インモータルズー神々の戦いー

0
    JUGEMテーマ:洋画

    インモータルズ

    「インモータルズー神々の戦いー」
    原題:immortals
    監督:ターセム・シン
    2011年   アメリカ映画  111分  R-15 
    キャスト:ヘンリー・カヴィル
         ミッキー・ローク
         クラン・ラッツ
         ジョン・ハート

    遠い昔、世界支配を狙うハイペリオンは、かつて主神ゼウスに
    よって封印された邪悪なタイタン族を解き放つため、エピロスの弓
    を探し始める。一方、彼によって母親を殺されたテセウスは、オラクル
    (巫女)のパイドラ達と共にハイペリオンとの戦いに挑むのだった。

    インモータルズ

    監督がターセム・シンということで、映画で表現されている男たちの
    見事な肉体美、スローな映像の戦闘シーン、飛び散る血しぶきなど
    が芸術のように見えます。
    ストーリーは最近しばしばハリウッド映画に登場するギリシャ神話に
    基づいておりちょっとよくわからないところもあります。それは
    さておき、遠い昔、イラクリオン国のハイペリオンは、世界を支配する
    ため、神の存在を無視し、エピロスの弓を手に入れようと考えるのです。
    しょっぱなから彼によって油をかけられ、燃え上がる人が映ります。
    ハイペリオン役は、ミッキー・ローク。

    インモータルズ

    何度も書きますが、悪役がぴったりになってしまって、かつての美しい
    姿は影も形もありません。それはそれで存在感があるのですが、ちょっと
    悲しいです。
    一方、コルポス半島に住むテセウスは、町の人から疎まれている母親を
    限りなく愛しているのです。この人の筋肉は、まるで絵に描いたように美しい
    体を形成しています。高須クリニックで整形したみたいに思える。

    インモータルズ

    テセウスの母親は、ヘイペリオンによってのどを掻き切られて殺害され、
    彼自身も奴隷として拘束されるのです。そこには、エピロスの弓の行方を
    探すことのできるオラクル(巫女)の4人姉妹も拘束されており、その中の
    本物のオラクル、パイドラと同じく奴隷のスタブロス達と共に逃亡、そして
    ハイペリオンへ戦を挑むのです。
    この映画での戦のシーンでは、「13人の刺客」(2010)のように、スローな
    映像で血しぶきが飛び散り、首やら足やらが切り落とされます。からだが
    たてに横に真っ二つという者もしばしば見受けられます。その一つ一つが
    まるで絵画のように目に入ってくるのです。自白を拒否し、自ら舌を切り落とす、
    また逆にハイペリオンに取り入ろうとして、股間を打ち砕かれる者なども次々と
    映しだされていきます。
    そしてテセウスの師であった老人が、実はゼウスであり、終盤、遂に解き
    放たれたタイタン族の制圧にのりだします。この黄金の神々しい姿と、暗く
    薄汚れて邪悪そのものをイメージしたタイタン族との対比は見事なものです。


    インモータルズ

    歴史スペクタルとしては見ごたえがあると思いますが、個人的には、ストーリー
    が今一つだったかな。「タイタンの戦い」(2010)の方が手に汗を握る内容
    だったと思います。

    <マープルの採点>
    お勧め星   ☆☆☆
    グロ星    ☆☆
    ハラハラ星  ☆☆
    エロエロ星
    ダルダル星


    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ ブログランキング【くつろぐ】

    今朝はちょっと寒い。でも日差しは春ですねえ。

    関連する記事
      コメント
      オ〜!マープルさんも観てましたか(^^♪なかなかの見応えがありましたね。M・ロークの鎧がクワガタ?だったのが笑えました。
      確かに「タイタンの戦い」の方が分かりやすかったです。ゼウスは人間を助けるなと言いながら、結局は神々が地上に降りて助けたのが疑問です。ポセイドンが無駄死にした事になりますよね。本当に全能の神なのか?ペイドラもバージンじゃなくなったら
      予知能力が使えなくなると言ってたけど、簡単にベッドインしてる〜!予知能力の方が大事だと思いますが(;一_一)
      あのラストは子供が引き継ぐのかな?と思いました。
      • あちゃ丸
      • 2012/04/15 9:43 AM
      ミッキー・ロークにクワガタには意味があったんでしょうか?すっかり悪役が似合う俳優さんになっていますね!
      ゼウスの指示を無視してポセイドンが登場し、最後にはタイタンに対して全部の神が出撃しますが、わりと弱いですよね。神ってもっと全知全能のはずじゃなかったっけ?
      そうそう、「予知能力よりあなたと明日を見たい」なんてさっさとベッドインするペイどらもどうも理解しがたいです。美しい肉体美がふんだんに見られたからよしとしますか(^_^)v
      おそらくは人間は同じ間違いを繰り返すから、テセウスのの息子アカマスの出番があるよ、ということですかねえ。
      • ミス・マープル
      • 2012/04/15 11:56 AM
      とても魅力的な記事でした。
      また遊びに来ます!!
      履歴書の見本さん。コメントありがとうございます。
      拙い文章ですが、よかったらまた遊びに来てくださいね。
      • ミス・マープル
      • 2014/06/07 1:25 PM
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      IMMORTALS アメリカ 監督:ターセム・シン・ダンドワール 出演:ヘンリー・カヴィル、ミッキー・ローク、ジョン・ハート、ルーク・エヴァンス、イザベル・ルーカス、他 “すべての運命は、神が握っている。” ギリシャ神話モノ… 遥か昔、光の神と闇の神による争い
      • 肩ログ
      • 2015/02/14 3:41 PM

      カレンダー

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << November 2019 >>

      ブログランキング

      今日のわんこ

      powered by 撮影スタジオ.jp

      アマゾン

      遊びにきてくれてありがとう!

      カウンター

      死語レッスン

      最新記事

      categories

      過去の記事

      コメントありがとうございます!

      トラックバックありがとうございます!

      recommend

      お友達

      ミス・マープルについて

      書いた記事数:3071 最後に更新した日:2019/11/20

      あの映画を探そう!

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM