人肉レストラン

2
JUGEMテーマ:Horror

人肉レストラン

「人肉レストラン」
原題:Omnivoros
監督:オスカル・ロホ
2013年 スペイン映画 85分 R15
キャスト:マリオ・デ・ラ・ロサ
     パコ・マンザネド
     フェルナンド・アルビス

料理評論家のマルコスは、「秘密のレストラン」メニュー
を食し、本にしようと考えている。そんな彼に友人カルラ
が「人肉レストラン」が存在する、という話をするのだった。

<お勧め星>☆☆☆ 内容の割には、スタイリッシュな
仕上がりの映画です。


人肉レストラン

数十年前のシーンから始まり、邦題で、内容はほぼわかって
しまうのですが、ストーリーの展開がお洒落です。冒頭過ぎに
映画は2つのシーンが対比して映るようになります。白い壁
に囲まれたお洒落な自宅にくつろぐマルコス・ベラ。こちらが
「静」なら、赤い血、包丁、肉叩きなど様々な器具や時折それ
を使う音や悲鳴などが聞かれるシーンは「動」といえるでしょう。


人肉レストラン

料理評論家のマルコスは、限られた人にだけ料理を提供する
「秘密のレストラン」メニューを味わい、本を書こうと考えて
いるのです。「神戸牛」の説明や中盤の「ふぐ」を食す時の
歌舞伎もどきメイクは、もう笑っちゃう。相変わらず日本に
ついての知識ってあの程度なのね。でも「ふぐ」のくだりは
とーっても重要です。
そして彼は、社会派記者カルラから「人肉レストラン」の話
を聞かされるのです。そうそう、その前に、助手とやらの
エバやこのカルラとのサービスHシーんがあります。2人とも
ものすごくダイナミックボディ!

それが終わると、あらあらカルラも...。
その頃マルコスは、エバの手配で「人肉レストラン」の招待状
を手にするのです。時折グロいというか、イタイ映像が入り
ますが、それほどショッキングではありません。R15は裸が
たくさん出てくるせいもあるのかな。
「食べずに去ることはできない」
なんてエバに脅されるし、そもそもこのレストランに来るまでに
ちょー怖いドライバーに叱られたマルコスは、もう食べるしか
ないのです。それも食材の下準備も見させられ、主宰者ディマス
のうんちくも聞かされた上でですよ。

この味の虜になったマルコスは再びそこを訪れます。でもそこは
理性が勝つのですね。おいしかったら何でも食せばいいってもんじゃ
ない。てな具合にマルコス大逆転!
「FUGU」はここで活用です。ラストはスロー映像でゆっくりと
長く映し出され、ちょっと芸術的じゃあーりませんか。



  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


関連する記事
コメント
タイトルで興味津々ですが、以前にも「人肉饅頭」とかありましたね。カニバルリズムは戦中とかならやむを得ずでしょうが、余興的なものになりますね。食材にされちゃう人はどういう基準で選ばれるのでしょうか?レクター博士の食通には敵わないかな?
  • あちゃ丸
  • 2014/05/10 8:40 PM
なんで京劇風@@;と思いましたが(京劇は中国ですよね?)フグ毒のラストへの伏線は痛快で見事でした
OPとEDの背景も非常に素敵で、私好みでありました
情事シーンが余計で、その部分がなかったら色んな人に勧めたいんですけどねー
  • maki
  • 2014/05/11 8:23 AM
あちゃ丸さん。
香港映画とはかなり異なり、映像がきれいですよ。
食材にする基準は語られていませんでしたが、選別係がいるようです。大金持ちの道楽みたいで、「ホステル」的な怪しげな要素を持ちつつ、グロさを極めて控えめにした映画でした。
  • ミス・マープル
  • 2014/05/11 5:06 PM
makiさん、コメント&TBありがとうございます。
そうそう、歌舞伎役者にしては衣装が京劇風でしたね。笑っちゃいますよ。毎回。日本のイメージは、中国も韓国もいっしょくた、という感じなんですね。こちらもそうですけど。スペイン=闘牛、シエスタ(^_^.)
Hシーンは特に必要ないような気がしましたね。巨大なバストの女優さんばかりでした。
  • ミス・マープル
  • 2014/05/11 5:09 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
豪華に、厳かに― 限られた招待客だけが集う、秘密のレストラン。食されるのは究極のグルメ―“人肉"。贖罪と狂気の物語からあなたは逃れられるのか!? 冒頭から、母親の死体を食べていた少年という話。OPとEDクレジットもなんか素敵、好みです。繊維に
  • いやいやえん
  • 2014/05/11 8:17 AM
『人肉レストラン』  OMNIVORES 【製作年度】2013年 【製作国】スペイン 【監督】オスカル・ロホ 【主演】マリオ・デ・ラ・ロサ    【イントロダクション】 by Amazon.co.jp 料理評論家のマルコスは、世界の珍味の会食でエバという女性に出会う。
  • こわいものみたさ
  • 2014/07/06 9:34 PM

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3043 最後に更新した日:2019/09/19

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM