オデッセイ

4
JUGEMテーマ:SF映画 一般


オデッセイ

「オッデセイ」
原題:Martian
監督:リドリー・スコット
2015年 アメリカ映画 142分
キャスト:マット・デイモン
     ジェスカ・チャスティン
     クリステン・ウィグ
     ジェフ・ダニエルズ
     マイケル・ペーニャ

火星を探査中のヘルメス号は、猛烈な嵐に遭い、メンバー
の1人、マークが行方不明となる。他のメンバーもNASA
も彼の死を確信し、地球への帰還を開始するが、実は彼は
奇跡的にも生きていたのだった。

<お勧め星>☆☆☆☆ 少し長めの映画ですが、ラスト付近
のスリリングな映像、そして懐かし音楽も含め面白かった。


<ネタバレしないように書いているつもり>
「キャスト・アウェイ」+「アポロ13号」のストーリーと
語る人もいる通り、そんな感じの映画です。火星の取り残さ
れたマット・デイモン演じるマークが、植物学者としての知恵
を絞っていかに生き延び、地球との交信をいかにして可能に
していくかが、シリアスなだけではなく、コミカルな映像も
含めて描かれています。そういえばマット・デイモンは
「インターステラー」(2014)でも違う惑星に取り残され
て、インチキをして迎えの宇宙船を呼び寄せていたようなこと
を思い出しました。


オデッセイ

今回、個人的に最も楽しめたのは、ジェシカ・チャスティン
演じるヘルメス号の船長メリッサが、火星に置いて行った
音楽がディスコミュージックだったこと。おお、懐かしい。
そのメロディになぜか体が反応するのに、世代の異なる
マークにとっては「クソ」なんだって!
火星にたった一人取り残されたマークが、いかに水、空気、
電気そして食物を確保していくか、つまりハブに残された
ものでは、次回の探査船がやってくる4年後までは到底
尽きてしまうわけで、その研究の様子がテンポよく描かれて
いきます。とはいえ細かな説明は全然理解できなかったけれど。
成功すれば失敗、そして再び成功する。その繰り返しも決して
飽きることなく見続けられます。


オデッセイ

NASAと交信できるようになるのか、またその方法は?そこも
興味深いです。
火星でのシーンはどこで撮影したかと思ったら、ヨルダンの
ワディ・ラムという砂岩と花崗岩でできた広大な谷で撮影された
とのこと。でも火星の雰囲気が(本物を見ていないけど)出ていた
なあ。ちなみに火星の重力は、地球の40%の大きさだそうですが、
監督は敢えて、それを表現しなかったそうです。だからマークは
宇宙服を着て普通に船外活動しています。


オデッセイ

火星と地上との映像がほとんどで、宇宙空間での映像はそれほど
ありませんが、それゆえにラスト付近の宇宙での映像は、まさに
スリルに満ちていてハラハラドキドキものでした。
これは絶対に3D映像を見ることをお勧めします。






  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 

 


コメント
まず、主人公の「最後まで諦めない」強い気持ちが大切ですね。そして生き残るための様々な知識も不可欠ですねNASAとの交信機能を復活させること。救助されるまでの食料危機から逃れる、彼のとった行動は勉強になりますね。舞台が宇宙なだけに不安要素が多いのに、サクセス・ストーリーに語られている所がさすがリドリー・スコットだなと、思いました。
  • あちゃ丸
  • 2016/01/04 2:57 PM
あちゃ丸さん。
まだ劇場公開されていませんが、航空機の中で見ることができました。でも大きな画面で見たら絶対に感動すると思います。
マット・デイモンとジェスカ・チャスティンだと「インターステラー」とかぶりますが、それ以上によくできた話でした。わかりやすかったのも一因ですね。
  • ミス・マープル
  • 2016/01/04 7:14 PM
70〜80年代ディスコミュージック好きな船長の趣味に救われたのは
ワトニーよりも観ている我々の方でしたね(笑)
理系に強いとサバイバルに打ち勝つ割合が上がる。
これを証明してくれた作品として記憶に残りそうです(笑)
  • ituka
  • 2016/02/13 3:41 PM
itukaさん、コメントありがとう。
そうなんですよ。見ている方がノリノリなのに、マークは「クソ」とか言っていましたね。
おっしゃる通り理系、特に植物学に強いとサヴァイヴァルに長けるということはこの映画で証明されました!
あの砂嵐のシーンは迫力ありましたねえ。
  • ミス・マープル
  • 2016/02/13 4:00 PM
こんにちは。
シスアスかと思いきやポジティブさに笑ってしまいました。
音楽のセンスも良かったし、ラストの緊張感もいい感じでしたね。
面白い作品でしたね。
yukarinさん、コメント&ありがとうございます。
そうそう、「インターステラー」とか「ゼロ・グラヴィティ」をイメージしていたら、まさかの超ポジティヴ映画だし、懐かしのディスコメロディのてんこ盛りでした。
それがラストの緊張感につながりましたね。
本当に面白かったです。
  • ミス・マープル
  • 2016/02/20 5:07 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
前向き、ポジティブにつらぬかれた感動。
  • 或る日の出来事
  • 2016/02/13 9:41 AM
公式サイト。原題:The Martian。アンディ・ウィアー原作、リドリー・スコット監督。マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、キウェテル・イジョフォー、ジ ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2016/02/13 10:16 AM
ストーリーは超シンプル過ぎるくらいの「一発物」 (火星に探査に行ったクルーのうち、一人だけ取り残され=写真、孤軍奮闘した結果、遂には帰還に成功?) なので、正直どうか?!と事前は思っていた。 ところが見終わって、最初に思ったのは… 「流石、リドリ
  • 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
  • 2016/02/13 10:25 AM
映画 『オデッセイ(2D・日本語字幕版)』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー 宇宙飛行士で植物学者のマーク・ワトニーは、火星での有人探査中に嵐に
  • ディレクターの目線blog@FC2
  • 2016/02/13 11:57 AM
評価:★★★★【4点】(11) 主人公の持ち前の明るさが仇となり取り残された恐怖が
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2016/02/13 3:00 PM
【THE MARTIAN】 制作国: アメリカ  制作年:2015年 火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士の マーク・ワトニー(マット・デイモン)。乗組員はワトニーが 死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も 水も通信手段もなく、わずかな食料
  • miaのmovie★DIARY
  • 2016/02/13 4:39 PM
アンディ・ウィアーのベストセラー『火星の人』の映画化。第73回ゴールデングローブ賞で作品賞と主演男優賞(マット・デイモン)を受賞。第88回アカデミー賞では、作品賞、主演男優賞(マット・デイモン)、脚色賞、美術賞、視覚効果賞、録音賞、音響効果賞の7部門にノ
  • 勝手に映画評
  • 2016/02/13 6:28 PM
『グラディエーター』などのリドリー・スコットがメガホンを取り、『ボーン』シリーズなどのマット・デイモンが火星に取り残された宇宙飛行士を演じるSFアドベンチャー。火星で死亡したと思われた宇宙飛行士が実は生きていることが発覚、主人公の必死のサバイバルと彼を
  • パピとママ映画のblog
  • 2016/02/13 8:26 PM
オデッセイ(2015)アメリカ原題:The Martian監督:リドリー・スコット出演:マット・デイモン/ ジェシカ・チャステイン/ ジェフ・ダニエルズ / マイケル・ペーニャ/ ケイト・マーラ/キウェテル・イジョフォー/ ショーン・ビーン /&
  • アリスのさすらい映画館
  • 2016/02/14 11:14 AM
 アンディ・ウィアー原作の小説「火星の人」を、「エイリアン」のリドリー・スコット監督、「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」のマット・デイモン主演で映画化。不慮の事故により、火星に一人残された宇宙飛行士が、生き残るべく科学と知識を駆使して奮闘する、
  • 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
  • 2016/02/14 6:18 PM
【出演】  マット・デイモン  ジェシカ・チャステイン  キウェテル・イジョフォー 【ストーリー】 火星での有人探査中に嵐に巻き込まれた宇宙飛行士のマーク・ワトニー。乗組員はワトニーが死亡したと思い、火星を去るが、彼は生きていた。空気も水も通信手段もなく
  • 西京極 紫の館
  • 2016/02/14 10:55 PM
THE MARTIAN 上映時間 142分 原作 アンディ・ウィアー 『火星の人』(早川書房刊) 脚本 ドリュー・ゴダード 監督 リドリー・スコット 音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ 出演 マット・デイモン/ジェシカ・チャステイン/クリステン・ウィグ/ジェフ・ダニエルズ/
  • to Heart
  • 2016/02/15 9:29 PM
【THE MARTIAN】 2016/02/05公開 アメリカ 142分監督:リドリー・スコット出演:マット・デイモン、ジェシカ・チャステイン、クリステン・ウィグ、ジェフ・ダニエルズ、マイケル・ペーニャ、ケイト・マーラ、ショーン・ビーン、セバスチャン・スタン、アクセル・ヘニー
  • ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
  • 2016/02/17 6:18 PM
 『オデッセイ』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)前回に引き続きSF物ながら、マット・デイモンが主演であり、なおかつアカデミー賞作品賞などにノミネートされているとのことで(注1)、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、荒涼とした火星の風景が映
  • 映画的・絵画的・音楽的
  • 2016/02/19 6:28 AM
(ネタバレはストーリー紹介等の後、「以下ネタバレ注意」注意書き以降から) 面白かった!この映画大好き! 絶望的なサバイバルが最新科学技術や現実に基づいたリアリティ重視で描かれるにも関わらず、この地に足の着いたエンターテイメントが観客に示してみせ
  • グドすぴBlog
  • 2016/02/20 1:07 AM
   地球のお隣の惑星、火星。その火星にたった1人で取り残されたら…。「オデッセイ」(20世紀フォックス)。究極のスペース・サバイバル・ムービーなんですが、何故だか微笑ましいんですよね〜。  人類による3度目の有人火星探査ミッション“アレス3”は、
  • シネマ親父の“日々是妄言”
  • 2016/02/20 5:13 PM
映画「オデッセイ」を鑑賞しました。
  • FREE TIME
  • 2016/02/22 12:59 AM
もはや本業が何なのか判らなくなりつつあるTOKIOのメンバーたちが、華やかな芸能界とかけ離れた離島で、おえっ!となりつつ井戸の掃除をしたり、うへーっ!といいながら正体の分からないものを料理したりしても、ちっとも辛そうでないのは(本当は辛いのかもだけど)、
  • ノルウェー暮らし・イン・原宿
  • 2016/02/22 9:12 AM
宇宙船ヘルメス号は有人火星探査ミッション<アレス3>の18日目に砂嵐に遭遇し、植物学者マーク・ワトニーが行方不明になってしまう。 必死に捜索したものの、ルイス船長ら5人は撤収を余儀なくされる。 ところがワトニーは生きていた! 砂漠からハブ(人工居住施設)
  • 象のロケット
  • 2016/02/22 11:36 AM
事故で一人、火星に取り残された 宇宙飛行士が、持ち前の知識と体力で 生き延び、地球に生還する迄のサバイバルを描く... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞) 原題:The Martian
  • cinema-days 映画な日々
  • 2016/02/29 3:19 AM
10日のことですが、映画「オデッセイ」を鑑賞しました。 IMAX3Dにて 火星での有人探査の最中嵐に巻き込まれたワトニー 仲間たちは緊急事態を脱するため死亡したと推測されるワトニーを置いて火星を去る しかし 奇跡的に死を免れたワトニーは水も通信手段もなく食料は
  • 笑う社会人の生活
  • 2016/04/09 12:34 AM
気の利いた事を書こうと思ってここまで来てしまいました。でも、結局気の利いた事なんて書けない。メールでもLINEでもそうだけれど、読んだ瞬間「了解しました!」とか「又後日!」と何も考えずに送るのが良いというのが私の持論だ。気の利いた返事を書こうなんて思った
  • ここなつ映画レビュー
  • 2016/04/13 12:47 PM
オリジナルのタイトルは「The Martian」。 これは直訳すれば「火星人」で
  • はらやんの映画徒然草
  • 2016/04/30 11:27 PM
THE MARTIAN 2015年 アメリカ 142分 SF/アドベンチャー/コメディ 劇場公開(2016/02/05) 監督: リドリー・スコット 『エクソダス:神と王』 製作: リドリー・スコット 原作: アンディ・ウィアー『火星の人』 出演: マット・デイモン:マーク・ワトニ
  • 銀幕大帝α
  • 2016/06/23 9:20 PM

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

ブログ村

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

Amazon

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

お天気

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:2570 最後に更新した日:2017/03/28

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM