ブラック・スキャンダル

4


ブラックスキャンダル

「ブラック・スキャンダル」
原題:Black Macs
監督:スコット・クーパー
2015年 アメリカ映画 123分 R15+
キャスト:ジョニー・デップ
     ジョエル・エドガートン
     ベネディクト・カンバーバッチ
     ロリー・コクレイン
     ケヴィン・ベーコン

1970年代の南ボストン。アイルランド系マフィア
のジミーは、同じ地区出身のFBI捜査官コノリーから
イタリア系マフィアを排除するため、協定を結ぶ話を
持ちかけられる...。

<お勧め星>☆☆☆☆ すごく面白かった。ただ同じ
名前の人や顔が似た人がいて、人物を覚えるのに苦労
しました。


ジョニー・デップの役作りは本当に圧倒されます。映画
内の薄毛は、特殊メイクだそうですが、右の前歯が変色
しているところまで、本人に似せています。できれば
人物相関図を片手に見たいところですが、それは映画が
終わってから、幾度となくチェックしてカバーしました。
始まりはFBI捜査官と取引するために、ジミーこと
ジェームズ・”ホワイティ”・バルジャーの手下が証言を
するところからです。その男はケヴィン。

そして時はさかのぼり、1975年のケヴィンに変わり
ます。彼はジミーの店の用心棒として立っており、店の
前でもめ事を起こすのです。最初から暴力の応酬で、
使う言葉には必ずfuckがついている。まさにマフィアの
世界です。
さて南ボストンは、サウシーと呼ばれ、アイルランド系
マフィアの縄張りであったものの、イタリアン・マフィア
としのぎを削っていたらしい。ジミーは「仲間同士の
忠誠心」を何よりも大事にし、裏切りは絶対に許さない
男だったのです。そのあたりは序盤にバンバン裏切り者を
射殺するシーンからも伺えます。


ブラックスキャンダル

彼と親しいのは、同じサウシー出身でFBI捜査官ジョン・コノリー
で、この役を演じるのは「エクソダス:神と王」(2014)
などのジョエル・エドガートン。彼はFBI内で手柄をあげるため
ジミーを利用しようと考えるわけです。


ブラックスキャンダル

このコネリーの上司役でちょっと老けちゃったケヴィン・ベーコン
が出演しているのはうれしい限り。不良や悪役から一皮むけた
感じがします。彼の向かって右手にいるのがジョン・モリスと
いい、「誘拐の掟」(2014)のデヴィッド・ハーバーが
演じていますが、実はコノリーもファーストネームがジョンなので
まず戸惑います。一応字幕では使い分けてあったけれど、ラスト
付近にはどっちのジョンだろうと思ってしまうこともありました。

で、コノリーは、イタリアンマフィア、アンジュロファミリーを
潰すために、ジミーに情報屋をするように持ち掛けるわけです。
もちろん見返りは、ジミー一味「ウィンター・ヒル・ギャング」
の悪事には目をつぶるというもので、これによってジミーたちは
どんどん勢力を拡大していきます。この話に乗る前に、実は
ジミーは同士のミッキーをアンジュロファミリーに射殺されて
おり、その報復も兼ねて話に乗るのです。時代を感じさせる
バカでかい車の窓を手でくるくる開けて、そこから発砲すると、
相手の頭を確実に撃ち抜き、血しぶきがウィンドーガラスに
飛び散るシーンは何度見ても怖い。


ブラックスキャンダル

一方でジミーの弟ウィリアムことビリーは、上院議員をしており、
母親の家での食事風景を見ると、本当に微笑ましく感じられるのです。
ベネディクト・カンバーバッチはちょっと太ったかな。仲間、特に
血縁の絆は強く、中盤でのアイルランドの祭り「セント・
パトリックス・デイ」での兄弟の目配せは、それを痛切に感じさせ
るのです。
しかし、ジミーの息子が突然の病で亡くなり、妻も彼のもとを去り、
さらには最愛の母が亡くなると、ジミーの人間不信は強まり、その
残虐性も強まっていくのです。どんどん規模を広げていったジミー

のその後の姿は、コノリーの焦燥感と交互に映り、栄枯盛衰を感じ
させます。しかしラストのクレジットで流れた登場人物の現在を
見ると、「忠誠心」を持ち続けたのは誰かがよくわかります。
色恋を一切排除した、まさに男の映画でした。




  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ

 

 


コメント
この映画って、R15なんですね。実在する人の話だし実話を元に・・・ですからギャング系の話はお子ちゃまはまだ早いですね。しかし余りにもリアルすぎた役作りは驚きました。今まではコスプレ系でしたが、今回は怖いですね。弟がカンバーバッチなんて豪華ですね。そして幼なじみがFBIとは・・・。なんとも言えないこの複雑な関係。議員や捜査官でも、昔からの顔なじみじゃギャングのお兄ちゃんには逆らえませんね。頭の切れる悪人を怒らしたら大変ですから。そんな彼でも家族には優しかったとか。また異常な潔癖症な面もあったりと、かなり癖の強い人物ですね。服役中の彼は、この映画見たのかしら?
  • あちゃ丸
  • 2016/01/30 11:03 PM
こんばんは。
多少意識が飛びましたがこういう男の映画というのは好きです。
最近パッとしなかったジョニーですが、怖いくらいの怪演が良かったです。
あちゃ丸さん。
R15指定ですがどこが?と思ってしまいます。多分殺人の連続と発砲、そして汚い言葉のせいでしょうか。
カンバーバッチの出番はあまりありませんが、兄がギャングで弟が上院議員なんてアメリカらしいですよねえ。日本ではありえない、いやあっても隠すだろうからなあ。服役中の彼に面会を申し込んだジョニーは断られ、代理の弁護人からいろいろ情報を得たようです。結構おもしろかったですよ。
  • ミス・マープル
  • 2016/01/31 8:19 AM
yukarinさん、コメント&TBありがとうございます。
意識が飛ぶ気持ちも少しわかります。結構単調だし、そもそも人物相関図がなかなかつかめないんですよね。
ジョニー・デップの存在感はすごかったですね。
  • ミス・マープル
  • 2016/01/31 8:20 AM
ジョニーは役作りよくやってたし、怖くてよかったですが、途中途中眠かったのは構成がよくなかったのかなぁ。
レシピを聞くシーンが最高でした。
  • pu-ko
  • 2016/01/31 5:08 PM
pu-koさん、コメント&ありがとうございます。
久しぶりのシリアスなジョニーを見ました。本当に毛を抜いたかと思っていたけどメイクと知って納得。
レシピを聞くシーンはそこだけ違う空間のように感じましたね。
話が淡々と進むので確かに午後見たら眠くなったかもしれません。
  • ミス・マープル
  • 2016/02/01 2:45 PM
こんにちは。
正に私も3人の男同士の「忠誠心」を強く感じた作品でした。
しかし、不謹慎だけれど、こんな絆ってちょっとイイ…。
ところで、ケビン・ベーコン、一層痩せてませんでしたか?!
ここなつさん、コメント&ありがとうございます。
おっしゃる通りケビン・ベーコンが一気に老け込んでいましたね。痩せたから余計にそう思えたんだな。
この映画は男の「忠誠」を強く感じた男くさい映画でした。
でもわたしも結構好きです。
  • ミス・マープル
  • 2016/02/08 4:27 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
【BLACK MASS】 2016/01/30公開 アメリカ R15+ 123分監督:スコット・クーパー出演:ジョニー・デップ、ジョエル・エドガートン、ベネディクト・カンバーバッチ、ロリー・コクレイン、ジェシー・プレモンス、ケヴィン・ベーコン、ピーター・サースガード、ダコタ・ジョ
  • ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
  • 2016/01/30 11:11 PM
久しぶりにジョニーの怪演が好評のようなので、楽しみにしていた作品。 たとえハゲでもカッコイイよ♪ というよりも、「パブリックエネミーズ」の時のような爽快なワル役でないかぎり、ジョニーに悪役はムリ! だっていい人が滲み出ちゃうよ、どうしても。
  • ノルウェー暮らし・イン・原宿
  • 2016/01/31 10:44 AM
ブラック・スキャンダル(2015)アメリカ原題:Black Mass監督:スコット・クーパー出演:ジョニー・デップ / ジョエル・エドガートン?/?ベネディクト・カンバーバッチ?/?ケヴィン・ベーコン/?ジェシー・プレモンス?/?ピーター・サースガード/??ダコタ・ジョン
  • アリスのさすらい映画館
  • 2016/01/31 5:11 PM
評価:★★★★【4点】(11) ジョニー・デップの普通の人間役でやっとまともな
  • 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
  • 2016/01/31 6:00 PM
実話を下にした映画。FBI史上最悪の汚職事件を描いている。 ネタバレあり(?) アメリカの映画で、ギャングと警察(この作品では、FBIだけど)が癒着しているという話はよくある。そう言う設定の映画が数多く描かれるというのは、実際にそう言う事が少なからずあると言
  • 勝手に映画評
  • 2016/01/31 6:51 PM
ジョニー・デップが主演を務めた実録クライムドラマ。実在するアイリッシュ・マフィアのボス、ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャーが裏社会でのし上がっていく姿を追う。メガホンを取るのは、『ファーナス/訣別の朝』などのスコット・クーパー。『エクソダス:神と
  • パピとママ映画のblog
  • 2016/02/02 3:51 PM
見応えはあったけど何となく思ってたのと違ってた。
  • だらだら無気力ブログ!
  • 2016/02/02 10:16 PM
なぜこの道へ 公式サイト https://warnerbros.co.jp/c/movies/blackmass 実話の映画化 原作: ブラック・スキャンダル (ディック・レイア, ジェラード・オニー
  • 風に吹かれて
  • 2016/02/04 3:18 PM
信仰とマフィアの複雑すぎる関係 公式サイト。原題:Black Mass。ディック・レイア / ジェラード・オニール原作、スコット・クーパー監督。ジョニー・デップ、ジョエル・エドガートン、 ...
  • 佐藤秀の徒然幻視録
  • 2016/02/07 9:36 AM
地縁・血縁とはかように濃いものなのか。アメリカで1975年〜1990年代にかけて実際にあった物語。南ボストンの「サウシー」で生まれ育った3人が…一組の兄弟とその弟の友人とが…、兄は裏社会のボス、弟は議員、弟の友人はFBI局員へと成長し、綾なす関係性の中で生き
  • ここなつ映画レビュー
  • 2016/02/08 12:59 PM
仲良しが全く別々の職業について、誰かが誰かを助けるってのは 「スリーパーズ」だったかな?昔みたことがあって、 勝手ながらそういうのを想像して見に行ったんですが。 あちゃ〜やっぱりブラックな話でしたね。 これが伊坂幸太郎×中村監督だったら最後までジョニ
  • ペパーミントの魔術師
  • 2016/02/09 1:11 PM
映画「ブラック・スキャンダル」を鑑賞しました。
  • FREE TIME
  • 2016/02/15 12:41 AM
 『ブラック・スキャンダル』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)ジョニー・デップの久しぶりの主演作というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、米国麻薬取締局(DEA)のオルセンがウィークス〔バルジャー(ジョニー・デップ)の部下だった男:ジ
  • 映画的・絵画的・音楽的
  • 2016/03/04 6:43 AM

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3070 最後に更新した日:2019/11/14

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM