バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

4
JUGEMテーマ:洋画

バードマン

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」
原題:Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
2014年 アメリカ映画 120分 PG12
キャスト:マイケル・キートン
     エドワード・ノートン
     ザック・ガリフィアナキス
     エイミー・ライアン
     ナオミ・ワッツ

かつて「バードマン」という映画でスター俳優だった
リーガンは、その後ヒット作に恵まれず、妻とも離婚
している。かれは一念発起してブロードウェイ舞台進出
を計画するのだが、いつしか自身の心の声に悩まされる
ようになり...。

<お勧め星>☆☆☆ 評価も高いし、アカデミー賞作品賞、
監督賞、脚本賞も獲ったけれど、好きな映画じゃない。


映画は1回の長回しで撮影されたものだと錯覚するシーン
が多いのですが、これにはカメラワークと編集に非常に
高度な技術を要したそうです。セリフも多く一秒たりとも
画面から目を離せません。字幕で見ても練りこまれた脚本
であることがわかります。でもー、おもしろくない。
今まさにそこで起きているかのようなカメラワークも優れて
いるし、これに俳優陣の熱演が加わると、とにかく疲れる
のです。
ストーリーはなぜかブリーフ一丁で空中浮遊する男の姿から
始まります。彼はかつて「バードマン」シリーズで大人気に
なったリーガン・トムソン。


バードマン

3作目以降作品に恵まれず、家庭を顧みなかったことで妻とも
離婚し、一人娘サムは、薬物依存のリハビリ施設を出て、彼の
付き人をしています。絵に描いたような有名人一家の末路です。
リーガンは、自分の才能を信じ、ブロードウェイでの舞台上演
を計画するのです。うざい俳優は事故で降板し、代役として
現れたマイケル・シャイナー役は「グランド・ブタペストホテル」
(2014)のエドワード・ノートン。


バードマン

リーガン役のマイケル・キートンとの競演は、格闘シーンも
含めて面白おかしくそして少し切なく見られます。このマイケル
が舞台ではアドリブで演技をしていくのに、それがあまりに
上手過ぎてリーガンは反発を覚えながらも、自分への自信を喪失
していくのです。
アナログ人間のリーガンは、ネット依存症(今の若い子では普通)
のサムの言葉に耳を傾けるはずもなく、その姿が対照的に映し
出されていきます。


バードマン

そうそう、マイケルを推薦したリーガンの共演女優レズリー役が
かなり老けたナオミ・ワッツでした。これがブロードウェイデビュー
という役の割には場馴れして見えたな。
映画の終盤はリーガンの心の葛藤が映像となって映され、どれが
現実か見る側のスキルを要します。…と思います。ラストまで見て
よくわからなかったので、他の方のレビューを読んでようやく納得。
こんな難解な映画好きじゃないもーん。


  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


関連する記事
コメント
アカデミー賞獲ったわりには、厳しい評価ですね。ハリウッドではこの様な経験をした俳優が多いみたいで、同情の声がかなり多かったみたいですね。それが決め手となったのでしょうね。M・キートンもリーガン同様「バットマン」が大当たりしてその後は・・・。もしかして感情移入したかもしれませんね。ラストは気になりますが、もしかして見る側にご想像お任せします・・・的なものでしょうか?
  • あちゃ丸
  • 2015/03/21 8:26 PM
あちゃ丸さん。
これがヨーロッパ映画ならまあアリかな?と思うのですが、ちょっと芸術的な作品過ぎました。私の好きな内容ではなかったです。
それとラストは見る側にお任せしますですね。
それも映像どおりに受け取ると完ぺきに意味不明です。
もっとわかりやすい映画の方がいいわあ。
  • ミス・マープル
  • 2015/03/24 4:36 PM
マイケルの横暴な態度も彼の才能なので太刀打ちできなかったリーガンが哀れでした。
古い人間の書くセリフは無駄が多い!ここは参考になりましたよ(なんの?)^^;

この映画って観る側にどう感じた?と丸投げなので
感想も何でもアリでいいんでは?と思いました(笑)
  • ituka
  • 2015/04/12 10:14 AM
itukaさん、コメントありがとうございます。
確かに古い人間の書くセリフは多い!は参考になりましたね。
結局才能は2度と開かなかったということでしょうか。
この映画が公開されてから絶賛する人が多いけれど、もし
賞を獲っていなかったらどうかな〜なんて思っています(^-^;
  • ミス・マープル
  • 2015/04/12 10:18 AM
こんばんは。
作品賞受賞しただけある作品..なのかもしれませんが、好きかそうでないかと言われたら好きではないと思います。
不思議な感覚の作品ではありますね〜
yukarinさん、コメント&TBありがとうございます。
作品賞を受賞しただけあって、今までにない内容の映画でしたね。
確かに不思議な感覚を持ちました。
でもセリフの多さと目が回るようなカメラワークでとても疲れました。
  • ミス・マープル
  • 2015/04/14 11:38 AM
こんばんは!
TBありがとうございました。
アカデミー賞絡みの作品とは相性が悪いので、これも合わないんだろうなぁと思いながら見てましたが、その通りでした。
何処をどう評価されて作品賞を獲ったのか私にはさっぱり。
それ以前に話が難解な時点で評価を下げちゃう性格なので、そういう意味では見事に期待に答えてくれたというか(笑)。
変な作品でした。
  • ヒロ之
  • 2015/09/06 8:42 PM
ヒロ之さん、コメント&TBありがとうございます。
難解+不快な映画でしたね。
ちょっと見栄で星の数を多くつけましたが、実際は☆1つでもいいくらいです(笑)
すごくよかった、とレビューを書いている人がかなりいるので、そこに配慮しました。えへへ。全然わからなかったです。BGMだってうるさいし。ラストだって多分もう死んでるし。
アカデミーの審査員も芸術路線に転換したのかなあ。
  • ミス・マープル
  • 2015/09/07 9:04 AM
人によって好みがすごーく別れる作品ですね〜
単純な映画的センスでいえば面白みはあるし
ただ物語そのものの面白さといえば、それほどでもない。
不思議とひきこまれたので、つまらないわけではないのですが、実験的な映画でしょうね
  • maki
  • 2015/09/11 7:12 AM
makiさん、コメント&TBありがとうございます。
まさに好き嫌いが大きく分かれる作品だと思います。個人的に冒頭の空中浮遊のシーンで某カルト教団の元教主を想像してしまい、そこでもうダメでした。
多分私の理解力不足だと思います。だって結構絶賛されていますよね。
  • ミス・マープル
  • 2015/09/11 9:56 AM
テーマ、手法、舞台などなど、批評家好みというか評価せざるを得ない作り方をしてる作品って印象でしたねぇ。
超能力云々は別に構わないんですけど、その象徴するものの一貫性の無さというか捉えどころのなさが、イマイチ入り込めなかった一因で。
たおさん、コメント&TBありがとうございます。
おっしゃる通り批評家好みの作品だと思います。冒頭の空中浮遊から既に話に入り込めず、BGMもひたすら耳障りでした。いろいろな面で斬新な作品ではあったと思うのですが。
  • ミス・マープル
  • 2015/10/07 2:49 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
ハリウッドの栄光は死んだ時に決まる、あるいは・・・ 公式サイト。原題:Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance) 。アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督。マイケル・キートン、エドワー ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2015/04/10 6:49 PM
来年のアカデミー賞レースに向け、是非に今回観ておきたかった1本。 日本公開のタイトルは「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」とな? NYに着いた翌朝ー番に早速チェック! はじまった瞬間に気付く。 「何か違うわ、これ 」 タイトルのロゴの出方
  • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
  • 2015/04/10 7:05 PM
評価:★★★☆【3,5点】(11) 嘗て、傑作自虐ネタ映画『その男 ヴァン・ダム』があったが
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2015/04/11 9:07 PM
舞台裏の悪戦苦闘 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/birdman 監督: アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ  「21グラム」 「バベル」 かつてスーパーヒーロ
  • 風に吹かれて
  • 2015/04/12 2:04 PM
【BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)】2015/04/10公開 アメリカ PG12 120分監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ出演:マイケル・キートン、ザック・ガリフィナーキス、エドワード・ノートン、アンドレア・ライズブロー、エイミー・ライアン、エマ・ス
  • ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
  • 2015/04/13 11:14 PM
 BIRDMAN OR  (THE UNEXPECTED VIRTUE OF                    IGNORANCE)  かつてアメコミヒーロー映画 『バードマン』 に主演し、一世を風靡したもの の、今は落ちぶれつつある俳優のリーガン(マイケル・キートン)は、
  • 真紅のthinkingdays
  • 2015/04/15 8:10 PM
【出演】  マイケル・キートン  エマ・ストーン  エドワード・ノートン  ナオミ・ワッツ 【ストーリー】 かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡した俳優リーガン・トムソンは、落ちぶれた今、自分が脚色を手掛けた舞台「愛について語るときに我々の語るこ
  • 西京極 紫の館
  • 2015/04/18 11:15 PM
いつもはサブタイトルを何かつけるんだけど、タイトル長すぎ〜。(^_^;)・・・ってそれはどうでもいい。 アカデミー賞の授賞式を見ていた時に妙に印象に残ってしまったのは、 司会をやってたひとがこの映画をパロって、ブリーフ一丁で舞台に出てくるのを通路から撮って
  • ペパーミントの魔術師
  • 2015/04/20 1:58 PM
 グッとくる題名だ。  『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』。原題は"Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance)"。  映画監督に限らない。創作に携わる人は誰もが「予期せぬ奇跡」を目指していよう。それをもたらすのが無知であること
  • 映画のブログ
  • 2015/04/22 12:41 AM
男性版「ブラック・スワン」というべきか。 常に極限に居ることを強いられる人たちにとって、一部の癒しもないヒリヒリした日常から、遂に到達した念願の高みと究極の安らぎの世界。 「ブラック・スワン」はハッピーエンドと感じた私がやや戸惑うラストも、もしかする
  • ノルウェー暮らし・イン・原宿
  • 2015/04/23 9:41 AM
□作品オフィシャルサイト 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」□監督・脚本 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ□キャスト マイケル・キートン、ザック・ガリフィナーキス、エドワード・ノートン、       アンドレア・ライズボロ
  • 京の昼寝〜♪
  • 2015/04/28 7:56 AM
今年のアカデミー賞作品賞ほか最多4部門で受賞のアレハンドロ・ゴンザレスイニャリトゥ監督作品。 「アモーレス・ペロス」や「21グラム」「バベル」「BIUTIFUL ビューティフル」 全編1カットに見せる手法?という驚異の撮影スタイルで描き出し緊迫感の継
  • 我想一個人映画美的女人blog
  • 2015/04/28 11:31 PM
 『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を渋谷シネマライズで見ました。 (1)本作(注1)は、本年度のアカデミー賞作品賞を獲得した作品ということで、映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、レイモンド・カーヴァーの詩が掲げられ、そしてタイ
  • 映画的・絵画的・音楽的
  • 2015/05/01 10:02 PM
芝居を観るのは体力がいる。昔からずっと感じていた事である。LIVE感というのか、生身の人間のパッションがそのまま迫ってきて、こちらの魂が吸い取られていくような。真剣勝負だ、相討ちだ、と、喉元に刃を突きつけられているような。だから、日常生活の他の場面で体力
  • ここなつ映画レビュー
  • 2015/05/15 1:35 PM
BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE) 2014年 アメリカ 120分 コメディ/ドラマ PG12 劇場公開(2015/04/10) 監督: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 製作: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 脚本: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 出演: マイ
  • 銀幕大帝α
  • 2015/09/06 8:36 PM
【概略】 映画シリーズ4作目を断って20年、今も世界中で愛されているスーパーヒーロー“バードマン”。だが、バードマン役でスターになったリーガンは、その後のヒット作に恵まれず、私生活でも結婚に失敗し、失意の日々を送っていた。再起を決意したリーガンは、ブロ
  • いやいやえん
  • 2015/09/11 7:12 AM
監督 アレハンドロ・G・イニャリトゥ 主演 マイケル・キートン 2014年 アメリカ映画 119分 ドラマ 採点★★★ 平均寿命から考えると、人生の折り返しってのをとっくに過ぎてしまったミドルエイジ真っ盛りな私。ただまぁ、下の子がまだ小さいってのもあってか、
  • Subterranean サブタレイニアン
  • 2015/10/05 9:54 PM

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3060 最後に更新した日:2019/10/21

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM