ヘルプ 心がつなぐストーリー

4
JUGEMテーマ:洋画

ヘルプ

「ヘルプ 心がつなぐストーリー」
原題:the help
監督:テイト・テイラー
2011年   アメリカ映画   146分
キャスト:エマ・ストーン
     ビオラ・デイビス
     オクタビア・スペンサー
     ブライス・ダラス・ハワード

1960年代前半のミシシッピ州。ライターを目指すスキーターは
大学を卒業後、地元の新聞社に採用される。家事についてのコラム
担当だったため、彼女は友人のメイド、エイブリーンに助言を求める。
しかし彼女と話をするうちにメイドについての真実について書く必要が
あると考え始めるのだった。

ヘルプ

キャスリン・ストケット原作小説「ヘルプ 心がつなぐつなぐストーリー」の
映画化です。監督は「ウィンターズ・ボーン」出演のテイト・テイラーで、作者
と親友だとのこと。
1960年代前半のアメリカ南部ミシシッピ州ジャクソン。そこには州法「分離法」
が存在し、黒人と白人が大きく差別されていたのです。そんな町に、大学を
卒業したスキーターが戻ってきます。同級生は皆裕福で、一斉に結婚し、子ども
をもうけ、育児、家事一切は黒人メイドにまかせています。そして彼女たちは上流
のつきあいをしているわけです。

ヘルプ

スキーターはライターを目指しており、なんとか地元のローカル新聞社のコラム欄
の代筆の仕事を得るのですが、そのコラムは家事の話です。メイドのいる家庭に
育ったスキーターに書けるはずもなく、自宅のメイドに話を聞こうにも、幼い頃から
世話をしてもらったコンスタンティンはなぜか仕事を辞め、シカゴに去っているのです。
この理由は終盤にわかりますが、南北戦争が終結し、黒人への差別が全て消えた
かというと全くそういうことはなく、現在でもアメリカ南部、特にdeep southと
呼ばれる地域では、白人至上主義がはびこっています。
それはさておき、スキーターは友人エリザベスの家のメイド、エイブリーンの話を
聞くことにするのです。しかし彼女の話を聞くうちに、黒人への大きな差別に気が付き
それをつまびらかにしたいと考え始めます。それは彼女が、田舎町から都会へ行き
様々な人々が自由に暮らす姿を見てきた、ということもあるでしょう。

ヘルプ

スキーターはこれを本にしようと、多くのメイドに話を聞きたいと願っても、報復を
恐れるメイドたちはほとんど参加しません。さらに黒人は不潔だ、黒人メイド用の
トイレは家族とは別の場所に設置すべきだ、と主張する、同級生のリーダー格
ヒリーの存在も彼女を悩ませます。ヒリーは親友だったのです。しかしいまや
ヒリーは地元協会での有力者であり、完璧な白人至上主義者になっていました。

ヘルプ

そんな彼女の家のメイド、ミニーは、豪雨の日に、家人用のトイレを使用してしまい、
ヒリーにクビを通告されます。さらには職を失ったミニーへ夫は暴力を加えるのです。
どこまで貶められなければならないのか。けれどこの映画は、そんな重い内容を
時にはコミカルに描いていきます。ミニーのヒリーへの仕返しやミニーを慕っていた
ヒリーの実母の行動などどれも気分がいいものばかりです。
その笑いの中に、まだまだ切り開いていかなければならない現実があることも悟り
ます。笑いと涙がうまく融合された素晴らしい映画でした。

<マープルの採点>
お勧め星   ☆☆☆☆☆



ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

PCの上に猫と荷物が落ちてきた。壊れたかも...(>_<)

コメント
この映画は映画評論家LiLiCoさんも絶賛してました。
スキーターは当時としては珍しく、キャリアウーマン的存在で、都会で活躍する女性なんですよね。当然都会ではその様な差別などはないと思いますが、田舎に戻れば昔からの習わしが残っている・・・。その街に住み続ける人達には、当たり前なのかもしれませんが、その間違いに気づかない住民達を正す為にスキーターは助けたかったのでしょうね。同じ人間なのに色の違いなどで雲泥の差の人生を送らなければならないとは、心が痛みます。
デ・パルマ監督のリメイク版「シスターズ」観ました。意味不明で眠い映画でした。本家の方が面白いのかしら?
  • あちゃ丸
  • 2013/03/12 1:34 PM
この映画は重い内容なのに、笑いながら見られる映画です。もちろん南部における人種差別の実態を見ると、絶対に消えるはずのない人々の意識を感じてしまいますが。
日本でもずっと同じ地域に住み続ける人と、よそから入ってきた人との考え方の違いはたくさんありますよね。それが人種や宗教、領土がからんでくると極めて難しいものになると実感しています。
そういえばデ・パルマ監督の「悪魔のシスター」は見たんですが、監督自ら新しい解釈でリメイクしたんですね。オリジナルはまあまあおもしろかったですよ。
  • ミス・マープル
  • 2013/03/12 3:23 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3191 最後に更新した日:2020/08/08

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM