パージ

4
JUGEMテーマ:Horror

パージ

「パージ」
原題:The Purge
監督:ジェームズ・デモナコ
製作:マイケル・ベイ
2013年 アメリカ映画 85分 R15+
キャスト:イーサン・ホーク
     レナ・ヘディ
     アデレイド・ケイン

2022年のアメリカでは、1年に一晩12時間だけ
殺人などのすべての犯罪が許される「パージ」が
施行されている。防犯設備のトップセールスマン
ジェームズもこの晩を無事に過ごせるよう願って
いたが、息子チャーリーが助けを求める1人の男を
家に入れたことから、彼らは危険に晒されていく。

<お勧め星>☆☆☆ きっかけが「なぜ」と思うけれど
最後まで目が離せませんでした。


Rotten Tomatoesの評価は38%。案の定
「陳腐な非現実的な政治に関する演説を長々とやっていて
スリラー要素は使い古された暴力描写」なんて書いてあり
ます。しかし製作費300万ドルなのに、興行収入が8000
万ドルを超えたとなると、やはり期待して見てしまいますね。
設定は、2022年のアメリカで、失業率が1%、暴力はほぼ
存在しない世の中になっているという、信じられないもので
始まります。そこにはからくりがあって、安全を維持するため
政府は、年に一晩12時間だけ、殺人を含む全ての犯罪を合法に
する、という「パージ法」を施行しているからなのです。これ

によって、人々の憎しみ、怒り、不満は解消され、無用な人々
は浄化(殺害)されていくという極めて不謹慎な法律なのですが、
それで平和で高水準な生活を送れる人々が残るのは当然のこと
なのです。


パージ

この中で主人公ジェームスは、防犯設備のトップセールスマン
であり、ご近所さんもうらやむような増築までできている。
彼の妻メアリーが冒頭にご近所さんにそねみのような言葉を
かけられたことをお忘れなく。
しかし家庭では、ジェームズのお眼鏡にかなわない年上のヘンリー
と付き合う反抗的な娘ゾーイや、何の意味があるのかわからない
変なラジコンロボを走らせるオタク小僧、チャーリーがいて、
心の支えは優しい妻メアリーだけみたい。このメアリーの妙に
優しい心もちょっとイラっとします。
さて、この晩を迎えた一家にはアクシデントが2つ起こります。
1つは、ゾーイの恋人ヘンリーが家に忍び込んでいたこと。


パージ

これに関してはあっという間に終わるからいいとして、2つめ
がとても厄介なことなのです。せっかく防御システムを作動
したのに、助けを求める黒人男性を監視カメラで見つけた
チャーリーが家の中に入れてしまう。この「意味」がわからない
のよね。


パージ

こうでもしないと話が始まらないからいいとして、この男を
追ってきた集団がいたことから、彼らは一気に窮地に陥るわけ
です。
「男を生きたまま渡すか、一家全員殺すか」
集団のリーダーらしき男がこう言うものだから、あれやこれやで
捜しだした男をテープで巻いて集団に引き渡そうとジェームズは
考えます。すると、あらら、子どもだけでなく妻までも、彼の
そばを離れて行くのです。つまり妻や息子は、そもそもこの法律
に反対だったのかね?それとも抵抗する男の傷口をえぐってまで
男を拘束しようとするジェームズに嫌気がさしたのかね?

結局一家は、男を差し出さず、この集団と戦うことにするわけ
です。相手はライフルやら斧やら、自動小銃みたいな武器を山ほど
持っているのに、こちらは、気弱な妻が銃を前に出したまま、ヨタ
ヨタ家を歩き回るは、隠れているはずのチャーリーはチョロチョロ
出てくるは、ゾーイは男たちの格好のターゲットになるはで、まとも
に戦えるのはジェームズだけじゃん。
そのジェームズは、倒した相手にしっかりとどめを刺す。Good Job!
しかしラスト付近でのストーリーの転換は、なかなか面白いです。
優しかったメアリーは、そねみ主婦の鼻をバッチリ折ったかな。
さあ、「パージ・アナーキー」も楽しみだな。


  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


コメント
設定時代が案外と近い事にビックリです。50年後とかの話なら何となく分かる気もしますがね。こんな恐ろしい法律が誕生したら、この日のためにみんながチャンスを狙っているのかと思うと、信頼関係の薄い社会になっていそうですね。ただ、作戦に失敗した人は、起源が切れた後に普通に過ごすことができるのか?本性がわかった後はうまくいかないと思いますがね。Part3まで決まっているとかで「パラノーマル・アクティビティ」みたいにならなければ良いのですが。
  • あちゃ丸
  • 2016/01/17 12:09 PM
こんにちは!
コメント&TBありがとうございました。
設定そのものは非常にお気に入りです。
ただこの1作目は登場人物が全員勝手すぎます。
協力性がないので苛々しちゃったんですよねぇ。
さて、この設定を2作目ではどう活かしているのか。
興味と期待を持って観ましたが、満足感は1作目に比べるとかなり上でした。
  • ヒロ之
  • 2016/01/17 2:39 PM
あちゃ丸さん。
この映画は意外とお勧めです。本当にこんな法ができそうな世の中だからこそ怖いのかもしれませんね。
翌朝7時にサイレンが鳴ると、「パージ」の期間は終了なのでまた来年まで待つのでしょうね。続編も見ましたが、それはまた感想を後で書きます。
イーサン・ホークはもっと長生きしてほしかったな。
  • ミス・マープル
  • 2016/01/17 3:50 PM
ヒロ之さん、コメント&TBありがとうございます。
わたしもこの設定は気に入りました。
確かにこの家族は全然協力体制がないんですよね。お互いに言うことを聞かないし。誰かがいつも姿を消しているし。
ただラスト付近は母の行動が気分良かったですね。
でも来年逆にやられちゃうかも。
皆さん高評価の2を早速見ようと思います。楽しみです。
  • ミス・マープル
  • 2016/01/17 3:53 PM
このシリーズ結構評判いいんですよね。
2のネタバレは出来ませんが、主人公が変わり設定も若干違うんですね。
ただいま、3を製作中らしいですけど
2の主人公が続投するそうです。
ワタシは1より2の話の方が緊張感ありました(笑)
  • ituka
  • 2016/01/17 4:52 PM
こんばんは
設定が面白いというか
現実にありうるオソロシイものなのがいいですよね
1と2じゃ視点が違うので評価の仕方も変わってきちゃいますが、この1では閉鎖型空間における襲撃としてでは、もう少しスリルが欲しかった
ただラストの捻りはよかったですね
引っ越さないと、確かに来年また同じ事がおきそうですが(笑)
  • maki
  • 2016/01/17 6:04 PM
itukaさん、コメント&TBありがとうございます。
なんでもアメリカでは大人気のようですね。
2も見たのですが、皆さんは2の方が高評価なので期待値を上げすぎたかな。
個人的に1の密室の緊張感の方が好みです。まあ、家族がみんな自分勝手で困っちゃいますが。
2の主人公が3も続投なんですね。じゃあ途中で夫を亡くしたあの女性は、アンチパージとして活躍するのかしら。
  • ミス・マープル
  • 2016/01/18 9:52 AM
makiさん、コメント&TBありがとうございます。
いかにもアメリカならありえそうな設定のところが面白かったですね。
おっしゃる通り、1と2では全く視点がことなるので、別物の映画のような気がします。冒頭のご近所さんの嫌味やパーティーに呼ばれなかったことなど考えると、ラストの展開も納得できますね。
確かに引っ越さないと来年こそ襲撃されますねえ。
  • ミス・マープル
  • 2016/01/18 9:55 AM
結局のところ特権階級が下級市民のガス抜きと間引きをするっていう、民主主義の皮を被った封建制度のような現在に対する批判というなくもないテーマなんですけど、状況設定に頼りっぱなしになっちゃったかなぁと。
まぁ、その辺は三部作を通して描いていくのかもしれませんが、一本で描き切れる気も^^;
たおさん、コメント&TBありがとうございます。
2を見た後でわかるのは、まさにそういうことですね。
だけどおっしゃる通り特に三部作にしなくてもいい気がしました。
失業率と犯罪を減らすためには、ガス抜きが必要で、それは結局富裕層が支配する、というわけですね。わたしはこの1のホラーの雰囲気が好きなんですが。
  • ミス・マープル
  • 2016/01/18 6:50 PM
こんな法律があったら、その日はアメリカの観光旅行とか大打撃だろうなあ(安息日みたいにみんな休めばいいのか)。日本人やアジア人もバリバリ人種だけで狩られそうですよね。
  • ふじき78
  • 2016/01/18 10:33 PM
ふじき78さん、コメント&TBありがとうございます。
ふと気づいたのですが、そんな法律があって、参加をしたくないのなら、せめて国外へ脱出すればいいと思うんですが。
絶対に人種や宗教で狩られるはずですね。おお怖い。
  • ミス・マープル
  • 2016/01/19 8:53 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
THE PURGE 2013年 アメリカ 85分 サスペンス/ホラー/SF R15+ 劇場公開(2015/07/18) 監督: ジェームズ・デモナコ 製作: マイケル・ベイ 脚本: ジェームズ・デモナコ 出演: イーサン・ホーク:ジェームズ・サンディン レナ・ヘディ:メアリー・サンデ
  • 銀幕大帝α
  • 2016/01/17 2:35 PM
評価:★★★☆【3,5点】(P) 夜7時、年1回のパージ法が執行されるときの物々しさが怖い。
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2016/01/17 4:25 PM
『6才のボクが、大人になるまで。』などのイーサン・ホークが主演を務めたサスペンス。年に1度だけ殺人をはじめとする全ての犯罪が許されるという政策が施行される中、決死のサバイバルを繰り広げる一家の姿を追い掛けていく。監督は、『交渉人』などの脚本を手掛けてき
  • パピとママ映画のblog
  • 2016/01/17 4:40 PM
【概略】 パージの日、完璧なセキュリティの家で平穏に過ごすはずだったジェームズ一家。だが、ターゲットとなった男を匿ったことで市民から命を狙われてしまう。 スリラー “パージ"とは…1年に一晩だけ、殺人を含む全ての犯罪が許される法律。 1年に1
  • いやいやえん
  • 2016/01/17 6:01 PM
監督 ジェームズ・デモナコ 主演 イーサン・ホーク 2013年 アメリカ/フランス映画 85分 サスペンス 採点★★ 大雑把なイメージでしかないんですけど、欧米のというか一人の神様の影響下にある人々の倫理観って、“悪いことをしたら罰がある”ってのがベースに
  • Subterranean サブタレイニアン
  • 2016/01/18 5:45 PM
五つ星評価で【★★★★私、多少無理だったり、アラがバリバリ見えるような話でもグイグイ進んでいくタイプの話が好き】 一年のうち一日(厳密には12時間)、 法の拘束力を皆無 ...
  • ふじき78の死屍累々映画日記
  • 2016/01/18 10:35 PM
斬新な設定が話題になり、続編とともにようやく 日本で公開されたサスペンス映画『パージ』、 都内から遅れて近くのシネコンで1週間限定上映 されていたので観に行ってきました。 パージ 原題:THE PURGE 製作:2013アメリカ 作品紹介 『6才のボクが、大人になるま
  • 映画B-ブログ
  • 2016/01/19 5:30 PM

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3071 最後に更新した日:2019/11/20

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM