マッキー

5
JUGEMテーマ:コメディ映画全般

マッキー

「マッキー」
原題:Eega
監督:S・S・ラージャマウリ
2012年 インド映画 125分
キャスト:スディープ
     サマンサ・ルス・プラザ
     ナーニ

ジャニは向かいに住むビンドゥに2年も片思い中。
ようやく彼の思いをビンドゥが受け止めた時、彼女
を気に入っていたスディープという大金持ちによって
惨殺されてしまうのだった。しかしジャニはなぜか
ハエに生まれ変わり、スディープへの復讐を開始する。

<お勧め星>☆☆☆☆ パパが子供を寝かしつけるため
の話なので奇想天外。それでいてスリルと笑いのある映画
でした。


ジャニは自宅の向かいに住む美しいビンドゥに2年間も
片思い中。でも限りなく+思考なので、彼女の行動1つ1つ
を自分のいい方に考えてしまうのです。


マッキー

一方のビンドゥがボランティア事業に励む姿を気に入った
建設会社社長スディープは、たちまち猛アタックを開始します。


マッキー

なんせ全ての女が自分の物と豪語するだけあって、自信満々
なのです。ジャニが毎月15ルピー寄付している事業に一挙
に150万ルピーも寄付し、すぐに顧問になってしまう。
でもビンドゥはその時になって初めて、ジャニの存在を意識
し、彼のことを好きだったことに気づいてしまうのです。
とーってもいい雰囲気の2人を見たスディープは、ジャニを
連れ去り、残酷にも踏み殺してしまうのです。ここはとても
怖いですよ。

しかし彼の魂がなぜか白い卵に入り込み(嫌な予感がする)、
幼虫は省略してさなぎからハエに羽化します。あーよかった。
実際のハエは大嫌いだけれど、このハエはCGでちょっと可愛い
雰囲気に作られています。火のついたタバコに留まると、すんで
のところで踏みつぶされそうになり、シャボン玉の中で楽しみ、
クリケットの球や鳥の攻撃を器用に交わしていきます。とても
上手に描かれています。でもきれいなのはここまで。


マッキー

あっという間に自分の境遇を理解したジャニことマッキーは
「復讐」に燃え始めるのですよ。最初は邪魔なハエだったのに
巧妙な技で、彼の眠りを妨げ、車の運転も邪魔し、大事故を
起こさせます。
「I WILL KILL YOU」
壊れたウィンドガラスにマッキーが書き残していくのです。
その一方でマッキーは自分の存在をビンドゥに知らせたい。さあ
どうするか。その方法は、彼を思って涙をこぼしたビンドゥを
見て、その涙の水滴を文字に変えるのです。上手く考えたもんだ。

ジャニはスディープに殺されたことも新聞の写真をさしながら
伝えます。
そしてインド映画特有のインターバルを経て、ハエ対スディープの
壮絶な戦いが始まるのです。殺虫剤を用意すれば、マッキー専用の
ゴーグルを作るビンドゥ。彼の爪も鋭い鋼に変えてくれます。
冒頭からビンドゥがマイクロアートを趣味にしているのが映りますが
その能力がこんなところで発揮されるなんて、驚き桃の木山椒の木。
復讐は限度を知らず、スディープを殺すまで続けられるのには、やや
やり過ぎ感を感じましたが、痛快といえば痛快なアクションコメディ
映画でした。音楽は耳から離れなくなりますよ。

製作費に6億円もかけたというの頷けるほどの、派手な映像も楽しめ
ます。




  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


コメント
こんばんは!

プラス思考もほどほどにしないと、
この主人公の場合は両思いでしたが、
ストーカー行為と変わらないのが怖いですね〜
そしてハエも怖い(笑)
復讐に燃えるマッキーの様子は可笑しくもあり、可愛く…はないけど、ぶんぶん飛び回るだけでもうざさがあるから、これはいいアイデアでしたよね
  • maki
  • 2015/01/10 9:16 PM
makiさん、コメント&TBありがとうございます。
序盤は明らかにストーカーでしたね。
限りなくプラス思考がうざーい。
生まれ変わるのがハエというのは、なかなか思いつきませんよね。
明るい音楽で相変わらず気分よく見られました。
  • ミス・マープル
  • 2015/01/11 11:09 AM
珍しくインド映画にしてはやや標準な上映時間ですね。それにしてもはえで生まれ変わるとは、いいのか悪いのか。でもせっかくのチャンスなのだからもちろん復讐して、彼女に真実を伝えたいですものね。ラストはもしかしてミュージカル風に終わるのかしら?
  • あちゃ丸
  • 2015/01/11 1:36 PM
あちゃ丸さん。
ボリウッド映画ならではのミュージカルシーンは少しだけ使われています。残りはハエ対人間のアクションの連続です。それほど長くないので眠くなりませんでした。ちょっと残酷すぎるかなというのが印象です。
  • ミス・マープル
  • 2015/01/11 3:37 PM
驚き桃の木山椒の木というフレーズを久しぶりに目にしました♪
復讐劇というのはインドでは題材になりやすいのかな。でもハエっていうのは凄いですね(笑)
アドベンチャー的な部分もあったりで、気楽に楽しめました。
  • pu-ko
  • 2015/01/12 11:30 PM
pu-koさん、コメント&TBありがとうございます。
げげげ...古いフレーズを使ってしまった。しまった(^-^;
スディープの奥さんに持参金がなかった云々のくだりから、奥さんは殺されたのかな?と思ってしまいました。インドはまだ持参金が必要ですよね。
派手なカーアクションや爆発シーンもあって、インド映画ではやや短めなので、一気に見られました。
  • ミス・マープル
  • 2015/01/13 8:32 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
ストーリーは単純で、恋敵に殺された男がハエに生まれ変わって復讐し愛する人を守ると言う話。リアル過ぎないハエの様相がまたいい味を出している。 マッキーはハエですから、勿論言葉は話しません。動作だけでこれから何をするか、何を考えてるのかわかるようにな
  • いやいやえん
  • 2015/01/10 5:38 PM
TIFF繋がりでもう一本ハエに生まれ変わった男が、愛する人を守るため復讐に燃える姿を描くインド映画『マッキー』ついでに「復讐を描く映画」を何本か観ていきます。マッキー(2012 ...
  • シネマ・クレシェンド
  • 2015/01/12 11:31 PM

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3227 最後に更新した日:2020/10/20

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM