やかそうに見える一家の

姿がややコミカルに描かれ、偏屈だけれど少しおちゃめなアブラハム

の性格が少しだけわかります。その彼が急に表情を変えたのは
1着のスーツを目にしたときです。そのときからある決意を抱き、

即行動に移すのです。

 

家へ帰ろう
出典:IMDb

 

マドリッドまで乗った飛行機の中で、話しかけ続け、相手が嫌がって

席を立つと、ゆったり3席独占して横になるアブラハム。

なかなかやるぞ。しかし入国審査で「目的」を話さないアブラハムは
管理官に別室に呼ばれるし、そこで例の相手と再会です。なんと彼は

妻子に会いに来たもののビザなし渡航かつ金がないので強制送還される

と言う。ここでケチなアブラハムは温情を示すんですよね。
足が悪く家から出ることが少なかった老人が、あかの他人と接した

ことで、気持ちが変化していくのがわかります。

ほんの少しですけどね。

 

家へ帰ろう
出典:IMDb

 

またマドリッドのホテルの女主人は、すばらしい歌声を披露し、

さらに久しぶりに男と女同士の会話をするんです。かつては

アブラハムもモテたのかもしれない。ところが留守中にホテルに

何者かが侵入し、有り金を全て盗まれてしまいます。

アブラハムがっかり。

そのときのアドバイスもこの女主人がしてくれたし、移動する際の

運転手は例の空港の青年です。

 

家へ帰ろう
出典:IMDb

 

勘当していた娘に金を借り、パリから目的地に行こうとすると、

彼が絶対に通りたくないし、名前すら口にしたくない国を通過する

ことに気づくのです。この時言葉の通じない駅で駅員に必死で

訴えるのですが、その言葉を理解しているだろうし、その歴史も

少しは知っているであろうという年頃の人々がみな眉をひそめる

のです。

「ノードイツ」「ポーランド」
その場を助けてくれたのは、スペイン語も話せるパリに住む女性

ですが、なんとドイツ人です。アブラハムが最も忌み嫌うドイツ人が

手を差し出すというのは何とも皮肉なことだけれど、その巡り合わせが
彼の心中を吐露するきっかけにもなるのです。

「罪は何だったのか」
「この目で見た」
楽しそうに創作物語を披露していた可愛い彼の妹やそれを笑いながら

聞いていた彼の両親も含め多くの人々は、その後どうなったの

でしょうか。さらに切断を勧められている彼の右足を傷めた原因は
なんだったのでしょうか。あまりにむごい戦争の傷跡は、70年間

封印され、決して思い出さないようにしてきたことが強く伝わります。
マドリッド、パリ、そしてワルシャワで人と出会い、人に助けられ、

最終目的地で彼がしたかったことができたのかどうか、必ず自分の

眼で確かめてほしいです。
列車の窓から見えるのどかな景色や歴史と現代が混在する街並みにも

目を奪われてしまいました。大好きな映画です。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 

 


ビリー・リンの永遠の一日

4

JUGEMテーマ:洋画

 

ビリー・リーン

出典:IMDb

 

「ビリー・リンの永遠の一日」

原題:Bily Lynn's Long Halftime Walk

監督:アン・リー

2016年 アメリカ映画 113分

キャスト:ジョー・アルウィン

     クリステン・スチュワート

     クリス・タッカー

     ギャレット・ヘドランド

     ビン・ディーゼル

 

イラク戦争で負傷した上官を援護し、敵を倒した

リン特技兵は、一躍英雄となり、彼の部隊は全米で

熱狂的な歓迎を受ける。しかしリンは戦争で負った

心の傷が癒えず次の出征を姉に止められているのだった。


<お勧め星>☆☆☆☆ リンの頬に伝わる涙の意味は、

悲しみなのか絶望なのか恐怖なのかと深く考えてしまい

ます。


故郷ではクズ、戦地では英雄


監督は「ブロークバック・マウンテン」(2005)

「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流」(2012)の

アン・リー。
「ブロークバック・マウンテン」はアメリカ中西部を舞台に

したカウ・ボーイ同士のラブ・ストーリーで、とにかく印象

に残っているのが、季節労働者として過酷な作業にあたる

2人の男の姿でした。そこでまさかのラブストーリーが

繰り広げられるとは思わなかったのですが、切なくて、

どうすることもできない胸の内を、大自然と共に描いています。
一方の「ライ・オブ・パイ」はアカデミー賞監督賞を獲得した

大作です。でも今でもやっぱり監督賞も「アルゴ」だったよ、

とずっと心の中で思っている映画です。

題名通り、トラとずっと大海原を漂流する話が描かれ、へえ、

すごい冒険だったんだ、と思うと、ラスト2,3分で

「こんな風にも考えられるよ」

と語られる。さてどちらが真実でしょうか。いや真実なんて

最初から分かっていたのにと思ってしまいます。どこまでも

続く大海と夜に広がる満天の星の美しさ、そして嵐のシーンの

迫力、さらに86%がCGであるトラが全て本物に見えてしまう

ほどの見事な映像でした。
そしてこの映画はイラク戦争中、負傷した上官をただ一人で

助けようとした19歳のビリー・リンを描いています。

イラク戦争はそもそも存在しなかった大量破壊兵器を大義にし、

アルカイダともつながっていると判断したアメリカが始めた

戦争であり、その戦後処理から大きな混乱を招いています。

その戦争には大きな利権が渦巻いていると映画内で語るテキサス

の業者が映りました。
さらにフセインを倒し、民衆を独裁政権から救い、かつ学校を

作り道路を整備した有志連合に対し、イラク国民が感謝しているか

というと全く逆であり、平穏な生活を破壊され、家族を亡くした

憎しみが増すばかりなのです。有志連合側も、民間人の中に

かつての政府軍が隠れていることを疑い、疑惑を持つとすぐに

連行していく。連行されたら戻ってこないと泣いているイラク人母

の姿やその子供の憎しみに満ちた目も映ります。

まさに憎しみの連鎖を招いているのです。
それに気づいているのでしょうか、気づいていないふりをしている

のでしょうか。

 

ビリー・リン
出典:IMDb

 

そしてイラクでのリンの行動が、戦争への関心が薄れている国内に

向けての格好の材料として使われるのです。たった一人で銃撃

された上官を助けに向かい、そして向かってきた敵を倒したリンの

いた第2部隊は、「ブラボー隊」と呼ばれ、全米を回ることになる

のです。今回は次の出征前の日、アメフトのハーフタイムショーに

出演します。リンをはじめとして兵士はいずれも若く、生活のために
入隊した者がほとんどであり、「入隊ボーナス」「保険付き」が

いかに魅力的なのかを知ると、前日に集まった金持ちたちとの格差の

大きさに驚いてしまう。かたやへっぽこチームのスタジアムの年間

シートを買う権利を購入したり、彼らをハマーのリムジンで迎えに

来ることさえおちゃのこさいさいなのです。

そんなこと今頃知ったのかって感じか。
そしてリンにとって「英雄になった日」は彼個人としては

「人生最悪の一日」であり、それを何度もインタビューされるたびに、

その光景がフラッシュバックします。終盤、その時に起きたことが

全て映りますが、「人を殺す」ことが「戦争」であったとしても、

彼の行為は特別に胸に刻まれたもので、それを何度も思い出させる

のは拷問に近いと思う。

 

ビリー・リン
出典:IMDb

 

「戦争は地球の裏側のこと」と語るチアガールのフェイゾンの

言葉はそのままスタジアムで熱狂する人々と同じなのでしょう。

彼らにとって「戦争」はまさに「ハーフタイムショー」の1つに

すぎないのだと感じると愕然とします。そしてアメリカ国歌斉唱

の時にリンが流した涙は、何に対してのものだったのかを考える

とこの映画の深さを実感するのです。

 

ビリー・リン
出典:IMDb

 

リンの上官ブリーム軍曹役が「ワイルドスピード」シリーズの

ヴィン・ディーゼルでした。一目でわかる風貌と特徴のある声です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 


ファースト・マン

4

JUGEMテーマ:洋画

 

ファースト・マン

出典:IMDb

 

「ファースト・マン」

原題:First Man

監督:ディミアン・チャゼル

2018年 アメリカ映画 144分

キャスト:ライアン・ゴズリング

     クレア・フォイ

     ジェイソン・クラーク

     カイル・チャンドラー

     コリー・ストール

 

1961年から1969年にかけてNASAでは

アポロ計画が進められており、

ニール・アームストロングは、アポロ11号の船長と

して月面着陸をめざすことになる。


<お勧め星>☆☆☆☆ シーンごとの音楽が見事に

マッチしていて、迫力のある映像と人物の心の動きを

同時に見ることができます。

 

月をどこから見るか


1970年の大阪万博の際、アメリカ館に展示してあった

「月の石」は、それが日本に来たというだけでワクワクし、

ほとんど記憶に残っていないけれど、ずいぶん並んで

入館し、その石(確かガラスケースに入っていて遠巻きに

しか見られなかった)を目にしたとき、「黒い小さな塊」

としか思えなかった。それでも「月の石」を見た、という

事実だけで、同級生に自慢できると思って、その後動く

歩道に乗り、チューリップ帽子を買って帰った覚えが

あります。あれ?記憶がよみがえったみたい。
この映画には序盤に大気圏付近でニールが見る月、ふだん

生活をしている時に昼間に見える月、夜に見える月、そして

後半、月面着陸をめざしてアポロ11号に乗船した時に、

宇宙空間で見える月、目前に迫った月、さらには、一歩を

踏み出した時に見える月の表面と様々な月の姿が見られます。

月面付近に到達したときには、逆に地球が目に入ってくるのです。

その美しさやシーンごとの音楽はさすがチャゼル監督と思って

しまいます。

 

ファースト・マン
出典:IMDb

 

一方月面着陸をめざすことは冷戦時代において宇宙開発でことごとく
遅れをとってきたソ連を一気に追い越すための最大のミッション

でもあったのです。幾度となく繰り返される実験は失敗に終わり、
国内では政府だけでなく国民からも反対の声が上がってきます。

さあ、月に行こう!はい月に行きました!アメリカが世界で

初めて偉業を成し遂げたんだぜ、すごいだろう。などという

単純な内容ではないのです。こんなにも多くの人々が犠牲に

なったのかと映画を見て改めて思います。記憶に新しいのは

1986年のスペースシャトル、チャレンジャー号爆発事故で、

発射成功を喜ぶ声が悲鳴に変わった映像を幾度となく見てきました。

 

ファースト・マン
出典:IMDb

 

また宇宙飛行士の家庭、ニールの家族について、娘の病気から

始まり、妻ジャネットの気丈な姿と、家族との時間を犠牲にして

プロジェクトに参加するニールの姿も映り、国と家という全く

違うレベルでのストーリーが同時に展開されていきます。
安定を求められない、普通の暮らしも求められない、華やかに

見える宇宙飛行士の妻たちの姿を描いているのも見逃せません。


ファースト・マン
出典:IMDb

宇宙へ向かう時、窓から見える外の景色、宇宙飛行士のヘルメット

の前面に映る外の姿、宇宙船内の計器のアラーム音や船体が揺れる音

(これがかなり激しい)点滅する明かりなど次々に映像が繰り出されて

いきます。スリルといったら失礼になりますがドキドキするのです。

これこそ現実なんだろうな。
確かに物議をかもした、月面に星条旗を立てるシーンが存在しない

ことに「あれ?」と思いましたが、映画の本筋を考えると、そのことが

大きな意味を持つとは到底思えず、そんなことで騒ぐことがいかに

低レベルのことであるかと実感します。

宇宙は美しい。それに尽きます。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ



カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3100 最後に更新した日:2020/01/24

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM