マンイーター

4
JUGEMテーマ:Horror
 
マン・イーター

「マンイーター」
原題:rogue
監督:グレッグ・マクリーン
2006年  アメリカ=オーストラリア映画   92分
キャスト:ラダ・ミッチェル
     ミシェル・ヴァルダン
     サム・ワーシントン
     ミア・ワシコウスカ

オーストラリアでリバー・クルーズに参加したピートをはじめとする
観光客は、スザンヌ号のガイド、ケイトの操縦で世界遺産の自然を
楽しんでいた。しかし、大きな衝撃と共に船には穴が開き、彼らは
近くの小島に上陸する。夜になり、潮が満ちてくると、彼らを狙う巨大
な生物が出現するのだった。

マンイーター

この映画のキャッチコピーが、「不思議の国のアリスもアバターも、
みんな喰ってやる!噛ミングスーン」だって。なんとも言えないダジャレ。
そんなコピーはおいといて、オーストラリアの国立公園で、ユネスコの
世界遺産に登録されているカカドラ国立公園の壮大な自然の美しさには
目を奪われます。どこまでも広がる湿地帯の中を流れる川。その川の水辺
で水を飲もうとした水牛が、冒頭から、巨大な生き物によって、水の中に
引きずり込まれます。しばしの沈黙の後に訪れる恐怖のタイミングが絶妙
です。

マンイーター

さて旅行記者ピートは、空港で荷物が出て来ず、とりあえずリバー・クルーズ
に参加するのです。参加者は以下の通り。
 エヴェレット、メアリー夫妻  下ネタを話す夫とちょっと喧嘩中
 グウェン  クルーズの船の中で、タバコを吸うマナーのないデブ女
 アレン、リズ夫妻と一人娘シェリー  リズは持病があるらしい。
 ラッセル  チケットは2枚なのに、一人で乗船。骨壺を持っている
 サイモン  すごくいいカメラを持っていることが自慢のオタク
 ピート  旅行記者
 ケイト  ツアーのガイド
さらにモーターボートでケイトをからかいに来る、ニールとコリンという不良も
います。この中で誰がどんな行動をするかは、見かけとは異なり醜くなる者、
やる時はやるさ的な者と様々で、短い時間に見せ場を作ってくれます。
何といってもシェリー役の「アリス・イン・ワンダーランド」(2009)のミア・ワシコウスカ
がひときわ美少女です。そしてニール役は「アバター」(2009)のサム・ワーシントン。

マンイーター

不良の役がぴったりだわ。この2人の出演で最初のキャッチコピーです。
さらにガイド、ケイト役は「クレージーズ」(2009)のラダ・ミッチェル。

マンイーター

自然を堪能して帰路に着こうとした時、客の一人が遠くで救援信号を見つける
のです。ここは一旦帰った方がいいのですが、それでは話が進みません。
約1名を除いて、とっても善良な人々の好意で、船は信号の辺りを目指すのです。
この時も岩肌に彫られた壁画が美しく映しだされます。ところが現地では、転覆
した1隻の船があり、スザンヌ号も大衝撃を受けて底に大きな穴が開いてしまい
ます。何とか近くの小島へ辿り着くも、無線は壊れており、さらにこの小島は
満潮になると水没することが判明。そしてそしてここは巨大なワニの縄張りで
あることもわかってしまうのです。対岸まで渡れば、何とか助かる...あれこれ
思案するうちに突然エヴェレットの姿が消えます。本当にちょっとの隙なので
あれ?今なんかあった?程度なのですが、確かに彼はいなくなります。さらに
途中参加のニールとコリンは、コリンに至っては、モーターボート転覆と同時に
ワニのお口の中に消え、頑張ってくれたニールも消えてしまいます。ハリウッド
スターが消えるのが早すぎかな。まあ、好きなタイプじゃないからいいか。

そしてせっかくニールが対岸まで渡って張ってくれた綱も、
「わたしが1番先に行くわ。」
と勢い込んだ割には途中で
「もう動けなーい。」
と止まったメアリーにしびれを切らしたアレン一家が全員綱に乗ったことで、支えの
木がポキリ。
「ごめん。」
謝りながら戻ってきたアレンが水から上がる瞬間、ワニが襲い掛かるのです。この
タイミングもスリル満点です。
巨大なワニのエサ置場では、おそらくコリンらしき人物の上半身があり、蛆が
たかっています。隅には傷だらけの先ほど消えたケイトがいるじゃありませんか。
活躍しそうもなかったピートが、ケイトを救うために巨大ワニと大格闘。ワニはCG
だそうですが、水に中で回転したり、陸をずるずる這ってくる姿、振り回されるしっぽ
などかなりリアルでした。迫ってくる大きな口にハラハラドキドキの連続です。

マンイーター

右手を噛まれたピートの傷口も実にリアルです。
全体的にテンポがよく、無駄なシーンもなくて結構楽しめる映画です。美しい自然
の中に潜む恐怖を描いた作品としては十分なものではなかったでしょうか。
あっさりしたラストも潔いです。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆☆
グロ星    ☆☆
ハラハラ星  ☆☆
エロエロ星
ダルダル星



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

あ〜、陰気だ。食欲なし。やせるかなあ。

コメント
サム君はこの様な映画にも出ているんですね。ある意味特別出演みたいな扱いなのかな?
ジョーズとかもそうですが、そもそも彼らの住処に人間が立ち入る訳なのに、「人食いザメ」「人食いワニ」とか騒いでいる我々って・・・(^_^;)むこうの言い分は「何邪魔しやがる〜!」って怒って反撃に出ていると思うのですが。ワニの「クルクル回転の術」には笑えますがね。余談ですが激やせの野生の熊、これから冬眠なのに可愛そうですね。自然界は生きるか死ぬかの厳しい世界なのですね。
P・S 気分が優れなければ、試しに玄関先に「盛り塩」でもやってみては、いかがでしょうか?または、部屋の中心でお香を焚くと邪気が払われるみたいです。もちろん、煙は外に出して新しい空気を取り入れて下さいネ。(風水マニアなもので(^_^;))
  • あちゃ丸
  • 2012/09/24 2:08 PM
なぜにこんな映画にと思うし、結構早いうちに食べられてしまうんですよ。でもそこはワニの縄張りだし、それを荒らした人間が悪いのですよね。
でもこの国立公園はとてもきれいでさすが世界遺産という感じです。オーストラリアは暑くて、湿度が多いのか蠅がぶんぶん飛んでいました。夏だからですよね。激やせの野生熊はどこにいるんですか?さいきん鹿や猿も山から下りてきて、人家に近寄ることが多いですね。自然界の食物連鎖が壊されつつあるのかなあ。
盛り塩ですね。早速やってみます。おなかも痛いんですよ(T_T)
  • ミス・マープル
  • 2012/09/24 4:11 PM
これを観た時には、サムもミアも知らなかったんですが、あっという間に有名になりましたね。
静かな中に絶望的な怖さがあって、思った以上に楽しめた作品です。
  • pu-ko
  • 2012/09/28 8:34 AM
製作年度を見ると、まだ彼らが売出し中の時だったんですね。この後有名になったわけですか。
ワニがちゃちだというレビューもありましたが、わたしも期待していなかっただけに楽しめました。
  • ミス・マープル
  • 2012/09/28 10:02 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3070 最後に更新した日:2019/11/14

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM