ティエリー・トグルドーの憂鬱

5

JUGEMテーマ:洋画

 

ティエリー・トグルドーの憂鬱

 

「ティエリー・トグルドーの憂鬱」

原題:La loi du marche

監督:ステファヌ・ブリゼ

2015年 フランス映画 97分

キャスト:バンサン・ランドン

     イブ・オリィ

     カリーヌ・ドゥ・ミルベック

     マチュー・シャレール

 

会社を不当解雇され、休職中のティエリーは、1年半

経っても仕事が決まらず、ローンの返済に追われる始末。

彼は障がいのある息子と妻との生活のために新しい仕事を

見つけ、何とか勤務を開始するが...。

 

<お勧め星>☆☆☆ 主人公の憂鬱さがあらゆるシーンから

伝わります。

 

主役のティエリー役は「友よ、さらばと言おう」(2014)

などで安定の演技を見せ、この映画で第68回カンヌ国際映画祭

コンペティション部門で男優賞を獲得しています。全身から

哀愁が漂うのよね。

 

〇見どころ

ティエリーの憂鬱の原因はエンジニアとして長年勤務していた

会社から不当に解雇されたことから始まっているのですが、

51歳の男性の求職の難しさは日本のそれと変わらない厳しい

ものなのです。彼の憂鬱は

.魯蹇璽錙璽の紹介で研修を受けたものの、経験がなく不採用

→その研修期間はなんだったんだ!

不当解雇への裁判を起こすという仲間からの圧力

→その間に仕事がなくてどうやってローンを払うんだ!

6箙圓陵算餬犬らアパルトマンの売却を勧められる

→あと5年でローン完済だ、唯一の財産と主張すると、「生命保険」

を勧めてくる銀行員のデリカシーのなさ!(ノルマなんだろうね)

で笋蠅暴个靴織肇譟璽蕁璽魯Ε垢稜磴ぜ蠅値引き交渉してくる

→一旦納得しただろう?

ヌ明椶離肇譟璽縫鵐阿如彼をぼろくそけなす他の求職者たち

→人の振り見て我が振り直せ!

 

ティエリー・トグルドーの憂鬱

 

他にも憂鬱の種はたくさんありますが、彼が唯一心から笑うのは、

愛する家族の待つ家なのです。

 

ティエリー・トグルドーの憂鬱

 

障がいのある息子マチューをかいがいしく世話をする姿には、

日頃の憂鬱な表情はみじんも見られません。また妻も夫に対し、

何も求めようとせず、とにかく穏やかに彼を受け入れてくれる。

これが彼の心のよりどころなのでしょうね。

しかし、やっと見つけた仕事がスーパーの警備係であり、そこでも

不条理な状況が広がっているのです。

 

ティエリー・トグルドーの憂鬱

 

そこは実際に見て感じてほしいです。フランスにおける移民排斥の

声が高まるのは、根本的にこういうことなのでしょう。弱者が弱者を

痛めつけるような世の中を誰が望んだのか。

 

●惜しいところ

朝から見ると暗くなります。いい映画ですけどね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


疑惑のチャンピオン

5

JUGEMテーマ:洋画

 

疑惑のチャンピオン

 

「疑惑のチャンピオン」

原題:The Program

監督:スティーブン・フリアーズ

2015年 イギリス=フランス映画 103分

キャスト:ベン・フォスター

     クリス・オダウド

     ギョーム・カネ

     ジェシー・プレモンス

     ダスティン・ホフマン

 

アメリカ人のランスは、癌を克服し、ツール・ド・フランス

7連覇を達成する。しかしそこには、彼のチームに長年

行われたドーピングがあったのだった...。

 

<お勧め星>☆☆☆半 とてもシリアスな内容で、スポーツを

取り巻く様々な業種の人々への問題点も投げかけています。

 

そもそも自転車競技になじみがないので、「エース」をゴール

まで安全に、そして世話をしつつ進ませる「アシスト」も含めて

チームであるということを初めて知りました。一応団体競技

なのですが、あくまでも「エース」の勝利が絶対なのです。

 

〇見どころ

ツール・ド・フランスは23日かけて距離3300km、

高低差2000km以上の中で行われる伝統のある自転車レース。

 

疑惑のチャンピオン

 

映画内ではシーンにぴったりの音楽が流れ、気分が高揚します。

ストーリーは、才能がありつつも若年性の癌となり、それを

克服してツール・ド・フランス7連覇を達成していくランスの

姿と、彼の走りに疑問を持ち疑惑を追及し続ける記者ウォルシュの

姿を対比させながら映ります。

 

疑惑のチャンピオン

 

疑惑のチャンピオン

 

疑惑のチャンピオン

 

自身が克服した癌に苦しむ患者への支援を前面に出されたら、

少々の疑惑など、「英雄」への誹謗中傷に過ぎないと感じさせる

シーンが幾度となく描かれ、スポーツにおける勝利の意味を

考えさせられるものになっています。なんせスポーツ選手は

「金のなる木」であり、勝てば多くのスポンサーがつき、

選手のみならず取り巻く人々が潤うわけです。

スポーツ選手=清廉潔白&夢の象徴

という構図は、一般の人が描いた幻想にすぎず、実際はもっと

ドロドロしていて、もっと修羅場のある世界なのでしょう。

ランスは、最初から疑惑を抱かれていたのに、それを容認

してきた「ツールの深い沈黙」にも大きな罪があるというわけです。

 

●惜しいところ

ドキュメンタリー調に徹したために、ランスの生い立ちや私生活、

またその後の姿が全く描かれず見る側に放り投げてしまっている

のが惜しいです。

 

ラスト付近の水に飛び込むシーンと、自転車で坂を上っていく

シーンの映像は、彼が「なんのために生きるのか」を考え始めた

ことの象徴なのかしらね。ママチャリすら上手にこげないわたしに

とっては、あんな細いタイヤの自転車は絶対に乗れないと思う

次第です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


母よ、

5

JUGEMテーマ:洋画

 

母よ、

 

「母よ、」

原題:Mia Madre

監督:ナンニ・モレッティ

2015年 イタリア=フランス映画 107分

キャスト:ナンニ・モレッティ

     マルゲリータ・ブイ

     ジョン・タトゥーロ

     ジュリア・ラッツァリーニ

 

新作映画撮影に没頭する女性監督マルゲリータは

私生活では、病気の母の介護と恋人との別れ、そして

娘の教育問題など悩みが尽きない。そんな母の病状が

思わしくなく余命が短いことを告げられると彼女は

大きく動揺し...。

 

<お勧め星>☆☆☆半 監督自身の思いを反映させた

ストーリーには共感を呼ぶシーンが多いです。

 

〇見どころ

監督のナンニ・モレッティが、ヒロインで女性監督

マルゲリータの兄ジョバンニ役で出演しています。

 

母よ、

 

ストーリーは、このマルゲリータを取り巻く問題、つまり

深く愛する母親の病状の悪化、恋人との別れ、別れた夫との

一人娘リディアの進路、監督業としてのこだわりなど様々な

ものが一挙に押し寄せ、元気だった頃の母親との思い出が、

まるでマルゲリータの頭の中をそのまま投影しているかの

ように映し出されていくのです。そして母の危険な状況を

思うと我に返る。これは身内を亡くした人なら経験のある

ことかもしれません。生きている人間から生気が抜けていく

のが手に取るように感じられます。それが具体的にどういう

ものかは、それを感じた人しかわからない。

 

母よ、

 

アメリカから呼んだ主役のバリー役は、ジョン・タトゥーロ。

彼のイタリア語の発音すら癪に触ってたまらないマルゲリータ。

 

母よ、

 

夫とは別れたものの娘リディアを通じて交流はあるのです。

母親であり、娘であり、監督であるという重荷が、周囲への

配慮に欠ける行動を起こさせるのかもしれません。元恋人が

「君は注意深そうで身勝手だ。不満の塊なんだ」なんて言葉を

吐くほど、マルゲリータの行動は目に余るものもあります。

映画内で最も心を打たれたのは、病が重くなった母に

マルゲリータが「何を考えてるの?」とたずねた時の答えです。

「明日のことよ」

明日があるマルゲリータがそれを考えず、明日が来ないかも

しれない母がそれを考えるという矛盾。そこには「希望」を

見出すことができるのです。

 

●惜しいところ

実は冒頭に別れを告げた恋人ヴィットリオと兄ジョバンニが

同一人物だと、映画の中盤頃まで思っていたので、ストーリーに

入り込むのが遅れました。全くトホホだわ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


グランドフィナーレ

5

JUGEMテーマ:洋画

 

グランドフィナーレ

 

「グランドフィナーレ」

原題:Youth

監督:パオロ・ソレンティーノ

2015年 イタリア=スイス=フランス=イギリス映画 

124分 R15+

キャスト:マイケル・ケイン

     ハーベイ・カイテル

     レイチェル・ワイズ

     ポール・ダノ

     ジェーン・フォンダ

作曲家フレッドは、女王陛下からの演奏依頼を断り、

親友で映画監督ミックと高級リゾートホテルで過ごしている。

彼はある理由から、名曲「シンプルソング」の指揮を断り

続けてきたが...。

 

<お勧め星>☆☆☆半 映画全体が抒情詩のような雰囲気です。

 

〇見どころ

名作曲家フレッド・バリンジャー役のマイケル・ケインの

英国紳士らしい気品と、彼の親友で名監督ミック・ボイル役の

ハーベイ・カイテルの味わい深いルックスが、人生の終盤を

迎えた男たちの姿をそのまま表しています。

 

グランドフィナーレ

 

オープニングから女性シンガーのしっとりした歌が聞こえ、

高級リゾートホテルで、健康チェックを受け、おいしい食事をし、

ゆったりスパなどにつかった上、オイルマッサージを受ける。

まさに極楽のような(極楽を知らないけれど)生活を送る2人

なのですが、いまだ監督業に燃えるミックと、女王陛下からの

招待すら頑なに拒むフレッドの姿が対照的です。それはなぜ

なのか。

 

グランドフィナーレ

 

またフレッドの娘レナ役はレイチェル・ワイズ。彼女だけでなく

ミス・ユニバースの女性の超絶美しい裸体にもくぎ付け。その姿に

見とれる2人の老人には、まだ前途有望だと思えてしまう。

 

グランドフィナーレ

 

そしてミックの次回監督作品の主演女優ブレンダ役は、あの

ジェーン・フォンダです。彼女の口から放たれる厳しい言葉は

愛情に満ちているからこそ辛い。そのシーンから始まって、

ラストの「シンプル・ソング」の美しい歌声につながるストーリー

は感動を呼ぶこと間違いなしです。

 

●惜しいところ

中盤までかなり眠かった。

 

そうそうリゾート地でものすごく太った男性がいると思ったら、

世界のマラドーナ本人でした。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち

5

JUGEMテーマ:洋画

 

アイヒマンショー

 

「アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち」

原題:The Eichmann Show

監督:ポール・アンドリュー・ウィリアムズ

2015年 イギリス映画 96分

キャスト:マーティン・フリーマン

     アンソニー・ラパリア

     レベッカ・フロント

 

ナチスドイツでホロコーストを指揮したアイヒマンが

敗戦から15年でアルゼンチンで拘束、イスラエルで

裁判を受けることになる。イスラエルのTVプロデューサー、

ミルトンは、アメリカからカメラマン、レオを呼び、

一流のチームでその裁判をテレビ放送しようと考えるが...。

 

<お勧め星>☆☆☆半 なかなかよくできた映画です。

 

監督は「アンコール!!」(2012)の

ポール・アンドリュー・ウィリアムズ。この映画は、

アイヒマン裁判を全世界に放送しようと計画した人々の姿を

記録映像と撮影映像をうまく組み合わせて作られています。

 

アイヒマンショー

 

〇見どころ

イスラエルのTVプロデューサー、ミルトンに呼ばれた、

アメリカ国内で吹き荒れる赤狩りの嵐で仕事がないレオと

いう一流のカメラマンのそれぞれの私生活を少しずつ描きながら、

核心のアイヒマン裁判撮影までの苦労、そして実際の裁判時の

苦悩、葛藤などが次々に映し出されます。テレビ報道はある程度の

見立てがあるわけで、レオがアイヒマンに求めるリアクションが

一切得られないことへの焦燥感が強く伝わります。報道する側が

ほしい映像が事実は異なっていても、それが撮れたら、世間に

公開するんだろうな。このあたりも丁寧に見せてくれます。

 

アイヒマンショー

 

●惜しいところ

この実際の写真からもわかるように、アイヒマン裁判は、結果ありきの

ショーであり、新国家を進むイスラエルの国家のユダヤ人のために

行われた見世物なのです。そこに一切触れないのはやや一方的かな。

それは見た人が考えることなのかもしれません。

 

とはいえ、ファシズムはどこにでも存在する。誰もがファシストに

なりうる。理性の喪失が狂気への道。全て納得できる言葉であり、

「顔のないヒトラーたち」(2014)でも同じようなメッセージが

伝えられました。それでも同じ道を進もうとする人々がいるのを、

理性ある者が全力で止めるべきなのでしょう。

 

アイヒマンショー

 

レオの宿泊したホテルの女主人の腕にも番号がありました。過去を

語ろうとする口を封じてはいけないのです。いつまでも過去の

負の遺産にとらわれてはいけない?いやそれを語ることで正しい道を

進めるのです。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


1001グラム ハカリしれない愛のこと

2

JUGEMテーマ:洋画

 

1001グラム

 

「1001グラム ハカリしれない愛のこと」

原題:1001 Grams

監督:ベント・ハーメル

2014年 ノルウェー=ドイツ=フランス映画 

91分 PG12

キャスト:アーネ・ダール・トルプ

     ローラン・ストーケル

     スタイン・ビンゲ

     ヒルデグリン・リーセ

 

離婚話が進行中のマリエは、病に倒れた父に代わって

ノルウェーのキログラム原器を持ってパリ国際セミナー

へ向かう。現地で知り合ったパイと楽しい時間を過ごすが、

帰国した彼女は自動車事故を起こし、原器を破損させた上、

父が亡くなってしまう。

 

<お勧め星>☆☆☆ とても単調だけれど、時々クスリと

笑えるシーンや絶妙なセリフに引き込まれます。

 

〇見どころ

中盤、心臓病で入院した父アーネストが「魂は21g」と言い、

その父の遺灰を測りにかけると、最初1022gだった数字が、

少しずつ減っていき、1001gになるのは、とても粋なシーン

です。

 

1001グラム

 

1001グラム

 

ノルウェー国立計量研究所に一緒に勤務する父とマリエの毎日の

喫煙時での会話や、パリへ向かう際の空港の手荷物検査員との

やり取り、これは3回出てくるけれど、3回ともバージョンが

違っていて楽しいです。またノルウェー国内では青っぽい映像

なのに、パリに向かうとパーッと明るくなり、それがマリエの

心の内を描いているように思えてくるから不思議。

 

1001グラム

 

各国の代表がキログラム原器を持って集合写真を撮影するのも、

なぜか笑えてしまうのです。とても大事な原器だけれど、それが

原因で国際紛争になるとか、それは違うとか不毛な話もおかしい。

 

●惜しいところ

かなり単調な映画なので、眠くないときに見ないと必ず眠ると思う。

 

「人生の一番の重荷は背負うものがないこと」アーンストは言います。

そっかー。何かを背負っている時の方が人生を軽く生きていけると

いうものなのだろう。

 

1001グラム

 

このシーンの2人の会話はHだけれど、すっごくおかしいです。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


ブラックボード 戦火を生きて

4

JUGEMテーマ:洋画

 

ブラックボード

 

「ブラックボード 戦火を生きて」

原題:En mau fais qu'ilte plait

監督:クリスチャン・カリオン

2015年 フランス=ベルギー映画 114分

キャスト:アウグスト・ディール

     オリビエ・グルメ

     マティルド・セニエ

     アリス・イザース

 

1939年反ナチス主義者のハンスは、息子マックスを

連れ、ドイツからフランスの小さな町に逃げてくる。

ベルギー人と偽り農園で働くハンスはある晩、逮捕

投獄され、ドイツ軍の空襲で脱出できた時には、

マックス達は全て町から消えていた。

 

<お勧め星>☆☆☆半 美しい音楽と明るい陽射しの中

戦争の不条理さと、人間の正しい在り方を示しています。

 

〇見どころ

ブラックボード=黒板は、父ハンスが逮捕され、その後

ドイツ軍の侵攻から逃れて南に向かう町民と共に行動する

マックスに、先生スザンヌが、自分の安否と行き先を

書いておくように教えた場所です。

 

ブラックボード

 

のどかなフランスの田舎町に突然立ち込めるドイツ軍の侵攻。

自分の生まれた場所を捨てる決意がいかほどにつらいか、

明るい映像からは想像できないほどの重いものだったことでしょう。

 

ブラックボード

 

それでも町民の安全を考え南に向かうと決めた時、人々は

ポールの考えに従います。ポール役は「サンドラの週末」

(2015)などで渋い演技が光るオリビエ・グルメ。

 

ブラックボード

 

先回りして他の集団がドイツ兵に惨殺されている姿を見つけた

先生スザンヌは、「違う道を行こう」と主張し、子供たちに

自分の方に目を向けさせようとします。その姿がとても健気

なんです。

 

ブラックボード

 

また中盤、刑務所が空爆を受け、脱出したハンスとイギリス

敗残兵パーシー、そして持っていくワインを選んでいて逃げ

遅れた町民アルベールが、それぞれの言葉で話し、乾杯する姿は

本当に自然であり、戦時下であっても個々の人間のつながりは

切れることはないと実感します。ハンスが英語、ドイツ語、

フランス語すべて流ちょうに話せる要因もあったけれど。

 

●惜しいところ

終盤はややご都合主義な面も見られましたが、全体的に違和感の

ない映画です。

 

途中ポールたちが立ち寄った町のフランス人店主は、同胞に

対してすらも、慈悲を示しません。一方ドイツ人であっても

反体制派であれば受け入れるイギリス人、フランス人の寛容さが

対照的に描かれていました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


リチャードの秘密

5

JUGEMテーマ:洋画

 

リチャードの秘密

 

「リチャードの秘密」

原題:What Richard Did

監督:レニー・アブラハムソン

2012年 アイルランド映画 88分

キャスト:ジャック・レイナー

     ラース・ミケルセン

     ロレイン・ピルキントン

     サム・キーリー

 

ゴールデンボーイと言われるほど、皆の人気者で

ラグビー部のエースのリチャードは、友人コナーの

恋人ララを奪ってしまう。そして数日後のパーティーで

2人は口論となり、リチャードを殴ったコナーを友人が

殴り返してしまう...。

 

<お勧め星>☆☆☆半 主人公の心の動きが丁寧に

描かれています。

 

ネタバレしたかも

 

 

「ルーム ROOM」(2015)の

レニー・アブラハムソン監督が2012年に製作した映画です。

アイルランドの寒々しい街並みや自然が、モノクロ写真の

ように美しく映し出され、静かなBGMがそれにとても似合って

いてゆっくり楽しむことができます。カメラの焦点を巧みに

変えることで、誰が今ストーリーの真ん中にいるのか印象

付けています。リチャードの父役はマッツ・ミケルセンの

兄ラース・ミケルセン。

 

リチャードの秘密

 

〇見どころ

まるでドキュメンタリーのように感じられる映像は、登場人物

への感情移入が容易にできるようになっています。全てにおいて

恵まれていたリチャードが、自らの罪の重さに慟哭するシーンは、

彼の張り裂けんばかりの心の苦しさを映し、見ていると辛い。

しかし、最後にリチャードが頭を蹴ったことで亡くなったと思われる

コナーの葬儀で、彼の母親が

「あんなにたくさん人がいたのに、なぜ沈黙するの?」と悲痛な

訴えをするシーンも辛い。「正義」を告白することには、莫大な

エネルギーを必要とするし、その代償も限りなく大きいのです。

 

リチャードの秘密

 

リチャードの秘密

 

多分リチャードは大甘坊主なんでしょうが、運動ができ、

友人も多く、恋人もできて最高潮だった日々が、まるで砂の城の

ように崩れ去り、罪の意識も加わって、どん底に落ちてしまう

姿が、とてもうまく描かれていきます。

 

●惜しいところ

ラストを見る限り、結局なんの行動も起こさないということ

ですね。それでよし、とは決して言いたくないのが本音です。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


ピュア 純潔

4

JUGEMテーマ:洋画

 

ピュア

 

「ピュア 純潔」

原題:Pure/Till det som ar vackert

監督:リサ・ラングセット

2009年 スウェーデン映画 97分

キャスト:アリシア・ヴィカンダー

     サムエル・フルーレル

     ジョセフィーヌ・バウアー

     マルティン・ヴァルストロム

 

アル中の母を持つカタリナは、荒んだ生活から抜け出し、

新しい人生を切り開こうとしている。彼女はひょんな

ことからコンサートホールの受付に仮採用され、指揮者の

アダムと親しくなるが...。

 

<お勧め星>☆☆☆ 音楽をきっかけに大きく変わっていく

女性の姿が強く逞しく描かれています。

 

「エクス・マキナ」「リリーのすべて」(2015)の

アリシア・ヴィカンダーの初主演作映画です。「リリーのすべて」

では、夫の途方もない夢の手伝いをする強い妻を熱演し、

アカデミー賞助演女優賞を獲得しました。

 

〇見どころ

カタリナの生活環境、アル中の母を持ち、SNSで知り合った

不特定多数の男性に体を売る過去、そして今はマチアスという

恋人と暮らしている姿が一気に映され、なんでこの子は不機嫌

なんだろう、と思ってしまう。

 

ピュア

 

モーツァルトが自分の生活を変えたと言い、音楽をひたすら

聴くものの、この底辺の生活から抜け出せない苛立ちが映像

から伝わってきます。そしてコンサートホールの受付に仮採用

され、アダムという指揮者とも気が合ってしまう。

 

ピュア

 

ピュア

 

見ている側はアダムの「遊び」の過ぎないとわかっていても

カタリナの生き生きした表情を見ると、彼女がこれで再出発

できたような気持ちになります。このあたりのアリシアの演技が

素晴らしいです。しかしアダムに「軽やかな恋」と言われ、

職も追われた時、カタリナはせめて仕事だけは返してほしいと

願うのは当然のことなのです。そしてカタリナはどう行動するか。

「勇気は未来を切り開く」その言葉があっというような展開を

意味するとは、予想できませんでした。

 

●惜しいところ

おいおいこれでいいのかい、と思うようなラストでしたが、

カタリナがこれから自分に自信を持ち、強く逞しく生きて

行くのだろうと実感します。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


愛の囚人

3

JUGEMテーマ:洋画

 

愛の囚人

 

「愛の囚人」

原題:Sarancha

監督:イゴール・バラノフ

2014年 ロシア映画 124分 R15+

キャスト:ポリーナ・アンドレバ

     ピョートル・フョードロフ

     ドミトリー・シェフチェンコ

     エカテリーナ・ボルガバ

 

ある夏、別荘の修理の訪れた作業員アルテムは、

美しい令嬢レーラと恋に落ちる。しかし夏が

終わり、彼女がモスクワに戻った後、アルテムは

彼女の後を追いかけるのだった。

 

<お勧め星>☆☆☆ 前半の官能的な雰囲気に加え、

後半はサスペンス要素が加わり、美しい音楽と映像で

目を楽しませます。

 

 

少しネタバレ

 

映画が面白くなるのは中盤以降であり、そこに至る

まで60分はかかるでしょうか。ひと夏の恋→別れ→再会

→別れ...この繰り返しはかなり単調であり、文才があると

自負するアルテムの才能は、ほとんど活用されません。

それでもロシア映画にしては珍しい官能的なシーンの

連続で、まるでフランス映画を見ているようです。

富豪のヴァーリャの別荘を修理の訪れた作業員マラートと

アルテムは、セクシービキニの令嬢レイラに目を奪われます。

 

愛の囚人

 

特にアルテムはぞっこんになり、土砂降りの雨の中で2人は

愛を交わすのです。凄い雨なんだけど、どんなに濡れても平気。

だって愛があるから。(という感じ)

レイラにしてみたら「運命の恋」と思っても、こんな田舎の

作業員とは不釣り合いであり、母親に諭されモスクワに戻るの

です。それから多分3年ぐらい経ってからアルテムがモスクワ

を訪れ、彼女と再会するんだけれど、田舎者で少し文才がある

程度なので、仕事はなく、超ボンビーな暮らし。それをレーラの

元恋人イゴールが彼女の頼みを聞いて仕事を与えるくだりは、

ちょっとわかりづらいです。イゴールって結構な年齢だけれど、

独身でレーラを狙っていたはずなのに、なぜに?

 

愛の囚人

 

そして大して仕事ができるようにも思えないのに、大きな部屋を

買い、レーラにプロポーズした途端、彼女の父親が逮捕され、

金策のためレーラは、やはりイゴールの元へ行くし、アルテムは

金持ちの年増女ナターシャと結婚。おおジェットコースターの

ように速い展開なので、全然感情移入できません。

ところが、ここから急にサスペンスタッチに変わるのです。この

後半が面白いので、前半の冗長な部分を削ってしまえば、もっと

上質なサスペンス映画に仕上がったのでしょうが、まああれも

これも入れたかったんだね。

アル中のナターシャは酒で、避妊を怒ったイゴールは薪で、

見ごたえのある殺人シーンが映ります。そしてクルーザーで遺体遺棄

なんて「太陽がいっぱい」のようです。あの映画とはまた異なる

不幸なラストが待っているわけですが、アルテムの文才が彼の命を

奪う原因を作ったということがここで生かされます。ここだけかい!

ラストにあることを告げられたレイラが、なんとなく微笑んだように

見えたのは、気のせいでしょうか。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 



カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

ブログ村

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

Amazon

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

お天気

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:2630 最後に更新した日:2017/07/25

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM