ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金

5

ペイン&ゲイン

「ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金」
原題:PAIN&GAIN
監督:マイケル・ベイ
2013年 アメリカ映画 129分
キャスト:マーク・ウォールバーグ
     ドウェイン・ジョンソン
     アンソニー・マッキー
     トニー・シャルーブ
     エド・ハリス

マイアミでジムトレーナーとして働くダニエルは
裕福な顧客達の生活ぶりにあこがれている。そして
彼は、同僚エイドリアンと新入りのポールを誘って
ビジネスマン、ヴィクターを誘拐し、彼の資産を
盗もうと考えるのだった。

<お勧め星>☆☆☆ この事件が実話というのが
結構怖い。それにしてもこんな犯罪が起きちゃうんだ。


1995年6月17日、マイアミ、デイト警察に追われる
ダニエル・ルーゴが、逃走中にパトカーにはねられる
シーンから始まります。ダニエル役は筋肉自慢の
マイケル・ウォールバーグ。そして彼と同じジムで働く
エイドリアン役は「ハート・ロッカー」(2008)の
アンソニー・マッキー。さらに新入りで前科者のポール
役は元WWE王者かつ「ゲット・スマート」(2008)
など映画でも活躍するドウェイン・ジョンソンです。


ペイン&ゲイン

この3人がそれぞれ個性あふれる筋肉バカを演じます。
「やればできる。俺はできる」自己啓発するダニエル。
ステロイド注射の副作用で下半身が役にたたない副作用に
悩むエイドリアン。
前に服役した時に入信したキリスト教の熱心な信者で、
人を殺すことを最も恐れるポール。

監督は「トランスフォーマー」シリーズのマイケル・ベイで
モーテルのフロント役でちょっとだけ出演しています。
金持ちの隠居場所ともいえるマイアミで、ひたすら筋トレに
明け暮れ、金持ち相手のジムでトレーナーを務めるダニエルが、
「もっと上をめざしたい」と考える時、ふと自己啓発セミナー
に参加するのです。このセミナーの主催者ジョン・ウー役は
「ハングオーバー」シリーズでアジア人のバカぶりを演じた
ケン・チョン。どう考えても胡散臭いこのセミナーに、ダニエル
はものすごく感動するわけですよ。で、なぜか考えついたのが
「金持ちを誘拐して財産を盗む」という計画。ターゲットは

ダニエルが担当する顧客ヴィクターです。同僚エイドリアンや
新入りポールと共に見事に誘拐は成功するんですが、ヴィクター
にはすぐに誰だかバレるし、その上、彼は公正証書にサインを
しないのです。あれこれ試す拷問は結構残酷です。まあ、ノリの
いい音楽が流れるので、特に何とも思わずに見てしまいますね。
その後、ヴィクターを始末する場になっても、やはり3人はバカ
なんです。結局彼は生き延び、マイアミ警察に被害を訴えます。
ところが彼がコロンビア人であることや、めちゃくちゃ態度が悪い
などで全く相手にしてもらえません。白人なら違っただろうねえ。
一文無しになったヴィクターは、探偵エドにすがるわけですよ。
エド役のエド・ハリスがまたかっこいいんだなあ。警察を引退して
探偵をしながら、若い奥さんと豪邸にのんびり暮らしています。
一方で1つ目の犯罪に成功した3人は、豪邸でくつろぐダニエルや
下半身の診察に訪れた病院の看護師と結婚したエイドリアンとは
裏腹に罪の意識にさいなまれ、コカイン中毒に陥るポールと明暗
が分かれます。そしてやはり次の犯罪を犯すのです。今度はもっと
重大な事件になってしまう。


ペイン&ゲイン

それに偶然が重なっているから、また笑えてしまう。ヴィクター
が可愛がっていたドッグレース用の犬や2件目の被害者が
可愛がっていたチワワが、また華を添えます。いや、
チワワが銃で切断されたポールの足の指をくわえているシーン
はかなり驚くか。
ラストにエドが
「最も重い罪は問われなかった。バカだったことは。」
と言うのは笑えました。
ただ筋肉を鍛える、高級車を乗り回す、豊胸手術をする、プール付き
の豪邸に暮らすなどのアメリカン・ドリームを滑稽に描きつつ、
それを誰でも手にするチャンスがあるのだと信じている人たちに
やや哀れな気持ちを感じました。





  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


関連する記事
コメント
マイケル・ベイと言ったら「アルマゲドン」や「パール・ハーバー」が代表作かと思いましたが、この映画が史上最高傑作とは・・・。タイトルもB級ぽいしな〜。ウォルバーグはいつから肉体派になったのかしら?なんかどんどんマッチョになってますね。
あれ?ヴィクター役は「名探偵モンク」の俳優ですね。懐かしいな。この内容が実話というのが、結構おバカというか、無計画なのが(計画通りなのか)そこが笑いを取る所なのかもしれませんね。
  • あちゃ丸
  • 2014/06/20 9:04 PM
あちゃ丸さん。
これは邦題がいけませんね。ヴィクター役は「名探偵モンク」の方でしたか。もう悲惨なお姿に変わります。
この3人が本当にバカなんです。筋肉バカそのもの。kれが史上最高傑作とはちょっと悲しいですね。こんな事件が起こるとは、日本では考えられません。のんきな国柄だと思いますわ、全く。
  • ミス・マープル
  • 2014/06/21 2:02 PM
マイケル・ベイにクライムコメディが撮れるとは思えなかったんで敬遠してたんですけど、ベイだからこその面白さが溢れてた一本でしたねぇ。
にしても、
>最も重い罪は問われなかった。バカだったことは。
に尽きます。。。
たおさん、コメント&TBありがとうございます。
全く「バカ」が一番の罪でしたよね。
マイケル・ベイだからこそ拷問シーンはリアルでした。まさかのコメディですが、結構楽しめましたね。重ね重ね「バカ」ばっかり!
  • ミス・マープル
  • 2016/05/26 11:05 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
PAIN & GAIN 2013年 アメリカ アクション/コメディ/犯罪 129分 R-15 劇場未公開 監督: マイケル・ベイ 『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』 製作: マイケル・ベイ 出演: マーク・ウォールバーグ:ダニエル ドウェイン・ジョンソン:ポール
  • 銀幕大帝α
  • 2014/06/21 8:18 PM
監督 マイケル・ベイ 主演 マーク・ウォールバーグ 2013年 アメリカ映画 129分 ドラマ 採点★★★ ちょっと語弊のある言い方かも知れませんが、“馬鹿”が大嫌いな私。別に学がない人とか物を知らない人のことじゃなく、知ろうとしない人や想像力に欠如した人が
  • Subterranean サブタレイニアン
  • 2016/05/25 2:35 PM

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3213 最後に更新した日:2020/09/18

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM