天国でまた会おう

4

JUGEMテーマ:洋画

 

天国でまた会おう

出典:IMDb

 

 

「天国でまた会おう」

原題:Au revoir la-haut/See You Up There

監督:アルベール・デュポンテル

2017年 フランス映画 117分 PG12

キャスト:ナウェル・ペレ・ビスカヤー

     アルベール・デュポンテル

     ロラン・ラフィット

     ニエル・アレストリュプ

 

1918年11月、ドイツとの休戦間近の西部戦線で、

プラデル中尉の無謀な指令で戦闘が起き、アルベールは

生き埋めになってしまうその彼を救ったエドゥアールは、

爆撃により顔に大けがを負ってしまう。そして無事に復員

しても彼だけは家族への連絡を頑なに拒むのだった。


<お勧め星>☆☆☆☆ 映画内に登場する仮面がとても

美しいものが多く、エドゥアールの繊細な心を表しています。


戦争中でも殺人は殺人


原作は「その女アレックス」で

「このミステリーがすごい 2015」の海外部門1位に

なったピエール・ルメートルの同名小説です。

「その女アレックス」は先の読めないストーリーにわくわくし、
ページをめくる手がどんどん早くなりました。続けて

「悲しみのイレーヌ」「傷だらけのカミーユ」

「死のドレスを花嫁に」を読みました。グロテスクな描写が

随所に見られるものの、読み手が想像しない展開なのはどれも

同じです。

そして「天国でまた会おう」は世界大戦三部作の1つとして

発表されました。
1920年11月、モロッコでアルベールは手錠をかけられ、

憲兵隊から事情聴取を受けているシーンから始まります。

彼はなぜ手錠をかけられているのか。そもそもモロッコに

いる理由は何だろうか。
それは1918年11月の第一次世界大戦時に遡って語られます。

ドイツ、フランスの休戦の噂が流れ、兵士たちも疲弊していた時、

本部からの「休戦」という指令を無視して、プラデル中尉は2人の
兵士を偵察に向かわせ、その後に鳴り響く銃弾の音を合図に、

双方の戦いが再開されるのです。この時の銃撃や爆撃は、臨場感に

あふれており、兵士の口に飛び込む土埃が、見ている側の口にも

入り込むような思いになってしまうのです。

 

天国でまた会おう

出典:IMDb

 

そしてアルベールは最初の二人が味方から撃たれたことを知って

しまうと、なんとプラデル中尉に命を狙われるのです。戦争と

いうものが人の心を変えるのはよく見るけれど、戦いを求め

続ける残虐な司令官の存在はただ恐ろしいとしか思えません。
そしてアルベールは土の中に埋まってしまうのです。そこを救う

のが、同じ隊のエドゥアールで、彼は時間さえあれば絵を描くと

いう(お家柄もかなりいい)武骨な兵士とは全く違うタイプの人間。
ところがアルベールを救い出した途端、砲撃を受け、彼は顔の

下半分を失ってしまいます。この姿は一切映像に出てきませんが、

後に彼がそのための治療を受ける説明で、どんなものか想像できて

しまいます。
「ジョニーは戦場へ行った」(1971)を考えれば、声と

下あごを失っただけだ、と思えるかもしれません。しかし芸術を

志し、美しい顔だったエドゥアールにとって、それは「絶望」で

しかなかったのです。
復員後、職も恋人も失ったアルベールと家族への連絡を拒否する

エドゥアールは、互いへの恩義で共に生活し始めます。しかし

経済的に困窮すると、遂にエドゥアールがある計画を思いつくのです。
それが大掛かりな詐欺であったことで腹を立てるアルベールは、

本当に正直な人間なのです。ただ正直に生きていれば暮らして

いけるような時代ではないし、戦争によって逆に大儲けをして

いる人々もいるわけです。この辺りに不公平さは、次の大戦後でも

きっと同じであったと思います。

 

天国でまた会おう
出典:IMDb

 

エドゥアールの作るマスクは大そう美しいものや趣向を凝らした

ものがあり、どれも目を奪われるものばかりです。御用聞きの

ような小娘ルイーズを仲間に入れて、3人でダンスをする

シーンは音楽に乗ってとても楽し気に描かれています。

 

天国でまた会おう
出典:IMDb

 

天国でまた会おう

出典:IMDb

 

一方エドゥアールの姉マドレーヌと結婚しているのはなんとあの

プラデル中尉!!さらに彼の行っている事業は埋葬業である

ものの、小さすぎる棺をどんどん受け入れるというこれまた詐欺

まがいの行為を堂々と行っています。悪い奴はやはり戦争が

終わっても悪いままなんだ。こいつどうかならんのか。
エドゥアールと父親との深い確執は、走馬灯のようにささっと

映るだけなので、どれほどのものかわからないし、そもそもの

原因は終盤にならないと理解できません。それでも二人が対峙する時を
持った瞬間、美しい鳥のマスク姿のエドゥアールと彼だと知らない

(気づいたかなあ)父との会話は、胸にぐっとくるものはあります。

こんな風に空を飛んで自由になれそうな気持も起ります。

このポスターは素敵。

 

天国でまた会おう
出典:IMDb

 

そして土の中に埋もれたアルベールを救ったのはエドゥアール

でしたが、同じように土に埋もれたプラデルを助けようとした

のが、戦時に命を狙ったアルベールとは、極めて皮肉なことでした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 


希望の灯り

4

JUGEMテーマ:洋画

 

希望の灯り

出典:IMDb

 

「希望の灯り」

原題:In den Ganden

監督:トーマス・ステューバー

2018年 ドイツ映画 125分

キャスト:フランツ・ロゴフスキ

     サンドラ・フラー

     ペーター・クルト

 

巨大スーパーマーケットに勤務することになった

クリスティアンは、飲料品在庫担当として先輩ブルーノ

の指導を受けながら黙々と働く。そして菓子担当の

マリオンに心を惹かれるが、彼女には夫がいると
聞かされるのだった。


<お勧め星>☆☆☆☆ 美しい音楽とそれに合わせるか

のように動いていく人々の姿が静かに目に入ってきます。


波の音に似ている


原題「In den Ganden」は「通路にて」という意味で

まさにそのものずばりです。巨大スーパーマーケット

(Costcoに似ているなあとずっと思っていた)の通路での

人間模様が描かれていきます。

主役のクリスティアンは「未来を乗り換えた男」(2018)

のゲオルクを演じたフランツ・ロゴフスキ。あの映画では

多弁でイケメンな男性と思っていたけれど、今作では

ほとんど話をしない、陰のある男性を演じています。そして

彼が心を惹かれるマリオン役は「ありがとう、トニ・エルドマン」

(2016)で鬱陶しい父親を持った仕事人間の娘を演じた

サンドラ・フラー。とても印象に残る顔立ちなのですぐに

わかります。

 

希望の灯り
出典:IMDb

 

舞台は東西統一後のドイツ、ライプチヒ。かつては国営運送会社

だったこの場所が、今は巨大スーパーマーケットに変わっており、

クリスティアンを指導するブルーノを始めとして、ユルゲン、

ルディなど多くの男たちが長距離トラック運転手から一気に

電動フォークリフト操縦へと転向させられたらしい。

「ライプチヒの奇跡」と呼ばれて東西ドイツのきっかけとなった

非暴力デモを始めた地域であっても、統一後、かつての東ドイツに

郷愁を感じる人々が既にいたわけで、ブルーノも

「いい時代だったよ。」

とクリスティアンに語ります。労働者階級が支配階級であり、

自分たちが社会を支えているという実感があった時代と異なり、

今は支配され、隅へ隅へと追いやられていく気持ちを抱くのを、

ブルーノの自宅を見てまさに実感しました。

 

希望の灯り
出典:IMDb

 

しかし映画は個人に深く立ち入り過ぎず描かれていきます。

クリスティアンの上半身に入った大きなタトゥーが何を物語るかは、

誰も詮索しないし、マリオンに夫がいて、実はそれほど幸せで

ない結婚生活を送っているということもさりげなく伝えるのです。

 

希望の灯り
出典:IMDb

 

さて、この職場はなんせかなり天井が高く、ものすごく上まで

商品を積み上げていかなければなりません。そこでのマスト

アイテムが「電動フォークリフト」です。これを操縦できないと

一人前ではなくクリスティアンもブルーノに指導を受けながら、

さらに会社での講習も受けます。この時に流れるVTR映像は爆

笑物なので、何回でも見たいし、もっと詳しく見たい!

(ぜひご確認を)
クリスティアンが、タトゥーの入った体を覆うように職場の制服を

まとっていく姿と、コーヒーマシーンにスイッチを入れる指や

コーヒーが注がれていくカップのシーンは何度でも映ります。

それは全く同じことを繰り返す日々の中で、人の心や世の中が

少しずつ変化していくことを意味しているのかもしれません。
クリスマスイブに職場のパーティーで、暖かいビーチで日光浴を

するかのように振舞う同僚の姿や、コーヒーマシーンの部屋の壁が

南欧の風景であるのは、彼らが訪れたことはないものの、いつかは
足を踏み入れたいと願っている証でしょうか。

それはまたフォークリフトを一番上まで上げてゆっくり下げる時の

音が「波の音」と感じるところにも表れていると思います。
マリオンの自宅が映画の中盤に映るのですが、そこがあまりに

豪華な屋敷なので、彼女の夫はもしかしたら西ドイツ出身者で、

東ドイツ出身のマリオンを蔑んでいるのではないかと思ったのは

考え過ぎかしら。
スーパーのオープン時に流れる「美しき青きドナウ」と夜勤時に流れる

「G線上のアリア」はただただ耳障りがよく、いつまでも聞いて

いたいくらいでした。
「さあシベリアに行くわよ」は「冷凍室」を意味する言葉なのも

笑えてきます。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 


きっと、いい日が待っている

4

JUGEMテーマ:洋画

 

きっと、いい日が待っている

出典:IMDb

 

「きっと、いい日が待っている」

原題:Der Kommer en dag/The Day Will Come

監督:イェスパ・W・ネルスン

2016年 デンマーク映画 119分

キャスト:ラース・ミケルセン

     ソフィエ・グロベル

     ハロルド・カイザー・ハーマン

     アルバト・ルズベク・リンハート

 

1967年コペンハーゲン。シングルマザーに育てられて

いるエリック、エルマー兄弟は、学校を休んでは万引きや

盗品売買を繰り返していた。そして母親が病に倒れると

二人は児童養護施設に収容されてしまい、そこでの過酷な

環境に耐えることになる...。


<お勧め星>☆☆☆☆ 兄弟のお互いを思う姿と、それぞれの

個性が丁寧に描かれています。


恐怖を超える勇気は夢から生まれる


1961年5月、アメリカのケネディ大統領が発表した

月面着陸計画は、冷戦時代の米ソ宇宙開発競争に勝つために

唯一無二のものであり、ソ連が有人宇宙飛行を成功させたこと

への不安を払拭する必要に迫られていたのです。
「ファーストマン」(2018)で描かれた月面着陸はねつ造

といううわさが尽きないものの、やはり実際の成功を収めた

事実だと思いたい。しかしあの映画のようなオンボロ宇宙船で

本当に月まで到達できたんだろうかと感じたのは事実です。

でも「月の石」を見たことあるもん。黒くて小さくてガラス

ケースに入っていたけれど、確かにこの目で見たもん。

あ、それが月の石かどうかどうやって証明したんだろう。
それはさておき、月への宇宙飛行を楽しみ似ていたのは、

アメリカ人だけではなく、デンマーク人のエルマーもその1人で、

冒頭に天体望遠鏡を万引きして逃げるシーンからも伺えます。

あれを捨てればちゃんと逃げられたのに、どうしても欲しかったん

だろうな。彼がなぜ月に行きたいかというと

「月に行けば体が浮かぶ」

という理由です。彼は足が内反足で上手く走ることができませんし、

長い時間歩くと痛くなってくるのです。兄エリックは現実的に考え、

「月など行けない。それより小遣いが欲しい」と言います。

 

きっと、いい日が待っている

出典:IMDb

 

しかし母親一人の稼ぎでは到底十分な生活費を得ることができず、

さらには彼女がガンで倒れてしまうのです。不幸は一か所に集まるか

のように、唯一の身寄りである叔父は住所不定無職。

(活動家だと言っていたような)2人は児童養護施設に送られます。

 

きっと、いい日が待っている

出典:IMDb


1960年〜70年代の児童養護施設を扱った映画をいくつか見て

いるので、そこがパラダイスとは真逆であることは薄々感じて

しまいます。

 

きっと、いい日が待っている
出典:IMDb

 

施設の校長は「職人養成」が最終目的だと言い放ち、将来の夢を

「宇宙飛行士」と言ったエルマーを速攻平手打ちするんですよ。

一応教育現場では体罰禁止の原則があったようですが、身寄りのない
素行不良の少年たちには無関係なことととらえられていたのです。

これは今でも現実に行われていそうで怖い考えです。
しかし校長にしてみればある意味彼なりに国に仕え、健全な

(どういう意味だ)青少年を育成しているという自負があったかも

しれませんね。ラース・ミケルセンが冷酷で独善的な校長の役を

好演しています。
またアクセル先生は、深夜に一人の少年を連れ出しに来ます。それが

何を意味するか想像に難くありません。
エリックとエルマーは、病気が治った母親の迎えを、それがかなわないと

わかると住居が決まった叔父の迎え、さらには15歳になって

「永久許可証」をもらってこの施設を出ることを唯一の「希望」と

してその都度起こる暴行に耐えていきます。それは「幽霊のふり」、

つまり、何も考えず、目立たず、教師の指示通りに動くことを意味

するのです。
エルマーには実は秀でた能力があり、それは彼が抱く月旅行と同じで

「創作力」「想像力」が逞しく、映画の中盤で、それが披露されます。

少年たちに家族から届いた手紙にP.S.とつけて、彼らが願っている
家族から言ってもらいたい言葉を付け加えていきます。

ここが本当に泣けるんです。みんなが列を作って待つんですよ。
絶望の中でただ日々を送るだけの少年たちも、実はかすかな希望や夢は

捨てていないと気づかされる瞬間です。

 

きっと、いい日が待っている
出典:IMDb

 

ハマーション先生からエルマーが聞かせてもらった

「2001年宇宙の旅」のテーマ曲は、宇宙飛行士を夢見る彼の

心を揺さぶり、それが終盤の行動のスタート曲にもなります。
冷酷で残忍な教師たちの姿の中で、時折見せる少年たちの笑顔は、

明るい日差しのように感じられ、それがラストに手を挙げるという

「勇気」へとつながっていくのは胸が熱くなる思いでした。
ゴッドハウン児童養護施設という実際に存在した施設の出来事をベースに

描かれた映画ですが、実際には少年たちはその後心身共に病んでいる者が

多いという字幕を読むと、こんなことは二度と起こしてほしくないと
思うばかりです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 

 


とうもろこしの島

4

JUGEMテーマ:洋画

 

とうもろこしの島

出典:IMDb

 

「とうもろこしの島」

原題:Corn Island/Simindis Kundzuli

監督:ギオルギ・オヴァシヴィリ

2016年 グリジア=チェコ=フランス=ドイツ

=カザフスタン=ハンガリー映画 101分

キャスト:イリアス・サルマン

     マリアム・プトゥリシュピリ

     イラクリ・サムシア

 

エングリ川の中州に一人の老人が小屋を建て孫娘と

一緒に例年のようにトウモロコシ栽培を始める。しかし

岸ではジョージア軍とアブハジア軍が戦闘を続けており、

ある晩、傷ついたジョージア軍兵士が流れつくのだった。


<お勧め星>☆☆☆☆ 戦闘と一切無関係の老人と少女の

姿が淡々と描かれていますが、なぜか心に残る映画です。


誰の敵、誰の土地


今作も「みかんの丘」同様にジョージア(旧グルジア)と

アブハジアの紛争中の時期で、二つの勢力に分かれる境界線

となっているエングリ川の中州でトウモロコシ栽培をする

老人とその孫娘の姿を描いています。
冒頭の説明の字幕は何度も見直しました。

「この川は春の雪解けとともにコーカサスから肥沃な土を運び、

中州を作る。地元の農民は、その中洲で春から秋にかけて

とうもろこしを育てている。彼らは来るべき過酷な冬に向けて

食糧を確保するのだ」

つまり定住するのではなく、雪解けの時期に中州ができたとき

だけ、そこで生活をし農業を営むのです。それはアブハジアに

住む人々が全員同じというわけではなく、多くの民族から形成

されている国であり、それぞれが固有の風習、生活習慣を持ち

続けているということなのです。
川の水の流れ、鳥がさえずる声、風が吹いていく音、草むらから

聞こえる虫の音に耳を澄ませるほど静かな場所で、一人の老人が

舟を漕いで中州に渡り、少しずつ何かを建て始めます。

 

とうもろこしの島

出典:IMDb

 

そのうちに孫娘らしい少女も加わり、彼女が老いた祖父を

さりげなく手伝うという優しい姿を目にすると、この映画が

急に暖かく感じられ始めるのです。
しかし突然響き渡るモーターボートの音の先に目を向けると、

そこには軍服姿の兵士(ジョージア兵)が銃を構えて乗り込んで

おり、この中州を挟んで両岸でジョージア軍とアブハジア軍が

戦闘を行っているのだと知ります。
「中州は耕すものの土地」
祖父の言葉通り、彼らは老人たちを攻撃することはありません。

例年のようにトウモロコシを撒き、育て、小屋でその収穫を

待つ、という行動をするだけなのです。

 

とうもろこしの島

出典:IMDb

 

とはいえ戦闘は、傷ついた一人の兵士を助けるという

「いつもとは違う」

出来事を引き起こします。
一方、孫娘は、恥じらいを覚え、祖父の見えない場所で着替え

たり、真夜中に水浴びしたり、膨らみかけた胸をのぞいて

みたりするのです。恥じらいだけではなく、今まで祖父しか

できなかった川魚をさばく行為もできるようになります。それが

「成長」だとしたら、祖父は「老い」を実感しつつ同時に「喜び」

も感じていたはずです。ところが孫娘は傷ついた兵士が回復して

くると、彼に好意を持ってしまうのです。高いトウモロコシの

木の間をじゃれ合うかのような姿は、何と言っていいのか、

少女にとっての初めての気持ちを抱いた時と言ったらいいので

しょうか。

言葉すら通じない相手なのに。
トウモロコシが収穫の時期を迎えようとしている時、ジョージア軍

兵士が彼を捜すためにこの島に上陸した時には、すでに彼はおらず、

トウモロコシを刈る孫娘はその葉で手を切り、涙をこぼします。
この涙の理由は、手が切れて出血したことへの痛みだけじゃない

んだよね。

 

とうもろこしの島
出典:IMDb

 

幻想的な川上の景色と、中州に忽然と姿を現したかのような小屋と

トウモロコシ畑は、まるでおとぎ話の中に出てくる映像のように

思えます。そしてこの中州はこれからも多くの人々によって耕されて
いくのだと感じています。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 


みかんの丘

3

JUGEMテーマ:洋画

 

みかんの丘

出典:IMDb

 

「みかんの丘」

原題:Mandariinid/Tangerines

監督:サザ・ウルシャゼ

2013年 ロシア=グルジア=エストニア映画 

87分

キャスト:レンピット・ウルフサック

     エルモ・ヌガネン

     ギオルギ・ナカシゼ

     ミヘイル・メスヒ

 

内戦下のジョージアに暮らすエストニア人のイヴォは

ミカン箱を作り、隣家のマルゴスはミカンを栽培して

いる。互いの家族は本国に帰り、どちらも一人暮らし

だったが、ある時チェチェン人とジョージア人の戦闘で

けがを負った二人の兵士の世話をすることになる。


<お勧め星>☆☆☆☆ 絵画のように美しい景色と素朴な

人たちの姿に最も似つかわしくない戦争というものが

同時に描かれています。


殺す権利を誰が与えた


1991年にソビエト連邦が崩壊し、ジョージア

(当時グルジア)は独立しますが、西部に住むアブハズ人が

1992年に独立宣言をしたため紛争が始まったのです。

この映画は1994年に停戦合意が成立するまでの混乱した

時期を描いており、登場する人物が少ないながらその背景が

複雑です。

 

みかんの丘

出典:IMDb


アブハジアに暮らすエストニアからの移民、イヴォとマルゴス。

アブハジアを支持するチェチェン人傭兵アハメド、アブハジアを

ジョージアとして教え込まれているジョージア人兵士ニカ、

その他に「兄弟」と呼びつつイヴォたちの様子をのぞきに来る

アブハジア人兵士、そしてチェチェンの背後にいるロシア兵と

いう構図です。
この紛争の大義は「領土を守る」ということであるものの、

そもそも戦争とは無縁だった元俳優のジョージア人や生活費の

ために傭兵になったチェチェン人の存在を考えると、自分と密接に

関係のあることで戦闘に加わったとはとても思えないのです。

 

みかんの丘
出典:IMDb

 

ミカンの木箱を作るため、木にカンナをかけているイヴォの

もとにやって来た礼儀知らずの兵士2人は、食糧をもらうと、

ちゃんとお礼を言って去っていきます。何もそこにある食べ物を

全部略奪するというわけではありません。イヴォの親切な行為に

感謝して去るほどなのです。

ところが突然外から銃撃と爆発音が聞こえ、先ほどの兵士たちと

ジョージア人兵士が衝突をします。イヴォの家の隣に住み
同じように家族をエストニアに帰したマルゴスは、たわわに

実ったミカンを摘む作業をする人手を求めているものの援護は

ありません。互いに静かに自分たちに家で自分たちの仕事をして

いるだけなのに周りだけが騒々しいのです。
そして例の戦闘でたまたまチェチェン人アハメドとジョージア人

ニカが生き残ります。意識のあるアハメドは鼻息が荒いんですよ。

「仲間の仇を必ず撃つ」
しかしイヴォはただ静かに、そして強く

「この家で殺しは許さない」

と言い切ります。そうは言っても敵味方が1軒の家にいるのですし、

さらにイヴォにとってもジョージア人を匿っていることは、

自らの身を危険にさらすことを意味します。それでも二人を

同じように介抱し、食事を与え、それぞれが回復していくと、

イヴォに対しては「感謝」の気持ちしかなくなるんですね。この

2人の胸の内が変わっていくのを短い時間に丁寧に描いています。

最初は互いの部屋に鍵をかけ、危険を回避していたイヴォが

「信頼」の意味を込めてその鍵を外します。それでも目を合わせる

ことはなく、目を背けたまま二人は罵り合うんです。

面白いことにイヴォはしょっちゅうお茶を勧めるんです。
まるでイギリス人の「あなた、お茶はいかが?」みたい。
そのお茶を飲むことで、数ミリずつ二人の距離が近づいていく

ような気がします。
「お前のような悪魔からアブハジアを守る」
「ちゃんと歴史を習わなかったのか?学校へ行かなかったのか?」
噛み合うはずもない口論を止めるのは、そこに住んでいるものの、

エストニアという別の国から来たイヴォです。そしていつしか

互いの仲間の死を悼むという極めて人間的な心を抱き始めます。

 

みかんの丘

出典:IMDb

 

人間の心はとても複雑で個人個人がそれぞれ異なった感情を持って

いるはずなのに、「敵」「味方」と2つに分けることによって

いとも簡単に操ることができる生き物に変わってしまうのです。

いやそうなってはいけない。
橙色に光り輝くミカンやその青々と茂った葉をたくわえた木々

などを印象派の絵画のように映しつつ、突然始まる銃撃や空爆は、

あまりに不釣り合いで「戦争が終われば...」のささやかな望みすらも
一瞬で打ち砕くむごいものだと実感します。
イヴォの美しい孫娘マリについて多く語らなかったのは、そこに

何かがあったのでは?と考えてしまうラストでもありました。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


運命は踊る

4

JUGEMテーマ:洋画

 

運命は踊る

出典:IMDb

 

「運命は踊る」

原題:Foxtrot

監督:サミュエル・マオス

2017年 イスラエル=ドイツ=フランス

=スイス映画 113分

キャスト:リオル・アシュケナージ

     サラ・アドラー

     ヨナタン・シライ

     ゲフェン・バルカイ

     デケル・アディン

 

ミハエルとダフナのもとに息子ヨナタン戦死の知らせが

届く。悲嘆にくれるダフナと軍の指示で葬儀の準備をする

ミハエルだったが、さらにそこへ戦死が誤りだったことが

伝えられる。彼は喜ぶ妻とは逆に息子を即刻呼び戻すことを

要求するのだった。


<お勧め星>☆☆☆☆ 前半と後半で全く雰囲気が変わり

ますが、登場人物の胸の内が丁寧に描かれていくのが分かり

ます。


どこへ行こうと同じ場所に戻る


原題「Foxtrot」は映画内でヨナタンが説明するように、

社交ダンスの1つであり、そのステップが、前、前、右、

後、後、左と進むというもので、この通りに動くと結局は

元の位置に戻るというもの。
このダンスは前半のミハエルの母が入居する施設で老人たちが

スローに踊り、中盤、検問所にいるヨナタンが、かなり現代風に

アレンジして踊っています。

 

運命は踊る

出典:IMDb

 

そしてステップの意味することが最後にハッと理解できるのです。
始まりは、ミハエルとダフナの住む家に、息子ヨナタンの戦死の

知らせを持ってくる兵士の姿からです。何のBGMもなく、ただ

玄関ブザーの音、ドアの開閉の音、犬の泣き声のみが聞こえます。

気を失ったダフナと茫然とするミハエルが映り続け、ミハエルの

姿を真上から映し、彼の喪失感の大きさを描いていきます。心は

冷え切り、無意識に動いているだけかのようです。
そして全て軍に仕切られ、葬儀の段取りも進んでいくと、ミハエルは

軍が派遣したラビ(ユダヤ教の指導者)に「棺の中身を見せろ。」

「棺の中身は何だ。」と強く問うのです。受け止めきれない喪失感は
やがて怒りに変わるし、ようやく納得しかけたところに、今度は

「戦死は別人」という知らせが届きます。

 

運命は踊る
出典:IMDb

 

「もうたくさんだ」一人で抱え込み、人前で涙を流すことはなく、

トイレで声を殺して泣くだけが唯一の救いだったミハエルは、

この知らせに怒りまくるのです。

 

運命は踊る

出典:IMDb

 

逆にダフナは「生きていたからよかったじゃない」と明るい

表情を浮かべています。彼女は鎮静剤を打たれて眠っていた

ので、その間のミハエルの苦しみは見ていません。だからミハエルが

「即刻連れ戻せ」と主張することに理解できないのだなと思って

いたけれど、そこにはもっと深い胸の内があったことを知るのは、

本当に映画の終わり付近です。

 

運命は踊る
出典:IMDb

 

一方、ヨナタンのいる北部の検問所は、ラクダが通行するような

のどかな場所です。寝場所は、日に日に傾いていくコンテナの

中であり、その傾きを調べるために毎日缶を転がすのが少しだけ

おかしい。

 

運命は踊る
出典:IMDb

 

「何と戦っているのか」そもそも「戦争をしているのか」すら

実感できない状況で、彼らは毎日1台くらい通行する車を検問して

いきます。何もない場所で、起きるはずのないことが起きるのが

戦争なのだと痛感するのは、検問する時の兵士の態度が、明らかに

支配する側そのものだからかな。さっきまで無駄話をしていたのに、

無表情になり、車に乗った人物に冷酷に命令をするのみ。そこに
人間性のかけらも見られません。こんなにも変わるものなの

でしょうか。

そしてそこに存在する「正義」は、個人のものではなく「軍」の

判断によるものが全てです。
ミハエルの聖書の話は、彼が前半、なぜあのように強く振舞った

のかを全て象徴しているもので、実際は強くないことを、ダフネだけ

でなく、子供たちすらも知っており、気づかれていることを

知らなかったのはミハエル自身だけだったというのは皮肉なもの

でした。
幸せな時は、その瞬間には感じなくて、後から気づく

ーこれは幾度経験しても失敗してしまうものなのでしょうね。

だから未来へと希望を持ち続けることが、自分の罪を帳消しに

するものだと信じてしまうのです。
それは全く正しい事ではあり、乗り越えるためのチャンスは幾度

でもあると思いたいです。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


ロープ 戦場の生命線

3

JUGEMテーマ:洋画

 

ロープ

出典:IMDb

 

「ロープ 地上の生命線」

原題:A Perfect Day

監督:フェルナンド・レオン・デ・アラノア

2015年 スペイン映画 106分

キャスト:ベニチオ・デル・トロ

     ティム・ロビンス

     オルガ・キュリレンコ

     メラニー・ティエリー

     フェジャ・ストゥカン

 

1995年、バルカン半島で「国境なき水と衛生監視団」

は住民の水源である井戸に投げ込まれた死体を引き上げて

いた。しかしそのロープは切れてしまい、彼らは地雷が

置かれている危険な道路を車で走り、ロープを探すことに

なるのだったが...。


<お勧め星>☆☆☆☆ のどかな雰囲気を漂わせながら、

実は重いテーマを扱っており、それがかなり違った角度

から描かれています。


今だけを見て進むだけ


水は人間が生活していくうえで必要不可欠なものであり、

砂漠地帯や山岳地帯ではその水を求めて何時間もかけて

歩いていくという現実があります。その水源が井戸で

あったとき、もしも紛争が起きて敵味方に分かれたら、

その井戸を使えなくする行為を考えつくのは当然なのかも

しれません。しかしそれは敵が行ったとは限らず、

もしかしたら水を有料で販売して商売をしようと考える

不届きものの行為かもしれない。この映画では井戸に死体が

投げ込まれ、それを引き上げるためのロープがあと少しの

ところで切れてしまったため、ロープを求めてひたすら

車で移動する「国境なき水と衛生監視団」のある1日が

描かれているのです。

 

ロープ
出典:IMDb

 

この団体の現場のリーダーはベニチオ・デル・トロ演じる

マンブルゥ。「ボーダーライン」(2015)の眼光鋭い男

とは打って変わって、心は優しいけれど、女にはだらしない

男です。

 

ロープ
出典:IMDb

 

相棒のビーを演じるのは「ミスティック・リバー」(2005)

のティム・ロビンス。それにフランス人ソフィーと現地通訳

ダミールが2台の車で行動していくのです。
場所はバルカン半島のどこか。時は1995年。映画内で

「ボスニア」というセリフがあったことから、セルビア人が

ボスニアからの独立を目指して戦争を繰り返した

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ紛争直後のその地域を描いていると

思われます。「平和協定」がNATO主導のもとに締結され、

国連軍が駐留していても「国際紛争中でなければ行動しない」し、

「地雷があれば除去に向かう」というあくまでも杓子定規な
考え方は現場で通用するはずもない。それは誰でもわかること

だけれど、さらに深く考えると、「国境なき水と衛生監視団」

が住民のために活動をしている、武器は持っていないとアピール

したところで、所詮彼らは「外国人」=「よそもの」なのです。

地元民にすると「外国人は戦争とともに来る」と考えられ、

無償の好意だとしてもそれが必ずしも受け入れられるわけでは

ないのです。したがって切れたロープの代わりを購入するために、

危険を冒して町に向かっても、目の前に山ほど置かれたロープを

販売してもらえません。
たかがロープ、されどロープ。

ロープがなければ井戸の死体は引き上げられないし、そのロープを

入手するために、地雷や武装組織を避けながら移動しなければ

ならないのです。さらに死体は腐敗するので24時間以内に

引き上げないといけないというタイムリミットもあるわけです。

この死体がものすごく太った男?で、その太った理由を話す

マンブルゥとビーの会話がかなり間抜けな内容になっています。

 

ロープ
出典:IMDb

 

実際はかなりヘビーな内容で、地元の子供ニコラがボールを

取られているのを止めに入ると、そのいじめている年長の少年は、

マンブルゥに銃を向けます。子供すら銃を持って武装している

のです。また地元の検問所には捕虜と思しき人々がバスに

乗せられていくのをこの目で見るのです。彼らの行く末は

言わなくてもわかっています。それが紛争地域の現実なのです。
と、どんどん暗くなりそうでハラハラしてきた内容の中に突然

入りこむコミカルなシーンには必ず笑わせられます。新しい女性が

加わったと聞いて覗きに行くとそこにいるのは、かつてマンブルゥと
関係があったカティヤがいるのです。この役は「007 慰めの報酬」

(2008)のオルガ・キュリレンコ。カティヤと付き合った

ものの実はマンブルゥには恋人がおり、それが後にカティヤにばれて、
彼女から恋人サラに二人の関係をバラされてしまうという修羅場が

あったらしい。

修羅場だよな、絶対に。
ロープがあるにはあったものの、それは猛犬をつないだもの

だったり、その犬には鎮静剤が一切効かず、全く別の場所で見つけた

ロープを使うことを決意するものの、それはこの紛争の悲惨さを

リアルに伝えるものであったりと、緊張の糸が緩んだり、強まったり

の繰り返しです。さらにようやく死体の引き上げを再開すると...。
あらゆることが不条理で、机上の論理を振りかざす権力への抵抗も

許されず、また地元民の理解も得られず、それでも彼らは活動を

し続けるしかない。かつて多くの人々の生活の場であった場所が

瓦礫の山と変わっていて、人々は二度と同じ場所に集まることはな

いだろうとしても、過去は振り返らず、そして未来も期待せず、

今、この時を見て進むことが彼らの唯一出来ることなのだと

実感します。

 

ロープ
出典:IMDb

 

最後に乾いた大地に降り注ぐ雨は、その地に住む人々を同じように

濡らし、そして潤いをもたらしていく。しかし彼らは今から

壊れた難民キャンプの便所を直しに行くのだ、と聞くと、この雨は
恵みの雨でありつつ、皮肉な雨でもあると思えて、また少し笑って

しまいました。雨が降る直前に

「これで雨が降ったら便所があふれてえらいことになる!」と

言ったばかりなのです。どうなっているんだろう。

紛争地域の一日を切り取って、静かに反戦のメッセージを伝える

秀逸な作品です。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


スリーピング・ボイス 沈黙の叫び

2

JUGEMテーマ:洋画

 

スリーピング・ボイス

 

「スリーピング・ボイス 沈黙の叫び」

原題:La voz dor mida

監督:ベニト・サンブラノ

2011年 スペイン映画 123分

キャスト:インマ・クエスタ

     マリア・レオン

     マルク・クロテット

     ダニエル・オルキン

 

1939年、スペイン内戦終結後、フランコ独裁政権

へと変わり、敗者となった共和派の人々は次々に投獄

されていく。マドリードの女性刑務所に姉オルテンシアが

収監されているペピは、身重の姉を気づかい必死で面会を

続けるが...。


<お勧め星>☆☆☆☆ 戦いは憎しみと悲劇を生むばかり。

その中で女性たちの強い姿を見ることができます。


希望は持つもの、生きるために。


スペイン内戦は1936年から1939年まで人民戦線

(共和派、ソ連、メキシコなどが支援)とフランコ将軍を

中心とした反乱軍(ナショナリスト派、フランス、ドイツ、

イタリアなどが支持)の間に起きたもので、結果的に反乱軍が

勝利をおさめ、フランコ独裁政権が誕生したのです。しかし

まず内戦時に、反宗教的であった人民戦線軍と古来カトリック、

キリスト教を支持した反乱軍とでは政治的な信条の違いだけ

でなく、宗教的にも対立し、身内、友人、隣人までもが

敵味方に分かれ、双方多くの人々が犠牲になりました。

その結果、独裁政権誕生後は、共和派の戦闘員のみならず、
その恋人、妻、知り合いというだけで、国家反逆罪の罪を

着せられ、激しい弾圧を加えられたのです。これがこの

映画におけるマドリードの女性刑務所の存在であり、その

環境の劣悪ぶりだけでなく、不条理な裁判、無慈悲な処刑の

執行まで描かれます。銃弾の響く音で、幾人処刑されたの

かわかり、それを聞きながら恐怖に怯える女性たちの姿。
同じ国民であっても、敵味方に分かれて戦い、さらには

勝者側が敗者に激しい弾圧を加える構図は、今なお世界の

あちこちで起きている気がしてなりません。
この映画は特に「女性」の視線で描かれており、差別や

偏見を恐れて沈黙していた生き残った女性へのインタビュー

から書かれた小説を基に、自国で製作するのに6年の月日が

かかったということです。
冒頭いかつい女看守が靴音を立てて囚人房へ近づいてきて、

名前を次々に読み上げます。それが何を意味するのか、

泣き叫ぶ女性たちを見ると推測できますが、映画ではその後の

姿も映し続けます。

 

スリーピング・ボイス
 

この中の囚人オルテンシアは、夫フェリペが共和派の戦闘員で

あり、その結果拘束され、他の人々同様に茶番のような裁判を

受けて死刑を宣告されます。口答えすれば容赦なく平手打ちが

飛ぶのです。それは神に仕える身の神父、シスターすらも同じで、

ここまで冷酷になれるのかと驚くばかりです。

 

スリーピング・ボイス
 

またオルテンシアは身重であり、故郷から妹ペピがマドリードを

訪れ、彼女と面会を続けるために、ある家でメイドとして働き

始めます。しかしその家の主人の一族は軍の幹部で、妻は内戦で

共和派によって家族を殺されていました。しかしペピも同じ

内戦で反乱軍によって家族を殺害されています。またこの家の

主人フェルナンドはどうやら共和派らしく、そのせいで医師免許を

はく奪され、会計士をしているらしい。誰もみな内戦で身内を

亡くしたり、職を奪われたりしていた時代なのです。この複雑な

人間関係の中で、ペピはフェリペの仲間のパウリーノと出会い、

恋に落ちます。

 

スリーピング・ボイス

 

一度目はペピが答えなかった質問も月日が過ぎた後に、逆に

ペピから「あの質問をして」とせがみます。このシーンが

何とも言えず、普通なら甘ったるく感じる恋なんだけれど、

この映画をだらけさせるものではなく、ペピの意志の強さを

実感するものになっているのです。

しかしそんな時間はごくわずかで、やはり無事に出産した

オルテンシアの死刑執行の時期が近づきます。
「兄さんは仲間とフランスに無事に旅立ったわよ!」
ペピが必死で涙をこらえながら面会した姉に伝えるシーンでは

不覚にも涙がこぼれました。ペピ役のマリア・レオンはこの

映画でゴヤ女優賞を獲得したとのこと。他のシーンも含め納得の

演技です。
内戦もその後も起こるべきではなかった。

これは戦争というものすべてに当てはまることだと思います。

慈悲深い女看守の姿が印象的でした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男

4

JUGEMテーマ:洋画

 

ウィストン・チャーチル

 

「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから

世界を救った男」

原題:Darkest Hour

監督:ジョー・ライト

2017年 イギリス映画 125分

キャスト:ゲイリー・オールドマン

     クリスティン・スコット・トーマス

     リリー・ジェームズ

     ベン・メンデルスゾーン

 

1940年5月、第二次世界大戦初期、ヨーロッパで

勢力を拡大していたナチスドイツは、フランスへ侵攻

を開始し、イギリスをも脅威にさらし始める。時の

首相となったチャーチルは徹底抗戦を訴えるが、戦況

は悪化の一途をたどるのだった。


<お勧め星>☆☆☆☆ 125分があっという間で大変

見ごたえがある映画です。


never!!


1940年代、ベルギー、オランダへ侵攻すると見せかけ、

実はフランスへ総攻撃を仕掛けたヒトラー率いるナチス

ドイツ。イギリス国内では、戦時対策への失敗から

チェンバレン首相に非難が集中し、野党は連立内閣を

組むことと引き換えに首相の辞任を要求するのです。

冒頭に繰り広げられる首相への攻撃はかなり激しく、次の

首相は戦争内閣であり、とりあえず野党の協力を得られる

人物ということでチャーチルが就任します。実はかつて

海軍大臣だったチャーチルは第一次世界大戦での失敗、また

彼と対立するものの国王と親しいハリファックスは、

かつてインド総督に就いており、インド独立に反対して

いたチャーチルと激しく対立したという因縁を持っていた

のです。したがってこの戦争内閣で失敗しても全てチャーチル

の責任にして次はハリファクッスで、という国王の思いも

あった模様。ちなみに国王ジョージ6世は「英国王のスピーチ」

(2010)で吃音に悩んでいたことが描かれていたように、

この映画でもやや言葉がもつれるシーンが見られます。

そうだ、お兄さんのエドワード8世は、「王位をかけた恋」

と言われた2度の離婚歴のあるアメリカ人シンプソン夫人と

結婚するために、王位を弟に譲ったんだったわ。

 

ウィストン/チャーチル
 

チャーチルを演じるのはゲイリー・オールドマンで、完全に

チャーチル本人に似せたメイキャップを施した日本人

メイクアーチストの腕前は素晴らしく、たるんだ頬や薄い

頭髪などは本物そっくりです。もちろんゲイリー自身も話し方、

立ち居振る舞い、表情1つをとっても全てチャーチルと

同じようになされていて、どちらもアカデミー賞を受賞した

のは納得。写真をググってみても本当に似ています。
監督は

「プライドと偏見」(2005)

「つぐない」(2007)などのジョー・ライト。

「つぐない」は中でも一押しの映画です。そんなことで

つぐないにはならないんだよ!と思わせる内容が美しい

映像と音楽と共に映し出されていました。どちらも

主演のキーラ・ナイトレイは、これまたわたしの大好きな

女優さんです。
さて空爆と戦車でフランスに侵攻するドイツ軍は、

フランスの同盟国であるイギリス軍にも多大な被害を

及ぼしており、フランス内でカレーとダンケルクに

追いつめられていたのです。この名前は聞き覚えがある

はず。そうクリストファー・ノーラン監督の

「ダンケルク」(2017)

ですね。あちらは、ダンケルクの海岸まで追い詰められた

兵士と救助に向かう小さな船の人々などを描いていましたが、
こちらはダンケルクの兵士を救うための作戦「ダイナモ作戦」

の計画から遂行までがチャーチル視点で描かれます。ただ

どちらもカレーに追いつめられた兵士には援軍が来なかった

という事実を見せられ、戦争の作戦における優先順位と

いうものを実感させられるのです。チャーチルからの

電報を読み、茫然と空を見上げる司令官。そして高い空

から落とされていく爆弾が赤く地表を染めていく。幾つの

命が失われたのでしょうか。
しかし映画はその戦いではなく、ナチスドイツの侵攻を

いかに食い止めるかを話し合うイギリスの戦争内閣の姿を

映すのです。イタリアのムッソリーニを仲介にヒトラーと

和平条約を結ぶことで自国民の犠牲を減らそうと考える

ハリファックスと徹底抗戦を訴えるチャーチル。火花が

バチバチ飛びます。前に書いたような因縁もあるので、終盤の

言い争いに熱を帯びるのは当たり前のことなのです。
とても嫌な男に感じられるハリファックスも実は国のために

悪いことを言っているのではなく、その時に何が一番得策

だったのか後から判断するのは簡単、たまたまチャーチルの

策が成功したに過ぎないのかもしれません。

 

ウィストン・チャーチル
 

常に緊張を強いられ、朝昼晩とお酒をたしなむチャーチルが

心を許せるのが、妻であり「ブタちゃん」と言ってねぎらって

くれる。この緩さが何とも言えません。

 

ウィストン・チャーチル
 

また秘書ミス・レイトン役のリリー・ジェームズの毅然と

した姿もとても魅力的です。
「言葉を武器に変える」これは演説の力を意味しているのだと

思います。迷い、恐怖、絶望などを吹き飛ばすような言葉は、

ただ力強いだけでなく、実があり信念のある言葉、綺麗ごと

を並び立てるのではなく、嘘偽りなくさらけ出したうえで、

構築された言葉、そんな言葉こそ聞く側の心に響き、潜在的

な力を呼び覚ますのではないかと思うのです。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


ローズの秘密の頁

4

JUGEMテーマ:洋画

 

ローズの秘密の頁

 

「ローズの秘密の頁」

原題:the Secret Scripture

監督:ジム・シェリダン

2018年 アイルランド映画 108分

キャスト:ルーニー・マーラ

     バネッサ・レッドグレーブ

     エリック・バナ

     ジャック・レナー

     テオ・ジェームズ

 

アイルランド西部の町で取り壊される予定の

精神病院の患者の転院が始まっていた。グリーン

医師はその中のローズという患者の再評価を行うが、

彼女がしたとされる赤ん坊殺しについて疑問を

持ち始める...。


<お勧め星>☆☆☆☆ 愛が強すぎた?いや強すぎる

愛などない。愛の強さを測る尺度も存在しないと思う。


愛を込めて見たものは真実


映画を見ていて先が全く読めないものは、ものすごく

ワクワクするけれど、予定調和の世界にとどまった場合、

だいたい「ま、普通だね」か

「ちっ、見るほどでもなかったね」と思ってしまうことが

多いです。それはサスペンス要素が含まれた映画の場合

特に感じられるのですが、この映画は後者であるにも

かかわらず、わたしの心の琴線に触れてしまったような

気がします。
映画の根底には、アイルランドという国の宗教、カトリックが

大多数を占めていることと、その戒律の厳しさ、そして

1940年代の田舎町での女性差別の状況、さらには

第二次世界大戦におけるアイルランド国内での対立と様々な

ものがあり、ここはやや複雑すぎると感じます。

冒頭、取り壊し予定の精神病院に入院しているローズが

映ります。

「わたしは赤ん坊を殺していない」

と聖書に書き続けたローズの若い頃はルーニー・マーラ、

年老いてからはバネッサ・レッドグレーブが演じ、
その演技力で、ストーリーのほころびも全く気になりません。
アイルランドで未婚の女性が妊娠した際、身内の恥として

強制的に収容させた施設の存在は

「マグダレンの祈り」(2002)

で描かれていました。厳しいカトリックの教えにより、教会が

運営するマグダレン・ホームに収容し、矯正と称して重労働を

課し、生まれた子供は3年後に養子に出されてしまう。

彼女たちの身の上を知ると胸が痛くなりました。
さて、この映画でも戦禍を逃れて叔母の住む田舎町にやって

来たローズの窮屈すぎるほどの日常が描かれていきます。

だいたい、突然都会から移住してきた若くてきれいな娘が

いれば、憧れと嫉妬と好奇心の的になるのは当然のこと

かもしれません。あ、これ、今でも田舎であるよね。

噂好きな人々が、狭い世界で噂だけで一日を終える社会が

存在し、それが楽しくて仕方ないという人たちっているんです。
他に楽しみがないから仕方ないとは言わせない。他に楽しみを

探しなさい。そうすればもっと人生が楽しくなるからね!

 

ローズの秘密の頁
 

ローズの若い頃の話と現在グリーン医師の聞き取りでわかって

来る内容が少しずつ重なり合っていきます。この時に映る

アイルランドの重苦しい雲とその下に広がるのどかな田園風景や

冷たそうな海、さらにはレトロな車や建物は、BGMとして

流れる美しい音楽と共に目を楽しませます。特にローズが

ピアノで奏でる「月光」は、かつてマイケルのために弾いた

ことを思い出しているのを強く感じられるほど、ゆっくりと

静かに心に響くのです。

 

ローズの秘密の頁
 

ローズは田舎町の神父ゴーントにも気にいられ、町の男たち

にも気にいられ、それが「遊び女」のように噂されてしまい、

結局森の中に追いやられるのです。そこで英国空軍の

パイロットであるマイケルと再会するのはかなり出来過ぎた話

だし、マイケルが、町では「敵」とみなされていた「英国軍」

に入隊したこと、そもそも禁酒ホテルが存在する町で酒屋を

営んでいたことなど、もう幾重にもはりめぐらされた
ロミオとジュリエットの世界。そこで2人がギリギリまで純愛を

貫くのも、もどかしいからこそ愛おしい。

 

ローズの秘密の頁

 

そしてもうわかっていたけれど、例の赤ん坊はマイケルの子供

なんですよね。その後、ローズが強制的に収容された

聖マラギ精神病院での仕打ちは目を背けたくなるほどでした。

これが切れ切れに入り込み、今のローズの頭の中でも鮮烈な

恐怖としてよみがえることが伺えるのです。
ローズが赤ん坊を殺したのかどうかは、薄々わかってきます。

とにかく何のひねりもなく、そこに到達していくのも逆に

すんなり受け入れらるのはなぜだろう。
考え直すと焦点がややボケ気味のような気もします。しかし

40年という月日を一挙に取り戻す瞬間のローズの仕草には

心を打たれるはずです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 



カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3082 最後に更新した日:2019/12/10

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM