アーティスト

4
JUGEMテーマ:洋画

アーティスト

「アーティスト」
原題:The Artist
監督:ミシェル・アザナヴィシウス
2011年 フランス映画 101分
キャスト:ジャン・デュジャルダン
     ベニス・ベジョ
     ジョン・グッドマン
     ジェームズ・クロムウェル

サイレント映画のスター、ジョージは、女優の卵
ペピーと知り合う。時は流れてトーキー映画の時代
を迎えるが、それを拒絶したジョージは落ちぶれ、
逆にペピーがスター女優となっていくのだった。

<お勧め星>☆☆☆☆ なんとなく敬遠していた
映画ですが、やはり見てよかったと思える作品です。


ご存じのとお、第84回アカデミー賞では、作品賞、
監督賞、主演男優賞など5部門を受賞しています。
今の時代に敢えてサイレント、かつ白黒映画という
ことに、かなり意図的なものを感じ、劇場公開時から
ずっとスルー。でも「すごくいい映画よ」という「声」
に心を動かされてDVDにて鑑賞しました。
ストーリーはとっても簡単です。1927年、サイレント
映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティンは、出演する
映画はすべて大人気を博し、もう自信満々なのです。ただ
妻ドリスとはあまりうまくいっていない様子。そんな彼は
ひょんなことから女優志願のペピー・ミラーと知り合います。


アーティスト

ジョージの楽屋にこっそり忍び込んだペピーを見つけた彼は
「女優を目指すなら、目立つ特徴を」と彼女の頬につけぼくろ
を描くのです。この「つけぼくろ」は皮肉にもペピーの主演
映画の題名であり、それがジョージの凋落の始まりとなります。
ジョージ役のジャン・デュジャルダンが濃い顔立ちで、往年の
ハリウッドスターの定番のようであり、ペピー役のベニス・ベジョ
が小悪魔的な、美人ではないけれどキュートという雰囲気なのも
対照的です。

そして1929年、トーキー映画の台頭に、あくまでもサイレント
映画にこだわるジョージは、瞬く間にスターの座から陥落し、
逆にペピーがスター女優へと駆けのぼるのです。
この映画の3人目の主役はもちろんジョージの愛犬アビーという
ジャックラッセルテリアですね。


アーティスト

「ずどん」と言うと倒れるのはありきたりですが、ジョージが
妻に叱られると泣いたふりをし、見てはいけないシーンでは顔を
隠します。よく訓練されたもんだ。いや上手く編集したもんだ。
終盤に、ジョージは、ペピーが彼の私財をオークションで買い占めて
いたことを知り、プライドを傷つけられ、絶望します。その時、
チョー下手な運転でジョージの元へ駆けつけつペピーの姿には
もう泣き笑いです。いや、泣けはしない。
おしゃれなタップダンスの後に響き渡る「カット」の声。それも
効果的でした。ジョージの私財の中にあった「見猿、聞か猿、
物言わ猿」も様々なシーンでうまく使われていましたね。



  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


コメント
アカデミー賞を獲得した作品は、やはり見ておくべきでしょうが、私は多分寝てしまう可能性が・・・。ジョージは奥さんよりペピーを選んだ事で、思わぬ方向に変わってしまうのですね。トーキー映画に時代が変わると同時に、ペピーとの立場も逆転してしまい、自業自得とも思えましたが、ラストにはペピーが救いの手を差し出したのは、これは愛情なのかしら、とまあハッピーエンドなのかなと、とりあえず安心しました。でもやっぱり奥さんが可哀そうなのが、心残りですね。
  • あちゃ丸
  • 2014/10/28 8:36 PM
あちゃ丸さん。
そうなんですよ。一応アカデミー賞を獲った作品はチェックなんですが、見てみるとそれほどでもないものもあります。好みの問題でしょうかね
ジョージと奥さんの関係はあまり深く描かれていないのですが、ジョージは家を追い出されるわけです。それも落ちぶれはじめた頃に。結局愛情がなかったのでしょうね。そこに手を差し伸べたのがペピーということで、真実の愛を意味しているのでしょう。心の動き上に、映像や音楽で楽しめるものになっています。
  • ミス・マープル
  • 2014/10/29 9:55 AM
時代の変遷をうまく捉えた作品でしたね。
モノクロ映像とサイレントを生かした演出はとっても良かったのですが、予告を観て期待したほどには感動しなかったのは、私財を買い占めるという愛情表現がピンと来なかったからかなと当事思いました。
また再見すると違う感想になるかもしれません。
ワンちゃんが芸達者で可愛かったですね。

  • pu-ko
  • 2014/10/30 10:40 AM
pu-koさん、コメントありがとうございます。
わたしは逆に予告編で「演出」が凝り過ぎていると思い、ずっと敬遠していました。なので期待しなかった分面白く感じたかもしれません。
ワンちゃんはとても芸達者でしたね。それだけでも癒されました。
  • ミス・マープル
  • 2014/10/30 2:27 PM
ミス・マープルさん、こんばんは!

アート系なのかなと思っていたのですが、思いの外ストレートに映画愛について語っていた作品でしたね。
映画が進化していく様子、それに関わる人たちの様子。
映画についての愛がある作品でした。
はらやんさん、コメント&TBありがとうございます。
そうそう、もっと見る人を選ぶ映画だと思っていました。なのでわりやすいストーリーや愛くるしい登場人物に親近感を持ちました。
映画の進化とそれに携わった人々の人間模様が上手く描かれていました。
とても面白かったです。
  • ミス・マープル
  • 2015/01/20 8:15 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
第84回アカデミー作品賞受賞作品です。 サイレント映画からトーキー映画に移行する
  • はらやんの映画徒然草
  • 2015/01/19 1:00 PM

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3006 最後に更新した日:2019/06/24

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM