サラの鍵

2
JUGEMテーマ:洋画
 
サラの鍵

「サラの鍵」
原題:Elle s'appelait Sarah
監督:ジル・パケ=ブランネール
2010年   フランス映画   111分
キャスト:クリスティン・スコット・トーマス
     メリュジーヌ・マヤンス
     ニエル・アレストラップ

1942年、パリに住むユダヤ人のサラは、両親とともにフランス警察によって
収容所へ連行される。その際、サラは、弟ミシェルを納戸に隠し、鍵をかけて
きた。一方2009年、ジュリアは、夫の祖母が所有するパリのアパートへ移り
住む過程で、過去の悲惨な事件について知るのだった。

サラの鍵

「黄色い星の子供たち」(2010)と同じ、ナチスによる「ヴェルディヴの悲劇」について
描いています。
1942年7月16日、ベッドの上でふざけ合うサラとミシェル姉弟。この無邪気な笑顔は
これ以降二度と見られなくなります。
その日、フランス警察によってパリ在住のユダヤ人が一斉検挙されます。サラと彼女
の両親もヴェルディヴにある冬期競技場に収容されてしまうのです。サラはミシェルを
納戸に隠し、「すぐに迎えに来るからね。」と鍵をかけて家を出ます。

サラの鍵

ヴェルディヴでの悲惨な状況は、おそらくこの映画の方がリアルに描いていると
思います。水、食料はなく、トイレもない不衛生な環境に、大量のユダヤ人がひしめき
合っているのです。

サラの鍵

一方、2009年、パリのマレ地区のアパートを訪れたジュリアは、夫ベルトランと
娘ゾーイで、この部屋に引っ越しをしようと考えています。ところがジャーナリスト
という仕事柄、かつてマレ地区のユダヤ人がヴェルディヴの悲劇に遭っていること
を知り、このアパートはもしかしたら...とその過去を探り始めるのです。
サラとジュリアのシーンが交互に映り、そして真実へと近づいていきます。
サラの瞳の奥にとてつもない悲しみを見て取ったサラの夫の言葉。それは弟
ミシェルを連れて出なかったこと、そして納戸に鍵をかけたこと、その後両親と
引き裂かれた収容所生活、そして一緒に脱走した友人の病死。

サラの鍵

これでもかというほどの悲しみを全て見てきた瞳だったのですね。

サラの鍵

45歳にして妊娠したジュリアとそれを喜ばない夫との確執も含めて、夫の家族が
隠してきた過去の事実が露呈していくと、サラについてもだんだんわかっていきます。
こんな悲劇は後世に語り継いでいかないといけません。
映画のラストは希望を持ったものとなっており、この映画に未来を託した気がしています。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆☆☆☆



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

今日は雨降り。少し涼しいくらい。

コメント
久々の満点星ですね。ユダヤというだけで、なぜこの様な事が起きたのでしょうか?二度とこの様な事はくり返してはならないし、決して忘れてはならない事でもあります。ジュリアが記者の仕事をしてなければアパートに収容送りになった人々が住んでいた事も分からなかったでしょう。サラの足跡りを取材してジュリアの心境も変わったのですかね。鍵を閉めなければ、少しはサラの苦悩も違っていたと思いますが、やはり一緒に逃げたかった事が一番の願いだったと思います。ラストは明るい兆しで終わらないと、やりきれませんね。
しばらくは雨模様の日が続くらしいので、映画三昧で過ごす事になりそうです。
  • あちゃ丸
  • 2012/06/16 11:05 AM
ヴェルディヴの悲劇は、フランスに住んでいたのにフランス国籍でないだけで、大量のユダヤ人が犠牲になりました。女性、子どももガス室送りになったんです。こういう事件は映画でないとなかなか知ることができませんね。
サラが養父母とと共にパリのアパートへ行って、納戸の鍵を開けるシーンは、胸が痛くなりました。鍵がかかっている時点でわかる結果ですよね。
そちらも雨ですか?
涼しいので快適に映画三昧の日々が送れそうです。
  • ミス・マープル
  • 2012/06/16 12:59 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3070 最後に更新した日:2019/11/14

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM