キャプテン・フィリップス

5
JUGEMテーマ:サスペンス映画全般

キャプテン・フィリップス

「キャプテン・フィリップス」
原題:Captain Phillips
監督:ポール・グリーングラス
2013年 アメリカ映画 134分
キャスト:トム・ハンクス
     キャサリン・キーナー
     マックス・マーティーニー
     クリス・マルキー

2009年4月、貨物船アラバマ号はソマリア海域で
海賊に襲われる。一度は彼らをかわしたものの、
船は再び襲われ、海賊に乗り込まれてしまう。船員
の機転で難を逃れるはずだったが、船長だけが人質
に取られてしまうのだった。

<お勧め星>☆☆☆☆ 見ごたえのある映像とスリル
の連続で一気に見終えました。


2009年、実際に起きたソマリア海賊人質事件の実話に
基づく映画です。監督は「ボーン・アルティメイタム」
(2007)のポール・グリーングラス。
ソマリア海賊に船を乗っ取られる映画といえば、2012年
デンマーク映画「シージャック」を思い出します。あの
映画は地味ながら船会社、保険会社の思惑、船員、海賊
の心の動きなどを丁寧に描いていました。
一方この映画では、冒頭に船長フィリップスが出勤する
光景とソマリアでの海賊の出動風景がさらりと映し出され
その後は息が詰まるようなシーンの連続です。それらは
ほぼ船の上での出来事なので、確かに船酔いするかも。


キャプテン・フィリップス

海賊が船に乗り込んでくるまでの攻防。そして船に乗り込まれて
からの船長と隠れている船員の姿が、次々に映し出され、目を
離すことができません。


キャプテン・フィリップス

そして船員の機転で海賊のボス、ムセを拘束し、3万ドルと
救命艇を渡すことで、難を逃れたはずだったのですが、船長
フィリップスだけが海賊たちに連れ去られてしまうのです。
このフィリップス役はトム・ハンクス。冒頭で妻に愛を語る
姿とは別人の船の上での勇姿が見られます。また危機的状況
においての彼の毅然とした態度もうまく演じられています。
その態度がラストに集約され、彼の緊張がいかほどであった

のかを伺い知ることができるのです。
ソマリア人海賊役はオーディションで選ばれたそうですが、
彼らの切羽詰まった表情は、まことにリアリティあるもの
です。海賊内での対立やパニックに陥った時の矢継ぎ早の
台詞、そして発砲などは緊張感を増長させます。
しかし結局アメリカ海軍登場となれば、こんな素人同然の
海賊に勝ち目はないのです。
海賊のボス、ムセが「金をためてアメリカへ行くんだ。そして
ニューヨークに行く。」と夢を語るシーンがあります。彼ら
が本国にいて何の夢も希望もないことが如実にわかる言葉です。
ムセは確かにアメリカへ行くことができました。しかし自由は
手にできなかったのです。



 
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


関連する記事
コメント
設定場所が船上ですから、逃げ場がなくて怖いですね。「アメリカンドリーム」とという言葉がありますが、このような事態を起こしたら夢も希望も消えてしまいますよね。国の内情が良くないからと、簡単に祖国を捨ててしまうのも、アメリカに行けば何とかなる・・・という先入観があったのかもしれませんね。名演技のトムさんの涙にもらい泣きした人が続出したとか?
  • あちゃ丸
  • 2014/04/08 9:11 PM
こんばんは!
コメント&TBありがとうございました。
観る前はそんなに期待していなかった作品だったのですが、まさかここまで緊張感を終始漂わせる物語だったとは思わず、良い意味で驚きと共にドキドキしながら観れました。
名優トム・ハンクスの迫真の演技も見所の一つでしたが、彼を人質に逃げ出し海軍に包囲されるまでの間の海賊たちの熱の入った演技も素晴らしいものがありました。
海賊たちも生活のために必死なんでしょうね。
世界中が裕福ではないので、こういう事件は今後もなくならないんでしょうねぇ。
  • ヒロ之
  • 2014/04/09 12:05 AM
あちゃ丸さん、トム・ハンクスの演技がうまいんですよ。特にラストシーンはわたしももらい泣きしそうでした。彼が嗚咽をもらすのは、単に命があったことへの喜びだけではなく、海賊の実情も知っていたからなのでしょうね。
ソマリア海域なら海賊行為を正当化できても、救命艇は公海上へ流れて行きます。海賊たちの無知はそこにも現れていて、彼らの貧困と無知を利用する人間の存在に怒りを覚えました。
  • ミス・マープル
  • 2014/04/09 4:20 PM
ヒロ之さん、コメント&TBありがとうございます。
わたしもそれほど期待して見ていなかったんですが、冒頭から息詰まるシーンの連続でしたね。
船員達の機転が裏目に出て、救命艇に船長が乗せられてからの、狭い空間での人間ドラマも緻密なストーリーになっていました。
海賊役の無名の俳優さんが名演技でした。アメリカ海軍が「なにかわめいている」と言うシーンを見て、彼らがソマリアをはじめとして、貧しい国をさらに貧しくしている一因であるのに、手を差し伸べるどころか、自国民を守るためなら、彼らの命などなんとも思っていないことがよくわかりました。
確か中東を描いた映画でもあったような気がします。アメリカ人を1人を殺すと、何万人もの人々の命で償わされると。人の命の価値は同じなんですけどね。
  • ミス・マープル
  • 2014/04/09 4:25 PM
実際に起こった事件なのでなかなかの緊張感でした。
海賊に襲われることを想定した抜き打ち訓練とかしといてよかったですね
もう海軍が出張ってきた時点で船長を解放してもらったお金だけで
逃げてればよかったのに欲をかくと駄目です
やはり引き際が肝心でしょう
  • せつら
  • 2014/04/13 11:36 AM
せつらさん、コメント&TBありがとうございます。
海賊が海に出るシーンと海賊襲撃想定訓練が同時に映って、そこからもう緊張し始めました。
アメリカ海軍の軍事力を知らなかったのでしょうね。
母船はとっくに逃げているのに、必死で連絡をする海賊のボスの姿が悲しかったです。
一攫千金は無理だと気づくべきでしたね。
  • ミス・マープル
  • 2014/04/14 8:58 AM
一緒に行った友人は酔って途中退室でした。
ソマリア人を見たことなくて言うのも変ですが、海賊のリーダー役の彼は本物に見えましたね。
トム・ハンクスのラストシーンがよかったです。
  • pu-ko
  • 2014/07/01 4:29 AM
pu-koさん。コメント&TBありがとうございます。
確かに船酔いする映画でしたね。
ソマリア人役の人達は、やせていて、瞳に力があって、まさしく本物の海賊のようでした。もちろん見たことはないのですが。
実際にはあの後、船員と船会社の間で裁判が起きたということを知りました。船長は船会社側についたそうです。単なる英雄ではなかったようですね。
  • ミス・マープル
  • 2014/07/01 8:52 AM
リアルさと高い娯楽性、でもって深い社会性をも併せ持った作品でしたねぇ。この監督の過去作は全てそうなんですけど、重たいメッセージを説教臭く伝えるのに終始するんじゃなく、きちんと娯楽映画として完成させて伝えるっていう姿勢が好きですねぇ。
たおさん、コメント&TBありがとうございます。
おっしゃる通り「ボーン」シリーズだけでなく「グリーン・ゾーン」なども手掛けていて、映画としての楽しさと社会へのメッセージをうまく伝えることができる監督ですね。
説教じみていないし、ヒーロー扱いするだけに終わらせない所が素晴らしいと思います。
  • ミス・マープル
  • 2016/03/03 2:32 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
CAPTAIN PHILLIPS 2013年 アメリカ 134分 サスペンス 劇場公開(2013/11/29) 監督: ポール・グリーングラス 『グリーン・ゾーン』 原作: リチャード・フィリップス『キャプテンの責務』 出演: トム・ハンクス:リチャード・フィリップス船長 バーカッド・
  • 銀幕大帝α
  • 2014/04/08 11:58 PM
JUGEMテーマ:映画 制作年:2013年  上映メディア:劇場未公開  制作国:アメリカ  上映時間:134分  原題:CAPTAIN PHILLIPS  配給:ソニーピクチャーズ  監督:ポール・グリーングラス  主演:トム・ハンクス     
  • La.La.La
  • 2014/04/13 11:10 AM
 映画『キャプテン・フィリップス』の原作は、貨物船マースク・アラバマ号の船長リチャード・フィリップスの回顧録だ。  だがポール・グリーングラス監督は、回顧録に綴られたフィリップスの妻のパートをばっさりカットしたという。「最初の脚本はフィリップス自身と
  • 映画のブログ
  • 2014/06/29 7:05 PM
今日はポール・グリーングラス監督の『キャプテン・フィリップス』トム・ハンクス主演で、2009年に起こった海賊船による貨物船人質事件を描く実話ベースのサスペンスドラマです。キ ...
  • シネマ・クレシェンド
  • 2014/07/01 4:30 AM
監督 ポール・グリーングラス 主演 トム・ハンクス 2013年 アメリカ映画 134分 ドラマ 採点★★★★ “海賊”と言うと、今の子なんかは手足が伸びる元気いっぱいの男の子とかジョニデのアトラクション映画を浮かべるんでしょうけど、私が真っ先に思い浮かべるの
  • Subterranean サブタレイニアン
  • 2016/03/03 1:40 PM

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3191 最後に更新した日:2020/08/08

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM