ジュラシック・ワールド

5
JUGEMテーマ:洋画

ジュラシックワールド

「ジュラシック・ワールド」
原題:Jurassic World
監督:コリン・トレボロウ
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ
2015年 アメリカ映画 125分
キャスト:クリス・プラット
     ブライス・ダラス・ハワード
     ビンセント・ドノフリオ
     タイ・シンプキンズ
     ニック・ロビンソン

かつて事故で閉演した「ジュラシック・パーク」は
今や「ジュラシック・ワールド」として再オープンし、
様々な恐竜を見るための多くの観光客でにぎわっている。
しかしDNA操作により作り上げられたインドミナス・
レックスが脱走したことから、パークは恐怖に包まれ
ていくのだった。

<お勧め星>☆☆☆ 評判通り、迫力満点、スリルの
抜群なのですが、1作目のインパクトを越えられなかった
なあ。


VFX、SFXを駆使した最新の映像技術で、恐竜たちの素早い
動きはリアルに描かれ、2D鑑賞でも十分臨場感は伝わり
ました。
新たにオープンした「ジュラシック・ワールド」は、
ディズニーリゾートやUSJのようなテーマパークとなって
おり、モノレール状の乗り物でパーク内を移動したり、
サファリパークのように、車に乗って草食恐竜を見学したり、
触れ合い牧場のようにエサやりをして楽しむ場所などが
あります。特に興味深いのは「ジャイロスフィア」という
ガラス球体の自動車で、恐竜たちを間近で見るアトラクション
は、本当にあったら是非乗りたいと思ってしまう。


ジュラシックワールド

イルカやシャチのショーのようにモササウルスが肉をめがけて
水中から飛び出すシーンも、その沈む際の水しぶきを浴びて
観客たちは大喜びするんです。これはUSJの「ウォーターワールド」
だな。


ジュラシックワールド

とにかくアトラクションはどれも好奇心をそそるものばかりで、
製作者のアイデアは素晴らしいと実感。
ストーリーは、そんなパークの責任者として働くクレアの甥っこ
が、休みを利用して遊びに来るところから始まります。恐竜オタク
の弟グレイとひきかえ、兄ザックは、可愛い女の子ばかり見とれ
ちゃう。あれ、出発するとき彼女と別れを惜しんでいなかったっけ。
一方でパークの経営をめぐってマスラニ社長に接近するインジェン社
のホスキンスは、めっちゃきな臭いの。「ジャッジ 裁かれる
判事」(2014)のビンセント・ドノフリオが似合っているな。
もう少しお腹を鍛えた方がいいと思うくらいの太鼓腹を揺らして
動き回ります。

そしてヴェラキラプトルの調教師オーウェン役は「ガーディアン・
オブ・ギャラクシー」(2014)のクリス・プラット。あの映画
ではいい加減な兄ちゃんに見えたけれど、この映画では、マッチョ
でたくましい好青年にみえるぞ。
クレアは白いスーツにハイヒールを履いてパーク内を走る、走る。
捻挫をしないか心配したとのことで、だったら靴を脱げばいいのに
と、ずっと思っていました。だってジャングルみたいなところを
走るんですよ。


ジュラシックワールド

DNA操作により作られたインドミナス・レックスは、様々な生物
や恐竜の遺伝子を持っている最強のものらしい。なんでも
T・レックスの3倍の大きさもあるそうな。(ここは怪しい)
インドミナス・レックスが脱走し、非常事態になり、パークの
恐竜の巨大の爪や鋭いくちばし、大きな目がギョロリと映ると、
ドキドキすること間違いなし。静かなところには危険が潜む...。
けれど1作目の恐竜感は、この映画では怪獣のように変わって
しまったのが残念です。それと草食恐竜の死や、罪のない人々
がどんどん殺されていくのは、なんか悲しく感じました。
なので☆1つマイナスです。


  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


コメント
遺伝子操作は、人が金儲けのために作ると、あとでとんでもない事になるのはうすうすと分かる様な気がしますね。「バイオハザード」も研究過程で突然変異が起きて凶暴ゾンビが大発生しましたからね。恐竜にだってちゃんと意思はあるのだから、脱走するのも当然でしょ(映画の流れ的には面白くなりますがね)作ったのも壊すのも人間が原因というのが悲しいですね。
  • あちゃ丸
  • 2015/08/16 8:16 PM
あちゃ丸さん。
大体進歩すると遺伝子操作に入りますよね。やはり人間が手を加えてはいけない「神の領域」があるのではないか、ということを訴えたいのでしょうね。
ラストに触れてしまうので敢えて書きませんが、原点に帰ることが大切だというありきたりなものでした。
  • ミス・マープル
  • 2015/08/17 7:06 AM
ラブ要素は余分だと思いました。
続編製作決定で、米公開予定が2018年6月22日だそうです。
風子さん、コメント&TBありがとうございます。
おっしゃる通りラブ要素は余分ですね。こういう映画ではラブが入るとしらけるものです。
絶対に続編を作る気がみられるラストでしたが、既に決まっているんですね。あれを持ち出しちゃったしねえ〜。
  • ミス・マープル
  • 2015/08/17 9:51 AM
そっかー、女性の目線だと
"草食恐竜の死や、罪のない人々がどんどん殺されていくのは、なんか悲しく感じました。"
と思われるワケなんですね。

僕なんかそういった点は淡々としてるもんなあ。
もう映画が面白いか否か?的なですね。

男女の違いでしょうね〜♪
タケヤさん、コメント&TBありがとうございます。
首長恐竜の死ぬ場面や兄弟のお世話係の女性が、水の中に出たり入ったりさせながら溺れていくシーンは、ちょっと可哀想でした。
ホラーやサスペンス映画だと全然平気なんですが、この映画では、ちょっとそのシーンが気になっちゃった。
ペットの死と重なった感じかな。
  • ミス・マープル
  • 2015/08/17 1:46 PM
こんばんは。
安全ならこういうテーマパークに行ってみたいです。
ミス・マープルさんはやさしい方ですね。
私は人が喰われちゃうシーンもお〜すごいと思いながら観てしまいました、、、。
yukarinさん、コメント&TBありがとうございます。
このテーマパークは乗り物やアトラクションがとても面白そうでしたね。
ただ遺伝子操作は神の領域ということでしょうか。
娯楽映画だとすると、一応お断りを書いておかないと、お子ちゃまはトラウマになりそうでした(^-^;
  • ミス・マープル
  • 2015/08/20 8:15 AM
おちゃらけなクリスが好きなので、最初は彼の味が出てないと思ったんですが、正義感が強く恐竜たちと共に闘う姿は素敵でした。
恐竜映画は食われてナンボだと思ってるので楽しかったですw
  • pu-ko
  • 2015/08/21 11:22 AM
こんにちは〜♪
まぁ、久々のジュラパっていう縁起物みたいな作品なんでしょうけど、正直個人的にはお粗末だったかなぁと。ロマンス要素も、そもそも監督官の持つドラマって“家族”のはずなのに、知らないうちにチューして終わっちゃいますし。
pu-koさん、コメント&TBありがとうございます。
なぜ悲しく思ったのかは、多分恐竜が怪獣の様相を見せていて、それが襲ったからだと思います。
この映画の前に「ミッション:インポッシブル」見たので、どうしてもそちらと比較したのかも。
クリス君にラブはいらないですねえ。
  • ミス・マープル
  • 2015/08/21 4:14 PM
たおさん、コメント&TBありがとうございます。
おっしゃる通りレビューの星も多かったし、、すごい人気ということで期待値をあげて見過ぎたのでしょうね。意外と普通かつ恐竜じゃないなと。
ロマンスは明らかに不要でしたね。
  • ミス・マープル
  • 2015/08/21 4:16 PM
そういえば私も直前に「ミッション〜」を観たのでした。
予想のつく範囲をまったく超えていないのが面白くない一番の理由でしょうか。
観てみないことには分からないので、続編があったら観るとは思いますが…。
ぽーさん、コメント&TBありがとうございます。
同じですね!
第1作目の衝撃を知る者としては、それを超える物を期待したので、それ以下の内容では満足できないのかもしれません。確かに普通でした。
でも続編があれば私も見ると思います。
  • ミス・マープル
  • 2015/08/25 8:30 AM
こんばんは!
コメント&TBありがとうございました。
オーウェンだけはナイスガイでしたけど、他の人間は自分のことだけしか考えてないヤな奴ばかりで、なんかイラッとする部分が多かったです。
1作目は映画館で観たのですが、あの時は迫力にたまげましたよ〜。
今はもうそういう映像に慣れてしまっているので、今回は1作目程の興奮は得られませんでしたが、実際にこういうテーマパークが出来て間近で動く恐竜を観たら私は涙流すかもしれません(もう子供の頃から恐竜博物館とか良く行ってましたから)。
  • ヒロ之
  • 2016/02/25 8:24 PM
ヒロ之さん、コメント&ありがとうございます。
そうなんですよ。わたしも1作目は劇場で見てすごく迫力があったことを覚えています。当時は3Dでもなかったのに、恐竜が飛び出してくるように感じました。
登場人物に好印象を持つ人間が少ないとどうも評価が下がりますね。そもそも小僧たちが入ってはいけない区域に行ったことが問題でしょう!
  • ミス・マープル
  • 2016/02/26 10:11 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
公式サイト原題:Jurassic World。マイクル・クライトン原案、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮、コリン・トレヴォロウ監督。クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、タ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2015/08/16 8:30 PM
『ジュラシック・パーク』を劇場で観たときの衝撃は今でも鮮明に覚えてます。恐竜たちがスクリーンの中で動くリアルな世界を目の当たりにしてCGによる映像技術がここまできたんだ ...
  • カノンな日々
  • 2015/08/16 8:51 PM
タイトルに「ジュラシック・パーク」とは付かないものの、これは正当なシリーズ4作目。確か同じ邦題の作品もあったけれど、もちろん無関係だ。そして2作目3作目はイスラ・ソルナ島(サイトB)という別の場所で起こったお話なので、1作目と同じイスラ・ヌブラル島へ
  • 【徒然なるままに・・・】
  • 2015/08/17 6:13 AM
なぜか目立つ“寿司”の看板 公式サイト http://www.jurassicworld.jp 製作総指揮: スティーヴン・スピルバーグ コスタリカ沖のイスラ・ヌブラル島では、22年前多くの犠牲者を出
  • 風に吹かれて
  • 2015/08/17 8:14 AM
監督:コリン・トレヴォロウ 出演:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ヴィンセント・ドノフリオ、タイ・シンプキンス、ニック・ロビンソン、オマール・シー、B・D・ウォン、イルファン・カーン 【解説】 スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務め
  • タケヤと愉快な仲間達
  • 2015/08/17 12:52 PM
最高すぎてサブイボ出た。 そして泣いた。  
  • Akira's VOICE
  • 2015/08/18 10:11 AM
【JURASSIC WORLD】 2015/08/05公開 アメリカ 125分監督:コリン・トレヴォロウ出演:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ヴィンセント・ドノフリオ、タイ・シンプキンス、ニック・ロビンソン、オマール・シー、B・D・ウォン、イルファン・カーン あのテ
  • ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
  • 2015/08/19 11:47 PM
監督 コリン・トレヴォロウ 出演 クリス・プラット     ブライス・ダラス・ワラード     タイ・シンプキンス 恐竜のテーマパークで起こる遺伝子操作による巨大で凶暴な恐竜の暴走。 もう、逃げろ〜!逃げろ〜!です。 ああなると人間は逃げるかジッと隠
  • 本と映画、ときどき日常
  • 2015/08/20 10:50 AM
ジュラシック・ワールド(2015)アメリカ 原題:Jurassic World 監督:コリン・トレヴォロウ 日本公開:2015/8/5 作品情報 トレーラー 感想 『ジュラシック・パーク』から22年 スピルバーグ 制作総指揮で、再び恐竜が
  • スフレ弐番館
  • 2015/08/21 11:23 AM
監督 コリン・トレヴォロウ 主演 クリス・プラット 2015年 アメリカ/中国映画 124分 アドベンチャー 採点★★ 当時の社会状況の反映であったり、当時の最新技術のお披露目であったりと、その時代だからこそ成立した映画って少なくないですよねぇ。原作とは少々
  • Subterranean サブタレイニアン
  • 2015/08/21 12:01 PM
もはや、驚きはないなあ。
  • 或る日の出来事
  • 2015/08/23 9:21 PM
7日のことですが、映画「ジュラシック・ワールド」を鑑賞しました。 IMAX3Dにて  世界的な恐竜のテーマパーク、ジュラシック・ワールド。飼育員オーウェンが警告したにもかかわらず、パークの責任者であるクレアは遺伝子操作により 新種の恐竜インドミナス・レックス
  • 笑う社会人の生活
  • 2015/08/30 10:04 AM
お馴染みの曲と共に島の全景が現れる冒頭のシーンで思わずウルウル☆ 「ジェラシック・パーク」で育った世代としては、ちょいちょい挟まれる「ジェラシックおた」ネタも嬉しいし、廃墟となった1作目のドームの登場も感動的。
  • ノルウェー暮らし・イン・原宿
  • 2015/09/06 12:08 AM
JURASSIC WORLD 2015年 アメリカ 125分 SF/アクション/アドベンチャー 劇場公開(2015/08/05) 監督: コリン・トレヴォロウ 製作: フランク・マーシャル 製作総指揮: スティーヴン・スピルバーグ キャラクター創造: マイケル・クライトン 脚本: コリ
  • 銀幕大帝α
  • 2016/02/25 8:18 PM

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3070 最後に更新した日:2019/11/14

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM