ライフ・イズ・ビューティフル

5
JUGEMテーマ:洋画

ライフイズビューティフル

「ライフ・イズ・ビューティフル」
原題:La Vita e Bella/Life is Beautiful
監督:ロベルト・ベニーニ
1998年 イタリア映画 117分
キャスト:ロベルト・ベニーニ
     ニコレッタ・ブラスキ
     ジョルジオ・カンタリーニ
     ジュスティーノ・デュラーノ

1939年、ユダヤ系イタリア人、グイドは、友人と
共に叔父の経営するホテルで働き始める。そして
彼は名家の娘ドーラと駆け落ち同然に結婚し、一人息子
ジョズエを授かるが、ナチス・ドイツによって収容所へ
送られてしまうのだった。

<お勧め星>☆☆☆☆☆ ユダヤ人迫害の悲劇をユーモア
を混じえながら描いた秀逸な作品です。


冒頭から意味は字幕でしかわかりませんが、めちゃくちゃ
陽気な青年グイドとその友人フェルッチョの会話が続き、
イタリア人の底抜けに明るい面をこれでもかと見せつけます。
しかしこの陽気さが、この後の彼の人生に大きく影響して
くるのです。

1939年という年からすぐにわかるように、第2次世界大戦は
目の前に迫っており、ユダヤ系イタリア人であるグイドが、
仕事を求めて訪れた叔父の家も、暴徒によって攻撃され始めて
いるのです。
「無言も叫びだ」
叔父のこの言葉は重いです。
グイドのうるさいほど明るい口調も、次第に楽しく感じられ
るのは、その内容がウィットに富んでいるからでしょう。
駆け落ち同然に結婚したドーラと一人息子ジョズエと共に
小さな書店を営む彼の周りにもナチスの力が及んできます。


ライフイズビューティフル

突然呼び出され、列車に押し込められる時も
「列車に乗るんだ。うれしいだろう。行き先がわからないから
余計に楽しい。」
グイドは息子に言い続けます。
そして到着した収容所には、やせ細ったユダヤ人たちが、粗末な
部屋に押し込められているのです。家に帰りたい、おやつがほしい
と語る息子に、グイドは
「これはゲームだ。1000点獲ったら戦車で家に帰れるんだ。
おやつが欲しがったり、ママを恋しがったり、泣いたら減点、失格
してしまう。」
と言い聞かせると、息子は目を丸くしながら信じ込むのです。


ライフイズビューティフル

このジョズエ役の少年がとても可愛い。表情も豊かで、心を和ませ
てくれます。
グイドは笑いながら、心の底からこの子に生きてほしい。生きて
3人で暮らしたいと願っていたことでしょう。彼の考え付くアイデア
はその時々に合わせて、危険を回避したり、収容所内の妻への
自分と息子が生きているというメッセージを送ったりと、笑い泣き
のような気持ちを起こさせます。
そして終戦になった時にジョズエに

「もしパパが戻るのがすごく遅くても、隠れ続けないと1等になれない」
とグイドは言い、彼を箱に隠し、妻を捜すのです。
この姿も女装したり、壁に張り付いたりと、ユーモアに富んだもの
です。周りが静かになった時、箱から出てきたジョズエが見たのは
本物の戦車。でも出てきた兵士は英語を話します。でもジョズエは
「本当だ!」
と大喜びするのです。その直前の厳しい映像(音だけですが)を
覚えているだけにここは切ないです。
最後まで息子を守り抜いたグイドの大きな愛を感じる映画でした。


  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


コメント
子供を必死に守ろうとする、グイドの深い愛情が伝わりますね。こんな過酷な環境なのに、子供には辛い時代だと気づかれたくない為に、ゲームで興味をもたせるアイデアや、自分が危ないと分かっていても、決して不安な態度を見せずにいた、グイドの生き方が、素晴らしいですね。この映画の前に上映した「ニュー・シネマ・パラダイス」も感動する映画ランキングに、よく入ってますね。
  • あちゃ丸
  • 2014/07/28 8:57 PM
あちゃ丸さん。この監督主演のロベルト・ベニーニはアカデミー賞で初めて外国映画で主演男優賞を獲得しているんです。ただ、そのセレモニーの時、めちゃくちゃハイテンションだったとのこと。映画の中での姿と同じだったそうです。
ちょっとあれが素ならイタイなあ。
映画はとても素晴らしい内容です。
  • ミス・マープル
  • 2014/07/29 9:12 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3071 最後に更新した日:2019/11/20

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM