私の少女

2
JUGEMテーマ:韓国映画全般

私の少女

「私の少女」
原題:a Girl at My Door
監督:チョン・ジュリ
2014年 韓国映画 119分
キャスト:ペ・ドゥナ
     キム・セロン
     ソン・セビョク

ソウルから田舎の漁師町に左遷されてきたヨンナムは
継父と義理の祖母から虐待を受けているドヒという
少女と出会う。彼女はドヒを救いたいがために、夏休み
だけ自宅に預かることにするのだが...。

<お勧め星>☆☆☆半 内容を盛り込み過ぎたために、
話の本筋がボヤけてしまったのが残念です。


ちょっとネタバレ
ソウルから左遷されてきたエリート警官、イ・ヨンナム
役は「空気人形」(2009)のペ・ドゥナです。もう
36歳になったようですが、いつまでも少女のような
ルックスとスリムなスタイルは魅力的。


私の少女

そして継父や義理の祖母から日常的に虐待を受け続ける
可哀想な少女ソン・ドヒ役は「冬の小鳥」(2009)の
キム・セロンです。あらら、すっかり大人っぽくなって
お目目もばっちり二重になったわねえ。


私の少女

ストーリーは、漁村の派出所に所長として赴任したヨンナムが
家族から日常的に虐待を受け、学校でもいじめに遭っている
ドヒを何とか救おうと奔走する姿を描きますが、学校に関しては
これ以降ほぼ触れられていません。なんでいじめられているのか、
それがなぜあっという間になくなったのかは、チラとドヒの口
から話されるだけです。
一方ヨンナム自身も、最初にたくさん持ち込んだのが、水だと
思ったら、どうやら酒であり、酒を大量に飲まないと眠れない
という何やら訳ありの様子です。その理由は彼女の左遷の原因
でもあるのですが、韓国社会の男尊女卑やマイノリティーへの
差別は日本以上に大きいようですね。とはいえ日本でも田舎で
あれば、同性愛カップルなんて大手を振って歩けるはずもない。
渋谷だから許されたんだよ。などと最近のニュースを見て思って
しまう。

ヨンナムは毎夜のようにドヒの泣き叫ぶ姿を目撃し、継父や義理の
祖母からの強烈な暴行シーンも幾度となく見るのです。


私の少女

彼女はドヒのことを考え、彼女に食事を与え、風呂に入れて
あげます。その時ちょっと躊躇するヨンナムが、彼女自身の
問題へとつながってくるのです。そしてドヒをいじめていた祖母が
事故死し、ヨンナムは、夏休みだけドヒを預かることに決めます。
このドヒの継父ヨンハが、大酒飲みで、飲むと女を殴るクズなん
だけど、労働力の少ない田舎町に不法就労者を斡旋していると
いうことで
「必要悪」として存在しているのです。この問題が絡んでくると
めっちゃややこしい。

さらにソウルからきれいな女性がヨンナムを訪ねてきます。
彼女とのキスシーンをなんとこのヨンハが目撃しちゃった!

それを後で利用するとは思わなかったな。あれはブローカーのボス
の入れ知恵にちがいない。
児童虐待から始まり、外国人不法労働者への搾取、同性愛、そして
極めつけの児童への性的虐待問題へと広がると、話のポイントが
霞んでくるんだよなあ。
ただ、「ドヒは実は怪物かも」とヨンナムに語った若い警官の言葉
を聞くと、なるほどその通りかもしれない、と思うのです。彼女は
最初からヨンナムに救ってもらおうと画策していたのでは?とまで
考えてしまいました。


  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


コメント
韓国らしいドロドロした内容ですね。ドヒのとった行動は、子供なのに恐ろしいわ・・・的な印象を持ったと思います。でも、彼女をそうさせたのは祖母と継父の影響がかなり大きいですね。ヨンナムも悩みを抱えていたから、彼女の心に潜む闇のような物を分かったのでしょうね。血が繋がっていなくても、親子として暮らしていけないのかな?
  • あちゃ丸
  • 2015/11/16 8:02 PM
あちゃ丸さん。
本当にドロドロした内容なんですが、あれこれ詰め込み過ぎたもんだから、肝心の話がボヤけてしまった気がするのです。個人的にはドヒはものすごく怖い心を持っていたのではないかと思っています。「ケース39」的な話にしたら、キム・セロンちゃんはものすごく似合っていました。思ったよりも普通でがっかりです。
  • ミス・マープル
  • 2015/11/17 1:34 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3071 最後に更新した日:2019/11/20

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM