きっと、うまくいく

4
JUGEMテーマ:洋画

きっと、うまくいく

「きっと、うまくいく」
原題:3 Idiots
監督:ラージクマール・ヒラーニ
2009年 インド映画 170分
キャスト:アーミル・カーン
     カリーナ・カブール
     R・マーダヴァン
     シャルマン・ジョーシー

大学を卒業後、5年間行方不明だったランチョーが戻って
来ると聞き、かつての親友ファルハーン、ラージューは母校へ
向う。しかしそこにいたのは、ランチョーではなく、彼と約束
をしたチャドルだった...。

<お勧め星>☆☆☆☆☆ かなり長い映画ですが、笑いの中に
様々なメッセージが込められ、インドの明るい音楽と派手な色
使いの映像でとても印象深いものになっています。


「うまーくいーく」 All is well
冒頭からなんてふざけた奴がドタバタしているんだろう、と思って
しまいますが、この後、彼らの学生時代の様子を見ていくうちに
ここまで慌てる気持ちが手に取るようにわかって来ます。
離陸中の飛行機の中で、携帯電話で話し、急病を装って、飛行機を
止めてしまうファルハーン。彼は空港で他人を待っているタクシー
に乗り込み、もう一人ラージューを拾って母校へと向かいます。
そこにいたのは、お目当てのランチョーではなく、昔から嫌な奴で
今は金持ちぶりを自慢しまくるチャドル。

彼は5年前にこの場所で、ランチョーに屈辱の再会を誓っていた
のです。この経緯は爆笑ものです。
そんなランチョーはどんな人物か。話は彼らが有名工科大学に
入学する日に遡ります。
原題「3 Idiots」は「3バカトリオ」という意味。たまたま同じ寮の
同じ部屋になった3人が、ランチョーの影響で波乱万丈な学生生活を
送る姿が次々と映し出されていきます。1つ1つの出来事はギャグと
明るい音楽の連続です。しかしそこには極貧の家庭育ちのラージュー
や写真家を望んだのに、親の意向でエンジニアの道へ進まなければ
ならないファルハーンなど、インドのおける学歴主義や貧富の差が
見え隠れします。


きっと、うまくいく

ランチョーはどうやら金持ちの息子らしいのですが、とにかく科学
を学ぶのが楽しくて仕方がないのです。それは、成績ではなく、
「学ぶ」ことへの意欲です。ガリ勉かつ点取り虫のチャドルとは
全く好対照で、それでいてチャドルがどうしてもランチョーに成績
で勝てないところが、またおもしろい。
そこに成績主義の学長とその娘ピアが絡んで話はあれとあれよと
言う間に進んでいきます。全然飽きません。


きっと、うまくいく  

きっと、うまくいく

ちなみに学生役を演じたアーミル・カーンは44歳、他の2人も
39歳、30歳とかなり年が行っているのに、それを感じさせない
エネルギッシュな演技をしています。肌を若々しく見せるために
いっぱい水を飲んだとか言いますが、それだけではない、インド
という国の人々の計り知れないパワーを感じますね。
All is well って言いながらピンチを乗り切る。そんな楽天的な
人生もいいなあと思ってしまいました。





  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

関連する記事
    コメント
    少し前ならミュージカルが主流でしたが、最近は人間ドラマを交えた感じに変わってきているみたいですね。この映画は新波を作ったターニングポイントの作品になっているようです。全世界興行収入が75億円超えになったのは、青春時代のバカ騒ぎや不安や確執、恋愛など世界共通する話だからだと思います。「タイガー 伝説のスパイ」もインドNO.1になったみたいなので、気になりますね。
    • あちゃ丸
    • 2013/12/07 11:23 AM
    インド映画はここ数年めきめきおもしろくなってきましたね。この映画もミュージカルシーンがたくさんあります。でもそこにインドという国で生きていく上での苦しさや不条理さを盛り込んでいて、3バカの行動も笑いだけではないのです。
    「タイガー 伝説のスパイ」も期待しちゃうなあ。
    • ミス・マープル
    • 2013/12/07 3:18 PM
    この映画を見たあと、落ち込みそうになったときには
    胸をたたいて「Aal Izz Well」がいいかもしれませんね
    とにかくゴーカンの演説シーンは爆笑ものでしたし、ランチョーがどんな人物かわかるたびに面白く、泣いて笑ってほっこりして、といった作品でした
    今まで見たボリウッドの中では一番、最近見た映画の中でも1,2を争う面白さでした!
    • maki
    • 2013/12/22 4:17 PM
    makiさん、コメント&TBありがとうございます。
    ゴーカンの演説シーンはもうお腹を抱えて笑ってしまいました。謎の人物ランチョー。その真実の姿がわかっていくにつれて、ぐいぐい話に引き込まれましたね。明るい音楽と共に、インドの人々のエネルギーを感じさせるとてもいい映画でした。
    • ミス・マープル
    • 2013/12/22 4:38 PM
    こんばんは!
    コメント&TBありがとうございました。
    とっても内容の濃い、笑って泣いてほっこりさせられる作品でしたね〜。
    へぇ!あの3人はそんなに実際には年齢が高かったのですか。
    全然そんな風には感じさせませんでしたね。
    ランチョーの人の良さには同姓としても好印象がすごく持てました。
    • ヒロ之
    • 2014/01/24 10:54 PM
    ヒロ之さん、コメント&TBありがとうございます。
    ランチョーの飄々としつつも意志の強い性格に心を惹かれましたね。
    そうなんですよ。実は結構な年齢なんです。でも学生と言っても十分通用する雰囲気でした。
    とても楽しい映画でしたね。
    • ミス・マープル
    • 2014/01/26 10:45 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    インドの超名門大学の3バカトリオのランチョー、ファルハーン、ラージュー。その中心人物ランチョ―は爽快な人物だが、卒業後に行方不明となる。残った二人はランチョーを探しにいくのだが…。 学生時代の青春と、その10年後の姿を同時進行で見せる物語。勿論ボリ
    • いやいやえん
    • 2013/12/22 4:13 PM
    3 IDIOTS 2009年 インド 170分 青春/コメディ/ドラマ 劇場公開(2013/05/18) 監督: ラージクマール・ヒラニ 脚本: ラージクマール・ヒラニ 出演: アーミル・カーン:ランチョー カリーナ・カプール:ピア R・マドハヴァン:ファラン シャルマン・ジョ
    • 銀幕大帝α
    • 2014/01/24 10:49 PM

    カレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    ブログランキング

    今日のわんこ

    powered by 撮影スタジオ.jp

    アマゾン

    遊びにきてくれてありがとう!

    カウンター

    死語レッスン

    最新記事

    categories

    過去の記事

    コメントありがとうございます!

    トラックバックありがとうございます!

    recommend

    お友達

    ミス・マープルについて

    書いた記事数:3070 最後に更新した日:2019/11/14

    あの映画を探そう!

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM