アンダー・ザ・スキン 種の捕食

4
JUGEMテーマ:SF映画 一般

アンダー/ザ/スキン

「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」
原題:Under the Skin
監督:ジョナサン・グレイザー
2014年 スイス=イギリス=アメリカ映画 108分
R15+
キャスト:スカーレット・ヨハンソン
     ポール・ブラガン

スコットランドの町中で大きなワゴン車に乗った女が
男たちに道を尋ねる。美しく妖艶な女に対し、男は親切
に道を教え、車に乗り込む。しかしそのまま姿を消して
しまうのだ。ある日女が乗せた男が異形の顔の持ち主
だったことから女に何かの感情が芽生え始める...。

<お勧め星>☆☆半 不思議な映画です。でも中盤まで
とても眠い。


「記憶の棘」(2004)のジョナサン・グレイザー監督の
映画です。予備知識もなければ、原作も未読なので、冒頭
の小さな光が少しずつ大きくなっていくシーンが「瞳」を
表しているのだと理解できるまで、結構時間がかかりました。
とても強調されている、スカーレット・ヨハンソンのフルヌード
はまるでマネキン人形のようにパーフェクトな美しさ。


アンダー・ザ・スキン

それを見るだけでも十分価値があります。
バイクの男とスカーレット・ヨハンソン演じる女が何かを企み、
何かをしでかしているのは薄々わかります。まあ、邦題を見れば
意味が大体わかっちゃうか。前半は男を選んでは、道を尋ね、
ちょっとイケそうな男を家に連れ込み、1枚1枚服を脱いでいく。
そして男も1枚1枚脱いでいく。後には、脱ぎ捨てられた衣服が
残り、なぜか男は沈んでいくのです。セリフが極端に少なく、
感情表現もあまりないのは、女の本質のせいだから仕方ありません。
前衛的なBGMは金属音も交じって、やや耳障りです。


アンダー・ザ・スキン

ところがある晩、女は、明らかに顔が異形の男を誘ってしまう
のです。普通に恋話などを尋ねる女に男はきょとんとします。
当然なのですよ。でも女は気づかず、同じ様に家に誘い込み、
そして1枚1枚服を脱いでいき...。ところがその後で鏡を見た時、
女は自分の顔と彼のそれが、大きく異なっていたことに気づきます。
ちなみにこの男は沈んだはずの家の中から、なぜか全裸で歩き
出し、バイクの男に連れ去られます。ふむふむ、「捕食」の選定
条件というものがあるのか。

このことがきっかけで、女は何かの感情に目覚めた模様。一人で
寒い雨の降る中を歩いたり、ケーキを注文したりするのですよ。
でも食べられずすぐに吐いちゃうけど。
この女は、周りが薄着の時に毛皮のコートを着て、とても寒い時に
薄手のシャツ1枚で平気で歩きます。それも当然のことですが、
優しい男がやはり声をかけてくれるのです。これがきれいでなければ
どうなっただろうね。そこは「捕食」のためにそういう姿にしたの
ですね。今頃納得します。
ラストは唐突に訪れ、しんしんと降り続く雪の中に、真っ赤に
燃え盛る炎と立ち上る煙が映し出されます。必死で女を追った
バイク男たちにもその煙や炎が見えないほど、雪や霧に覆われた
いかにも寒そうなスコットランドの景色が広がるだけなのです。




  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


関連する記事
コメント
こんばんは

私はスカヨハのヌードがパーフェクトな美しさとは感じませんでした
むしろ、肉感的でちょっとゆるんだ体の線が、スーパーモデル並の肉体美ではなく、リアルな「女体」をあらわしているなあと。
彼女の目線の先にガラスに抗う虫の姿があったので、自分を虫にたとえて自我に目覚めたのだと感じました
物凄く静かで淡々としており、えてすれば気狂いしそうになる作品ですけれど、なかなか良かったです
ただ…私には、海での描写がいまひとつ何を言いたいのかわかりませんでした
  • maki
  • 2015/01/13 6:17 PM
さあ、これから一戦頑張るぞ、の筈なのに、何だか訳も分からず沼に沈んでしまう男たちが哀しくて良かったです。
昔見た「スピーシーズ」を思い出しました。あれも女の武器(女好きが喜びそうな美女)で誘い込み獲物を捕まえてましたね。そう思うとなんかく三流映画に見えてきてしまい、借りませんでした。バイクの男が司令塔的存在なのですか?
  • あちゃ丸
  • 2015/01/13 9:29 PM
makiさん、コメント&TBありがとうございます。

そうですね。肉枠的で、どちらかというと昔のピンク映画の女優さんのような魅力がありました。(やや古い)
ものすごく静かなので、睡魔と闘うのに必死でした。
膿でのシーンはなんだったのでしょうか?妻を救おうとした夫を救おうとしたサーファーが、夫にふり払われ、打ち上げられたサーファーをなぐり殺す。ついでに泣き続ける幼児。意味が分からなかったです。
  • ミス・マープル
  • 2015/01/14 8:31 AM
ふじき78さん、コメント&TBありがとうございます。

そうですよね。こんなきれいな姉ちゃんとさあ、これからだ!と思っているとずぶずぶ沈んでいく。でも男たちは気づいていないような表情でしたね。
あとに残る衣服が悲しかったです。
  • ミス・マープル
  • 2015/01/14 8:32 AM
あちゃ丸さん。
バイクの男たちが司令塔らしく、女はただ誰かの姿を借りて存在しているのですよ。
でもとーっても静かな映画なので、個人的には全然好みではなかったです。SF映画に入れましたが、それでもないような気がします。
  • ミス・マープル
  • 2015/01/14 8:34 AM
マープルさん、こんばんは♪

おそらく普通の監督が撮ったら、
『スピーシーズ』みたいなエロSFホラーになってたんでしょうね。
でもこの監督はCMやPV出身の映像派なもんで、
ちょっと冒険して前衛っぽく撮っちゃったって感じでしょうか?
ちょっとカッコつけすぎですね(笑)

でもシュールさの裏側にあるのはけっこうベタですよね。
実存不安と中身の問題。
皮膚病の男の中身の純粋さに触れて、
自分自身を見失っちゃったわけですね。
しかしわかりにくい。
こんなにわかりにくく撮る必要ないんですけどね(笑)
スパイクロッドさん、コメント&TBありがとうございます。
そうそうちょっと「お洒落」感を前面に出し過ぎていると思いました。そういうのは、CMやPVならいいけれど、映画的にはどうなの?という感じがします。
異形の男の顔を見ても平気だったのに、自分と違っていて、それでいて何か通じるものがあったのですかね。
者すごーくわかりづらい映画です。
  • ミス・マープル
  • 2015/01/15 8:30 AM
こんばんは!
最初は真剣に見てたんですけど、途中から無の心で見ていた私の気持ちを察してください。
実験映画みたいな感じですかね、これ。
  • ヒロ之
  • 2015/05/01 3:25 AM
ヒロ之さん、コメント&TBありがとうございます。
わかります。
無心で見るほかないですね。
スカーレットさんのフルヌードが見られただけでもよしとしますか。
  • ミス・マープル
  • 2015/05/01 11:49 AM
スカちゃんでなかったら、集客力がなかったでしょうし、未公開だったでしょうね。
こういうので主役ができるのは、俳優としての力もけっこう感じますねえ。
ポーさん、コメント&TBありがとうございます。
おっしゃる通りスカちゃんだから...というのがDVD化された大きな理由でしょうね。
何とも言えない色気と豊満な肉体を出し惜しまなかったところはえらいと思います。
  • ミス・マープル
  • 2015/09/01 9:41 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
【概略】 男たちを捕食する、妖艶な美女の姿をした地球外生命体。彼女はあることをきっかけに人間的な感情を持ち始めるが…。 SF スカーレット・ヨハンソンが地球外生命体の美女を演じています、雰囲気的には「スピーシーズ」かな?なんて思って観たんだけど、
  • いやいやえん
  • 2015/01/13 6:09 PM
五つ星評価で【★★★スカヨハの裸が見れたのだから、もうそれで充分でしょ】    スカヨハの裸を見る映画。 スカちゃんがそれをどう思うかは別として、 世間的にはそう言う位 ...
  • ふじき78の死屍累々映画日記
  • 2015/01/13 9:16 PM
2013年/イギリス・アメリカ・スイス/108分 監督:ジョナサン・グレイザー 出演:スカーレット・ヨハンソン    ジェレミー・マクウィリアムス ■概要 原題は『Under the Skin』。イギリス・アメリカ・スイス合作による2013年のSFサスペンスです。監督は『記
  • 偏愛映画自由帳
  • 2015/01/14 11:09 PM
UNDER THE SKIN 2013年 イギリス/アメリカ/スイス 108分 SF/サスペンス/ミステリー R15+ 劇場公開(2014/10/04) 監督: ジョナサン・グレイザー 原作: ミッシェル・フェイバー『アンダー・ザ・スキン』 脚本: ジョナサン・グレイザー 出演: スカー
  • 銀幕大帝α
  • 2015/05/01 3:23 AM
はい、なんともしれん、不思議な映画でしたね。それでは、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。
  • 或る日の出来事
  • 2015/08/30 6:33 PM

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3070 最後に更新した日:2019/11/14

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM