土竜の唄

5
JUGEMテーマ:コメディ映画全般

土竜の唄

「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」
監督:三池崇史
脚本:宮藤官九郎
原作:高橋のぼる
2014年 日本映画 130分
キャスト:生田斗真
     仲里依紗
     山田孝之
     堤 真一
     岡村隆史
     上地雄輔

警察学校をビリで卒業した玲二は正義感だけは
人一倍強く、それが原因で警察をクビになる。
そんな彼には潜入捜査官という新たな任務が与えられ、
麻薬取引の元締め、数寄矢会に接近するのだが...。

<お勧め星>☆☆☆ テンポがよくて脚本もおもしろい。
でも少し長すぎるなあ。


原作は高橋のぼるの同名漫画であり、現在も連載中。
監督は三池崇史、脚本は宮藤官九郎ときたら、楽しい
映画に決まっている、と思ってわくわくしながら鑑賞。
予告編で有名なチラシを前に張っただけの全裸で、車
に縛りつけられる生田斗真の姿が冒頭から流れます。
はがれそうではがれないんです。(当然)一応吹き替え
なしの演技だったそうで、体を張って演技してくれて
います。結構素晴らしい肉体美にはうっとり。

で、ストーリーはというと、正義感だけが強く、警察官
としての資質に欠ける菊川玲二が、スケベ市議会議員に
銃を突き付けたことが原因で、懲戒免職になるところ
から始まります。
全編に渡って、テンポのいいセリフのやり取りと、少々
のエロティック、そしてお笑い+少々のグロシーンが
流れるのです。でも、とってもライトな感じ。
風俗嬢が教官だと思っていると拉致され、遂に乗り込んだ
ヤクザの事務所でのピンチもすべてこの潜入捜査官への
テストとわかると、ものすごい脱力感に襲われます。
そして流れる「土竜の唄」。


土竜の唄

「潮騒のメモリーズ」並みに笑っちゃう歌詞です。
そして今度こそ本物のヤクザ、日浦に接触し、とても
気に入られてしまう。日浦役は堤真一。「地獄でなぜ悪い」
(2013)でもヤクザ役だったなあ。ちなみにその時鼻を
を折られ、あげくに上まで向かされるヤクザ役は、的場浩司。
全然怖くないの。日浦と兄弟の契りを交わし、阿湖義組へ
入ることに成功するものの、関西ヤクザ、蜂乃巣会若頭の
猫沢と大喧嘩になってしまいます。この役は岡村隆史。ここ
は新喜劇の世界ですね。抗争のきっかけにしようと玲二を拉致
しても、実は彼はまだ正式な組員でないことからボコって
解放。そう、悪運だけは強いのです。

兄弟の盃を交わす大事な会でも、口上を手のひらに書いたもの
だから、汗でにじんで読めないし、盃を懐に収める、と言われ
バカなのでバリバリ食べちゃう。生田くんのきれいなお顔は
幾度となく血で染まるんですよ。傷跡が残らないのはご愛嬌。
阿湖義組の若頭補佐、月原役の山田孝之は、やはり表情を消し、
恐怖を植え付けます。眉毛までブリーチしたそうで、気合いが
十分伝わるのですが、人間的な部分が一切ないという設定とは
やや離れているように感じました。「闇金ウシジマくん」の時
の方が怖いです。終盤の玲二とのタイマンもいまひとつインパクト
が弱かったなあ。
何が足りないかと考えたけれど、それはやはりヤクザ世界の
シビアな部分ではないかと。徹底的な拷問とか、女まで巻き込む
とか、つらい部分がほとんどなかったです。あくまでもゆるい
ヤクザ映画という感じです。
そうそう、上地くんの下手な関西弁は聞いてられなかったわ。




  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


コメント
漫画が原作だと、キャラが似ているか気になりますが、岡村さんとか上地くんはかなり凝ったメイクして、原作に近づけているのが、意気込みを感じます。面白そうですがドタバタコメディなので、家族で一緒に見られない気がしますね。堤さんは最近、お笑い路線に走っているような気がします。
  • あちゃ丸
  • 2014/09/17 8:40 PM
あちゃ丸さん。
個人的に上地くんが好きではないので、下手な関西弁を使ったからさらに嫌になりました。メイクは漫画に近いようにかなり凝ったものになっています。
堤さんはコミカルな路線が多くなりましたね。
山田孝之くんは相変わらずの演技力でしたよ。
  • ミス・マープル
  • 2014/09/18 8:18 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3082 最後に更新した日:2019/12/10

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM