GODZILLA

5
JUGEMテーマ:洋画

godzilla

「GODZILLA ゴジラ」
原題:GODZILLA
監督:ギャレス・エドワーズ
2014年 アメリカ映画 123分
キャスト:アーロン・テイラー=ジョンソン
     渡辺謙
     エリザベス・オルセン

アメリカ軍大尉フォードは、日本に住む父親が
警察に拘束されたことから、彼の元へ向かう。
父はかつて原子力発電所の謎の事故で妻を亡くし、
その真相を執拗に探っている。そして2人は思い
もよらぬ光景を目にするのだった。

<お勧め星>☆☆☆ せっかくのクライマックスが
暗くてよく見えません。そして前置きが長すぎます。


本家「ゴジラ」(1954)は、子供の頃、金曜ロードショー
のようなTV映画劇場で見た記憶があります。その時、
東京タワーを壊し、実況アナウンサーが
「みなさま、さようなら〜」
と言って壊されたビルと共に消えていくのがとても
怖かったのを覚えています。
で、今作はその原点に立ち返ったということで、少々
期待して見ました。渡辺謙さんが、
「ゴジラ」
と敢えて発音したとテレビで言っていたのもチェック
しなくちゃ。これに関しては、1か所だけそうでない発音
をしていたぞ。


godzilla

肝心のストーリーは、まず前置きが長いのです。オープニング
から米ソの水爆実験の映像が実写で流れ、その後1999年、
フィリピンで何かが見つかります。そこへやってきたのは、
渡辺謙演じる芹沢博士。彼はその後モナーク計画とやらに参加
するのです。
一方、日本の原子力発電施設では、ジョーとサンドラ夫妻が
謎の地震に襲われ、施設は破壊され、ジョーは妻を見捨てて
防護壁を閉めざるを得ない悲しい光景が映るのです。これは
3.11を経験した人々にとっては胸を締め付けるようなものです。
そして15年後、ジョーは今でもその真相を追っていて、退避
区域に入り込んだところを日本警察に捕まるのです。息子の
フォードは今や立派な米国軍人大尉で、サンフランシスコに
妻子と暮らしています。せっかく帰還したのに、父を引き取る
ために日本へ向かうフォード。
「2,3日で帰るよ。」
いや、そういった時点で長くなるよ。
フォードは父ジョンの必死の願いを聞いて、退避区域に入り、
あれよあれよという間に2人とも警察に捕まるのです。そこで
再び同じような地震が起こり、建物が破壊され、彼らが目にした
のは、何かわからない物体。MUTO=未確認物体は、まるで
「サイン」(2002)のエイリアンのような姿をしていて、それが
暴れだしたので、ジョンは大けがをしてしまい、死亡。まだ肝心
のゴジラは姿を見せません。ここで半分は過ぎているな。

実はMUTOは雌雄2体存在して、それをゴジラが追って移動して
いるのだ、と主張するのは芹沢博士と助手のみで、ハワイが
破壊され、それらが西海岸に向かっているとわかると、米軍が
登場。バンバン攻撃するし、最終的には沖合で3体まとめて
核ミサイルで破壊させてしまおうということになるのです。時々
入り込む人間ドラマも子供は死なない、というアメリカ映画の
基本を踏襲しており、無くてもいいなと思ってしまう。
そしてやっと見られるゴジラとMUTOの戦いは暗くてはっきり
見えないし、プロレスじゃないんだから、きめ技をギリで使う
というもったいぶった戦い方です。
ちなみにこのパラシュートで降下するシーンは外から見るのと、
降下するフォード大尉の視点で見るのと2通り映り、結構映像
が凝っているのがわかります。


godzilla

お金がかけてあるもんね。
ラストはいかにもアメリカ的な終わり方で、ハッピーではあり
ますが、ところであのアナログな起爆装置はいつ誰が解除した
のだろうと思いつつ終了。
真面目に作ってあると思いますが、普通でした。


  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


関連する記事
    コメント
    レンタルDVDでこれを見ていると、意外と早くゴジラさん登場だったんだなと(象足だけですが)改めて思ったんですよねー半分くらいだったかな
    ゴジラに置けるじらしも、きちんと描かれてましたし(笑)満を持して登場のときの咆哮も「ええーなんか違う」とはならなかったので良かったです
    日本のゴジラを物凄く考えて作られているなとそこは感心しました
    ただ、途中までムートー映画になっているので、何映画みてるんだっけと思ってしまうのが難ですね

    ゴジラタンブラーはどこいったんだろう…
    • maki
    • 2015/02/21 11:22 AM
    makiさん、コメント&TBありがとうございます。
    確かに象足さんは以外と早くに登場していました!
    満を持しての登場までがやや長く、短気なわたしは、MUTOが出た時に、まさか、これが?と勘違いしてしまいました。
    イギリス人監督が作ったからか、「原爆」のことも触れていましたね。ゴジラよりもMUTOの夫婦愛が印象に残ってしまいました。
    え〜、まさかのゴジラタンブラー紛失ですか?
    • ミス・マープル
    • 2015/02/21 11:55 AM
    ミス・マープルさん、こんにちは!

    エメリッヒの「ゴジラ」と比べると断然いいのですが、普通といえば普通でしたね。
    もう少し登場人物を絞り込んで、コンパクトでも良かったかもしれません。
    はらやんさん、コメント&TBありがとうございます。

    実はエメリッヒ監督の「ゴジラ」は見ていないんですよ。
    皆さんのレビューの評価が相当低いので多分見ないと思います。
    「ゴジラ」に的を絞って、余計な人間模様は無かった方がいいかもしれませんね。
    • ミス・マープル
    • 2015/02/21 5:35 PM
    オリジナルとリメイク、どちらも未見です。なぜかガメラは見てました。オリジナルはいかにも着ぐるみと分かりますが、リメイク版はやはり迫力ありますね(予告見ただけですが)ゴジラも鳴き声にかなりこだわったそうですね。渡辺謙さんが子供の頃にオリジナルを見て、憧れの映画に出られた事に、佐野史郎さんと、はしゃいでました。
    • あちゃ丸
    • 2015/02/21 7:42 PM
    ゴジラをやや“善”よりに描き、ドラマよりも対決描写を凝ったのも、“怪獣対決を描くシリーズ化”ってのが前提にあったからかも知れないですねぇ。キングギドラが次回作に出るって噂ですし。
    にしても、劇場では気にならなかったんですけど、ソフトの方は画面が暗すぎですよねぇ。。。
    おはようございます!

    ヒーローは必ず遅れて現れる。
    メキシコのルチャリブレの伝統ですな。
    そう、まさにプロレス!
    でもボクはあまりプロレスが好きではない!
    それなりにきれいに決まってはいましたけど、
    それ以上でも以下でもなかったですね。

    次作で登場予定のキングギドラは好きな怪獣ではありますけど、
    ハリウッドであの三つ首竜はどうでしょう?
    なんか変な感じになりそうな気が……。
    あちゃ丸さん。
    渡辺謙さんの役が全然存在感がないです。
    ゴジラの鳴き声はおそらくとてもこだわったと思います。
    それと焦らして全貌見せる映し方も凝っていました。
    でもやはり日本の「ゴジラ」が一番ですね。
    次はキングギドラが出るらしいですが、それはもう知らない怪獣なんですよ。なんでかな。怖かったんだな。
    • ミス・マープル
    • 2015/02/22 12:31 PM
    たおさん、コメント&TBありがとうございます。
    劇場ではよく見えたのですね。DVDでは暗くてよく見えませんでした。
    ゴジラがかなり「善」に描かれていたのは、次回作へとつなげるためなんですね。そうか、ラストにテレビニュースで
    「ゴジラはヒーローか」
    とか言っていましたね。キングギドラは個人的には名前しか知らないんですよ。
    • ミス・マープル
    • 2015/02/22 12:34 PM
    スパイクロッドさん、コメント&TBありがとうございます。
    ヒーローの登場が遅すぎですね。
    あのきめ技はプロレスを思い出しました。最初から使ったら話が終わっちゃうし、それまで放射能を貯めていたのかしら。
    次回作ではキングギドラが登場するんですね。もう続編が決まっているんだ。
    もうゴジラはヒーローになったんだ。アメコミのようになってきましたねえ。
    • ミス・マープル
    • 2015/02/22 12:42 PM
    こんにちは!
    コメント&TBありがとうございました。
    焦らしプレイが好きな私なもんで(笑)、そういう意味ではゴジラの全身がラストではっきりと確認出来た時は「おぉ!」と結構テンション上がりました。
    まぁビジュアルが本家に近く整っていたのも興奮の手助けにはなりました。
    エメリッヒ版のゴジラを映画館で観た時のショック、いまだに忘れません(笑)。
    続編は明るい画面での対決が多く見れる事を望みます。
    • ヒロ之
    • 2015/02/22 2:49 PM
    ヒロ之さん、コメント&TBありがとうございます。
    わたしは「いらち」なので、焦らしプレイは許せません!
    ただ象足くんから終盤一気に全体像が見えて「ガオー」と吠えるときは、おおうと同じく思いました。ただ暗い。
    映像がよく見えませんでした。
    エメリッヒ監督のものは未見ですが、あまりにけなされているので1度見てみようかしら。
    続編は明るいといいですね!
    • ミス・マープル
    • 2015/02/22 4:04 PM
    こんにちは。
    御本家よりもMUTOさんのほうが出演率が高かったですね 笑
    でもやっとゴジラが登場したときはテンションが上がりました。

    前に観たハリウッド版ゴジラよりはずっと良かったです。
    yukarinさん、コメント&TBありがとうございます。
    そうそうMUTOがメインっぽい映画でした。彼らの夫婦愛もあったし。
    なので焦らして登場したゴジラにはちょっと感激。
    エメリッヒ監督のゴジラはめっちゃ速く移動したんですね。象足で走るのってどんな感じなんだろう。
    • ミス・マープル
    • 2015/02/26 5:10 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    映画館鑑賞。 原爆と核実験の象徴から、善悪を超越した存在として描かれている、ゴジラ。ただの大怪獣でもない。 前情報がでてから、ゴジラのビジュアルと設定がとかく気にかかっていました。前作・ハリウッド版の「GODZILLA」は、単なる怪獣映画と化してしまって
    • いやいやえん
    • 2015/02/21 11:19 AM
    海外で「ゴジラ」が映画化されるのは、ローランド・エメリヒッヒが監督した1998年
    • はらやんの映画徒然草
    • 2015/02/21 4:45 PM
    監督 ギャレス・エドワーズ 主演 アーロン・テイラー=ジョンソン 2014年 アメリカ/日本映画 123分 アクション 採点★★★★ ゴジラが原爆や空襲の恐怖を具象化した存在だってことは、今更言うまででもないことですよねぇ。そう考えると、人がどう足掻こうと太
    • Subterranean サブタレイニアン
    • 2015/02/22 7:38 AM
    2014年/アメリカ/123分 監督:ギャレス・エドワーズ 出演:アーロン・テイラー=ジョンソン    渡辺謙    ブライアン・クランストン    エリザベス・オルセン ■概要 原題は『Godzilla』。日本が誇る怪獣映画をハリウッドがリブートした、2014年のS
    • 偏愛映画自由帳
    • 2015/02/22 10:36 AM
    GODZILLA 2014年 アメリカ 123分 アクション/アドベンチャー/SF 劇場公開(2014/07/25) 監督: ギャレス・エドワーズ 『モンスターズ/地球外生命体』 出演: アーロン・テイラー=ジョンソン:フォード・ブロディ 渡辺謙:芹沢猪四郎博士 エリザベス・
    • 銀幕大帝α
    • 2015/02/22 2:44 PM
    □作品オフィシャルサイト 「GODZILLA」 □監督 ギャレス・エドワーズ□脚本 マックス・ボレンスタイン□キャスト アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺 謙、エリザベス・オルセン、       ジュリエット・ビノシュ、サリー・ホーキンス、デビッ
    • 京の昼寝〜♪
    • 2015/02/23 8:48 PM
    【GODZILLA】 2014/07/25公開 アメリカ 123分監督:ギャレス・エドワーズ出演:アーロン・テイラー=ジョンソン、渡辺謙、エリザベス・オルセン、ジュリエット・ビノシュ、サリー・ホーキンス、CJ・アダムズ、カーソン・ボルデ、デヴィッド・ストラザーン、ブライアン
    • ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
    • 2015/02/26 2:23 PM

    カレンダー

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    ブログランキング

    今日のわんこ

    powered by 撮影スタジオ.jp

    アマゾン

    遊びにきてくれてありがとう!

    カウンター

    死語レッスン

    最新記事

    categories

    過去の記事

    コメントありがとうございます!

    トラックバックありがとうございます!

    recommend

    お友達

    ミス・マープルについて

    書いた記事数:3070 最後に更新した日:2019/11/14

    あの映画を探そう!

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM