ディフェンドー 闇の仕事人

4
JUGEMテーマ:コメディ映画全般
 
ディフェンドー

「ディフェンドー 闇の仕事人」
原題:defendor
監督:ピーター・ステッビングス
2009年   カナダ映画   101分
キャスト:ウディ・ハレルソン
     イライアス・コティーズ
     マイケル・リー
     サンドラ・オー

アーサーは、暗黒街の総帥を倒すため、今夜もスーパーヒーロー
「ディフェンドー」を自称し、町へ出かけて悪者と戦う。そんな彼が
売春婦エンジェルことキャットを自分なりに助けたことから、奇妙な
共同生活が始まるのだった。

ディフェンドー

この映画は中盤までは、笑っていいのかちょっと悩んでしまいました。
自称スーパーヒーロー『ディフェンドー』(このつづりが正しくはdefender
であると指摘されるとものすごく怒る)ことアーサー・ポピントンがあまりに
弱いんです。いえ弱いという類の物ではなく、武器と言えるものはビー玉、
蜂、パチンコのゴムそして棍棒なのです。これで格闘に強いかと言ったら
そうでもなく、ただ体が大きいだけ。これで世直しに行くというのは、子供の
スーパーマンごっこ並みの考えです。
彼のヒーロー?姿と、韓国人医師によって精神鑑定を受けるシーンが交互に
映ります。

ディフェンドー

実はアーサーは、幼い頃実母と生き別れとなり、その母がドラッグによって
死亡。彼は母を殺したドラッグというものを売買する「暗黒街の総帥」を敵と
考え、ひたすらそいつを倒すことを思い続けていたのです。
そんな彼が悪徳警官ドゥーニーに傷めつけられていると思い込んで救った
のは、ドラッグのために体を売るキャットです。

ディフェンドー

とことん純粋なアーサーは、それなりにこだわりがあり、間違ったことやズルは
大嫌い。そしてひょんなことから、自らが不死身だと思い込んでしまうのです。
「痛くてつらい時は思い出の引き出しに入るんだ」
このアーサーの言葉を聞くと、彼が幼い頃受けたつらい出来事から、身を守る
ために、自分をヒーローであると信じ、いつかは世直しができると考えたのでは
ないかと思えてきます。
キャットが実父から性的虐待を受けていたことを知り、この男をゴミ箱に押し込めた
罪で彼は、裁判所から「ディフェンドー扮装の禁止」と唯一の友人ポールの家に
引き取られることを言い渡されます。この判決言い渡しのシーンで笑う傍聴人が
映るんですよね。これって笑えないでしょう、と言いたげなシーンです。
「TALK AND SHE DIES」
キャットが拉致され、その紙を手渡された時、意味を取り違えて、一言も発しない
アーサーに対し、ポールは、
「素顔でもすごいことができる」
と諭します。それはかつてあわや車にはねられる寸前のポールの息子ジャックを
アーサーが身を挺して救ったことを指しているのです。

ディフェンドー

セルビアマフィアに対し、ビー玉、蜂、棍棒で戦う、という無謀なことも、アーサー
の純粋な心がゆえにさせたことでしょう。
「銃は弱虫の道具」
アーサーのこの言葉は、アメリカ社会に声高に言いたいですね。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆☆☆



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

こんなに寒いと真冬が越せない...(>_<)

コメント
つい最近、また米で銃乱射事件があったばかりですね。皮肉な事に銃から身を守るには、銃が必要という社会が、既に出来上がってしまっている・・・。
この様な純粋な気持ちのヒーローがいると、子供たちには勇気を与える事ができるかもしれませんね。
しゃくれアゴがウディと、すぐに分かってしまいますが(^_^;)
父が「バイオハザードV」買ってきました。でもレディースデーで鑑賞した事を知らないので付き合って観るしかないかなぁ。
  • あちゃ丸
  • 2012/12/20 3:09 PM
「バイオハザード后廚鯒磴辰討海蕕譴燭鵑任垢諭それは一緒に見るためにですよ。もう一度おさらいの意味でご覧になってください(*^。^*)
この映画は最初はかなりイタイ感じなんです。でも最後は結構感動するというコメディといってはもったいないような内容でした。アーサーが目を黒く塗ったのは靴墨のようですね。派手でない純粋なヒーローそのもです。でも弱すぎですが...。
  • ミス・マープル
  • 2012/12/20 5:06 PM
最近の街角ヒーローものの中でも変化球な作品でしたが、ハレルソンのピュアな演技が嵌っていて、温かさも感じ、良かったです。
  • pu-ko
  • 2013/05/04 12:28 PM
pu-koさん、コメントありがとうございます。
かなり異色なヒーローものでした。
でもおっしゃる通り、ウディ・ハレンソンの演技が最初はややイタいなあ、と思っていたのに、最後にはなぜか心が温かくなったように感じました。
  • ミス・マープル
  • 2013/05/04 9:45 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3191 最後に更新した日:2020/08/08

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM