スリーピング タイト 白肌美女の異常な夜

4
スリーピング タイト

「スリーピング タイト 白肌美女の異常な夜」
原題:sleeping tight
監督:ジャウマ・パラゲロ
2011年   スペイン映画   101分
キャスト:ルイス・トサル
     マルタ・エトゥラ
     アルベルト・サン・フアン
     ペトラ・マルティネス

孤独な男セサルは、あるアパートの雇われ管理人をしている。何の
幸せも感じず、生きる理由が見つからない彼は、しばしば夜、建物
の屋上に立つ。ところが住人の1人クララに目をつけ、彼女の部屋に
侵入し、クスリで眠らせた上、弄ぶことが彼の生きがいになっていく。
しかしそれは次第にエスカレートしてくのだった。

スリーピング タイト

これは何とも言えない異常な男の生態を描いた面白い映画です。
面白いと言ったらかなり不謹慎ですが、ひどくゆがんだ心の持ち主
セサルのその心の内をものすごくうまく描いているのです。
監督は「REC/レック」「REC/レック2」のジャウマ・パラゲロ。
セサルは、唯一の肉親である母親は、認知症で入院中。夜になると
アパートの屋上に立っては、下を見下ろしているのです。彼は幸せを
感じず、生きる理由も見当たらない。人生相談に電話さえかけています。
雇われ管理人をしているアパートの住人も、形だけの挨拶をしていく者、
素通りする者など、誰も彼のことなど気にかけません。中には、ウルスラ
というマセた娘が、何やらセサルを脅していきます。

スリーピング タイト

表情の変わらないセサルの姿が、とてつもなく恐ろしく感じられるのは
私だけでしょうか。ヴェロニカ夫人は、そんなセサルに毎朝気持ちよく
挨拶してくれるけれど、それさえ実はとてもうっとうしいらいい。
一方、朝セサルが目覚めると、なぜか隣には美女が熟睡しており、彼は
そーっとベッドから抜け出して、彼女の部屋のシャワーを浴び、彼女の
歯ブラシを使って歯を磨くのです。そしてこっそり管理人室へと下りて行く。
そう、セサルは管理人の特権で、全ての部屋の合鍵を持っており、住人
の一人で、毎日明るい表情のクララの部屋に、夜になると侵入しては、ベッド
の下に潜み、鏡で彼女が寝入ったことを確認すると、クスリを使ってさらに
深い眠りにつかせ、彼女を弄んでいるのです。

スリーピング タイトスリーピング タイト

このセサルが、頭はピカピカなのに、眉毛がめっちゃ濃くて、おそらくは
男性ホルモン出まくりなのがよくわかります。この俳優さんがものすごく
ぴったりなんだなあ。さらにセサルは
「他人の不幸が唯一の慰め」
とばかりに、ヴェロニカの犬の世話を引き受けては、余計なものを食べさえ、
その犬を病気にしてしまったり、女性清掃員に、口八丁で恩を売ったりする
のです。
彼はクララが不幸な顔をするのが見たくて、彼女のボディケア商品に薬を
仕込むのですが、そのせいで肌荒れしても、クララは大して動じません。
いつも通り明るく元気なのです。それがかれにとってはイライラする源らしい。
こいつ本当に歪んでします。
「そろそろ本気を出すか。」
セサルは、クララが大嫌いなゴキブリを部屋中にまき散らします。悲鳴を
あげて管理人に助けを求めるクララに対し、腹の中では大喜びしながら、
これまた彼女を助けるために、害虫駆除を依頼することを約束するのです。
この間にもクララには、管理人特権で郵便物を直接ポストに入れるし、携帯、
パソコンにもいたずらメールを送り続けています。クララは一応警察に相談
しているようですが、犯人が全然見つからないんだなあ。逆に言うとかなり
巧妙にストーキングをしており、普通の人間では、思いつかないような犯人
なわけですよ。そのストーカーぶりを小出しに映しだしていくので、見ている側は
ぞっとする恐怖を感じ始めます。この手法は見事なものです。
しかし、遅刻ばかりが続くセサルは、遂に管理人を解雇されます。その上、
いつも通りクララのベッドの下に隠れていると、そこへクララと恋人マルコスが
戻ってきて、彼が横たわるベッドの上でお楽しみ〜。その後2人を眠らせて、
間に入り込んでクララを弄ぶ姿は、もうイカれまくりですわ。ところが、ちょっと
ヘマをして彼は寝過ごしてしまい、何とバスタブで目覚めてしまいます。
シャワーカーテンの向こうでは、クララがお湯はりを始めている。部屋から何とか
逃げ出そうとするセサルの姿は、本当にスリル満点です。

スリーピング タイト

何とかその場をしのいだものの、マルコスに全てがバレてしまうし、警察も動き
始める。さあ、セサルどうする。追い詰められると、こういう男は怖いんです。
真っ赤に染まっていくバスルームの床、そしてウルスラへの本気の脅迫。
ラストに響き渡る(声は聞こえません)クララの悲鳴は、セサルが最も望んだ姿
だったのですね。それしてもストーカーって怖い。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆☆☆
グロ星    ☆
ハラハラ星  ☆☆☆
エロエロ星
ダルダル星



  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

今年は寒くてたまらない。

コメント
星4つとは、面白かったみたいですね。何となくヒラリー・スワンクの「ストーカー」に似ているかな?と思いましたが、ラストが違うみたいですね。薬で眠らされたら、自分の身に何が起きているか分かりませんからね〜(´Д` )こういうやり方でないと、好きな女性に近づけないこの人も、お気の毒ですが行動がエスカレートしてくると、異常という事が分からなくなってしまうのかしら?だから「恋は盲目」とかよく言うのかな?・・・って違いますよね(^_^;)監視カメラは設置してなかったのかな?
「グロテスク」ですが、何となくコメディタッチっぽいなあと思ってたら、やはりそういうシーンもあるんですね。鑑賞済みとは、さすが、マープルさんです。
P・S  「バイオ〜」が12/19にもう発売ですって。早すぎませんかね?9月の公開当日に見に行ったのに何かソンした気分だわ〜。
  • あちゃ丸
  • 2012/11/22 8:09 PM
これは好みがわかれるかもしれませんが、個人的にこの変態おっさんが気に入りました。異常に明るいクララも皆に声をかけるヴェロニカもなんか気に障るし。彼がどんどん卑屈になっていく気持ちが手に取るようにわかりました。とはいえ、このおっさん、元々おかしいらしいです。ここまで如実に描けるとは、監督自身もおかしいのかなあ。
監視カメラはなかったですね。その代わりに覗き見する少女がいましたが(^_^.)
「グロテスク」は「片腕マシンガール」に近いグロさがあり、エロさもありますが、気軽に見られる映画だと思います。
この犯人もものすごくキモイですよ。
「バイオハザオード」はもうDVDですか?
わたしは1作も見てないんですよ。しかし早いですね〜!
  • ミス・マープル
  • 2012/11/22 10:09 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:2978 最後に更新した日:2019/04/22

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM