宇宙人ポール

3
JUGEMテーマ:コメディ映画全般
 
宇宙人ポール

「宇宙人ポール」
原題:Paul
監督:グレッグ・モットーラ
2011年   アネリカ=イギリス=フランス映画   104分   PG-12
キャスト:サイモン・ペッグ
     ニック・フロスト
     ジェイソン・ベイトマン
     クリステン・ウィグ
     ビル・ヘイダー

グレアムとクレイグは、はるばるイギリスからアメリカのコミコンと
UFOスポットめぐりにやって来る。ところがネバダ州で自動車事故
を目撃し、宇宙人ポールと出会ってしまう。彼らはポールに言われるまま
「ビッグ・ガイ」から離れるために、北へと向かうのだった。

宇宙人ポール

「ホッロ・ファズ 俺たちスーパーポリスメン」(2007)「ショーン・オブ・ザ・デッド」
(2004)などで共演しているおなじみのサイモン・ペッグとニック・フロストが主演
脚本を務めています。イギリス人である彼らが、まさしくおのぼりさん旅行気分で
アメリカへやって来て、アメリカ人のようにふるまおうとする様子はめっちゃおかしい。
それでもコーヒーではなく、紅茶を飲むんですね。
さて1947年、ワイオミング州ムーアクロフトの一軒家で、犬のポールを呼びながら
外に出た少女が謎の光を見ます。
そして60年後、イギリス人のSF作家クライヴ・ゴリングスとイラストレーターの
グレアム・ウォーリーは、アメリカで行われているコミコンにやって来るのです。
「懐かしい感覚だ。」
オタクだらけの会場で、2人は心地よい雰囲気を楽しむのです。滞在先のホテルでは、
「ハネムーンですか?」
と尋ねられながらも、次の目的「UFOスポット巡り」を始めるのです。
「おっとロンドン訛りが出ちゃった。」
聞いていても全然わかりませんが、この辺りもお茶目な2人です。2人の息がぴったりで
彼らの笑いは、オバカになりすぎず、時々しんみりしたりと変化に富んでいて受け入れ
やすい。「Mr.ビーン」とは違うな。
そしてネバダ州エリア51で、ものすごく運転が下手くそな暴走車の事故を目撃するのです。
そして暗闇の中から現れたのは、タバコをくゆらせた宇宙人ポールです。

宇宙人ポール

思わず失禁&失神するクライヴをよそにグレアムは彼と話を始めます。ポールは
もちろんCGですが、まるで本当にそこにいるかのように皆が演技しているので
あれ?これ本物?と思ってしまい.....ません。でも昔から言われ続けている宇宙人
そのものの風貌なんです。それでいてすっかりスレたポールは、タバコや大麻を
吸い、ジャンクフードが大好き。もうすっかりアメリカ人じゃん!さらには多くの
特殊能力を持っているのです。実はポールはこの60年間、いろいろなことに役立って
きたようです。宇宙人とされる風貌も彼がいたからこそらしい。

宇宙人ポール

ポールを追う捜査官ゾイルに加え、宿泊したモーテルからそこの娘ルースを
連れ去ったために、彼女の父親モーゼスからも追われる羽目になる彼らです。
さらには、ゾイルの部下もゾイルを出し抜こうと無線を勝手に傍受し、後を追って
くるのです。このアホ警官はグレアムたちと同じオタクで、かつしょっちゅう映画の
ヒーロー気取りをするところがおもしろい。
また次第に親しくなるルースとグレアムの姿や、ポールと仲良くなってしまい、2人
きりの楽しい旅行が思い描いていたものと変わってしまったことに嫉妬するクライヴ
の落ち込む姿もこれはこれでなんかわかる気がします。

宇宙人ポール

そんなこんなで彼らはどんどん北へと向かうのです。PG-12なのは、ポールが
命を助けたはずの鳥をパクリと食べてしまったことからかな、と思いましたが、
それではなく数回映る万引きのシーンがあるからでしょうね。万引きはいけません。
この後は映画を見ていない人は読まない方が楽しみが増えます。でも書いちゃう。

宇宙人ポール

ラストのだんとつびっくりする「ビッグ・ガイ」の本当の姿。ここまでひねってあると
大笑いものです!おもしろかった。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆☆☆



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

関東は寒いらしいですが、こちらは相変わらず暑い。

コメント
これはてっきり、ディズニー映画と思ってました。イギリス人目線から見たアメリカを皮肉ったブラックコメディーなんですね。その為、数あるパロディーネタがてんこ盛りの様ですね。
マスクをかぶって遊ぶシーン・・・宇宙大作戦
ポールが不時着する時に流れるラジオ・・・フラッシュゴーン
立ち寄ったバーで、バンドが演奏する曲・・・スター・ウォーズIVの「酒場のバンド」
ゾイルがポールをあだ名で呼ぶ名・・・「インディ・ジョーンズ魔宮の伝説」のキー・ホイ・クァンの役名
シガニーが出演している為「エイリアン2」でリプリーが叫んだセリフ「Get away from her,you bitch」と誰かが?言っている
ラストシーンの舞台・・・「未知との遭遇」のデビルズタワー
などなど探せば色々と、こだわっているようですね。でも、娯楽映画だったら、ただ笑って普通に観た方が良いかも?意外と大人も楽しめそうなので、私も観てみますね(⌒▽⌒)
「ドラゴン・タトゥーの女」観ました。フィンチャー版の方が分かりやすかったです。ミカエル役はダニエルの方がよいです。ルー二ちゃんも体張った演技で頑張りましたが、リスペット役はノオミ・パラスの方が迫力ありました。2番目の後見人に暴行されるシーンはノオミの怪演技にアッパレです。それに、背中のタトゥーもオリジナルの方が立派かな?
そういえば、完璧主義者のフィンチャーは、ミカエルがマルティン宅に招かれ、ヘラジカのステーキを食べるマスターショットシーンだけで18テイクも!
その為、ダニエルはステーキを14枚も食べるハメに
(ーー;)絶対にお腹壊したな・・・。2作、3作もダニエルは出演契約しているので、楽しみですo(^▽^)o
  • あちゃ丸
  • 2012/07/22 11:32 AM
もう大笑い、小笑いの連続でした。
あれ?このシーンは?このセリフは?なんてところがいっぱいありましたが、いちいち思い出せるはずもなく、まあ、いいか、と見続けていました。
あちゃ丸さんのコメントで少しすっきりした気がします。
ポールがCGなのに本当にうまく作られていて、ひねた表情や苦しむ表情などがリアルなんですよ。
ぜひご覧になってください。
そしてラストの彼女の登場に笑ってください。
「ドラゴンタトゥーの女」をご覧になったんですね。まだオリジナルが見れていません。ノオミ・パラスってどっかで聞いたなあと思ったら、「シャローック・ホームズ シャドウゲーム」に出演していましたね。ルックス的にはルーニーちゃんの方が好きだなあ。
演技力はノオミさんの方が迫力がありますか。
さて、そろそろ見ないといけませんねえ。
今日も暑いです。部屋にこもってDVD三昧です。
夕方の散歩が憂鬱ですねえ...。
  • ミス・マープル
  • 2012/07/22 1:09 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3191 最後に更新した日:2020/08/08

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM