オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分

5

オン・ザ・ハイウェイ

「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」
原題:Locke
監督:スティーブン・ナイト
2013年 アメリカ=イギリス映画 86分
キャスト:トム・ハーディ
     オリビア・コールマン
     ルース・ウィルソン
     アンドリュー・スコット

高層ビル建設の現場監督アイヴァンは、ビッグプロジェクト
を翌朝に控え、彼の子供を出産する女の元へ向かっている。
彼には妻子がおり、さらにプロジェクトの準備のために部下
に指示を出さなければならないのだった。

<お勧め星>☆☆☆半 全編に渡って車内シーンですが、会話
だけで全てが想像できる秀逸な脚本です。


「インセプション」(2010)などのトム・ハーディのみ
の出演で、あとの人物は電話を通しての声だけです。いわゆる
ワンシチュエーション・サスペンスですが、特にスリルのある
事件が起こるわけでもなく、トム・ハーディ演じるアイヴァン
とほぼ4人の人物との関わりが電話を通じて描かれていくのです。
仕事を終え、BMWに乗り込んだアイヴァンは、実は今日はひいき
のチームのサッカーゲームを家で家族そろって観戦するはずだった
のです。しかし今向かっているのは、留守番電話を入れたベッサン
のいる病院。
.戰奪汽鵝“爐1年前にロンドンで仕事をした時にアシスタント
についた中年女性。身寄りがなく、孤独で、2本のワインのせいで
1度だけ過ちを冒し、そして妊娠。今日急に破水したと言う。


オン・ザ・ハイウェイ

次に電話をかけるのが、彼の上司であるガレスですが、彼は留守
のため、妻に伝言を残します。
▲レス 電話番号登録名が「クソ野郎」となっているけれど
実はアイヴァンを信頼し、彼を現場監督にしている男。


すると息子から「サッカーの試合が始まるよ。ママさえユニフォーム
を着ているんだ」という電話が入ります。そして妻カトリーナの
明るい声に向かって「今日は仕事で帰れない」というアイヴァン。
カトリーナ アイヴァンの妻であり、エディとショーンという
2人の息子の母親。お互いに信頼し愛し合っているけれど、アイヴァン
はどうしても今日のことを告げなければならないのです。この苦悩
をトム・ハーディが熱演します。


そして次に電話するのが彼の部下らしきドナルです。「君ならできる」
アイヴァンは必死で説得し、自分の代わりを務めさせようとするのです。
ぅ疋淵襦,匹Δ笋藜魄みのあまり有能な男ではないらしい。しかし
アイヴァンの指示に彼なりに答えようと奔走するけれど、トラブル
がどんどん起きるのです。


というほぼ4人との電話が混線しながら流れ、アイヴァンの置かれて
いる状況がはっきりつかめてくるのが中盤。時折アイヴァンは実父
の幻影を見るようで、誰もいない後部座席に向かって
「俺は正しいをする。そこから逃げない。」
と言います。ということは、アイヴァン自身も私生児であり、父は
その事実から逃げてしまったらしい。


オン・ザ・ハイウェイ

車窓から見えるテールライトや信号が、赤青黄色に美しく流れ
夜の闇に溶け込んでいくのもどこか幻想的でありつつ、車内は現実
に直面したアイヴァンの苦悩と涙と怒りなどが渦巻いています。
たった2本のワインと孤独な女さえいなかったら、こんな状況は
起きなかった。しかし起きた以上は自分が正しいと思って道を進む
という彼の決意を感じ、息子の電話にかすかな希望を抱かせる
ラストになっています。


  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


コメント
こういう設定で思い出すのは「リミッド」でしたっけ?ひたすら携帯の充電が切れるまで助けを求めていた主人公のみが出る!という当時は斬新な手法?でかなり注目されましたが。こちらも同じ様な感じに見えましたので、見比べるのも面白いかもしれませんね。ただ、ちゃんとラストまで二転三転的な展開があるのか?同じ人ばかり見続けると退屈して眠くなる恐れがありますので(^_^;)
  • あちゃ丸
  • 2015/10/06 9:32 PM
あちゃ丸さん。
「リミット」と同じ雰囲気ですね。ただこの映画では彼に直接危険が迫っているわけではないのです。ある意味危険だけれど。
電話の声だけで主人公の置かれている立場や、人望がわかって来ます。だけどなぜにその女の元へ向かうのかはちょっと不十分な描かれ方だと思いました。
別に彼が行かなくても支障はないのになあ。それが私生児で育ったことへの実父への怨念かしら。
  • ミス・マープル
  • 2015/10/07 2:54 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
LOCKE 2013年 イギリス/アメリカ 86分 ドラマ/サスペンス 劇場公開(2015/06/27) 監督: スティーヴン・ナイト 脚本: スティーヴン・ナイト 出演: トム・ハーディ:アイヴァン・ロック 声の出演: オリヴィア・コールマン:ベッサン ルース・ウィルソン:
  • 銀幕大帝α
  • 2016/05/13 5:55 PM

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3071 最後に更新した日:2019/11/20

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM