デンジャラス・バディ

4

デンジャラス・バディ

「デンジャラス・バディ」
原題:THE HEAT
監督:ポール・フェイグ
2013年 アメリカ映画 118分
キャスト:サンドラ・ブロック
     メリッサ・マッカーシー
     デミアン・ビチル

FBI捜査官アッシュバーンは、有能だが同僚に
嫌われている。そんな彼女はボストンでの麻薬
組織を捜査するため、市警のマリンズ刑事と相棒
になるが、彼女の下品で乱暴な捜査方法に、対立
が絶えないのだった...。

<お勧め星>☆☆☆☆ バカバカしいけれど、最後に
ホロリという感じ。サンドラ・ブロックのはじけた
演技が見ものです。


FBI内で有能ながら、同僚に嫌われているサラ・アッシュバーン
捜査官役はサンドラ・ブロック。彼女は昇進をめざし、
ボストンでの麻薬組織の解明に仕事に向かうのです。
冒頭のアッシュバーンの仕事ぶりは、キップがよく、いつもの
サンドラ・ブロックという感じ。
一方、ボストンでは、市警のシャノン・マリンズ刑事が
Fワード連発。NG手法などない捜査ぶりで、地元の悪党を
逮捕しているわけです。マリンズ役は「ブラッディメイズ
史上最悪のウェディングプラン」(2011)の
メリッサ・マッカーシー。全然痩せないね。これが彼女の個性
なのかしら。
2人の出会いから最悪であり、インテリ捜査官と下品な刑事が
なぜかコンビとなって捜査をすることになるのです。


デンジャラス・バディ

捜査のためにアッシュバーンのズボンやシャツをちょきちょき
切ってしまうと、あら、体型補正ガードルが見えてきちゃう。
アッシュバーンも頑張っているんですよ。そういえば映画内で
一度結婚したという話をしていたな。
全く正反対の2人は対立ばかりして思うように捜査が進まない
と思いきや、要所要所でお互いを補い合って、だんだん犯人に
近づいていきます。

そしてアッシュバーンは養子であり、里親を転々としたこと。
高校の卒業アルバムに、メッセージは2つしかなかったこと。
そんな寂しい境遇がわかってくるのです。
逆にマリンズも家族はたくさんいるけれど、弟を麻薬から
遠ざけるために逮捕したことから、彼女には口をきいてくれる
家族がいないこともわかってきます。
そんなこんなで大失敗したり、危険な目に遭いながらも、2人の
力で事件解決というありきたりの展開でしたが、ラストまで
笑わせてくれました。


デンジャラス・バディ

サンドラ・ブロックのまさかの鼻テープシーンは必見です。

  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


コメント
何年か前の彼女の映画で「デンジャラス・ビューティー」がありましたが、あちらも確かFBIでしたよね?これもFBIの役だから、同じような映画でしょうか?サンドラは正統派やコメディ派でも、とてもうまくこなす女優さんだと思います。まさか、清水アキラの研ナオコが見られるとは、サンドラも頑張りましたね。
  • あちゃ丸
  • 2014/07/23 9:18 PM
あちゃ丸さん。邦題はきっとそのシリーズでつけたのでしょうね。
今回は完ぺきにコメディ路線を突っ走っています。演技力があるので、どんな役でも上手にこなしますね。
このまさかの鼻テープシーンは結構長く続くんですよ。ちょっとかわいそうになりました(^_^.)
  • ミス・マープル
  • 2014/07/24 9:12 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
サンドラ・ブロック主演。邦題は「デンジャラス・ビューティー」とかけてるんでしょうな。 相棒役には「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」のメリッサ・マッカーシー。デブス役の女優さんですね。主に悪態つく役どころなんですが、劇中では意外ともて
  • いやいやえん
  • 2014/07/24 4:03 PM

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3191 最後に更新した日:2020/08/08

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM