わが母の記

3
JUGEMテーマ:邦画

わが母の記

「わが母の記」
監督:原田眞人
2011年 日本映画 118分
キャスト:役所広司
     樹木希林
     宮崎あおい
     南 果歩
     キムラ緑子
     ミムラ

有名作家、伊上は、幼少期1人だけ家族と離れて
暮らしたことを今も「母に捨てられた」と考えて
いる。そんな母が、父の死後、急速に物忘れがひどく
なる。一方伊上の家の三女琴子は、家族を題材に本を
書く父に反発を抱くのだった。

<お勧め星>☆☆☆ 役者の演技は秀逸ですし、映像も
音楽もきれいなのですが、ストーリーが心に響かなかった
です。


冒頭、1959年、死が迫った伊上洪作の父親役は、これが
遺作となった三國連太郎です。それを後で知ると、声すら
出せなくなっている姿が、まるで本物のように思えてきます。
洪作の母、八重役は樹木希林で、後半入れ歯をなくして
モゴモゴ話すシーンが続き、この人本当に入れ歯だったのか、
それとも役のために歯を抜いたのか、そんなことばかり気に
なりました。この役で第36回日本アカデミー賞主演女優賞
を獲得しています。
ストーリーは原作者井上靖の私小説「わが母の記」に基づいて
おり、彼の育った伊豆、沼津や彼の自邸でもロケが行われた
とのこと。とにかくかなり裕福な家庭で育ったことが伺えれ
ます。電話、ソファー、シャンデリア、車、お手伝いさん。
昔あこがれたものが全て存在するのです。
さて洪作は、少年時代、母たちと別れ、湯ヶ島の「土蔵の
ばあちゃん」に育てられるのです。その理由は母からは知らされ
ず、本人は「母に捨てられた」とずっと心の底で恨んでいる
わけです。といっても母につらく当たるわけでもなく、彼なり
に母を大事にしている。


わが母の記

彼には姉妹、志賀子、桑子がいて、それぞれキムラ緑子、南果歩
が演じているのですが、キムラ緑子の滑舌の良さには感心します。
どんな小さな声でもすべての言葉が聞こえるようにはっきり話し
ます。それがどれだけ重要なことか、アイドルもどきの女優の演技
を見るといつも感じるのです。
少しずつ認知症が進んで行く母、八重を軽井沢の別荘で過ごさせようと
提案するのが、洪作の三女琴子です。この役は宮崎あおい。


わが母の記

彼女の演技は大げさなものではないので、学芸会もどきといわれる
こともあるけれど、個人的には好きな女優さんです。彼女が中学生
を演じても違和感がないし、成長してカメラマンになった時の大人
の女性の雰囲気も十分出せています。


わが母の記

バスはこんな感じで山道を走り、時代を感じさせるのに、琴子の
服装だけはいただけません。1960年代にぴったりしたGパンは
履かなかっただろうし、そもそも裕福な家庭のお嬢さんがあんな

格好をするはずがない。シャツを出してGパンなんてもってのほか。
そんな小さなことを気にしながら、映画を見ていくと、八重が
なぜ洪作を湯ヶ島に残したのかわかってくるのです。
「今夜は時計の音がよく聞こえる」
それって虫の知らせを意味しているのかな。
この時代の多くの人々が、いや今でも多くの人々がこんな上流の
暮らしをしていないと思うと、なんだか映画の内容がどうでも
よくなってきちゃう。それだけ心に響かない内容だったのかも
しれません。


  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


コメント
役所さんや希林さんもいい演技派俳優ですね。井上靖さんが原作だとやはり、落ち着いた静かなドラマという感じでしょうか?息子が母を思う姿って、不器用でどこかもどかしい所がありますね。昔の嫌な記憶を抱えつつも、現実はそのことすら思い出せない老いた親の姿を見て、洪作は切なくてやり切れない気持ちだったと思います。昔も今もこういう問題は変わらずあるでしょうね。人は必ず年を取りますからね。
  • あちゃ丸
  • 2015/06/07 12:29 PM
あちゃ丸さん。
そうなんですよ。
人は年を取るし、認知症を患う人も増えている。ただこの家庭では、かなり余裕があるので、様々な方法で母親と接することができるわけです。
ちょっと納得できない、自己満足小説を映画にしたみたいな気がしました。
  • ミス・マープル
  • 2015/06/07 1:27 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3071 最後に更新した日:2019/11/20

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM