HK/変態仮面

4
JUGEMテーマ:邦画

変態仮面

「HK/変態仮面」
監督:福田雄一
2013年 日本映画 105分
キャスト:鈴木亮平
     ムロツヨシ
     佐藤二朗
     安田 顕
     清水富美加

色丞狂介は、転校生姫野愛子に一目ぼれをする。
そんな彼女がサラ金立てこもり事件の人質になり、
彼は彼女を救うため、たまたまマスクがわりに
パンティをかぶると、今まで味わったことのない
パワーがみなぎるのだった。

<お勧め星>☆☆☆ 中盤以降はややダレますが
あり得ない設定に大笑いでした。


1992年から2年間週刊少年ジャンプに連載された
あんど慶周のコミックの映画化だそうですが、原作
は知りません。「TOKYO TRIBE」(2014)を見て、
鈴木亮平さんを調べていたら、やたら「変態仮面」が出て
くるので、とりあえず鑑賞しました。
まさに変態映画です。でも悪意はないみたい。
オープニングのSMプレイをしている女性は片瀬那奈。
そしてプレイの相手が連続爆弾犯で、それを逮捕に
向かったのが、後に彼女の夫となるドM警官なのです。
この2人から生まれた色丞狂介を演じるのは、見た目は
とても爽やかな鈴木亮平さん。


変態仮面

脱いだらすごいのは、もう知っています。
父親譲りで正義感は強いけれど、めっちゃ弱い。そんな彼の
クラスに転校してきたのが、清水富美加演じる姫野愛子です。
おお、可愛いぞ。愛子は狂介の隣の席になるし、彼の所属する
拳法部のマネージャーになったものだから、狂介大感激!
しかし帰宅途中、彼は、サラ金立てこもり事件に遭遇し、愛子が
人質になっていることを知るのです。正義感みなぎる狂介は
颯爽と彼女を救いに向かうけれど、なんせ弱い。ところがマスク
と思ってパンティをかぶったら、なにやら体の中から、今までに
感じたことのないパワーがあふれ出るのです。服はチリジリに
なり、ものすごい姿で登場した「変態仮面」。彼は局部をより
強く刺激することで、さらにパワーアップすることに気づきます。
弾丸なんてひょいひょいよけるし、きめ技は、それはやめてー、と
いうような代物です。


変態仮面

正義のヒーローがいれば、当然敵も現れるわけで、それがムロツヨシ
演じる大金玉男です。上手いだなあ、こういう役が。


変態仮面

彼が送り込む刺客は、佐藤二朗演じる「真面目仮面」や「さわやか
仮面」「モーホー仮面」「ほそマッチョ仮面」などとりどりで、
ここまでは笑いのテンポもいいです。
しかし究極のド変態、戸渡を投入した時点で少し飽きてきました。
もちろん安田顕も、あられもない姿で頑張って演技しています。
ただこの手の笑いはあまり長くなると、笑うのに飽きるんですよね。
誰かも書いていましたが、90分程度の映画にしておいても十分
楽しめたなという感じです。いや、嫌いじゃないですけどね。


  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


コメント
これはバカ映画の極み←褒めてます。
日本のギャグ映画はしょーもないものが多い中、本作は成功例の一つだと思います。
私も腹抱えて笑いましたよ。
この映画で肉体美に目覚めたんでしょうね、彼は(笑)
  • ヒロ之
  • 2015/04/06 11:03 PM
ヒロ之さん、コメント&TBありがとうございます。
その通りバカ映画の極みでしたね!
でもこのバカ具合が結構ツボにはまって大笑いしていました。
鈴木亮平さんの肉体美はすごい。ゲイが選ぶ人気の俳優トップ10に入るだけあります。
個人的には佐藤二朗さんが一番笑えました。
  • ミス・マープル
  • 2015/04/07 8:21 AM
こんにちは
ほんときれいな身体をしてます、鈴木亮平さん。この作品で彼の事を知ったので、トーキョートライブでのパンツ一枚なんて、何事でもないわいという感じ。
連載漫画は丁度読んでいた時期だったので、知っています。
「私のお稲荷さんだッ」とか、笑える台詞にポージングがいいですよね〜
  • maki
  • 2015/04/07 10:14 AM
鈴木亮平さんも、よくこの役を引き受けましたね。かなり勇気がいると思いますが、いざやってみて案外快感だったりして?ヘアのお手入れも入念にやったみたいですね。ある意味尊敬しちゃいます(゚∀゚)アヒャ漫画が原作だと、ありえない設定とか要求されそうですが、彼ならやりこなしそうですね。
  • あちゃ丸
  • 2015/04/07 1:48 PM
makiさん、コメント&TBありがとうございます。
先にこの映画をみていたら「TOKYO TRIBE」など足元にも及びませんね。ものすごい衣装?です!
セリフは笑えるものばかりだし、お嬢ちゃんも可愛いので楽しく見られました。
  • ミス・マープル
  • 2015/04/07 4:24 PM
あちゃ丸さん。
全くですよね。きれいな顔と優秀な頭脳を持っている人がこういう役をこなせると、すごく尊敬しちゃう。
いつまでもヒーローしかできない40過ぎの人と大違い。(誰かは書きません)
やっぱりヘアのお手入れをしたんですよね。だって隠している部分はほんの少しなんですよ。
  • ミス・マープル
  • 2015/04/07 4:28 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
2013年 日本 105分 アクション/コメディ/ヒーロー PG12 劇場公開(2013/04/06) 監督:福田雄一 原作:あんど慶周 脚本:福田雄一 脚本協力:小栗旬 主題歌:MAN WITH A MISSION『Emotions』 出演: 鈴木亮平:色丞狂介/変態仮面 清水富美加:姫野愛子 ム
  • 銀幕大帝α
  • 2015/04/06 10:59 PM
復讐するは我にあり 公式サイト。あんど慶周原作、福田雄一監督、脚本協力:小栗旬。鈴木亮平、清水富美加、ムロツヨシ、安田顕、佐藤二朗、池田成志、塚本高史、岡田義徳、大東駿 ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2015/04/07 9:25 AM
借りるのに勇気がいった〜(嘘。全く平気ですよん)少年ジャンプで昔連載してた漫画「究極!!変態仮面」の実写化。なつかしいよねー変態仮面。 いやぁ意外と面白かったですよ。エンタメですよ。ただ、漫画原作ものってどうしても中だるみしちゃうんだけど、これもそ
  • いやいやえん
  • 2015/04/07 10:10 AM

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3043 最後に更新した日:2019/09/19

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM