残穢 住んではいけない部屋

4
JUGEMテーマ:Horror

残穢

「残穢 住んではいけない部屋」
2016年 日本映画 107分
監督:中村義洋
原作:小野不由美
キャスト:竹内結子
     橋本 愛
     佐々木蔵之介
     坂口健太郎
     遠藤賢一

怪奇小説を書いている「私」のもとに女子大生の
久保さんから手紙が届く。そこには「一人住まいの
部屋に誰かがいる」というもので、彼女が同じ建物
の住人から過去に似たような手紙を受け取っていたこと
を思い出し、強く興味を惹かれるのだった。

<お勧め星>☆☆☆☆ 本よりずっと怖いです。久しぶり
にゾクゾクっときました。


原作者は第26回山本周五郎賞を獲得した同名小説「残穢」
著者小野不由美さんです。映画化されると知ってから読み
ました。彼女のベストセラー作品「屍鬼」は未読ですが、
こちらも面白いそうです。
さて原作では、序盤の恐怖が中盤以降ややだれてしまい、
収拾のつかないようなラストになっていた気がします。
それがこの映画ではとても上手く映像化されているのです。
まず、オープニングに持ってきたエピソードがものすごい
インパクトのあるもので、それがいつつながるのかと思って
見ていると、終盤にある人を通じてつながるのです。子供
の頃遠縁が住む九州のある家に泊まった時、夜中にトイレ
に行きたくなったMさんは、その家には「河童のミイラ」が
あると聞いていた。恐る恐るトイレに行くと、突然ゴーッと
地下から吹き上がるような音を聞き...。この「音」がとても
効果的です。そして母親から「開けてはいけない」と言われて
いた部屋を開けてみると...。やだ、もう怖い。


残穢

そしてシーンは変わって、怪奇小説を書いている「私」の元に
女子大生、久保さんから1通の手紙が届くのです。
「私の部屋に誰かいる気がする」
この手の手紙を何通も受け取っている彼女にとって、なんの
興味もわかない内容だったのに、次に久保さんから届いた手紙
には、その音の正体を少し見てしまった、とあります。住所を
見ると、同じような怪奇現象に会った人が2年ほど前に手紙を
くれた岡谷マンションであり、「私」はこの現象に俄然興味を
持つわけです。「何かいわくつきの建物ではないか」と。


残穢

久保さんの聞く音は「ザーザー」とまるで畳をほうきで掃く
ようなもので、自分が見ているときはしないと言う。しかし
ふすまを閉めるとその音がし、こっそりのぞいて見ると、そこ
には金糸が織り込まれた帯のようなものをずっていたと言う
のです。再びこの「音」とちらりと見える帯のようなものから
背筋が寒くなります。2年前に手紙をくれた人は、違う部屋の
人ですでに転居していたけれど、その人の幼い娘は和室の天井
を見て「ブランコ」と言い、ある日ウサギの人形にひもをかけて
来て「ブランコ」と見せるわけです。きゃー、この見せ方も
子供が可愛いだけに怖いのなんのって。

結局「私」と久保さんは、この岡谷マンションについてあれこれ
調査を始めるわけで、この建物で何の事件も事故も起こっていない
と知ると、時を遡ってこの土地に住んでいた人々について調査を
開始します。これが文字ではとてもわかりづらく、多くの人間が
登場するのでかなり混乱しましたが、映画では、時代ごとの地図を
重ねるという手法でものすごくわかりやすくなっています。

終盤付近は原作とかなり異なりますが、これぞ「ザ・ホラー」と
いう感じ。「リング」「呪怨」「仄暗い水の底から」などが一番
怖いと思っているわたしにとっては、当分引きずりそうな恐怖を
体験できました。
橋本愛ちゃんの演技が、無理やり怖がる姿を出さず、それだから
こそゾクリとくるものです。「聞いてもいけない、見てもいけない」
ああ、聞いたし、見ちゃったよ!




  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


関連する記事
コメント
これはレイトショーでは見たくないですね。
でも、その部屋が原因かと思っていたら、大正時代まで話が遡るのって「まさか・・・」と驚きですね。昔そこの土地で何があったか、知りたいけどそれも怖い。だから家を建てる時はちゃんと地鎮祭をする習慣が、日本にはあるのでしょうね。古着とか骨董品も前の持ち主の思いが残っているから良くないと、TVで聞いたことがあります。
  • あちゃ丸
  • 2016/02/11 5:10 PM
あちゃ丸さん。
本はそれほど怖いと思いませんでしたが、映画はわたしの最も苦手な内容でした。おお、怖い!
映画の中でも「私」が家を新築するということで地鎮祭をしています。それでも「穢れ」はとれないんですよね。それは土地ではなく人にも憑いてくるみたい。レイトショーで見たら絶対に帰り道が怖いと思います。
  • ミス・マープル
  • 2016/02/12 11:25 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
そんなに直接的には怖くない。ほとんど。
  • 或る日の出来事
  • 2017/05/01 8:58 PM

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

ブログ村

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

祝日カレンダー

Sakura Calendar

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:2695 最後に更新した日:2017/11/23

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM