ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル

3

JUGEMテーマ:アクション映画全般

 

ジュマンジ

 

「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」

原題:Jumanji:Welcome to the Jungle

監督:ジェイク・カスダン

2017年 アメリカ映画 119分

キャスト:ドウェイン・ジョンソン

     ケビン・ハート

     ジャック・ブラック

     カレン・ギラン

     リス・ダービー

 

校長先生から居残りを命じられた4人の高校生は、

その部屋にあった古いゲームでプレイを始める。

すると彼らはそのゲームの世界に入り込んでしまい...。


<お勧め星>☆☆☆☆ 予想と全く違って、ワクワク、

ドキドキしつつちゃんとしたストーリーにちょぴり感動

しました。


本当の命は1つ。生き方が重要。


1995年映画「ジュマンジ」は未見ですが、そんな

ことを気にしなくても十分見られる映画です。TVCMを

繰り返し流したり、観終わった人たちが

「すっごく良かった(どう良いのか?)」
「涙が出ました(なぜ?)」

「ものすごい迫力です(そりゃそうだ)」などと語って

いるシーンを使う映画はどうも敬遠してしまうへそ曲がり

なんです...が、ドウェイン・ジョンソンが好きなので、

好奇心もあって鑑賞。
2m近い身長と何といってもWWFの全チャンピオンに

ふさわしい見事な肉体にく・ぎ・づ・け。1日に5165cal

も摂取するそうです。それが当然脂肪ではなく、あの、

プルプルふるえそうな筋肉に変わるわけです。プロレスラー

出身の俳優が多くいるアメリカで、演技がしっかりできる

数少ない人物だと思います。ただの筋肉自慢の暴れん坊

じゃないんです。
まず、1996年、1人の青年が古いゲームの箱を開ける

シーンから始まります。
そして現在。ゲーム好きのオタク、スペンサー、彼に宿題を

やらせるフリッジ、スマホ大好き、男子大好きの可愛いおバカ、

ベサニー、陰気で理屈っぽいマーサの4人がそれぞれの理由で

居残り部屋に集められます。

 

ジュマンジ
 

この4人のキャラがとにかく濃いので、すぐに顔と名前が

くっつくけれど、それもつかの間、あっという間にゲームの

世界に突入。ドウェイン・ジョンソン演じるブレイブストンは

スペンサー、フィンバーはフリッジ、ベサニーは何と腹の出た

オベロンというおっさん、マーサは、ルビーというウエストの

くびれくっきりのイケてる女性に変貌。つまりゲームのアバター

になってしまうのです。

 

ジュマンジ
 

見てくれが全く変わったのに性格は全然変わっていないのは、

その格差が大きいだけに笑いも大きい。オベロン(ベサニー)

はおしっこの仕方が分からないし、それを教えてもらい実践すると

「すっごい簡単じゃん!」
と大喜びします。そうですよね。どこに行っても女子トイレが

長蛇の列なのは、とにかくあれこれ面倒なんです。やることが

いっぱいあるんです。
そして彼らにあてられたミッションはジャガーの目を盗んだ

ヴァン・ペルトからその宝石を奪い返し、元の岩にはめることで

平和な世界を取り戻すこと。それができないと現実世界の

戻れないのです。あら、困った。ついでによくあるライフは

3つですよ。「オール・ユー・ニード・イズ・キル」(2014)

のように失敗したらとっとと死んでまたやり直し、というわけには

いきません。

 

ジュマンジ
 

ゲーム内に登場するのは猛獣たちばかりで、特に蛇が大映しに

なるので、蛇が苦手な人はラスト付近は卒倒するかもしれません。

サイとかカバとかヒョウは特に怖く感じなかったかな。
ライフが3つあると思っていても1つ減っただけなら

「まだ2つある」と思うけれど、残り1つになると

「もう1つしかない」と誰でも考えるものです。急に臆病に

なったり、他人任せにしたりというシーンも見られますが、
この映画の爽快なところは、いやな奴がいない、ということも

一因かもしれません。誰も死んでほしくないと心から思えてくる

のです。そこに至るまでには、現実の世界での偏見が消え、自分

に自信が持てたり、他のことに関心が向くようになっていく

メンバーや現実世界でできなかったことができる自分を見て、

自分の存在価値を実感できるメンバーなど、ある種の成長物語の

凝縮版にも見えます。そして一人ではできなかったことが4人

(実は5人)が団結することで、互いの弱点を逆に生かし、秀でた

能力は率先して活用するという姿はちょっと感動。特にラスト

付近の展開はスリルがありつつ、ちゃんとつじつまも合っていて

好感度アップです。
それにしても絶対に見逃せないのはブレイブストンとルビーの

キスシーンですね。あれは獣臭が漂ってきて大笑いしました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 


穴 HOLES

4
JUGEMテーマ:洋画
 
穴

「穴 HOLES」
原題:Holes
監督:アンドリュー・デイビス
2003年   アメリカ映画   117分
キャスト:ティム・ブレイク・ネルソン
     パトリシア・アークエット
     シガニー・ウィーバー
     ジョン・ボイト
     シャイア・ラブーフ

靴を盗んだ罪で、スタンリーは砂漠の中の更生施設に収容される。
そこでは毎日1人が1つの穴を掘る作業が行われていた。実は
スタンリーの家はひいひいおじいちゃんの代である呪いがかけられ、
一家に不幸ばかり続くと信じられているのだ。そんなある日スタンリー
は金の口紅ケースを発見するのだった。

穴

スタンリー・イェルナッツ役のシャイア・ラブーフが幼く、まだ少年の面影を
残しています。
ある日スタンリーは、たまたま空から降ってきた靴を盗んだとみなされ、
グリーン・レイク・キャンプという更生施設へ18か月間収容されることに
なるのです。グリーン・レイクといっても、それははるか大昔の話で、今は
水は枯れ果て一面乾いた大地が広がっています。そこで「人格形成」とやらを
行うため、ひたすた穴を掘る作業をさせられるのです。穴掘り一つで人格が
変われるものなら、世の中に悪人なんかいなくなるわ。でもそういう施設は
日本でも形を変えて存在しているのですよね。
そしてその施設の所長役はシガニー・ウィーバーで、何かにつけ口ぐせで
「Excuse me?」
を付け加えます。ものすごく嫌味なんですよ。そんな役がぴったり!

穴

所長の下には、Mr.サーやらドクター・ペンダルスキーなどといった曲者の
監視員が、彼らを指導するどころか苛め抜いていくのです。でもそこは
ディズニー映画。それほど壮絶ないじめシーンはありません。サーとか
ドクターとか肩書をつけて威張るところは、ちょっと皮肉めいています。

穴

一方、スタンリーのひいひいじいさんは、かつて恋の相談をしたマダム・ゼローニ
という占い師との約束を果たさず、そのために代々呪いがかけられていると
家族たちは信じています。おかげさまで、来る日も来る日も研究する靴の
臭い消し剤は成果を上げることができず、悪臭でアパートから立ち退きを
迫られる始末。

穴

ついでにひいひいじいさんは、有り金を女強盗団に奪われてしまったという過去
さえ持っているのです。
この回想シーンとスタンリーが今おかれている収容所でのシーンが交互に映し
出され、次第につながっていきます。所長がなぜこの場所でひたすら穴を掘ら
せ続けるのか。スタンリーと収容施設で知り合ったゼロとの友情が芽生え始めると
思ったら、思わぬ出来事からゼロは脱走します。脱走=死。

穴

しかし彼を思い続けるスタンリーも脱走し、奇跡的にゼロと再会を果たすのです。
でも水も食糧もありません。ふと見上げると、遠くの方に、かつてひいひいじいさん
が命を救われたと語ったという「紙の親指」なる断崖が見えてくるのです。
ここは2人で登らないと!高所恐怖症の人なら、血の気が引くような場所を2人は
登って行きます。そしてようやくたどり着いた頂上にあったものは...。
そしてゼロの本名を聞いて、そっかー、そうつながるかー、と納得です。
桃と玉ねぎの話は切ないけれど、彼らを成功へと導いてくれる礎となりました。
いや実際には、偶然の産物でもありますね。
とにかくずるがしこい者や強欲な者は、絶対に罰を受けるという痛快なストーリー
でした。おもしろかったです。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆☆☆



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

今日も涼しい一日だった。そろそろ敷物が必要かな。

1

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

ブログ村

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

祝日カレンダー

Sakura Calendar

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:2815 最後に更新した日:2018/06/24

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM