ぼくらの家路

4
JUGEMテーマ:洋画

ぼくらの家路

「ぼくらの家路」
原題:Jack
監督:エドワード・ベルガー
2013年 ドイツ映画 103分 PG12
キャスト:イヴォ・ピッツカー
     グオルグ・アームズ
     ルイーズ・ヘイヤー
     ネル・ミュラー=ストフェン

ベルリンに暮らす10歳のジャックは、弟マヌエル
と奔放な母ザナの3人家族である。家を空けることが
多い母に変わってジャックは家事や弟の世話をして
いたが、あるアクシデントから彼だけ施設に預けられる
ことになる...。

<お勧め星>☆☆☆☆ 良かったですね。ラストも気に
入っています。


<少しネタバレしてたらごめんなさい>
多くの方が気づかれるように、この映画のテーマは「誰も
知らない」(2004)と共通する点が多いです。しかし
あの映画ほど長い期間のことを描いていなのので、子供達
も見るのが辛いほどすさんでいくことはありません。また
どこかに書いている人がいましたが、ドイツの教育ーつまり
小さな頃から他人との対立やトラブルを自分たちで解決させる
というものが反映されているのも一因かもしれません。


ぼくらの家路

10歳のジャックと6才のマヌエル兄弟は、母ザナと3人暮らし
なのですが、冒頭から若い友人たちと大はしゃぎするザナの姿が
映り、夜には、帰宅の道順をジャックに教え、友人たちと遊びに
出かけて行くのです。これに象徴されるように若いザナは、子供
を愛しているけれど、自分の恋愛や遊びを最優先に考えています。
一緒にいる時は、優しいし、何度も抱きしめてくれる。しかし
ジャックが空腹を訴えて夜に母の部屋に行くと、彼女は男とSEXを
しているのです。
「やきもちをやいているの?」

このピントのズレたザナの質問には彼女の幼さも感じますが、その
間、彼女は全裸のままなのです。
そしていつものように母が家を空け、ジャックが家事をこなして
いるとマヌエルは風呂でやけどを負ってしまいます。
このアクシデントでジャックは児童養護施設に入ることになります。
「わたしの息子よ。サインなんかしないわ。」
と怒りまくるザナの姿は、こういう母や父は日本でもいくらでも存在
するのだろうと思ってしまう。

施設での生活は、食事も勉強もしっかりできて快適ではあるけれど、
ジャックはやはり母が恋しいし、弟とも会いたいのです。施設の中で
ワルがいるのは、予想通りの展開だけれど、彼とのある事件によって
ジャックは施設へ戻れない、と確信してしまいます。そして家に
戻っても鍵がかかっているし、いつも隠してあるところにも鍵はない。
弟が預けられている家に行くと、もう厄介者を追い払うかのように
弟は放り出されます。ジャックの容貌がしっかり者のようで、マヌエル
が真逆の弱々しく庇護が必要な雰囲気なので、これから母を捜す行動
も、兄、弟が好対照に描かれていきます。


ぼくらの家路

ひたすらエレベーターのないアパートの4階まで階段を駆け上り、
母の不在を知っては手紙を書くジャック。彼らは、母の交際相手の
居場所を捜しては、母の行方を尋ねたり、食事をご馳走になったり
するわけです。しかし誰も母の居場所を知らない。中にはドラッグ
に溺れている者もいます。その男たちを見てジャックはどう考えて
いるのかは、見ている側が推測するしかありません。
3日後部屋に明かりがともっているのを見たジャックの喜びは、子供
が持つ本来の感情そのものだったと思います。そして、にぎやかな
食事を終え、ガリガリ歯を磨くジャックの瞳は一切笑っていないの
です。ずっと心配に思っていたことは、大丈夫であり、また施設の
ルームメイトにどうしても返さなければいけない物がある。それは
反社会的な行為で獲得したんだけどね。そして玄関の箱の中に彼が
書いた手紙があるかどうか確かめに行く。

3日間で一気に大人の仲間入りをしたジャックが下した決断はある意味
悲しいけれど、最高のものではなかったでしょうか。
監督が語るように、子供たちは絶対に壊れることのない、人生と
将来の信念を持っていると感じられる映画でした。



  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


コメント
この様な家庭は実際にありますよね。ただ、子供が母親よりしっかりしていケースはまれだと思います。ジャックだってそうならざるを得ない状況ですから、大人に成長するのは当然でしょう。施設に預けるのは嫌だが、子供がいなければそれなりに樂しんでいる母親は、ジャックよりも幼いですね。
  • あちゃ丸
  • 2015/09/30 8:36 PM
あちゃ丸さん。
「誰もしらない」よりも気分よく見終われました。わざわざ映画館まで行った甲斐がありましたよ。
ジャックの下した決断が、すごく潔いんです。きっと立派に成長していくと思います。
10歳なのにとても力強く感じましたよ。
  • ミス・マープル
  • 2015/10/01 4:16 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
母を客観視する 公式サイト http://bokuranoieji.com9月19日公開 10歳のジャック(イヴォ・ピッツカー)は、6歳になる弟のマヌエルの世話で毎日大忙し。優しいけれど、まだ若いシン
  • 風に吹かれて
  • 2015/10/01 8:37 AM

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3213 最後に更新した日:2020/09/18

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM