トラッシュ!-この街が輝く日まで-

4

トラッシュ

「トラッシュ!-この街が輝く日まで-」
原題:Trash
監督:スティーヴン・ダルドリー
2014年 イギリス映画 114分
キャスト:ルーニー・マーラー
     マーティン・シーン
     ヴァグネル・モーラ
     セルトン・メロ

ブラジル、リオのゴミ集積所で、ゴミ拾いをして
暮らすラファエロは、ある日ポーチを1つ拾う。
彼は友人ガルドに中の金を分けるが、実はその
ポーチには、重大なものが隠されており、彼らの
身に危険が迫るのだった。

<お勧め星>☆☆☆☆ 終始サスペンスタッチで
描かれつつ、ラストは希望に満ちたものになって
います。


●少しネタバレ
脚本は「アバウトタイム」(2013)で監督を
務めたリチャード・カーティス。そして監督は
「リトル・ダンサー」(2000)「愛を読む人」
(2008)などのスティーヴン・ダルドリーです。
いい映画をいっぱい作っているのにアカデミー賞では
監督賞に3回ノミネートさせるも受賞せず。
始まりはVTR映像で、「これを見たということは僕が
死んでいるということだ」と語る主人公の少年、
ラファエルが映ります。


トラッシュ

ラファエルをはじめとして、この貧しい地区に暮らす
子供たちの家族には一切触れられていません。それは
こういう身寄りのない貧しい少年少女がリオには山ほど
いるということであり、そもそもなぜいないかという理由を
描く必要がないと考えたのでしょう。ちなみに原作はどこの
地域か特定せずに書かれているそうです。
一方、次のシーンでは、娘の棺を墓地に収める男性が映ります。
ジョゼ・アンジェロは自宅で警官隊に追いつめられ、逃走中に
何かが入ったポーチを投げ捨てます。それはたまたまゴミ収集車
の上に落ち、ゴミ集積所に運ばれてしまう。そこにはゴミの中
から役に立ちそうなものを探す人々が数多く待っており、その
中にはラファエロや友人ガルドもいるのです。この辺りはとても
テンポ良く描かれ、それが映画全般にわたって続いていくので
ダレるシーンは一切ありません。


トラッシュ

ラファエロは例のポーチをたまたま見つけ、中にお金が入って
いて大喜び。でも他には写真やらカードやら身分証などいろいろ
入っています。それが同じ時期に拷問死するジョゼの姿と重なって
映るのです。とりあえずお金はガルドと分けるのですが、ガルド
はあっという間にそのお金を使って食べ物を買って来るのでめちゃ
めちゃ怪しい。ここは子供だし、常にひもじい暮らしをしている
のだから仕方ないのね。「少しずつ使う」などという考えは頭に
あるはずもないのです。
しかしラファエロは、その後、警察がこのポーチについて調べに
来たことから、何か重大なものが入っていると気づくのです。
それは子供であるがゆえの好奇心であり、そのせいでどんどん
身に危険が迫ることには気づく由もありません。
この貧しい地区で子供たちに英語を教えるボランティア、オリヴィア
先生役はルーニー・マーラー。


トラッシュ

ジュリアード神父役はマーティン・シーンです。彼らは基本的に
善人なのですが、大人であり、立ちはだかる壁に立ち向かう勇気
や自らの身を危険にさらすことは考えていません。目の前の人々

を救うことで精いっぱいなのです。大人だからこそ、勝てない相手
との勝負を敢えてすることを思いつかないわけです。
しかしラファエロは、ガルド、ラット(本当はガブリエエル)と
共に、危険な目に遭いつつ、そのポーチの中身を探っていくのです。
この街にはびこる「ワイロ」には辟易しますが、それが当たり前
のこととして受け入れられているのは、どこも同じかも。「金」で
人間が動くと思っている人はきっと山ほどいると思うし、実際そう
することで物事が進んでいるのでしょうね。
そこは子供だから時にワイロを渡して逃げたりしますが、根本的な
ことは譲れないんです。それは
「正しいことをなしとげる」

ということ。少年たちの純粋な気持ちが、多少のズルも許せてしまう
ほど爽快です。
ラスト付近はサスペンスの真骨頂であり、まさかの人が登場!
目標を達成した時、ゴミ山で彼らがしたことは、「世の中金が全て
じゃない」という、とても単純な考えに基づいていて、とっくの
昔に大人たちが捨てた考えなのです。
やむにやまれずガブリエルが神父から1000レアルを失敬した時
涙を流す彼の絵を残します。それがラストには裏側に笑顔の絵を
残し、1000レアルも返すという素晴らしいシーンは何度見ても
いい気分になります。


  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


コメント
スラム街の住む子供達には、バッグの中身に相当驚いたと思いますが、少しならときっと思ったのでしょうか。ただ、自分の暮らしを少しでも楽させたい気持ちもあるから、つい手を出してしまうのも分かります。悪徳政治家が使うなら、この子たちの住む街の発展のために使われて欲しいですね。
  • あちゃ丸
  • 2015/06/04 9:03 PM
あちゃ丸さん。
ブラジルにおけるスラムの少年たちの姿を描いた映画は「シティ・オブ・ゴッド」でも見られました。かたや大豪邸、かたやゴミ山に住んでいるんですよ。警官や政治家の腐敗も多いですよね。そんな中で、一番弱そうな子供が実は一番誠実だと実感できる映画でした。
  • ミス・マープル
  • 2015/06/05 1:15 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
心は貧しくない 公式サイト http://trashmovie.jp 原作: トラッシュ (アンディ・ムリガン著/MF文庫)監督: スティーヴン・ダルドリー  「リトルダンサー」 「愛を読むひと」脚本
  • 風に吹かれて
  • 2015/06/07 1:59 PM
【概略】 ゴミを拾って生活している3人の少年は、ある日、ゴミ山の中で財布を拾うのだが…。 ドラマ ブラジル、リオデジャネイロ郊外のスラムが舞台。ゴミを拾って生活している3人の少年は、ある日ゴミ山の中でひとつのサイフを拾う…。中身は、お金、ID、ポケ
  • いやいやえん
  • 2015/06/29 3:49 PM

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3071 最後に更新した日:2019/11/20

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM