私の中のあなた

4
JUGEMテーマ:洋画

私の中のあなた

「私の中のあなた」
原題:My Sister's Keeper
監督:ニック・カサヴェテス
2009年 アメリカ映画 109分
キャスト:キャメロン・ディアス
     アレック・ボールドウィン
     アビゲイル・ブレスリン
     ソフィア・ヴァジリーヴァ

ブライアンとサラの娘ケイトは、2歳の時白血病
と診断される。娘を救うために夫婦は、ドナーと
して適合する妹アナをもうけるが、成長した彼女は
これ以上の医療行為を止めるため、両親相手に訴訟を
起こすのだった。

<お勧め星>☆☆半 よくできた映画ですが、テーマが
個人的に受け入れられませんでした。


まずこの映画は実話に基づいているのですが、実際の話
の方がずっとドラマティックであるということに驚きます。
消防士の父ブライアンと弁護士の母サラの長男ジェシーが
病のケイトばかり気に掛ける両親に反発し、不良となり、
遂には放火しているところを父に発見され、その事件は
隠ぺいされ、その後彼は警察学校に行くほど更生したこと。


私の中のあなた

さらに両親相手に訴訟を起こしたアナは、キャンベル弁護士
の車に乗っている時事故に遭い、駆けつけた消防隊員がこれ
またブライアンで、彼女はそのまま脳死となり、姉ケイトに
腎臓を移植、他の臓器も必要としている人々に提供され、
ケイトはその後バレリーナになるほど回復できたということ。
この方がすごい内容だ。
映画内で母親サラ役を演じるのは、キャメロン・ディアス。


私の中のあなた

娘を思う母の姿を、弁護士という職業柄か、理論立てて相手
を納得させ、時に感情的にもなるという鬼気迫る演技をして
くれます。長女ケイト役もさることながら、次女アナ役の
アビゲイル・ブレスリンが熱演。


私の中のあなた

キャンベル弁護士役はアレック・ボールドウィン、父ブライアン
役は「ルーザーズ」(2010)のジェイソン・パトリックと
この辺りも手堅い演技を見せてくれます。

但し、ストーリーが最初からどうしても受け入れられないのです。
娘が白血病であるとわかり、家族の誰もドナーとして適合しない。
では、そのドナーに適合した遺伝子を持つ子供を体外受精でもうける
という発想は、倫理に反していないのかしら。そもそも一家が
極めて裕福であり、そういう選択肢が取れたのであって、一般の
家庭ではできるはずもないのです。

まあ、国が違うからとそこは目をつぶると、映画は、ケイトの発病
からの家族の姿と、現在の家族の様子を交互に映していきます。
それはとても理解しやすく、なぜこういう状況になったのか、ケイト
のために家族はどういう考えでいたのか、手に取るようにわかるの
です。幾度となく危険な状態に陥るケイトのために全てを犠牲にして
きた一家。そしてケイトは束の間の恋も楽しむのです。それでも
彼女の状況は悪くなるばかり。
「最後まであきらめない母親」

と妹に言われるほど、サラは見ている側が腹が立つほど、極めて
利己的に見える行動を取ります。彼女は何を求めていたのだろう。
映画ではサラ以外の誰もがケイトの気持ちを理解します。
「私は何度も言ったわよ」
サラはケイトにそう言われるまで、彼女が「限界」を知っていたことに
気づかないのですよ。それが深い愛情というのでしょうか。
ラストのモンタナの風景はきれいで壮大で、やはり感動しました。
映画にではないですよ。


  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


関連する記事
コメント
やはり、自分の子供を助けたい気持ちは分かりますが、その為だけに生まれて来た子供は、とても複雑ですね。サラよりもアナの方が、ケイトの悲痛な心の叫びを理解していたのですね。病気に苦しんできたケイトは、これ以上迷惑かけたくないのと、苦痛からの解放を望んでいたのかもしれませんね。
  • あちゃ丸
  • 2015/06/02 8:30 PM
あちゃ丸さん。
結構評価が高い映画なのですが、わたしの個人的な思いとして、好きな部類のものではないと思っています。
アナの生まれてきた理由が、ケイトを救うため。それでも家族はとても深い絆で結ばれているのですが、そもそもケイトのためだけに他の家族を犠牲にしていいのでしょうか。
  • ミス・マープル
  • 2015/06/03 8:39 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
□作品オフィシャルサイト 「私の中のあなた」□監督・脚本 ニック・カサヴェテス □原作 ジョディ・ピコー □キャスト キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、       ジェイソン・パトリック、ジョーン・キューザック
  • 京の昼寝〜♪
  • 2015/06/03 7:54 AM
姉を救うために「造られて」生まれてきた妹。こんな境遇めったにないから気持ちがわかるとはいえないけれど、私は何のために生まれてきたの?そう考えてしまうのは必然だと思う。子供の頃から姉のドナーをしてきて、姉を愛していて、でも、自分の人生だってあるのにね
  • いやいやえん
  • 2015/06/29 3:52 PM

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3043 最後に更新した日:2019/09/19

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM