裏切りのサーカス

5
 
裏切りのサーカス

「裏切りのサーカス」
原題:Tinker Tailor Soldier Spy
監督:トーマス・アルフレッドソン
原作:ジョン・ル・カレ
2011年   フランス=イギリス=ドイツ映画   127分   R15+
キャスト:ゲイリー・オールドマン
     キャシー・バーグ
     ベネディクト・カンバーバッチ
     コリン・ファース

東西冷戦下のイギリス諜報部サーカスでは、内部に潜むソ連の
二重スパイ「もぐら」の存在を追っていた。しかしリーダー、コントロール
の作戦が失敗し、同僚スマイリーと共に現職を解雇されてしまう。ところが
そのコントロールが変死したことから、再びスマイリーの元へ「もぐら」を
洗い出す指令が下るのだった。

裏切りのサーカス

「ぼくのエリ 200歳の少女」(2008)のトーマス・アルフレッドソン監督の
映画です。原作はスパイ小説の大家ジョン・ル・カレ。スパイ映画と言っても
派手なアクションシーンとやカーチェイスがあるわけではなく、ひたすら人間の心の
裏を探り続ける心理戦を描いています。無駄な音楽は流れず、表情が大きく
変わるシーンもほとんどありません。時折凄惨なシーンが入り込み、ピンと
張りつめた緊張感を持続させています。さらに映画内のパーティで歌われている
「ラ・メール」が本当に上手に使われているんです。
ストーリーはかなり入り組んでおり、真剣に見ていても、あれ?この人誰だっけ?
とか、何をしているんだっけ?などと迷うこともしばしばです。というのも映画自体
が過去と現在とさらにその人の回想でできているので、これがいつの
事なのか即座にわからないことがあるのです。でも全然ダラけていません。
冒頭、ジム・プリドーがコントロールの指示で、ブタペストにて極秘任務を行う
のですが、見事に失敗し、彼はその場で撃たれてしまうのです。そしてその責任
をとってコントロールとスマイリーは英国諜報部を去ることになります。スマイリー
役は「赤ずきん」(2011)のゲイリー・オールドマン。


裏切りのサーカス

彼の表情はほとんど変わることがなく、非情なスパイそのものと感じ取れます。
2人が現場を去った直後に、コントロールが謎の死を遂げ、スマイリーは再び
英国諜報部に入り込んでいるソ連の二重スパイ「もぐら」を探すことを極秘で
指令されるのです。かつでの英国諜報部パーティーにおける皆が笑顔に満ちて
いた時間と現在のもぐら捜し、さらに再現されるシーンにおける数々の謎など
がうまく組み合わさって映しだされ、次第に分かっていく真実。そこにはスマイリー
の妻への愛情と彼女の裏切りも存在するのです。
もぐら候補は、ティンカー(鍵職人)、テイラー(仕立て屋)、ソルジャー(兵隊)、
プアマン(貧乏人)とコードネームを持つ、アレリン、ヘイドン、ブランド、エスタヘイスの
4人で、アレリン役は「スノーホワイト」(2012)のトビー・ジョーンズ、ヘイドン役は
コリン・ファース、


裏切りのサーカス

ブランド役は「ザ・ライト エクソシストの真実」(2011)のキーラ・ハインズが
演じています。それぞれの演技が素晴らしく、また個性がうまく演じ分けられて
います。コリン・ファースの何を考えているのかわからない、あの瞳は、スパイに
ぴったりだわ。


裏切りのサーカス

静かなロンドンの町並みやタイプライター、電話機、パブなどが、70年代を
感じさせ、その静けさの中にうごめく非情なスパイの姿を、これまた淡々と
映しだしています。もう一度見たい映画です。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆☆☆
グロ星    ☆☆
ハラハラ星  ☆☆
エロエロ星
ダルダル星




ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

なぜかクシャミが止まらない。

コメント
髪型とかサングラス、服装など70年代がよく醸し出してありますね。スパイ映画らしく「もぐら」「サーカス」「ソルジャー」など呼び方もユーモアがありますね。G・オールドマンやJ・ハートが渋い!
ここで、疑問なのですが、フリオ・イグレシアスの歌と、この内容が合っていない様な気がしましたが、この歌詞にもヒントがあるそうですね。サスペンスというより、男のヒューマンドラマですかね?
P・S  週末は楽しめましたか?お天気は大丈夫でしたか?
  • あちゃ丸
  • 2012/11/12 7:58 PM
結構真剣に見ないと、ストーリーが理解できなくて巻き戻したりしました(^_^.)
歌もいろいろでてきますが、それなりに雰囲気を醸し出しています。洋楽に疎いのでよくわからないのですが、なかなかの名曲が入っているようです。
ゲイリー・オールドマンは渋いです。コリン・ファースはイギリス人というイメージがぴったりです。
週末は2日目は雨で宮島にも行けず、だいたい新大阪でぎっくり腰になったお連れの方がいたものですから、一人で原爆ドームへ行ってきました。やはり心が痛くなりました。
  • ミス・マープル
  • 2012/11/12 9:29 PM
ミス・マープル様
こんばんは。
今日はコメント頂きありがとうございました。
私もTB打たせて頂いたのですが、FC2がお馬鹿なのかなかなか反映されないようですので、こちらに書き込ませて頂きました。
リンクも張って頂きありがとうございます。
勝手ではありますが、私の方もリンクを張らせて頂きました。お時間のある時にでもご確認下さい。

『裏切りのサーカス』
>彼の表情はほとんど変わることがなく、非情なスパイ
ほんとうに、とても『レオン』のあの人と同じとは思えませんね。
また遊びに来させてください。
今後ともよろしくお願いいたします。
  • momorex
  • 2012/11/27 8:48 PM
momorexさん。コメントありがとうございます。
jugenがおバカなのかTBができないようです。
こちらこそまたいろいろ参考にさせてくださいね。
よろしくお願いします。
本当にありがとうございました<(_ _)>
  • ミス・マープル
  • 2012/11/27 10:16 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
監督 トーマス・アルフレッドソン 主演 ゲイリー・オールドマン 2011年 フランス/イギリス/ドイツ映画 127分 サスペンス 採点★★★★ 「誰にも言わないで欲しいんだけどね・・・」と前置きされる話をよく女の人から聞かされるんですけど、“誰にも言わないで
  • Subterranean サブタレイニアン
  • 2016/04/21 2:56 PM
東西冷戦下、英国情報局秘密情報部MI6とソ連国家保安委員会KGBは熾烈な情報戦を繰り広げていた。 作戦の失敗により英国諜報部“サーカス”を去ることとなった老スパイ、スマイリーに、ソ連の二重スパイ“もぐら”を捜し出す密命が下される。 スマイリーは標的である組
  • 象のロケット
  • 2016/04/23 3:34 AM

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3071 最後に更新した日:2019/11/20

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM