灼熱の魂

5
JUGEMテーマ:洋画

灼熱の魂

「灼熱の魂」
原題:incedies
監督:ドゥニ・ビルヌーブ
2010年   フランス=カナダ映画   131分
キャスト:ルブナ・アザバル
     メリッサ・デゾルモー=プーラン
     マキシム・ゴーデッド

中東出身の女性ナワルは、双子のジャンヌとシモンに謎の遺言と
2通の手紙を残して息を引き取る。彼らは各々存在すら知らなかった
父と兄を見つけるため、母の祖国へ向かうのだった。

灼熱の魂

原題名は「焼き尽くされた魂」。見終わるとその意味を実感します。
冒頭、まだ幼い少年達の髪の毛を兵士がバリカンで刈り上げるシーンが
映ります。少年の足元に落ちる髪の毛と、その暗い瞳には希望は見えません。

灼熱の魂

そして一人の少年の右足のかかとには3つのドットのタトゥがあるのです。
舞台は変わって、双子のジャンヌとシモンが公証人ジャン・ルベルから
彼らの母親ナワルの遺言を聞かされるシーンになります。その遺言は極めて
奇妙なもので、ジャンヌは父親を見つけ、シモンは兄を見つけ、各々1通の
手紙を手渡し、その後もう1通の手紙を開けた後、墓石にナワルの名前を
刻んでほしい、というものなのです。
「こんな遺言は無視して、ふつうに葬儀しようぜ。」
ドライなシモンは主張しますが、ジャンヌは今まで一切語られなかった母ナワル
の過去を調べるため、故郷レバノンへと渡るのです。2人はカナダ育ちで、ナワル
のことはほとんど知らなかったことに気づきます。母の過去に何があったのか。
そして父は生きているのか。
途中に入り込む、プールで突然表情を失う母ナワルの意味はラスト付近にわか
ります。
ナワルの過去のシーンとその軌跡を追うジャンヌが交互に映り、ナワルの過酷
と一言で片づけてはあまりにも簡単すぎる半生が少しずつ紐解かれていくのです。

灼熱の魂

母の故郷の村では、ジャンヌを歓迎してくれた婦人たちが、ナワルの写真を見た
途端に急に「帰ってくれ」と騒ぎ始まます。レバノンという国の宗教が入り乱れ、
大国に翻弄され続けた混乱と内戦の歴史、そしてそれによる人間の心の崩壊が
全て画面に映し出されていくのです。そこには目を背けたくなるような現実ばかり
が映っています。今なおこんな状況の国々はいくつも存在しているのです。

灼熱の魂

そしてジャンヌから
「次はあなたが兄を見つなさい。」
と託されたシモンは渋々現地に向かうのですが、そこで知った驚愕の事実。
「報復の連鎖は膨らみ続ける」
それはいつ断ち切られるのか。
「沈黙は守られ、そして約束は果たされた」
母のこの言葉に2人だけでなく見ている者も打ちのめされるはずです。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆☆☆☆



  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

寒かったら厚着すればいい?いや、寒いものは寒い。

コメント
レバノンはキリスト教とイスラム教が共存する国ですよね?宗教的な問題はそう簡単に解決できませんから、時が解決する・・・という事にはいかないと思います。ナワルが言いたくても言えない事を「遺言」という形で訴えたかったのでしょうね。真実を知った彼らは、ナワルの生きて来てきた証は、自分たちにも関係ある事に、心を痛めたと思いました。
「ペイド・バック」見ました。H・ミレンが素敵でした。過去に遡った話ですが、これも時代的にややこしい頃だったので、地味でしたがダレる事なく観られました。
  • あちゃ丸
  • 2013/01/18 3:27 PM
レバノンはかつて宗主国だったフランスの都合で様々な宗教が混在する国になっています。キリスト教でも右左といろいろ分かれいるようです。右足のかかとに彫られた3つのドットのタトゥをどこで見たと思いますか。こんな恐ろしいことがまかり通るなんて許されないと思います。
ヘレン・ミレンは存在感がありますね。「RED」でもなかなかいい味を出していましたね(*^。^*)
  • ミス・マープル
  • 2013/01/18 4:49 PM
おはようございます!
コメント&TBありがとうございました。
この作品も重たい内容だと聞いていたので、どれ程までのものなのかと期待を込めて観たのですが、まさかの真実には度肝抜かれてしまいました。
衝撃的過ぎて『プリズナーズ』とはまた違う余韻を残してくれました。
よくまぁこういうのを考え付いたなぁと思います。
  • ヒロ之
  • 2014/10/26 8:05 AM
ヒロ之さん、コメント&TBありがとうございます。
この映画のラストというか真実は、まさに度肝を抜くものでしたね。重い内容だし、暗い内容でもありますが、全てのこの一家に対し、本当につらい現実を淡々と描いていくので、そこもミステリアスでした。
実際にこういうことがあったのでしょうね。
宗教と政治が絡むと人は憎しみを増長させるのでしょうか。
  • ミス・マープル
  • 2014/10/26 1:52 PM
ミス・マープルさん、こんにちはー。
全く重たい作品でした。
こんな内容、こんな衝撃の真実を一人で抱えきれるはずもありません。ナワルがその真実を知った時に自分の時を止めてしまったのも分かります。
子供たちが双子で分かち合える相手がいたことが、せめてもの救いかもしれません。そして自分たちで出来るところまで事実を咀嚼した後、父親の元に向かう。その表情にとても心を打たれました。
彼らはそこで、母の言うとおり「怒りの連鎖」を断ち切った。ナワル一家はここから、新たな一歩を始めて欲しいと思います。
でもそれはあくまでもレバノンではなくカナダに在住する彼らだけの事なんですけどね...
momorexさんコメント&TBありがとうございます。
本当に重たい内容でした。
おっしゃる通り、カナダに住んでいるからこそ、そういう考えを持てたのだと思います。もしもあのままレバノンに残っていたら、彼らはどういう風になったか。
宗教の戒律、少年兵の実態など社会でもっと取り上げなければいけないことをうまく映画にまとめていました。
かかとのタトゥの意味があれほど重くのしかかるとは気づきませんでした。
3つの事象が一挙の1つ集約された時、ナワルは言葉を失ったのもよくわかります。
  • ミス・マープル
  • 2014/12/16 8:31 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
INCENDIES 2010年 カナダ/フランス 131分 ドラマ/ミステリー PG12 劇場公開(2011/12/17) 監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ 『プリズナーズ』 脚本: ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演: ルブナ・アザバル:ナワル・マルワン メリッサ・デゾルモー=プーラン:ジャン
  • 銀幕大帝α
  • 2014/10/26 8:02 AM
11-88.灼熱の魂■原題:Incendies■製作年・国:2010年、カナダ・フランス■上映時間:131分■字幕:松浦美奈■料金:1,800円■鑑賞日:12月19日、TOHOシネマズシャンテ □監督・脚本:ドニ・ヴィルヌーヴ□原作:ワジディ・ムアワッド□撮影監督:ア
  • kintyre's Diary 新館
  • 2014/10/26 11:51 AM
これは内戦に巻き込まれ、激動の時代を生きた母を探す旅物語であると同時に、未来を背負う“子供たち”の物語で、レバノンに暮らす、暮らしていた、又はレバノンルーツの何人もの子供たちが出てくる。そのほとんどは悲惨な末路を迎えるが、母親ナワルはそれでも子供た
  • momoな毎日
  • 2014/12/15 1:44 PM

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3070 最後に更新した日:2019/11/14

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM