ディリリとパリの時間旅行

4

JUGEMテーマ:アニメ映画全般

 

ディリリとパリの時間旅行

出典:IMDb

 

「ディリリとパリの時間旅行」

原題:Dilili a Paris

監督:ミッシェル・オスロ

2018年 フランス=ドイツ=ベルギー映画 

95分

声:プリュネル・シャルル=アンブロン

  ナタリー・デセイ

 

ニューカレドニアからやって来たディリリは、配達人の

オレリと友人になる。2人は「男性支配団」という組織

による少女誘拐事件について調べ始めるが、ディリリ

自身にも危険が迫り...。


<お勧め星>☆☆☆☆ パリの名所の美しさに見とれつつ、

ディリリの行動力と映画自体のメッセージに強く共感します。


多様な人々が心から助け合うこと


ヒロインのディリリはニューカレドニアからやって来た

少女であり、それも本来なら乗れないはずのクルーズ船に

乗り込み、伯爵夫人の好意でフランス、パリまで到達し、

その家で裕福な暮らしをしているのです。
しかし彼女自身は幼いながらも「肌の色が濃いと非難される」

と語ります。それを感じながらかつ、映画の後半にはディリリ

は出身地であるニューカレドニアでは「カナック」(先住民)

と言われて阻害され、ここパリでも「カナック」と言われて

よそ者扱いされると言うのです。つまり自分の居場所がないと

いうことがいかに宙ぶらりんであり、それがいかに彼女の心を

傷つけているかを感じます。
とはいえディリリはそういうことにへこたれない強い心を

持っているのです。ここで強い心と言うと、それがない人たちは

弱いと思われるかもしれませんが、強い心は一人で持ち続けられる

ものではありません。彼女の周りで彼女を支える人々がいたから

こそ、彼女は自分の信念を曲げずに進むことができるのです。
ベル・エポックというフランス語で「良い時代」を意味する

その時にディリリはパリで伯爵夫人の元で暮らします。当時の

パリは特に、ヨーロッパでの19世紀末から20世紀初頭、

第一次世界大戦が始まるまでの発達した資本主義のもとで

大衆文化が花咲き、反映した時代でした。それを大戦後に

「古き良き時代」=ベル・エポックと懐かしんで言ったようです。

(「世界史の窓」より)
そこでディリリは、オレリという配達人の若い男性と知り合い

ます。彼はディリリについて好奇心を持つけれど、それはなぜ

ここに来たのかを知りたいだけで、何の差別心もありません。

ディリリはパリ市内で見世物のような扱いをされていたのですが、

普段は伯爵夫人の好意でいろいろな教育を受けさせてもらえた

ことで、とても上品で、フランス語も堪能だし、縄跳びはもう

プロ並みにうまいのです。
ああ、縄跳びは二重飛びができなかった身の上としては

うらやましい限りです。
そしてディリリはオレリとパリ市内を騒がせている「男性支配団」

による少女誘拐事件を追うことを決意します。正義感の強い

女の子と清らかな心を持った青年が力を合わせて問題解決!と

いう簡単な話ではありません。

 

ディリリとパリの時間旅行
出典:IMDb

 

ディリリとパリの時間旅行

出典:IMDb

 

パリはエッフェル塔や凱旋門、オペラ座、モンマルトルなど

繁栄した部分がある一方で、とても貧しい地区も存在するのです。

オレリの三輪車に乗ってそこを通り抜けようとすると、貧しい

身なりの男性がディリリに金をせびります。しかし彼女は

それをはっきり拒否するのです。同じパリに暮していても

このような格差が存在するし、それを知らないですまされない

けれども、そこで子供に金をせびることは人間の誇りを捨てる

ことだとも気づかされます。でもそういう人たちの存在も

ちゃんと心に刻んでおくべきことだよ。
この映画では当時の有名な人たちが次々に登場し、それが普通に

ディリリと会話するから不思議な感覚を覚えます。
マリー・キュリー:女性化学者。ポロニウム、ラジウムを発見。
ルイ・パスツール:化学者・細菌学者。狂犬病のワクチンを開発。
フリーダ・カーロ:女性画家。代表作『ディエゴの肖像』
ヘンリー・マティス:画家。野獣派。代表作『大きな赤い室内』
パブロ・ピカソ:画家。代表作『ゲルニカ』
アンリ・ルソー:画家。素朴派。代表作『眠れるジプシー女』
マルセル・プルースト:小説家。代表作『失われた時を求めて』
クロード・モネ:画家。印象派。代表作『睡蓮』
オーギュスト・ルノワール:画家。印象派。

代表作『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』
エマ・カルヴェ:女性歌手。『カルメン』を得意とする。
シドニー=ガブリエル・コレット:女流作家。

『クローディーヌ』シリーズで有名。
トゥールーズ=ロートレック:画家。

「ムーラン・ルージュ」のポスターを制作。
エリック・サティ:作曲家。代表作に、バレエ『パラード』
フランシス・デ・ゴヤ:画家。代表作『カルロス4世とその家族』
オーギュスト・ロダン:彫刻家。代表作『地獄の門』

『カレーの市民』
カミーユ・クローデル:彫刻家。ロダンの弟子。
サラ・ベルナール:女優。『椿姫』のマルグリット役で、

一躍有名に。
エドワード7世:ヴィクトリア女王の長男。サラ・ベルナールと

付き合っていた。
ルイーズ・ミシェル:女性革命家。アナーキストとして活躍。
ギュスターヴ・エッフェル:技術者。エッフェル塔を設計。
フェルディナント・フォン・ツェッペリン:発明家。

硬式飛行船を開発。
アルベルト・サントス=デュモン:発明家。飛行船や飛行機を

製造。
ポール・ポワレ:服飾デザイナー。コルセットなしの服を作り、

現代服の基礎を築く。
この辺りは知っている人もいれば知らない人もいて、必死で

メモを取りながら見続けました。ディリリがオレリと探偵活動を

するとき、エマ・カルヴェというオペラ歌手の元を訪れますが、

彼女の運転手はディリリのことを「チビ猿」と言うんです。

それに対しディリリは「みんなブタね」と言い返します。

ここは気分がいいぞ、ディリリ。

 

ディリリとパリの時間旅行
出典:IMDb

 

このエマはディリリをこよなく愛し、白鳥の姿の舟の上で

「抱擁」するんです。彼女は終盤にも子供への愛情の深さを

その言葉で表します。「私の太陽」「私のお星様」「私の天使」

ありとあらゆる表現を使うんですね。この姿は本当に優しい

聖母のように感じられます。
オレリが狂犬病に犬にかまれ、足を怪我をしてしまうと、

ディリリが三輪車を漕いでパリの街を疾走するんですね。

「狂犬病なんだー」と言えばみんなよけるからそこは平気。

しかしその病に感染したことで誰もが救いの手を差し出さない

姿は、今の時代でも同じように感じられます。

 

ディリリとパリの時間旅行
出典:IMDb

 

さて「男性支配団」を追う2人は宝石強盗団を捕まえたことで

ディリリが一気に有名になってしまい、実は大変危険な状況に

置かれるのです。ディリリに対して批判的なルブフを活用し、

彼女は誘拐されてしまいます。
この「男性支配団」の活動というのが、本当に下劣で、

「パリを正す」という大義を掲げながら、実は社会進出して

きた女性をかつてのような男性の支配下に置きたいというだけの

ために活動しているのです。
彼らの本拠地は下水道の奥にあって、誘拐され女性や少女は

黒い布をかぶせられ「四つ足」歩行を命令されています。人間と

してではなく、椅子、チェスト、ワゴンなど「もの」として

扱われる訓練をさせられているのです。そこのボスがあまりに

醜悪な姿で、それが人物の心をすべて物語っているのは皮肉

でしょうか。
なんとか一人で勇気を振り絞って脱出したディリリを、オレリや

エマが出迎えます。エマは下水で汚物にまみれたディリリすらも

愛しそうに「抱擁」するのです。この時ディリリは初めて声を上げ
泣きます。それは恐怖と屈辱と絶望を味わったせいだけではなく、

人の優しさを強く強く感じたからでしょう。
そして復活したディリリは、誘拐されている少女たちをすべて

救い出す作戦を練り始めます。実行される作戦は、スリルとともに

美しいパリの夜空とそこを光り輝きながら浮遊する飛行船とが

見事にマッチして、思わず「わー」という声が出てしまいました。

エッフェル塔の上でディナーを楽しむ人たちが見たそのまばゆい

ばかりに輝く飛行船の上で、エマが歌います。
そしてエンディング曲「太陽と雨」はミッシェル・オスロ監督の

作詞、「イングリッシュ・ペイシェント」でアカデミー賞

最優秀作曲賞を受賞したガブリエル・ヤレドが作曲というこれまた

明るく楽しい歌になっています。でも深い意味があるのも感じられ、

その可愛いアニメとともに気分よく見終えることができました。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 


家族を想うとき

4

JUGEMテーマ:洋画

 

家族を想うとき

出典:IMDb

 

「家族を想うとき」

原題:Sorry We Missed You

監督:ケン・ローチ

2019年 イギリス=フランス=ベルギー映画 

100分

キャスト:クリス・ヒッチェンズ

     デビー・ハニーウッド

     リス・ストーン

     ケイティ・プロクター

 

元建設業者のリッキーは配送業者に個人事業主という

形態で雇用される。彼はこれによって借金を返済し、

念願のマイホームを購入し家族を喜ばせようと考えるが、

使用するバンの頭金のため、車を売った妻アビーは
バスで向かう訪問介護に疲れ、息子セブは父に反抗的で

あり、娘ライザは幼児退行していくのだった...。


<お勧め星>☆☆☆☆ これまた社会の矛盾を突いた映画で

あり、理想と現実とのギャップがあまりに広がりすぎている

ことに気づかされます。


週6日1日14時間労働

 

監督は「ルート・アイリッシュ」(2010)

(アメリカだけがイラク戦争の被害者ではないと痛烈に批判

した作品)、

「天使の分け前」(2012)(樽の中での熟成中、年に

2パーセントほど蒸発するその減り分=天使の分け前を
を通して更生していく人々の姿を描く)

「わたしは、ダニエル・ブレイク」(2016)(社会的弱者

には行政がとことん無力であることを思い知らされる)などの

ケン・ローチです。
今回の主人公はイギリスの典型的な労働者階級に属するリッキーで、

彼は訪問介護をしている妻アビーと高校生のセブ、小学生のライザ

の4人でアパート暮らしなのです。彼は自分たちよりも良い暮らしを
子供たちにさせるため十分な教育を受けさせたいし、20年前に

ローンを組む寸前で手に入れることができなかったマイホームを

手にしたいと願ってやみません。今回も運送サービス会社の面接を
受け、それが「個人事業主」という形態であることを知りつつ、

働いた分だけ対価をもらえるということに魅力を感じ、その仕事を

始めます。しかし配送のためのバンは自分で用意しなければならず、
会社からレンタルするよりも自分で買った方が得だと考え、

妻アビーの車を売ってそれを頭金にして、バンを購入するのです。

 

家族を想うとき

出典:IMDb

 

妻アビーも訪問介護の仕事をしており、移動には車が不可欠なの

ですが、バスを乗り継いで、手のかかる老人や障がいを持つ人々の

介護をするために向かいます。この2人の仕事に代表される

ような仕事の形態を「ゼロ時間契約」といい、リッキーは

個人事業主という立場であるがゆえに、過酷なノルマが課せられ、

保障や休みはなく、逆に違反すると大きなペナルティーを

払わなければなりません。それは雇用主に極めて有利かつ、政府

にとっても失業率抑制という意味ではたいへん有効な働かせ方なの

です。それはアビーも同じで、訪問ヘルパーは福祉経費削減に

よって、自分の担当の顧客を全て回るために、決まった時間で

業務終了ということはありません。さらに移動手段の経費は自分

持ちなのす。つまり移動時間や訪問と訪問の間の待機時間が

報酬に含まれないため、限りなく低い賃金で働かされる状況に

陥っています。これがイギリスのおける訪問介護従事者の半数を

超える人たちに当てはまるというから驚かされます。

(イギリス人事開発協会のホームページより)
つまり夫妻共に「働けど働けど楽にならない」という状況なの

です。それでも彼らは息子セブや娘ライザのために、身を粉に

して働き、彼らには自分たちのような暮らしを送ってほしくない、

ちゃんとした大学に入り、ちゃんとした会社に就職し、希望の

ある未来を切り開いていってほしいと願います。
ところがまずセブは、登校せず、仲間と街のあちこちの塀に

スプレーアートをする日々を送っているのです。賢いライザは

そんな兄を起こし、登校し、一人で帰宅すると、冷蔵庫のパスタを

チンして食べる毎日です。

家族のだんらんというものはいつが最後だったのでしょうか。
映画内でアビーが介護する老人に写真を見せるシーンがあって、

「この時はバラ色の人生だったのよ」と語ります。それはリッキー

と知り合ってバーで騒いでいる姿や買うはずの家の前で家族そろって
撮った写真、お腹にライザがいて幼いセブと夫妻が大笑いして

いる写真などです。彼女の向かう先は、誰もが時間通りに終われる

相手ではありません。認知症の老人はわざと食事をテーブルから

落とすし、全身不随の若者は「今は起きたくない」と言い、他にも

からだ中に糞便をつけまくった老女の世話をしたことを電話で

話すときは、事務所の職員相手に涙をこぼしてしまいます。

サービス料を払っているからすべて介護者任せにしている人は

必見です。被介護者から暴力を受けてもヘルパーという立場では、

それをどこへも訴えることができないのです。
リッキーはリッキーで、配送先での小さな言い争いや駐禁切符を

切られそうになり、食事やトイレもままならず、ただ車で走り回って

仕事をし、一日のノルマをこなすと、二人とも泥のように眠って

しまう始末です。
「誰でもできる仕事だから賃金が安い」と話す人を見たことが

ありますが、その誰でもできる仕事を誰かがしているから、人々の

暮らしがスムーズに進んでいくのであって、それが滞ったときの

不便さに想像力を働かせてほしい。

 

家族を想うとき
出典:IMDb

 

それでも楽しい時間もあり、ライザがお休みの日に、リッキーの

配送バンに乗ってお手伝いをすると、顧客がチップをくれるの

です。何分か車から離れるとスキャナーがアラーム音を出す

けれど、それも無視してサンドウィッチをほおばります。これは

後で「配送のバンに誰かを乗せていた」というクレームに

なって事務所に知らされるのですが。

 

家族を想うとき
出典:IMDb

 

またアビーへの夜の突然の呼び出しに、リッキーのバンで向かい、

アビーが仕事をする間、3人で大騒ぎをして楽しむのです。

こんな小さなことでも家族は笑い合えるのです。
ところがセブが学校で喧嘩をし、呼び出しがあったのに、仕事が

終わらずリッキーは校長に会えないまま、14日間の停学に

なったこと、さらにセブは万引きをして捕まり、リッキーは

仕事をキャンセルして警察に向かわなければならない羽目に

なります。家族の時間が必要であっても「やすめない」のです。

休むためには「代役」を自分で手配しなければなりません。

それができなければ「罰金」を支払う必要があるのです。

この蟻地獄のようなシステムは誰が考えたんだろう。要するに

便利、快適な生活を送ることに慣れた人々が、それを生み出す

ためにかなり多くの人々の犠牲を伴っていることを忘れてしまった

結果ではないでしょうか。
「前のような家族の戻りたい」
バラバラになりかけた家族の中でライザが涙ながらに訴えます。

さらにセブについても夫妻は彼の落書きのような絵を理解しようと

するのです。これで家族が再生していくかって?いや根本的な
問題は一つも変わっていないのです。ラストはそうするしかない

リッキーの姿に胸が締め付けられる思いでした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


聖なる泉の少女

4

JUGEMテーマ:洋画

 

聖なる泉の少女

出典:IMDb

 

「聖なる泉の少女」

原題:Namme

監督:ザザ・ハルヴァシ

2017年 リトアニア=ジョージア映画 91分

キャスト:マリスカ・ディアサミゼ

     アレコ・アパシゼ

     エドナル・ポルクヴァゼ

     ロマン・ポルクヴァゼ

 

ジョージア、アチャラ地方の山奥の村で、代々聖なる

泉の水で村人の治療を行ってきたアリは、家を出た3人の

息子ではなく、娘のナーメにその役割を継がせようと

考えている。しかしナーメは偶然出会った青年に心を

惹かれ、普通の暮らしに憧れる。折しも上流に水力発電所が

建設され始め、彼らの泉にも変化が起きるのだった。


<お勧め星>☆☆☆☆ 幻想的な映像と神話のような世界感を

堪能できます。


癒し手として宿命


ただただ川の水が流れる映像で始まるこの映画は、水の音、

鳥の囀り、風が木々の葉をこする音がBGMとなっており、

少し緑がかった映像が幻想的で一気に引き込まれます。

川の水は同じように流れているのに次第に白くなっていきます。

これは何を意味するのか。
そして陶器の入れ物に入った魚を丁寧に洗う少女が映るの

です。周りは雪に覆われており、大そう寒いと思うのですが、

素手で優しく魚を洗い、そして泉に戻すのです。そこへ

やってきた老人が泉の深さを棒で測ります。
暗くなるとこの老人が「フー」と息を吹きかけると離れた

場所にある何かに火が付きます。これが儀式の1つのよう

です。この老人が特別な能力を持っていることを知るのは、

村人たちが意識のない若者を運んできた時で、老人が泉の

水で顔や手を湿らせると、何ということでしょう。若者は

急に意識を取り戻し、起き上がって歩いていくのです。

 

聖なる泉の少女

出典:youtube

 

それを窓からのぞいているのが、先ほどの少女ナーメで、
どうやら二人は親子らしい。
この少女がいくつなのかわかりません。ただ同じ年代の少女と

違って学校へ行ったり遊んだりはしたことがないのです。

それでも、家を出る時はしっかりスカーフで髪の毛を覆って

いた彼女が家から離れるとそれを外し、首に巻くしぐさを見ると、

それなりにお洒落に関心があるのだと気づかされます。
この家にはほかに3人の息子がいるのですが、1人は無神論者の

教師、1人はイスラム聖職者、1人はジョージア正教司祭と

なっており、誰も父の跡を継がなかったのです。
ところでジョージアという国は、名前は知っているものの、

ほとんどなじみがない国で、唯一有名なのは相撲取りの栃ノ心の

出身国というくらいでしょうか。2015年4月までは、日本は

この国をグルジアと呼んでいました。そしてもとロシア帝国、

ソビエト連邦の支配下でしたが、(スターリンの出身地)独立後は、

反ロシア政策をとっているようです。
さてナーメの父アリは、ある日、泉の水が減っていることに気づく

のです。さらにナーメには車のオーバーヒートでやけど負った

メラブを例の水で治療する機会が訪れます。このシーンがとても

なまめかしい雰囲気で、赤くなったメラブの背中を、細く長い

ナーメの濡れた指がさする行為は、それだけで胸がときめくほど

です。
またその後、湯あみするナーメが映りますが、それはまるで外の

泉を泳ぐ魚のような美しさを感じます。
ある晩、例の儀式で火をつける力がなくなったアリは、風邪で

寝込み、さらに魚の具合も悪くなります。この時に3兄弟が家を

訪れてジョージアの歌を歌います。これがなんとも情緒あふれる

曲というか、ノスタルジックな思いを抱かせるというか、アリの

存在はかつては大事だったけれど、それは過去のものになりつつ

あることを感じさせるものなっています。(国を称える歌ですが)
こっそりやってみたら実は火をつける能力が自分にあることが

わかったナーメは、ちょっと自信を持ち、そして町で化粧品店に

入って口紅を試し塗するんです。もちろんメラブに会うための準備。

 

聖なる泉の少女
出典:youtube

 

ふたりで水辺に座るシーンはまさに絵画のようです。ただナーメは、

自分が普通の生き方ができないということを確信してしまったん

ですね。先祖代々受け継いいできたものを捨てることができない
こと、つまり他の生き方を見出すことができないとわかって

しまったんです。
そして遂に泉の水は枯れます。序盤からちらちら映る水力発電の

建設によって水流が変わり、また水質も変わってしまったのです。

 

聖なる泉の少女
出典:youtube

 

ラストはまるで水墨画のような景色の中、深い霧が立ち込め、

ナーメがそれと一体化して映り、古来受け継いできたものの

大切さと文明の進歩が相容れないことを実感します。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


残された者ー北の極地ー

3

JUGEMテーマ:洋画

 

残された者

出典:IMDb

 

「残された者ー北の極地ー」

原題:Arctic

監督:ジョー・ペナ

2018年 アイスランド映画 97分

キャスト:マッツ・ミケルセン

     アリア・テルマ・サルマドッティ

 

セスナ機が北極圏に不時着した男は、救助を待ちながら、

毎日規則正しく生活している。そんな時待望の救助の

ヘリが飛来するが、悪天候により墜落し、パイロットは

死亡、女性乗員が瀕死の重傷を負ってしまう。彼は女性の

傷を手当てをするうちに、この場所からの脱出を考え始める

のだった。


<お勧め星>☆☆☆☆ ほぼミッツ・マケルセンの一人芝居

ですが、彼の表情や動きでその時々の心情が上手く表れて

います。


独りじゃないことは生きるうえで重要


オープニングからものすごく寒そうな景色が登場します。

固く凍った足元を掘って何かをしている男が、実は「SOS」

という文字を書いているのだとわかるのは、彼を遠くから

映すシーンに変わってからです。

 

残された者
出典:IMDb

 

この男は、「いつ」「なぜ」ここに不時着したのかわかりません。

また「だれ」であるかもわからないのです。一人で北極圏に

不時着したのだから、会話をする相手もいないため、言葉を

発することはなく彼の名前がわかるのは映画の中盤あたりです。

彼は腕時計のタイマーをかけていて、

→「SOSを掘る」

→「魚釣りの成果を見る」

→「遭難信号を送る」

→「セスナに戻り寝る」

→「起床する」
という行為を日々繰り返しています。足の指は凍傷で黒ずんで

おり、またいつから着ているのかわからないほど薄汚れた

防寒着が印象的です。

 

残された者
出典:IMDb

 

場所は北極圏という設定ですが、ロケはアイスランドで行われた

そうで、−30度の気温の中20日以上の日数をこの地で

過ごしたマッツ・ミケルセンは、「自分の俳優人生史上最も

過酷な経験だった」と語ったそうです。終盤には唇がひび割れ、

髪の毛、まつげ、髭まで凍り付いている姿は本物の寒さの中に

いることを物語ります。
居住場所としているセスナの中には「火」というものがないので

(もしかしたら使い切ったのかも)釣れた魚は生で食すしか

ありません。さらに、ホッキョクグマの襲撃を受けるのです。

ホッキョクグマは優れた嗅覚で匂いを察知し、氷を掘って巣穴に

いる個体を襲う、氷上にある呼吸用の穴や流氷の縁で待ち伏せる、

氷上にいる個体に忍び寄るなどの方法を取る。学習能力は高い

(Wikipediaより)を表すかのように、男が外に隠しておいた魚を

箱を壊してくわえて行ったり、また終盤には執拗に人間を襲います。

彼らはクマの中でも動物食傾向が強いようで、つまり人間も

食べられる恐れがあるというわけです。
動物園のホッキョクグマとは違うんです。
そんなある日、待望の救難ヘリがやってきます。地獄の仏!男は

大喜びで飛び上がってヘリの着陸を待ちます。この時のマッツの

表情は、満面の笑みという言葉が最もふさわしいもので、その後の
失望感は無表情として表されています。

 

残された者

出典:IMDb

 

ヘリは猛吹雪でコントロールを失い、何と墜落してしまいます。

駆け寄ると、パイロットは息絶えているし、同乗の女性は腹に

大けがを負っています。男は、彼女を自分のセスナまで運び、

ヘリにあった救急キットで応急処置をして看病を始めるのです。

ヘリにはなんとカップ麺があり、男はそのまま食べてしまいます。

それほど飢えていたのです。さらにライター、薬、そり、

コンロと、男が今までの生活で一切手にすることができなかった

物を見つけます。「火」は本当に重要で、それで暖を取ることも

できるし、食べ物を温めることもできるのです。さらに地図を

発見し、男は、ここからの移動を考え始めます。
これは自分一人のままなら思いつかなかったでしょうし、そもそも

思いつく要素が手元になかったのです。また助けた女性は言葉が

通じないけれど、その女性を生かすことが彼の目標になってきた

のかもしれません。

 

残された者
出典:IMDb

 

そして女性をそりに乗せ地図にある基地に向けて出発開始。しかし

深い雪の中を重いそりを引いて進む道のりは、かなり難儀で、

1人なら登れる岩山も、女性のそりが持ち上がらず、何度も

滑り落ちるため、危険かつ5倍長くかかる道のりを選ぶことに

なるのです。縁もゆかりもなく言葉もわからない女性だけれど、

毎日水を与え、手を握り返させ、その生を繋いでいく男の姿

には確固たる信念が伺えます。
ちょっとだけ疑問に思うのは、この人たち排泄シーンが一切

ないけれど、男はともかく寝たきりの女性は...なのかしら。

それは本題から関係ないから忘れよう。
男の名前はオヴァガード。女性の名前は身分証が写ったものの

読めませーん。エンドクレジットにも「女」とあったみたい。
そして女性がいよいよ危険な状態になると、オヴァガードは、

彼女を置いていく決断をするのです。すぐに凍ってしまうけれど

涙を流しながら、彼女を置いて先を進もうとした瞬間、雪に

埋もれていた穴に転落します。そして意識が戻ると彼の足は

岩にはさまれていて身動きができなのです。

「127時間」かよ!

あれはあーしたけれど、ここであーしたら確実に死ぬし、

そもそもスイスアーミーナイフ持ってないし。メキメキという

音が画面から聞こえると思わず「ヒエ」と言ってしまいます。

もう絶対に痛い!
これは女性を置いて自分だけ助かろうとした罰だと思い、女性の

元に戻るとなんと女性は「ハロー」と声を出すのです。

オヴァガードは「I'm sorry.I'm O.K.」を泣きながら繰り返して

言います。いや全然OKじゃないですけどね。足の傷はぱっくり

口を開けていますしね。
この辺りのシーンからラストにかけて、もしかしたらオヴァガード

の幻想だったかもしれないし、事実だったのかもしれません。

それがはっきり判断できないのです。ただ思うのは、

「独りでないこと」
こそ生きて行く一番の活力になるのだなということでした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


希望のかなた

3

JUGEMテーマ:洋画

 

希望のかなた

出典:IMDb

 

「希望のかなた」

原題:toivon tuolla puolen/The Other Sode of Hope

監督:アキ・カウリスマキ

2017年 ドイツ=フィンランド映画 98分

キャスト:ヴィッレ・ヴィルタネン

     カティ・オウティネン

     シャーワン・ハジ

     トンミー・コルペラ

 

シリアからフィンランドに密入国したカーリドは、

入国管理局に難民申請をする。彼は祖国の戦禍から逃れる

途中、ハンガリー国境付近ではぐれた妹ミリアムの行方を

捜すために、この国で難民として受け入れてもらい自由に

行動したいと願うが、申請は却下されてしまう。

一方酒浸りの妻と別れたヴァルデマルは、レストランを

買い取り店の支配人となるが、ある日店のゴミ捨て場に

カーリドが隠れているのを見つけてしまうのだった。


<お勧め星>☆☆☆☆ 淡々と描かれる情景の中に善と悪が

混在し、希望と失望も同時に見られる映画です。


誰も僕らを見たくない


港に着いた貨物船が大量の土砂?石炭?を降ろすとその中から

真っ黒な顔が見えてきます。その顔には怯えたような表情を

たたえた瞳が2つ。彼はそのまま簡易宿泊所に向かいシャワーを

浴びるのです。
そこに行くまでの道ですれ違う人々は、彼をよけるか、もしくは

存在が見ていないかのように振舞います。シャワーの水がみるみる

黒く変わり、そして次のシーンでは、中東系の男性が鏡に映るのです。

 

希望のかなた
出典:IMDb

 

彼の名はカーリド・アリといい、シリアのアレッポで起きた爆撃に

よって、一族及び婚約者を失い、唯一の肉親、妹ミリアムとともに、

トルコ国境を越え、ギリシャ、マケドニア、セルビアと移動し、
ハンガリーの国境に到達した時点で、国境封鎖の混乱の中、

ミリアムとはぐれてしまったのです。

 

希望のかなた
出典:Google Map

 

この移動を地図で見ただけでもすごい距離です。もちろん陸路、

海路、徒歩と手段は様々ですが、彼らには何の保証もなく、

常に危険と隣り合わせなのです。
監督は「ル・アーヴルの靴磨き」(2011)のアキ・カウリスマキ。

あの映画ではフランスの移民問題を扱っており、同情、親切心、

献身する善人と、それらを裏切る悪人たちをやや滑稽さを交えながら
描いていました。この映画でもどこまでも暗い内容ではなく、ところ

どころ笑うツボが仕込んであります。
さて、もう一人のフィンランド人、ヴァルデマル・ヴィクストロムは、

冒頭に妻に結婚指輪を返し、商売の品を車に積んで家を出ます。

常に不機嫌そうな雰囲気で、商品を売ったお金を違法カジノに
つぎ込み大勝ちしても、相手のチンピラもどきの人物に引けを

取りません。しかしカードゲームって全然わからないなあ。
カーリドは街でバスを待っていると、差別主義者らしき3人組に

「ラクダ使い」と言って暴行を受けそうになります。この時はすぐに

バスが着て助かりますが、そのバスの運転手も明らかにアフリカ系の
移民なのです。彼は入国管理局の聞き取りに対し、

「常に暴力を受けてきた。誰もが僕らを見たくない、見ないふりをする」

と訴えます。

 

希望のかなた
出典:IMDb

 

そしてヴァルデマルは1軒のレストランを買い取るのですが、そこの

従業員もまた個性的かつ移民が存在します。しかしヴァルデマルは、

それについては一向に気に留めず(それが普通)店がいかに儲かるか
知恵を絞るのです。ミートボールと魚料理だけではちょっといかん。

明らかに不景気なことは伝わってきます。とはいえこの店員たちが

ヴァルデマルに賃金の前払いを請求するシーンは、

「他の奴らには内緒だぞ」と言いつつ、ドアの外には他の奴ら
つまり店員が順番に待っているからおかしい。

みんな真面目な顔をしています。
カーリドは、フィンランドに来たのはたまたまだけれど、この国は

平等でいい国だと訴えます。しかし入国管理局では難民申請は拒否され、

強制送還が決まるのです。
「シリアのアレッポ付近では『重大な害』は起きていない。難民と

決定づける要素はない」
同時に映るシリアのアレッポ付近での小児病院への政府軍の爆撃の

ニュースを見ている難民たちは「これが見えていないのか」と誰も皆

訴えるような眼をしています。

 

「シリア内戦は、最初は民主化を求めるデモ運動であったが、反政府軍が

武装蜂起を行い、自由シリア軍を結成したことが要因とされる

自由シリア軍はやがて内部でも意見がわかれ、アサド政権政府軍、

反政府軍、イスラム国という三つ巴の戦いが内戦を泥沼化させることと

なった2017年に入り、アサド政権は内戦において、爆撃の際にサリン

などの化学兵器を使用するという凶悪な攻撃を行い、悲惨な被害を

もたらした(出典:外務省「わかる!国際情勢 最近の化学兵器の使用と

国際社会の取り組み」,2017)」
トランプ政権がシリア撤退を表明したものの、反政府軍とその勢力への

支援は継続しているため、イスラム国がほぼ壊滅した今となっては、

アサド政権を支援するロシアとの代理戦争そのものになっているのです。

 

カーリドは収容所職員の厚意により、そこを抜け出すと今度はクラブで

フィンランド解放軍(ネオナチ)に襲われます。そこをまた良心ある

人々によって救われるのです。このように善と悪が交錯しながら、
映画は進んでいきます。そこを出たカーリドが隠れていたのが

ヴァルデマルの店のゴミ捨て場であり、彼とグーパンチをやり合った

挙句、彼の親切心で店に匿ってもらえることになります。カーリドは
とにかく妹ミリアムさえ呼び寄せることができればいいと、その一心で

働きます。ここでまた保健所のチェックが入る時、かなり冷や冷や

しますが、従業員の機転とヴァルデマルの貫禄でなんとかクリア!

さらに新メニュー「寿司」決定。いや、これはまずいんじゃないか?

 

希望のかなた

出典:IMDb

 

希望のかなた

出典:IMDb


そして妹ミリアムがルーマニアの難民センターにいることがわかる

のです。あの不機嫌そうな表情のヴァルデマルがこんなにも他人に

対し深い愛情を注げるのかと驚くほどの行動を見せてくれます。
それはラスト付近の状況にも繋がるのでしょう。しかしやはり

善と悪は同時に存在するのです。
人間ドラマを描きながら、人の心に存在する深い愛情とその真逆の

薄汚れた憎悪を気づかせてくれる極めて秀逸な映画でした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢

4

JUGEMテーマ:洋画

 

シュヴァルの理想宮

出典:IMDb

 

「シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢」

原題:L'incroyable histoire du facteur Cheval/

   The Ideal Palace

監督:ニルス・ダヴェルニエ

2018年 フランス=ベルギー映画 105分

キャスト:ジャック・ガンブラン

     レティシア・カスタ

     フローレンス・トマシン

     ベルナール・ルコク

 

19世紀、フランス、リヨンの南部オートリープで

郵便配達員をしているシュバルは、妻を亡くし、息子

シリルを養子に出されてしまう。人づきあいが苦手な

彼に声をかけた未亡人フィロメーヌと再婚した彼は、

彼女との間にもうけた娘アリスのために宮殿を建てる

という突拍子もないことを思いつくのだったが...。


<お勧め星>☆☆☆☆ 絵葉書のような美しい景色と

出来上がっていく宮殿と対照的に、傷だらけの手を持ち、

老いていくシュヴァルの姿が印象的です。

 

歩きながら夢を見ている


今はバイクでブーっと郵便物を運んでくる日本郵便の

配達員もかつては、大きな黒いカバンを横掛けにして、

徒歩か自転車で一軒一軒郵便物を配達していました。

ちゃんと郵便物が届いていたのだから、彼らの勤勉さは
世界に誇れるものではなかったかしら。
さて19世紀、フランス、リヨンの南部に位置する田舎町

オートリーヴで郵便配達員をしているシュヴァルは、町を

歩いていても子供までもがバカにしたように笑うし、彼に

郵便物を回収してほしくなくてわざわざ郵便局まで封書を

持参する夫人もいるほど、「変な人」だったのです。妻が

亡くなり葬儀を行っていても、喪主であるはずのシュヴァルは

物陰に隠れている始末。一人息子シリルは、妻の姉妹に
引き取られてしまいます。

 

シュヴァルの理想宮
出典:IMDb

 

水の流れる音、小鳥のさえずり、雲の動きを体感しながら、

彼は来る日も来る日も郵便を配達します。そんな時、

フィロメーヌという未亡人に道を尋ねると、彼女は道を教えつつ、

彼に水を注いでくれます。
「上り坂だから」
ろくに顔も見ず、お礼すらも言ったのかどうかわからない

挙動不審なシュバルに対し、彼女は
「いつも何を考えて歩いているの?」
と尋ねるのです。彼の答えは
「歩きながら夢を見ている」
そしてあっという間に二人は親しくなり、フィロメーヌは妊娠

します。
「話さないけど行動するのよ」

おお、シュヴァル、すごいぞ。しかし前妻との間の息子シリルと

同様に、彼は「子供の扱い方がわからない」のです。実際に女児

が誕生しても、どうやってあやしていいのかわからず、泣いている

アリスに
「シー」
と言うばかり。

 

シュヴァルの理想宮

出典:IMDb

 

それでもフィロメーヌと友人のほぼスパルタ(ここはなかなか

面白い方法)指導により、少しずつアリスの相手ができるように

なります。空に浮かぶ雲や木々の葉の色が移り変わると同様に

彼の心も変わっていくのです。そしてこの夢見る男は

「娘のために宮殿を建てること」を思いつきます。
そのきっかけが、郵便配達の途中で石に躓き、崖を転がり落ちて

けがをしたのに、その躓いた石が変わった形だったことに心を

惹かれたというもの。それから郵便配達をしながら、変わった形の

石を拾っては少しずつ宮殿を作り始めます。フィロメーヌの畑を

一気に壊し、石をゴロゴロ置き始めるのだから、彼女としたら

たまったもんではありません。それでも成長したアリスは

「ここが大好きな場所」
と言ってくれるのです。

 

シュヴァルの理想宮

出典:IMDb

 

少しづつ形になってきた宮殿の中でかくれんぼをし、シュヴァルに

世界の宮殿の話を聞く娘は、もう眼の中に入れても痛くない存在です。
映画の上映時間が半分くらいでこの状況だったので、何かあるに

違いないと思ったら、案の定不幸が起きます。アリスの咳は、

冒頭にシュヴァルの先妻が発していた咳と同じように聞こえ、

おそらくは結核だったのでしょう。娘が亡くなり、悲嘆にくれる

シュヴァルは、川の流れに身を任せ、そのまま流れていき、ぷかぷかと

浮かびます。いつも彼のそばには自然が存在するのです。
一方先妻との息子シリルは立派に成長し、父に会いに来ます。彼が

シュヴァルの家のそばに引っ越してきて洋装店を開くことを報告し、

またこの宮殿を絵ハガキにして売ろうというカメラマンも連れてきて
物事が上手くいきそうになってくると、やはり不幸に見舞われるのです。

 

シュヴァルの理想宮
出典:IMDb

 

作り始めてから33年の歳月を経て、この宮殿は完成しますが、

その直前に雪の中、上から映した宮殿の姿は、目を見張るほどの

細かな作業の連続だったことを伺わせます。これはぜひとも見て

ほしい映像です。
実話に基づいた映画であり、その宮殿が実在することを知ると、

生きているうちに見に行きたいリストに入れたくなりました。
「この世界は生きにくい」
とシュヴァルが序盤に語りますが、誰か一人でも認めてくれる人が

いれば、行先に明かりがともるのではないかとも思うのです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 


イエスタデイ

4

JUGEMテーマ:洋画

 

イエスタデイ

出典:IMDb

 

「イエスタデイ」

原題:Yesterday

監督:ダニー・ボイル

2019年 イギリス映画 117分

キャスト:ヒメーシュ・パテル

     リリー・ジェームズ

     ジョエル・フライ

     エド・シーラン

     ケイト・マッキソン

 

イギリスの田舎町サフォークに住むシンガーソング

ライターのジャックは幼なじみでマネージャーのエリー

と二人三脚でステージをこなしている。しかし一向に芽が

出ない自分に区切りをつけようとした晩、突然世界中が

12秒間停電する。その時自転車事故で前歯を2本折って

入院したジャックが無事に退院すると、「ビートルズ」の

存在を彼しか知らない世界が広がっていた。


<お勧め星>☆☆☆☆ ビートルズの曲に乗せてジャックと

エリーの恋物語が楽しく描かれていきます。


ビートルズのいない世界は退屈

 

<ネタバレしています>

 


「いつもそばにいるマネージャー枠」「ずっと待っていた枠」

「一夜限りの女枠」「愛する女枠」。主人公ジャックの

幼なじみ兼マネージャーのエリーが発する言葉が、女心を

的確に表していて、首をうんうんと何度振ったか分かりません。

 

イエスタデイ
出典:IMDb

 

元教師でシンガーソングライターのジャック・マリクは、

スーパーでアルバイトをしながら、あちこちでライブ演奏を

しているのです。いつもそばにいて彼を励ますのがマネージャーの

エリーで、この役はリリー・ジェームズ。ずっと気になって

いましたが、リリーちゃんは絶対ノーブラです。いや多分。

そして顔が小さくとてもキュートな雰囲気なのにヒップが大きい

のです。これもまた魅力的。
ジャックの歌を真剣に聞いているのは知り合いくらいで、

フェスに出演しても全く人気がありません。ジャックもさすがに

自分の才能の限界に気づき、ある晩、「堅実に生きる」とエリーに

宣言するのです。
ジャックを支えてきた友人以上恋人かなり未満のエリー運転の

ミニからとっとと降ろされたジャックは、自分の自転車で帰途に

着いていると、突然全世界に停電が起きるのです。あちこちの

ビルから明かりが消え、観覧車、テレビ番組のスタジオ、街路灯、

そして地球全体が真っ暗になります。それが12秒間。その間に

ジャックは自転車で大転倒し、顔を強打するのです。
電気が回復し、病院で目覚めたジャックの顔は、笑っちゃいけない

けれど、かなりおかしい。見舞いに来たエリーすらも笑います。

ここまでは特に何の変哲もない映画なのです。しかしジャックの

退院祝いをするパーティーで彼に友人たちがギターを贈り、それで

「Yesterday」を歌うと、皆が「いい歌ね」「全然知らないわ」

「ビートルズ?」と口々に言うのです。
いやこの歌は私だって知っている歌だし、ジャックはまさかあっちの

世界に行ってしまったのかしら?と思うと、違うのです。ジャックが

必死でググっても「ビートルズ」はヒットせず、代わりに

「ビートル」=カブトムシ
が出てきます。もちろんメンバーの名前を入れても出てきません。

さらに彼が持っていたはずのビートルズのレコードすらもなくなって

いるのです。ついでにオアシスも存在しないし、コカ・コーラも

ありません。ペプシはあるんです。スポンサーはペプシか。

コカ・コーラを検索すると「コカイン王」が出てくるのは大笑い。
ジャックはそこで、ビートルズの曲を「自分の作った歌」として

歌うことを思いつくのです。

 

イエスタデイ

出典:IMDb

 

「Let It Be」を家族に無理やり披露させられる時、ジャックの

父やその友人のチャチャで何度も遮られてしまうのには

イラとするけれど、この歌は絶対にみんなが好きになるはず...と

思ったらそうでもない。
それでもギャビンという男にCD製作を勧められ、線路わきの自宅兼

スタジオで録音できることになります。そのシーンでは様々な

小道具を使い、ジャックがエリーとものすごく楽しそう歌い、

歌そのものの醍醐味を感じさせられます。マラカスからのゴム手袋

での手拍子、そしてトライアングル、マイクに向かって大絶唱。

そうしてできたCDをスーパーの商品のおまけとして配り始めます。

しかしながらやはりジャックは「歌う店員」枠から卒業できないの

です。

 

イエスタデイ
出典:IMDb

 

転機はエド・シーラン(本人登場)が自宅にやって来て、彼の歌を

称賛し、次のツアーの前座を頼んだところからです。この時も

ジャックの父が、コントのように邪魔してきます。この小ネタも

結構好きです。

 

イエスタデイ
出典:IMDb

 

そしてロシアでの演奏も大成功し、エドのマネージャー、デブラに

スカウトされてロサンゼルスに向かうことになります。イギリスの

サフォークとロサンゼルスの雰囲気のちがいは一目瞭然だし、
レコード会社の戦略会議の空しい姿には、なんだかちょっとげんなり

してしまいます。ちなみにこの世界にはまだないものがあって

「タバコ」も存在しません。
ジャックはビートルズの曲の歌詞をすべて思い出すためにリバプールの

聖地巡りをするのですが、このシーンはPVのようで歌と共に地名と

映像が流れると、気分はノリノリになれます。

 

イエスタデイ

出典:IMDb

 

ちらりと映る中年の男女の姿はなんでしょう。黄色い潜水艦を持って

いるような気がしたけれど...。
「Hey Jude」では題名にインパクトがないから「Hey Dude」に

変えようなどと語るエド・シーランやらデブラやらレコード会社の

面々は、ビートルズへの愛情のかけらもない、いや元々存在しない

のだから愛情を持てるはずもないか。
ギャビンと付き合っていると言うエリーを取り戻せるのか、ジャック!
ラスト付近のジャックの演奏は、役を演じたヒメーシュ・パテルの

思い通りに歌わせたという事ですが、見事に彼の個性を発揮しています。

彼の思い描くビートルズを見ることができるのです。
そして「Ob-La-Di, Ob-La-Da」を生徒たちと楽しそうに歌うジャック

とそれを見守るエリーの姿を見ると、12秒間の停電で変わった世界

でも変わらないものは存在するし、それに気づかせてくれた奇跡を

実感します。あー素敵な映画でした。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ


レ・ミゼラブル(2019)

4

JUGEMテーマ:洋画

レ・ミゼラブル

出典:IMDb

 

「レ・ミゼラブル」

原題:Les miserables

監督:ラジ・リ

2019年 フランス映画 104分

キャスト:ダミエン・ポナール

     ジャンヌ・バリパール

     アレクシス・マネンティ

     ジェブリル・ゾンガ

 

パリ郊外のモンフェルメイユは移民や低所得者が

多く暮らす犯罪多発地域である。そこの犯罪防止班

(BAC)に新たに加わった警官ステファンは、先輩の

クリス、グワダと共にパトロールに向かうが、そこで
ある事件と遭遇してしまう...。


<お勧め星>☆☆☆☆ 全く予想していなかった展開に

ただ戸惑うばかりでした。


それで何が変わるのか


ヴィクトル・ユーゴーの原作小説「レ・ミゼラブル」は

劇場映画やテレビ映画、舞台、さらには漫画にもなり、

様々な形で目に触れてきました。パン1本盗んだ男が

19年も服役し、その彼が司教と出会ったことで人生が

大きく変わっていったこと、またその彼が市長にまで上り

詰めた時、かつての罪に気づく私服警部ジャベールからの

逃走や、彼が救いの手を差し伸べた不遇な身の上の

フォンテーヌ(これが不幸にもほどがある)とその娘

コゼットとの関り、さらにはフランス国内での混乱の状況が

同時に描かれていました。その中で多くの愛と勇気と希望を

抱き、終盤は涙にくれながらも、この先に待っているであろう
明るい未来を想像したものです。権力と同等に対峙しようと

する民衆の溢れるばかりのパワーを感じましたが、今作では

どうでしょうか。
パリ郊外のモンフェルメイユ。ここは原作小説の舞台になった

街で、パリの東約17kmに位置しています。現在は人通りが

ほとんどないパリ市内も、少し前までは観光客でにぎわって

おり、エッフェル塔、凱旋門、シャンゼリゼ通り、オペラ座

などおしゃれで優美な街というイメージを抱いていたと思います。

しかし少し離れただけで、不法移民や貧困層が多く暮らす

犯罪多発地区が存在しているのです。

 

レ・ミゼラブル
出典:IMDb

 

映画はまずこのモンフェルメイユのBACに新しくステファンが

加わるシーンから始まります。ステファンは決して名前で

呼ばれず、初日から「ポマード」とあだ名をつけられています。

そういえばこの映画内で正しく名前を呼び合う人たちはいません。

BACは「サツ」とひとくくりで言い表され、地区のボスは

「市長」、子供たちは「ガキ」、その中でもこの映画で問題の

発端となる事件を起こした少年もイッサと呼ばれているものの

本名ではありません。彼らには「個人」としての「存在」を

認め合う気持ちがないのは確かです。
そしてステファンを連れて白人警官のクリスとアフリカ系の

グワダが、地区のパトロールに向かいます。麻薬のディーラー、

不法移民、市長、前科者で陰で人をまとめるケバブ店主...。

彼らは誰一人として善人ではないけれど、それを説明する

警官たちも決して善人ではありません。
序盤に父親に警察署に連れてこられ、鶏を盗んだことで

「もう家に置けない、ここで預かってくれ」

と言われるのがイッサです。つまり実の親でさえ味方になって

くれない境遇の子供たちが存在しているのです。
そのイッサは今度はサーカス団のライオンの子供を盗んでしまい

ます。これが負の連鎖の始まりで、BACと全く信頼関係のない

様々な大人たちが、その時々の利害関係で物事を進めていくのです。

 

レ・ミゼラブル
出典:IMDb

 

そこに子供たちへの配慮など一切ありません。
そしてイッサがグワザの放ったゴム弾を顔に受け倒れた時、頭上

にドローンが飛んでいたのです。冒頭からのドローンをのぞき見

に使っている眼鏡の少年が、たまたま飛ばしていてその行為を

撮影してしまったのが、また不運の始まりでした。

 

レ・ミゼラブル

出典:IMDb

 

クリスとグワダはイッサの治療よりドローン探しを優先します。

保身に走るわけです。それをステファンは止めることができず、

唯一薬局で消毒薬を購入することだけが彼にできることでした。
一方ドローン少年も、親に無理やり信仰を押し付けられており、

彼が心を解放できるのがドローンを飛ばしている時だったのです。

しかし彼もその楽しみを奪われてしまいます。
また序盤に大麻を吸っている女子生徒を強硬に職質するクリスは、

その姿を撮影している他の少女のスマホを踏み潰しています。

これが日常の行為だとしたら、その怒りのパワーは幾重にも積み

重なって行くはずで、それがいつ爆発するのかと後半はドキドキ

しっぱなしです。

 

レ・ミゼラブル

出典:IMDb

 

その後半20分の衝撃は、前半の静かな威圧シーンと対照的で、

力と力のぶつかり合いをまさに体感できるものになっています。
全く形を変えているとはいえ、原作の「レ・ミゼラブル」での

市民の行動と似通う熱いエネルギーが伝わってきますが、大きく

異なるのが、その先に「変化」があるのだろうかという疑問です。
それは現実への絶望にも繋がっているとも思うのです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 


北の果ての小さな村で

4

JUGEMテーマ:洋画

 

北の果ての小さな村で

出典:IMDb

 

「北の果ての小さな村で」

原題:Une annee polaire/A Polar Yea

r監督:サミュエル・コラーディ

2017年 フランス映画 95分

キャスト:アンダース・ヴィーデゴー

     アサー・ポアセン

 

デンマーク人のアンダースは、グリーンランドの

小さな村チニツキラークへ教師として赴任する。

しかし現地の子供は、授業に集中せず、また学業より

狩猟を優先する家庭もあり、理想を砕かれたアンダースは
孤立感を深めるのだったが...。


<お勧め星>☆☆☆☆ 短い映画なので雄大な景色と

過酷な自然環境を見ながら、人間本来の姿をしっかり

確認することができます。


物事を単純に考える


グリーンランドというと、社会の教科書に載っていた

世界地図がメルカトル図法で、ものすごく大きな島国かと

思っていたら、実際はオーストラリア大陸の3分の1に

満たない広さと知って驚いたものです。
この映画はデンマーク人のアンダースがグリーンランドの

チニツキラークという人口80名の村で教師をする姿を

本人が演じる、ドキュメンタリーに近い内容です。

 

北の果ての小さな村で

出典:IMDb

 

チニツキラークの位置はこの辺り。
アンダースがなぜにグリーンランドの首都ヌークでなく、

そこをわざわざ選んだのかは、後半になるとわかってきます。

彼が7代続く農場の一人息子であることもキーなのです。
さて現地に向かうアンダースは、雪と氷に覆われた海を船に

乗って進んでいきます。そしてようやく到着した

チニツキラークは、白い雪の中に色とりどりの屋根の小さな

家がぽつりぽつりと建っている箱庭のような場所なのです。

 

北の果ての小さな村で

出典:IMDb

 

水道施設はなく、水を汲みに行くか、サービス施設を利用し、

トイレは週3回汲み取りに来るという。当然パブというな

商業施設があるはずもありません。本当に北の果ての
地であることを実感します。

あ〜あ〜あああああ〜♪という音楽が流れてきそうですが、

聞こえてくるのは、犬ぞり用の犬の吠える声ばかりです。この

犬たちは酷寒の地にありながら、外で暮らし、外で繁殖して

います。ハスキー犬よりも大型で、体毛が厚く、さらに気性が

荒いのが特徴のようです。体重45kg程度のエスキモー犬

というらしく、この映画で見る犬たちも特定の犬種ではなく、

エスキモー犬(雑種)のように見えます。
この地こそ、俺が求めたいた場所、俺がこれまでの経験を

生かせる場所、彼らグリーランド人にデンマーク語を教え、

将来の夢を膨らませてやろう、などという青臭い考えは、

第1日目にして消え去ります。

 

北の果ての小さな村で
出典:IMDb

 

授業中に座っていられない、おしゃべりが絶えない、何か

尋ねてもグリーランド語(アンダースはグリーランド語が

わからない)で答え、それは明らかにふざけたものであること

しかわかりません。
さらに調べていくと、子供たちは実の両親と暮らしている者は

少なく、祖父母と暮らしている者が多いのです。デンマーク人の

アンダースからすると、それは育児放棄なのではないかと

考えるのは当然でしょう。
また無断欠席したアサーの家を訪問すると、応対した祖母が

グリーランド語で「祖父と漁に行った」と答え

「アサーの教師は祖父。学校より祖父の教えが重要」と重ねて

言うのです。

「教育を受けることが子供たちの未来のためになる」という

いたって簡単な話は一切通用しません。

「デンマーク人は傲慢」という言葉さえつぶやきます。

(この辺りはグリーランドがデンマークの旧植民地であった

ことにも関係している)

 

北の果ての小さな村で
出典:IMDb

 

これと並行して犬ぞりに乗って祖父とカジカ釣りに出かけている

アサーが映ります。たった8,9歳の子供に銃を持たせるなんて!

と非難を浴びそうですが、それも含めて、この地ならではの生活習慣
を認めてなければいけないと感じます。
いくら真剣に教えてもそれに答えない子供たちの姿や、親たちが

彼の約束に現れなかったり、道であっても挨拶されないという仲間

外れ感で、彼は思わず実母に電話を掛けるのです。この時に大事な

家のヒーターが故障し、それを直すためには、町から部品を

取り寄せなければならない、それには数日かかると聞いて

アンダースはブチ切れてしまいます。巨体を震わせながら毛布に

くるまってお酒を飲むアンダースを見ると、やや滑稽でもありますが、

この村の人々が暖をとることの貴重さを実感することにもなるのです。
新年の花火が凍てつくような空に昇る時、その音と光が見え、村人

たちの歓声だけが聞こえます。
またアーサの祖父が亡くなった時、祖母がアーサに聞かせる話と

同時に外では、美しいオーロラが見られます。
「デンマークではオーロラは見られない」とアンダースが言うと、

村人は「つまらない国だな」と答えます。

オーロラを自由に見られるのは、その地に住むものだけの特権かも

しれません。
ほとんどの村人が村から出たことがないこの地では、仕事は限られた

ものしかなく、猟師は男の子のあこがれの職業なのです。そして

女性は出産をするので、猟師にはならず、家にいて、男たちの持ち

帰った獲物を捌くという分業体制が自然と続いているとのこと。

もちろん生活のために町へ出稼ぎに行く者もいます。しかしこの地

でのしきたりは脈々と受け継がれていくのです。
短い夏がやって来て、雪の中に埋もれていたアサーの祖父の棺を、

土の中に収めるシーンが出てきます。これらも含めて、自然と共存し、

自然の恵みを自分たちの必要な分だけ自分たちの力で獲得し、
そしてそれを食していく姿こそ人間本来の姿なのだなと実感しました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 


ピータールー マンチェスターの悲劇

3

JUGEMテーマ:洋画

 

ピータールー

出典:IMDb

 

「ピータールー マンチェスターの悲劇」

原題:Peterloo

監督:マイク・リー

2018年 イギリス映画 155分

キャスト:ロリー・ギニア

     マキシン・ピーク

     テレサ・マホーニー

     ティム・マキナニー

     デヴィッド・バンバー

 

ウォータールーの戦いでナポレオン軍に勝利した

イングランドだったが、国内の経済状況は悪化して

おり、民衆は貧困に苦しんでいた。北部イングランド

では、平等な選挙権などを訴える労働者階級の活動家

が集会を開いており、次第に広がる民衆の声に政権

幹部は取り締まりを強化していく。

そしてセント・ピーターズ・フィールド広場で

ヘンリー・ハントの演説会に多くの民衆が集まった時、

突然マンチェスター義勇騎兵団が鎮圧行動を開始する...。


<お勧め星>☆☆☆☆ 長めの映画ですが、終盤の広場

での惨状は目を覆いたくなり、そして何が悪で何が善か

明確に理解できる内容です。


体制の維持のためには恐怖を消し去る


冒頭、1819年、ベルギー、ウォータールーの戦いで

ナポレオン軍に勝利した連合軍およびプロイセン軍の

戦場の姿が映ります。1人そこに立ち、耳元や足元を

かすめる銃弾、砲撃の中、ラッパを吹く兵士が一人。
彼にとって「勝利」を実感するものは一つもありません。

そして長い道のりを徒歩で進み、ようやく生まれ故郷に

戻ると、そこでも「勝利」を感じるどころか、ただただ

貧しい家庭環境が待っているのです。

 

ピータールー
出典:IMDb

 

王族、貴族たちは戦争の英雄に大金を用意する一方で、労働者

階級への締め付けは厳しく、賃金を下げ、「穀物法」

(国内産業を保護するために輸入食品へ高関税をかける)による

食料品価格の高騰、職を失う者の増加など、3重苦を背負わせて

いました。
「彼らに1シリングあげてみよう。すると次は5シリングを要求

する。彼らの欲望はとどまることを知らない」
と映画内で語る治安判事たちは、優雅に紅茶やワインを楽しみ、

そして市民には微罪で絞首刑を言い渡すという威圧的な態度を

とり続けていたのです。
労働者階級の貧しい暮らしぶりは、帰還兵のジョセフ(ラッパを

吹いていた男)の家を中心に丁寧に描かれ、衣服は薄汚れ、パンを

買う金すらろくになく、また仕事もないという状況がそこかしこで
見られるます。

18世紀のフランス革命の時に、飢えた民衆を見て

「パンがなかったらケーキを食べればいい」

と言ったマリー・アントワネットの言葉は、19世紀になった

イギリスでも脈々と受け継がれていたように思えます。
しかしこの映画では、どちらかが完璧に「悪」とは描かれていない

のです。労働者側にも様々な主張があり、それは王政廃止とまで語る

者から、まずは平等な選挙権の要求を求めようと語る者など全く

1つではありません。ただ、彼らは自分たちの生活への不満を、

集会で話し合っていくのです。
その集会に入り込んで、彼らの動きをスパイし、治安判事たちに

伝える者もおり、いかに労働者の行動に敏感だったのかが伺えます。

「庶民は脅して服従」「彼らは無知、無教養」「法による徹底的支配」
日ごとに熱を帯びてくる労働者の動きに、治安判事は、口から唾を

飛ばしながら、それに対する「恐怖」を主張するのです。この辺りは、

どことなく見たような光景を思い浮かべ、とても印象深いです。
「人身保護法」(不当な逮捕や投獄から国民を守る法律)が一時的に

無効化されると、活動家の中心人物はあっという間に拘束され、投獄、

暴行を受けてしまいます。

 

ピータールー
出典:IMDb

 

それでも労働者たちは活動をやめず、遂にヘンリー・ハントと

いう活動家の演説を聞くためにセント・ピーターズ・フィールド

広場に集まることを決めるのです。

 

ピータールー

出典:IMDb

 

それはあくまでも平和的な行進であり、まるでピクニックに行くか

のように、女性も子供も参加し、旗を振り、歌を歌いながら進みます。

この時に治安判事たちがどう動いていたか、何を話し合っていたかも

同時に映るので、やがて起こるであろう悲劇が、いつ、何がきっかけ

なのか、一瞬たりとも目が離せません。

 

ピータールー
出典:IMDb

 

一気に突入したマンチェスター義勇騎兵団が、武器を一つも持たず、

抵抗すらしない人々を押しよけ、切り倒すシーンは、立ちのぼる

砂煙と馬のひづめの音、響き渡る悲鳴とが入り混じって、まさに
地獄絵図なのです。
この行為を報道した新聞社が「ウォータールーの戦い」と対比して

「ピータールーの虐殺」と名付けたとのこと、そしてこれによって

マンチェスター・ガーディアン紙(現ガーディアン紙)が創刊される
きっかけになったことは有名です。
白い衣装に身を固めた女性たちが男性と同様に活動しているのを見て、

彼女たちを口汚く罵るのが同じ女性であったり、また当時は女性

の選挙権など話題にも上らなかったことを知ると、女性が首相に

までなる国になったことは素晴らしい進歩だったと心から思います。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  人気ブログランキングへ

 

 



カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3167 最後に更新した日:2020/07/06

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM