ホテル・ルワンダ

4
JUGEMテーマ:洋画

ホテル・ルワンダ

「ホテル・ルワンダ」
原題:Hotel Rwanda
監督:テリー・ジョージ
2004年 イギリス=イタリア=南アフリカ映画
122分
キャスト:ドン・チードル
     ソフィー・オコネドー
     ニック・ノルティ
     ホアキン・フェニックス
     ジャン・レノ

1994年、ルワンダで勃発したフツ族過激派による
ツチ族への迫害は激しさを増し、ルワンダのホテルの
支配人ポールは、避難民をホテルに受け入れる。しかし
欧米の介入軍は彼らを見捨て、ポール達は自らの手で
身を守らなければならなくなるのだった。

<お勧め星>☆☆☆☆ この虐殺事件は動画などで頻繁
に見かけますが、その事実をそのまま映画にしています。


舞台となったホテル「オテル・デ・ミル・コリン」は現在
では営業を再開しているそうです。但し撮影はほとんど
南アフリカで行われたとのことです。
序盤にツチ族とフツ族の和平協定のニュースやホテルで
くつろぐ将軍や国連軍大佐、それをもてなす支配人ポール
などの会話から、1994年時点でのルワンダの国情が理解
できます。オリバー大佐役はニック・ノルティ。


ホテル・ルワンダ

そもそもツチ族とフツ族の違いを決めたのは植民地支配して
いたベルギー人であり、それは「鼻の高さ」「色の黒さ」など
極めてあいまいなものなのです。近年では同じ人種として「族」
は使われなくなっているそうですが、これはまた隣国コンゴでの
内戦の火種になったのは皮肉なものです。そしてそれは今も
続いているのです。
ベルギーに本社のある「ミル・コリンホテル」は、4つ星ホテル
であり、その支配人であるポール・ルセキサバキナはその地位を
使って様々な人脈を築き、どのように金を使えば人を動かせるか
などを理解してきました。これが混乱時の身の危険を救うのに
大きく役立ったのです。
フツ族過激派によるツチ族及びフツ族穏健派への迫害は激しさを
増し、それはフツ族出身の大統領暗殺によって一気に爆発します。
彼らはツチ族を「ゴキブリ」呼ばわりし、歌を歌いながらナタで
虐殺を繰り返していくのです。


ホテル・ルワンダ

ポールはフツ族でありながら妻タチアナはツチ族。この争いに
無関心であったはずの彼も家族や隣人の身に危険が及ぶと、金品
で民兵に護衛を依頼し、避難民をホテルにかくまうようになるのです。


ホテル・ルワンダ

そして欧米諸国がこの虐殺を止めるものと信じていた彼らに届いた
報せは、外国の介入軍撤退及び外国人のみ救出するというもの。
教会で孤児たちの世話をしていた聖職者の悲痛な叫び声は耳から
離れませんでした。
そしてポールは悟るのです。支配人である自分は、欧米人と同じ
支配層にいると勘違いしてきた。世界はアフリカの小国である
ルワンダを見捨てたということを。

路上に横たわるおびただしい数の市民の遺体で、トラックが進めず
車をバックさせる時のポールの絶望的な瞳は直視できません。
荷物を持ってひたすら歩き続ける難民に向けて、まるで楽しんで
いるかのように発砲する民兵たち。実際、彼らは麻薬によって
気分が高揚していたらしいのですが、同じ人間に対し、これほど
までに残酷になれるのかと思います。しかしこれは戦場における
兵士と同じかもしれませんね。
赤十字や国連軍の支援もあり、ポール達は生き残りました。しかし
この100日に及ぶ虐殺で730万人のうち80万〜100万の人々が殺害
されたジェノサイドは決して忘れてはならないし、許してはいけない
事実と思います。さらに同様なことは繰り返してはならないのです。



  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


関連する記事
コメント
とても内容が重い映画ですね。でも、実話と聞いてもっと衝撃を受けました。民族の違いを別の国が決めているのがおかしいし、虐殺するとはもってのほかでしょう。7.ポールのように奥さんと違う民族でも、ちゃんと幸せに暮らしているのに、何故殺し合いをしなければいけないのか?理解できませんね。ポールの勇気ある行動に、助かった人達は感謝しなければなりませんね。
  • あちゃ丸
  • 2015/03/20 7:47 PM
あちゃ丸さん。
同じ地球上でこんな国がいくつもあるかと思うと心が暗くなりますね。
ツチ族とフツ族の争いは元は植民地支配によるもので、アフリカの人々はなぜ幸せな平和な暮らしができないのかと思います。
ポールによって救われた人々は1600人ほどですが、虐殺された人は桁が違うほど多いですね。
  • ミス・マープル
  • 2015/03/22 8:17 AM
こんばんは。
恥ずかしながら、この大虐殺については映画を見るまでほぼ知らなかったので、まずこの事実に驚愕しました。
少年兵が麻薬を使わされてという話しはよく聞きますが、こうした民兵もそうだったのですね…。
辛くて直視したくない現実ですが、それを伝えるだけではなく、映画としても一級品でした。
  • ihuru
  • 2015/03/30 12:56 AM
ihuruさん、コメントありがとうございます。
わたしも虐殺の背景はこの映画で深く知った程度です。
それほどまでに遠い国の出来事と思っていたのですね。
少年兵は親を殺させてスカウトしていく、という話は聞きますが、
このように麻薬で気分を高揚させて虐殺を繰り返していたとは
知りませんでした。それを見捨てた欧米諸国の責任は重いですよね。
  • ミス・マープル
  • 2015/03/30 8:39 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3071 最後に更新した日:2019/11/20

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM