悪人に平穏なし

4

悪人に平穏なし

「悪人に平穏なし」
原題:No Habra Paz Para Los Malvados
         No Rest For The Wicked
監督:エンリケ・ウルビス
2011年 スペイン映画 114分 R-15
キャスト:ホセ・コロナード
     ロドリフォ・サンチョ
     エレナ・ミケル
     フアンホ・アルテロ

刑事サントスはある夜、泥酔したあげくクラブの
店主と店員3人を銃殺していまう。彼は事件の証拠
隠滅を図るが、逃げた目撃者を追ううちに、麻薬
カルテルのボスとイスラム過激派組織とのつながり
を知ってしまうのだった。

<お勧め星>☆☆☆ ハードボイルドの真骨頂といった
映画ですが、わかりづらい部分も多いです。


スペインのアケデミー賞ともいわれるゴヤ賞6部門獲得
に輝いたスペイン映画です。しかし全体的に平坦な内容
とそれぞれの人物の中途半端な描かれ方のため、消化不良
を感じてしまいます。
酒(ほぼラムコーク)、タバコ、ギャンブルに溺れるヒゲ
面、長髪の中年刑事、サントス・トリニダードは、かつて
特殊部隊で輝かしい功績を残していたのに、今や失踪人
捜査課の一刑事。なぜここまで落ちぶれたのかは最後まで
よくわかりません。私生活では子供いるらしいのですが、
それについてもほぼ語られず。


悪人に平穏なし

さてこのサントスがベロンベロンに酔って、閉店した店を
後にしてから車を運転したあげく、もう一軒ハシゴしようと
店に入ったところで、その店のオーナーや店員に絡みます。
最後には警察手帳を出して「酒を出せ」とまで脅しちゃう。
全く最低の警官なんだけれど、さらに突然彼は店主を襲い、
反撃しようとした店員を射殺、ついでに店の女も店主も射殺
するのです。ただ酔い過ぎて羽目を外したというわけには
行かない状況に、彼は証拠隠滅を図ります。刑事だからその
方法もちゃんと心得ています。薬きょうは持ち帰り、防犯
カメラの映像も持ち去り逃走しようよすると、目撃者が現れ
その場から逃げ去ってしまうのです。とりあえず早朝に証拠
を燃やす姿はなぜか哀愁が漂うから、その映像がうまく撮られて
いるんだね。なんか酒浸りの割にはかっこいい。


悪人に平穏なし

サントスは、警官である立場を利用して、その人物を特定する
ために、勤務中に死んだ男たちを調べ出すという更なる最低男。
上司はサミットの警備について指示しているのに全然聞いて
いません。職場を離れ、関係した人物の家に勝手に侵入し、その
車も勝手にチェックしてしまいます。でも昔は精鋭だっただけ
あって、あながち的外れな捜し方はしないんですよ。
一方、サントスとかつて一緒に働いていたレイバは既に出世し、
例の殺人事件を担当し始めます。


悪人に平穏なし

そこにチャコンという美しい判事も加わるから、スペインでの
捜査態勢がちょっと理解できなくなります。また、被害者が
実はかつて殺人で手配されていたコロンビア人であり、店に
30万ユーロという大金もあったこと。またその店主は、麻薬
取締局や中央対外情報局でも捜査対象になっていたことなどが
わかってきて、さらに頭の中は混乱します。
サントスの最初の目的は、事件の唯一の目撃者を捜しだし、おそ

らくは殺害することだったのでしょうが、彼もその男や店主らが
コロンビアの麻薬組織とつながっていて、それがなんとイスラム
過激派へ資金を調達しようとしていたことまで知ってしまうのです。
登場人物の顔と名前を立場がよく理解できないまま、映画は進む
ので、いつかカラッとわかるんだろうなあと希望を持って見て
いましたが、結局自分の推理で納得するしかないようです。

サントスは目撃者の仲間に襲われ、腹を刺されるけれど、なんと
自分で縫合しちゃう。さらに銃撃や刃物を使った攻撃はとても
上手です。そこは特殊部隊出身だからね。
後手後手に回るレイバやチャコンの捜査も、犯人であるサントス
しか知りえない情報があるから仕方ないのかな。
そしてラストの光景は、最初の事件の後にサントスがとっていた
姿と全く同じもので、凝った演出を感じさせます。ひたすら男臭い
映画でした。
ラムコークっておいしそうだな。


  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


コメント
スペイン映画って、どのジャンルでもきれいな撮影ですよねぇ。そしてスタイリッシュだし。職権濫用なんかするから、襲われたりして・・・。こういう人ってやたらと悪運が強かったりするんですよね。意外なところから組織のつながりの情報とか得て、やっぱり転んでもただでは起きない強運の人だったんですね。
  • あちゃ丸
  • 2015/07/25 12:51 PM
あちゃ丸さん。
映画自体は結構男臭い内容でしたが、映像はきれいなものが多かったです。さすがゴヤ賞!なんて一人で思っていました。
ストーリーはこんがらがっているので、はっきり言ってあまり理解できていません。説明不足もありますし。
ラムコークをぐいぐい飲む主役がかっこよかったです。
  • ミス・マープル
  • 2015/07/25 4:41 PM
こんばんは。
当ブログへのコメントありがとうございます。
スペイン映画ってなかなか劇場とかでお目にかかる機会は少ないですが、お目にかかる作品は良作が多い気がします。

お勧めブログへの加入の件ですが、ありがとうございます。
こちらは全然問題ありませんので。
今後ともよろしくです。
はくじさん、コメント&TBありがとうございます。
スペイン映画h「REC」を思い浮かべますが、これは渋い作品でしたね。
お勧めブログの追加を承認いただきありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
  • ミス・マープル
  • 2015/08/01 11:31 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
これはなかなかに見応えあった。
  • だらだら無気力ブログ!
  • 2015/07/31 1:18 AM

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3213 最後に更新した日:2020/09/18

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM