エリン・ブロコビッチ

4
JUGEMテーマ:洋画

エリン・ブロコビッチ

「エリン・ブロコビッチ」
原題:Erin Brockvich
監督:スティーブン・ソダーバーグ
2000年 アメリカ映画 131分
キャスト:ジュリア・ロバーツ
アルバート・フィニー
アーロン・エッカート
マージ・ヘルゲンバーガー
トレーシー・ウォルター

3人の子供を持つシングルマザーのエリンは、交通事故
の裁判に負け、賠償金を得られなかったことから、担当
弁護士の事務所で無理やり働き始める。やがて彼女は
不動産の売買書類に不審な検査結果が添付されている
ことに気づくのだった。

<お勧め星>☆☆☆☆ ジュリア・ロバーツのパワフルな
演技に圧倒されます。


全米裁判史上最も高額な賠償金3億3000万ドルを獲得した
大企業相手の事件を元に作られています。
始まりは、いかにも派手な女性という雰囲気のエリンが
ある就職の面接を受けるシーンからです。ジュリア・ロバーツ
が、胸の谷間はバッチリ強調し、すらりと伸びた長い脚を
惜しげもなく見せるファッションと何の資格もなく、ただ
自分のことをよく言い続けるシングルマザーの役を上手に
演じます。当然不採用で、気落ちして車で帰宅しようとしたら
明らかに信号無視の車に衝突されてしまう。ところが裁判では
陪審員の心象がものすごく悪くなって、1円も賠償金をもらえ
ないのです。医療保険に入っていないから、借金してむち打ち
の治療を受けているエリンが、法廷で汚い言葉を発すれば、
陪審員など同情のかけらもかけてくれないでしょう。ここが

訴訟大国アメリカの最大の欠点だな。善悪ではなく、弁護士の
腕と陪審員の評決で判決が出てしまう。


エリン・ブロコビッチ

エリンは就職もできず、3人の子供を抱え、担当弁護士の
事務所に直談判に行くのです。
「どうしてくれるのよ」


エリン・ブロコビッチ

エド・マスリー弁護士役のアルバート・フィニーが、飄々と
していて、これまたいいんですよ。一応仮採用ということで、
この事務所で書類整理を始めるわけですが、もちろん同僚に
受け入れられるはずもありません。派手なファッションと
過激な言動では、友人の1人もできませんよね。しかしそれは
彼女がこれまで歩んできた人生を物語る姿でもあるのです。
そんな彼女はある不動産売買の書類に、なぜか血液検査の
結果が添付されていることに気づきます。
「なぜPG&Eという大企業が、個人宅を高額で買い取り、
その上家族の血液検査表を添付しているのか」

かつてはミス・ウィチタの女王に輝き、ルックスだけ素晴
らしいおつむの軽い女と思っていたら、実はめちゃめちゃ
正義感の強い人間だとわかるのはここからです。
現地に足を運び、その家の住人から話を聞くと、どうやら
水質に問題があるらしい。調べていくとその近辺の人々は、
大人だけでなく子供までもガンを発症していたり、幾度も
流産をしていたりという健康被害を抱えていることが分かって
きます。これを調べたのがエリンだから受け入れられたのだな
と思うのは、彼女の話し方が、彼らと同じ目線で、優しく
寄り添ったものだからです。映画の後半に大手弁護士事務所の
若い女性弁護士が話を聞きに行っても、その聞き取りはあまりに
事務的過ぎる。多分それが時間短縮のためには一番なので
しょうが、それでは本心など話す人は出てきません。もちろん

エリンの色仕掛けもあるから、まあ様々な手法を繰り出す
エリンの頭が冴えているというのも事実です。でも「女」を
武器に仕事を進める嫌な女性かというとそうでもないのです。


エリン・ブロコビッチ

隣家に引っ越してきたバイク野郎ジョージに子守を任せ、少し
だけ恋にも落ちますが、彼との生活を選ばず、この訴訟を
成し遂げようと別れを告げます。実際にはこのバイク野郎
から賠償金獲得に成功した後、生活費をせびられ。拒むと
訴訟を起こされているそうな。やはり訴訟大国だわ。

最終的には調停裁判となりますが、エリンが膨大な証拠を
自らの足で集めたことで、多額の賠償金を獲得できるのです。
映画のラスト付近の報酬を巡ってのエドとエリンの掛け合いや
疲れて眠っているエリンに息子が
「朝食を買ってくるよ。」
と声をかけるシーンなど最後まで心にしみるものばかりでした。
エリン本人も、映画内のレストランのウェイトレス役で出演して
いて、なかなかの美貌の持ち主と実感します。



  ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 映画ブログへ 人気ブログランキングへ


コメント
アーロン・エッカートってこの映画に出てましたっけ?もう16年も前ですものね。すっかり忘れてましたよ。シングルマザーがのし上がっていく、すごい映画でしたね。何の教養もない彼女がここまでやるとは誰もが思わなかったでしょうね。エリンは子供も犠牲になっていると知って、どうにか解明したかったのでしょうね。動機がお金の為だったら最後まで辿りつけたか?人助けの執念が功を奏したのだと思います。シェリル・クロウの主題歌もすごく好きでした。
  • あちゃ丸
  • 2016/04/08 8:07 PM
あちゃ丸さん。
アーロン・エッカートはそれほど今と変わりませんね。出ているんですよ。バイク野郎として。
わたしは洋楽にとても疎いのですが、音楽もとてもよかったです。事務所の誰も気づかなかった不審なところを見出した彼女は、まさに執念の持ち主です。
ジュリア・ロバーツの熱演が光りました。
  • ミス・マープル
  • 2016/04/09 2:39 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
胸元もあらわに超ミニのスカートでキメたミス・ウィチタ。2度の離婚、3人の子持ち、無学、無職、預金残高16ドル。交通事故の和解金取得に失敗した弁護士の事務所に押しかけ、代わりに事務員として雇ってもらう…。 社会派ヒューマンドラマ。
  • 象のロケット
  • 2016/04/25 3:55 PM

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ブログランキング

今日のわんこ

powered by 撮影スタジオ.jp

アマゾン

遊びにきてくれてありがとう!

カウンター

死語レッスン

最新記事

categories

過去の記事

コメントありがとうございます!

トラックバックありがとうございます!

recommend

お友達

ミス・マープルについて

書いた記事数:3071 最後に更新した日:2019/11/20

あの映画を探そう!

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM