セッション

4
JUGEMテーマ:洋画

セッション

「セッション」
原題:Whiplash
監督:デイミアン・チャゼル
2014年 アメリカ映画 107分
キャスト:マイルズ・テラー
     J・K・シモンズ
     メリッサ・ブノワ
     ポール・ライザー
     オースティン・ストウェル

名門音楽院へ入学したニーマンは、フレッチャー教授の
スタジオバンドにスカウトされる。しかしそれは教授の
狂気に満ちたレッスンへの参加となるのだった。

<お勧め星>☆☆☆ 良くできた映画だし、俳優の演技
も素晴らしいですが、個人的には好きな内容ではありま
せんでした。


第87回アカデミー賞でJ・K・シモンズが助演男優賞を
獲得するなど、3部門で賞を受けた作品であり、かなり
高評価の映画です。
アンドリュー・ニーマンは、シェイファー音楽院という
名門音大の1年生。彼はプロのジャズピアニストを目指し、
たまたま1人で練習をしているところを、ふらりと入って
きたフレッチャー教授に言葉をかけられるのです。フレッチャー
は知る人ぞ知る指導者であり、ニーマンは彼の嫌味な言葉も
そのまま受け止め、翌日彼の指導風景をのぞき見します。


セッション

この辺りは初々しく希望に燃えたニーマンも、晴れてフレッチャー
のバンドに入った途端、ものすごい罵声、それは指導というより
いじめのような言葉の嵐に初日から涙を流すのです。汚い言葉
を通り越して、差別表現、人格否定、果てには家族への攻撃すら
発するのですよ。さらに、平手打ち、物を投げるなど、バンドの
メンバーが、フレッチャーが入室した途端に、微動だにしなく
なったのも理解できます。この狂気に満ちた演技をした
J・K・シモンズは確かにすごい。実際の現場では、物理的な
しごきはほぼないそうですが、もっと陰湿な指導行為が行われ
ているとのこと。これで有能な演奏者が育っていくのだろうか。
それは才能を開花させるというより、伸び始めた小さな芽を
できる限り摘んでいこうとしている気がしてなりません。
流血するほどスティックを持たせ、汗でドラムが濡れ、競争心を
煽りつつ、プライドを傷つけていく。


セッション

自分の夢をかなえるために、恋人さえあきらめたニーマンの
焦りが次々と描かれ、見ているだけで辛くなります。


セッション

そして有名になったラスト、9分19秒ニーマンがドラムを
叩くシーンはもちろん圧倒されますし、感動もします。
しかし批判的な批評にある通り、ドラムという楽器の魅力が
全く感じられず、速さとその音の大きさのみしか伝わらなかった
というのは同感です。
この映画を見た後、気分が良くなるかどうかはその人の好みに
よると思いますが、わたしは今でもトラウマのように大声に
びくびくしてしまいます。それだけすごい演技だったんだけど。




  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


関連する記事
コメント
有名な学校、有名な指導者から学ぶにはやはりスパルタ教育なのでしょうね。ただ、プレッシャーに弱い人は途中で挫折する人もいるでしょうね。それでも最後まで諦めずに挫けず頑張ったニーマン、ラストのドラム演奏はフレッッチャーに対して、今までの不満をぶつけていたのかもしれませんね。
  • あちゃ丸
  • 2015/09/20 9:04 PM
ニーマンもフレッチャーも究極を求めるためには全てのものを犠牲に出来る天才。
凡人には理解し難いものはありますが、映画としてはただただ痛快でした。
  • pu-ko
  • 2015/09/20 10:55 PM
あちゃ丸さん。
わたしは大声で怒鳴られるのがすごく怖いんです。
だからこの映画を見た後数日心が砕けました。それほど迫力のある演技だったということかもしれませんね。
フレッチャーはきっと自分が成功できなかったことをどこかで卑屈に思っていたフシがあります。それを乗り越えたニーマンは、失ったものの多さと同じくらいの価値を得たのかなあ。
  • ミス・マープル
  • 2015/09/22 4:16 PM
pu-koさん、コメント&TBありがとうございます。
映画としては本当によくできていました。
しかし凡人にはただただ罵声の連続と血の滴るスティックに恐怖を抱くばかりです。
天才の世界はこんな風に狂気に満ちているのでしょうね。
  • ミス・マープル
  • 2015/09/22 4:18 PM
ジャズ映画やそれを含めた音楽映画、師弟関係映画や成長物語としてみると批判したくなる気持ちもわかりますが、案外そういう映画じゃないのかなぁと思ったりも。
なんというか、感情の殴り合いというか、好敵手同士の手段を選ばぬ攻防のような。
たおさん、コメント&TBありがとうございます。
そうですね。師弟関係の話と考えると、スポ根内容になりますもんね。それぞれの感情のぶつかり合いを見ればいいのでしょうか。
音楽関係者からは厳しい意見も浴びているようなので、おそらく違う視点から見ると映画的には須原いいのだと思います。
  • ミス・マープル
  • 2015/09/26 10:01 AM
こんばんは。
好きな内容ではない、というので、喜んでTBしちゃいましたよ!
私は、まったく、好きじゃありませんでした。
あんな先生に、人に教える資格なし。
ターミネーターの新作にJ・K・シモンズが出てきて、憎たらしくなかったので、さすが役者やのう(当たり前か?)と感心はしました。笑。
ポーさん、コメント&TBありがとうございます。
こちらも喜んでしまいましたよ。全く同意見です!
確かにJ・K・シモンズの演技は素晴らしいので、アカデミー賞獲得も納得します。だけどあんな先生に教える資格なしですね。
後味の悪い映画でした。
  • ミス・マープル
  • 2015/09/27 9:20 AM
こんにちは!
コメント&TBありがとうございました。
音楽だけじゃないですけど、教えて貰うのになんでビクビクしなきゃいけないんだ、と私は思います。
叱られて伸びる子もいるでしょうけど、全員がそうだとは言い切れませんし。
個人レッスンなら話は別ですけどもねぇ。
ニーマンにもフレッチャーにも感情移入が全く出来ず、嫌な映画だなぁと観続けていたのですが、なんでかラストの9分間でくるっと嫌いな気持ちに変化が出てきちゃいました。
それだけラストには衝撃を受けたのかもしれません。
  • ヒロ之
  • 2015/09/27 12:19 PM
ヒロ之さん、コメント&TBありがとうございます。
確かに謳い文句通りのラストの演奏は迫力がありましたね。
けれど同じく、教えるために生徒の心を傷つけていくことが、才能を開花させるとはどうしても思えません。実際はどうかわかりませんけどね。
うつ病に追い込むような教師には習いたくないですね。
てな具合でそれほど楽しくなかったです。
  • ミス・マープル
  • 2015/09/27 12:52 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
アカデミー賞終わっちゃいましたが、しばらくは関連作品を取り上げます。 今日は J・K・シモンズが助演男優賞 に輝いた『セッション』です。 セッション (2014)アメリカ 原題:Whiplash 監督:デイミアン・チャゼル allcinemaデータ
  • スフレ弐番館
  • 2015/09/20 10:56 PM
血と汗がしたたる 公式サイト http://session.gaga.ne.jp 製作総指揮: ジェイソン・ライトマン 偉大なジャズドラマーを夢見て、全米屈指の名門、シェイファー音楽院に入学したニーマ
  • 風に吹かれて
  • 2015/09/21 8:43 PM
正直、ここまで面白いとは思わなんだ。 体育会系教師 vs 弟子 のバトル、という構造を聞いただけで、よくある予定調和の物語を想像していたので。 これでやっと、なぜアカデミー賞で5部門にノミネートされ、それも「作品賞」「脚色賞」含む、というのに、ナットク
  • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
  • 2015/09/24 7:19 AM
監督 デイミアン・チャゼル 主演 マイルズ・テラー 2014年 アメリカ映画 107分 ドラマ 採点★★★★ アホって文字を擬人化したようなウチの小6の長男。ただアホならではの吸収力の良さからか、所属しているブラスバンドでのスネアドラムの腕前は、大人混合の他
  • Subterranean サブタレイニアン
  • 2015/09/25 7:01 PM
ほぼ、嫌い。
  • 或る日の出来事
  • 2015/09/26 8:14 PM
WHIPLASH 2014年 アメリカ 107分 ドラマ/音楽/青春 劇場公開(2015/04/17) 監督: デイミアン・チャゼル 脚本: デイミアン・チャゼル 出演: マイルズ・テラー:アンドリュー・ニーマン J・K・シモンズ:テレンス・フレッチャー ポール・ライザー:ジム
  • 銀幕大帝α
  • 2015/09/27 12:13 PM
これはもう完全に、周りの方が好印象だったので興味本位で首突っ込んだ作品で バードマン同様、おそらく自分じゃチョイスしない作品だった。 いやもう、息止めてるわけじゃないんだけど、映画が終わって エンドロールが流れ出したとたんに力が抜けたというか、ドワッ
  • ペパーミントの魔術師
  • 2015/10/21 2:59 PM

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3060 最後に更新した日:2019/10/21

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM