ウォーム・ボディーズ

4
JUGEMテーマ:Horror

ウォーム・ボディーズ

「ウォーム・ボディーズ」
原題:Warm Bodies
監督:ジョナサン・レビン
2013年 アメリカ映画 98分
キャスト:ニコラス・ホルト
     テリサ・パーマー
     ロブ・コードリー
     デイブ・フランコ
     ジョン・マルコヴィッチ

近未来、人間とゾンビは壁を隔てて敵対していた。ある日、
人間を襲撃に行ったRは、物資を捜しに来ていた美少女ジュリー
と出会う。彼はなぜか彼女を襲わずにゾンビの住む地域へ
連れ帰るのだった。

<お勧め星>☆☆☆☆ ホラーに入れましたが、究極のラブ
ストーリーです。面白かった。


主役の青年ゾンビR役は、「ジャックと天空の巨人」(2013)
のニコラス・ホルト。途中まで全然気づかないほどの立派な
ゾンビメイクを施しています。一般的なゾンビ映画とは違って
グロいシーンはほとんどありませんし、あちこち笑えるシーン
が満載です。ジュリーの父でグリジオ大佐役は
ジョン・マルコヴィッチ。
オープニングは、荒廃した町をさまよう、どこまでも陰気な
ゾンビ青年が映ります。「かつてのことは全部忘れた。名前
すらRしか思い出せない。なんて動きが遅いんだ。この不健康な
姿勢の悪さはなんだ。」自らを卑下し続けるRにも親友Mがいる
のです。


ウォーム・ボディーズ


でも会話ができるわけではなく、見つめ合う、うめき合う、それで
会話が成立するらしい。
一方壁を隔てた向こう側では、人間が感染を恐れつつ、物資調達
のために集団で危険ゾーンへ入ってくるわけです。このゾンビと
人間が鉢合わせするシーンは、よくあるゾンビ映画と変わりは
ありません。しかしジュリーの恋人ペリーの脳みそを食べていた
Rはそこにいたジュリーをなぜか食べずに助けてしまうのです。彼の
心臓は赤く染まってドキリ。あれ?この人死んでいなかったっけ?
ゾンビ区域に連れ帰ったRはひたすらジュリーに気に入られようと

「キモいのだめ」
「言葉を言おう」
必死で努力します。怖がるジュリーにやっとのことで発した言葉は
「safe」
彼の住まいである航空機の中はなかなか豪華で、レコードオタクと
いうステキな趣味も持っています。この音楽がなかなかいいです。
ゾンビの中を歩く時、Rはジュリーに
「死んだフリを」
と言います。このセリフ、聞いたことがあるなあ。


ウォーム・ボディーズ

しかしゾンビにはもう一つの敵がいて、それは「ガイコツ」という
凶暴な連中です。人間からすると同じだけれど、ゾンビ的には
「ガイコツ」になったらおしまいらしい。
ジュリーに見られたくない姿を見られ
「死にたい気分。死んでいるけど」

この辺りから、Rの心に少しずつ変化が見られるのです。つまり
消え去っていた人間としての心を取り戻し始めたということかな。
心を通わせ、手をつなぐ2人を見てから、他のゾンビもなぜか心臓
がドキン。またRの体は少しずつぬくもりを感じ始めます。
まさしくwarm bodyになってきたのです。
ハラハラドキドキするゾンビ映画とは全く異なるライトな雰囲気の
ラブコメディでした。でも見終わって気分がいいですよ。




  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

コメント
確かにゾンビとくればホラーでしょうが、マルコビッチが出ているとコメディ化になってしまうかもしれませんね。つまりジュリーの彼氏を食べたことでジュリーのことが好きになったということですか?Rが人間に戻ることはないのかな?結ばれない恋とは言え、胸キュン映画もたまには良いかもしれませんね(いつもグロいのばかりじゃ〜ねえ)
Hollywoodではスリッポンがが流行っているらしいですが、どうも「ドリフ靴」と思ってしまいます。(私が小学生の頃、そう呼ばれていた靴なので)
  • あちゃ丸
  • 2014/02/11 1:56 PM
ゾンビが恋してまた人間に近づくって、かなり突拍子もないけど、爽やか青春ラブコメのノリでお気に入りです。
どこかで観たようなというオマージュ的な使い方も楽しかったですね。
  • pu-ko
  • 2014/02/12 7:40 AM
あちゃ丸さん、この映画はお勧めですよ。マルコビッチが実は結構シリアスな役どころを演じているんです。あの顔では笑っちゃうけど。ゾンビは記憶がないから人間の脳みそを食べると、その人の記憶を共有できるとかで、Rはジュリーとペリーとの思い出を知ってしまうのですよ。Rがどこまでもネガティブでここもおかしです。
スリッポンって「ドリフ靴」と呼ばれていたんですね。知らなかったー。
  • ミス・マープル
  • 2014/02/12 9:01 AM
pu-koさん、コメント&TBありがとうございます。
おっしゃる通り爽やかなラブコメディでしたね。ストーリーも脚本も楽しいものでした。
映画内でRの持っていたレコードが懐かしく、「この方が音がいい」という彼の言葉にも納得。
お勧め映画ですね!
  • ミス・マープル
  • 2014/02/12 9:03 AM
こちらにも。
先にコメントありがとうございました。
これはまた異色のゾンビ映画で面白かったですね。
まぁゾンビ映画というよりはロマンス色の強いコメディって感じでしたけれど、ストーリーに温かみがあって良かったと思います。
最後も締りの良いハッピーエンドになっていて好感が持てる作品でした。
  • ヒロ之
  • 2014/03/02 3:02 PM
ヒロ之さん、こちらにもコメント&TBありがとうございます。
こんなゾンビ映画も楽しいですね。女の子も可愛いし、なんか心臓ドキンとなるところが、好感が持てました。「ガイコツ」がかなり弱いなあと思いましたが、話の進め方が上手くて、ラストも気分の良いものでしたね。
  • ミス・マープル
  • 2014/03/02 4:52 PM
新しい形のゾンビ映画でしたね〜。

ゾンビの気持ちなんか分かったり、ゾンビが人間に戻るなど、いろいろ面白いアイデアもありましたね。
ゾンビ仲間同士協力し合うってのも良かったです。

でもほんと、ホラーではないですよねー。
とらさん、コメント&TBありがとうございます。
ゾンビの中でも「ガイコツ」になっちゃうのが最低とか、脳みそを食べると、その人の記憶が共有できるとか面白い発想がたくさんありましたね。
ホラーを予想すると当てが外れますが、ラブコメと思うとなかなか楽しい映画でした。
  • ミス・マープル
  • 2014/03/09 9:50 AM
こんにちは
これはロマコメですよねー
純粋なゾンビとはいえないですし
駆け足はあるモノのハートフルな着地をするのが良かったです
観心地?が良い映画ですね
  • maki
  • 2015/11/08 8:29 AM
makiさん、コメント&TBありがとうございます。
確かにゾンビものとしては、あまりに明るいし、ティーンのラブもあるし、コメディもあるし。わけづらいですね。
ただ見ていて楽しくなる映画ではありましたね!
  • ミス・マープル
  • 2015/11/08 2:24 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
アイザック・マリオンの小説『ウォーム・ボディーズ ゾンビRの物語』を(『50/50フィフィティ・フィフティ』のジョナサン・レヴィンが監督したゾンビ・コメディホラー♪ゾンビを演 ...
  • シネマ・クレシェンド
  • 2014/02/12 7:41 AM
人間とゾンビが敵対する中、人間の女の子に恋してしまったゾンビ青年物語。遠目のポスターを見て、またあの吸血鬼青年が(同じような映画に)出てるのか?と思っていたら、違ってた でも相手の女の子はちょっと似てるんだよねー。いつもの管理人には似合わないロマン
  • momoな毎日
  • 2014/02/18 3:43 PM
WARM BODIES 2013年 アメリカ 98分 ホラー/ロマンス/青春 劇場公開(2013/09/21) 監督: ジョナサン・レヴィン 『マンディ・レイン 血まみれ金髪女子高生』 原作: アイザック・マリオン『ウォーム・ボディーズ ゾンビRの物語』 脚本: ジョナサン・レヴ
  • 銀幕大帝α
  • 2014/03/02 2:59 PM
『ウォーム・ボディーズ』  WARM BODIES 【製作年度】2013年 【製作国】アメリカ 【監督】ジョナサン・レヴィン 【主演】ニコラス・ホルト     【イントロダクション】 by Amazon.co.jp ある日、襲撃するはずの人間の女の子・ジュリーにひと目惚れ
  • こわいものみたさ
  • 2014/03/08 10:02 PM
WARM BODIES アメリカ 監督:ジョナサン・レヴィン 出演:ニコラス・ホルト、テリーサ・パーマー、ジョン・マルコヴィッチ、ロブ・コードリー、デイヴ・フランコ、アナリー・ティプトン、他 “世界の終わりに、恋が襲ってきた。” ホラー映画かと思ってた… 近未来
  • 肩ログ
  • 2015/02/24 8:15 PM
【概略】 ある日、襲撃するはずの人間の女の子・ジュリーにひと目惚れしてしまったゾンビ男子・R。次第にジュリーも心を開き始めるが…。 ラブコメディ ゾンビ男子×人間女子のラブストーリーと言う異色のホラー・ラブロマンス。 ニコラス・ホルト君が主人公
  • いやいやえん
  • 2015/11/08 8:31 AM

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3043 最後に更新した日:2019/09/19

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM